2020年7月14日更新

「シャーロット」西森柚咲のおまじないにキュン!能力や姉についても解説

シャーロット 西森柚咲 解説記事サムネイル

2015年のアニメ「Charlotte(シャーロット)」に登場する人気アイドル・西森柚咲(にしもり ゆさ)。この記事ではゆさりんの愛称で親しまれる彼女の特殊能力や、姉・美砂との関係などについて解説します。

目次

「シャーロット」ゆさりんこと西森柚咲は皆のアイドル!姉との関係は?【ネタバレ注意】

ゲームブランドKeyの麻枝准(まえだじゅん)が手掛けたアニメ「Charlotte(シャーロット)」。ゆさりんこと西森柚咲は、本作に登場するメインキャラクターの1人です。 アイドルであり、How-Low-Helloというロックバンドでボーカルを務めている柚咲。第1話で彼女は、主人公・乙坂有宇の妹が好きなアイドルとして、テレビ画面のなかに登場していました。 柚咲は自覚がないものの特殊能力を持っているため、第3話以降で有宇をはじめとする星ノ海学園の生徒会メンバーと関わっていくことになります。 この記事ではそんな西森柚咲の持つ特殊能力や、姉である美砂との関係について解説! ※ここからはより詳しい西森柚咲のエピソードを紹介していきます。ネタバレにご注意ください。

能力は口寄せ!死んだ姉・美砂が憑依?

柚咲の持つ特殊能力は「口寄せ」です。とは言っても、彼女が口寄せできるのは、1つ上の姉・美砂だけ。美砂は交通事故で亡くなっており、特殊能力によって柚咲に憑依することができます。 特殊能力を使う主導権を握っているのは美砂。彼女は柚咲の都合はお構いなしに、口寄せで柚咲の体を使っています。このせいで、柚咲には特殊能力があるという自覚がありませんでした。 姉が憑依している間、瞳は青から赤になり、髪の毛の先には赤いグラデーションが入ります。天然な柚咲に対し、美砂は短気で喧嘩っ早いヤンキー気質と、性格は正反対。美砂になっている間は、目つきも鋭くなります。

姉・美砂の能力は発火!自由自在に炎を操る

姉の美砂自身も、特殊能力の持ち主です。彼女は火を自在に操れる「発火」の能力を持っています。自分が出した炎なら、自分で消すことも可能。 彼女の「発火」はとても強い力ですが、「口寄せ」で妹の身体に憑依していないと使えないため、妹の特殊能力がないと成り立たない力ともいえます。 美砂が初めて登場した第3話では、生徒会のメンバーと会った際に、手当り次第にそこら中を火の海にしてしまいました。

悪徳プロデューサーの本性を知り、柚咲が追われるはめに!?

売れっ子アイドルの柚咲は、乙坂有宇たち生徒会のメンバーと出会った時、何者かに追われていました。彼らは見事な連携プレーを発揮し、その不審者を捕らえることに成功します。 生徒会長である友利奈緒が問い詰めたところ、その不審者はTV局の差し金で向けられていたことが判明。 そして「口寄せ」で現れた美砂が、柚咲がプロデューサーメールを見て裏の顔を知ってしまったことが原因だと説明します。柚咲は芸能活動のピンチに陥っていたのでした。

事件は一件落着!星ノ海学園へ転入することに

悪徳プロデューサーの件を聞いた生徒会は、柚咲を助けるために一肌脱ぐことに。待ち合わせ場所に現れたプロデューサーは、チンピラを数人引き連れていました。 「口寄せ」で現れた美砂が相手を引きつけている間に、乙坂有宇と生徒会員・高城丈士朗はチンピラを倒し、有宇の能力で体を乗っ取ります。 実は防火服を着込んでいる2人を美砂が「発火」で燃やして脅したり、有宇が身体を乗っ取ったうえで足にナイフを刺したりと、次々とチンピラたちを撃退。プロデューサーを追い詰めていきます。 最後は「不可視」の能力で透明になった奈緒が蹴りを入れ、美砂が釘を刺して一件落着。そして西森柚咲は、死んでいる姉とともに星ノ海学園へ転入することになったのです。

