2020年6月30日更新

アニメ「俺ガイル」キャラクター&声優を一挙紹介!青春真っただ中の高校生たち

俺ガイルキャラ&声優記事サムネイル

2013年に放送開始された人気アニメシリーズ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」。本作は奉仕部に所属する高校生たちの姿を描いた青春ラブコメです。この記事では「俺ガイル」の作品を彩る多くの登場人物&声優をまとめて紹介します。

目次

アニメ「俺ガイル」のキャラクター&声優をまとめてチェック!

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』は、渡航(わたりわたる)のライトノベルを原作としたアニメシリーズ。「俺ガイル」や「はまち」の愛称で親しまれています。悩み多き高校生たちを描いた青春アニメの傑作です。 アニメ「俺ガイル」はこれまでに第2期まで制作されています。アニメ第1期が2013年にスタートし、2015年のアニメ第2期「続」は、制作会社とキャラデザインを変えて放送されました。