作中で披露したゆさりんのおまじない

4話:冷静になるおまじない

西森柚咲が転入してきた後、星ノ海学園の野球部エースピッチャーが、「念動力」の特殊能力を使っていることが発覚します。それをやめさせるために、生徒会長の友利奈緒は野球部との試合を申し込むことに。 奈緒が星ノ海学園側のピッチャーを小馬鹿にしたことで、あわや試合放棄……という局面で、現れたのが柚咲でした。 ジャージ姿に野球帽を斜めに被ったゆさりんは、ピッチャーの怒りを鎮めるために「冷静になるおまじない」をかけます。ピッチャーはその可愛さに魅了され、ゆさりんから飛んでくるハートで頬を緩めるのでした。

4話:仲直りのおまじない

柚咲の転入初日、人気アイドルゆさりんが転入してきたとあって教室は大騒ぎに。彼女の机の周りには生徒たちが人だかりを作っており、やがて男子生徒同士が険悪なムードになります。 そこで登場したのが、可愛い歌ととびきりの笑顔で唱えられる「仲直りのおまじない」です。ケンカをしていた男子生徒も、ゆさりんの可愛さに骨抜きに。おまじないの歌が終わると、2人ともゆさりんの前で仲直りの握手をしたのでした。

6話:鼻血が治まるおまじない

第6話で熱を出して家で寝ている、有宇の妹・歩未を見舞おうとする奈緒と柚咲。しかし歩未は熱心なゆさりんのファンです。突然家にゆさりんがやってきたら刺激が強すぎる、ということで、ゆさりんはマスクとサングラスで変装をして家に入りました。 しかし歩未は、ひと目見てゆさりんの正体に気づいてしまいます。そして有宇の予想通り、鼻血を吹き出してしまいました。奈緒がすかさず止血をしたものの、ゆさりんがマスクを外すと再びすごい勢いで鼻血が吹き出してしまいます。 心配になったゆさりんは「鼻血が治まるおまじない」を唱えようとしますが、逆効果だからやめてくれと有宇に止められることに。結局このおまじないは名前のみの登場となりました。

8話:大丈夫のおまじない

第6話で起きた妹の死を乗り越え、乙坂有宇が久しぶりに学校に登校した日。彼を迎えたのは笑顔の柚咲と丈士朗でした。そして復帰したお祝いにと、ウインクとともに歌い始めたのが「大丈夫のおまじない」です。 このおまじないは、ゆさりんファンにとっては特別なもののようで、丈士朗をはじめとしたクラスのゆさりんファンが大盛り上がり。「ゆさりん病」と書かれたはっぴを着たクラスメイトたちが騒ぐ様子を見ながら、有宇はいつもの騒々しい日常に戻ってきたことを実感するのでした。

アニメ「シャーロット」で西森姉妹の声優を担当したのは内田真礼

アニメ「シャーロット」で西森柚咲と姉の美砂の声を担当したのは、声優の内田真礼です。彼女はキュートなビジュアルを生かした顔出しの仕事も多く、歌手としても活躍中。実弟は声優の内田雄馬で、声優姉弟としても知られています。 初めて主演を務めたのは、アニメ『さんかれあ』の散華礼弥役です。その後は『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役や『ノラガミ』の壱岐ひより役、「ダンまち」のリリルカ・アーデ役や「はめふら」のカタリナ・クラエス役などを担当。

「シャーロット」西森柚咲と美砂の姉妹愛にグッとくる!

この記事では、アニメ「シャーロット」に登場するゆさりんこと西森柚咲について解説してきました。天然で癒しキャラの柚咲と、喧嘩っ早い性格をした姉の美砂。どちらも違った魅力がつまったキャラクターです。 2人は同時に存在できないため、やりとりを交わすことはありません。しかしそれでも伝わってくるお互いを思う姿が、本作におけるひとつの感動ポイントといえるでしょう。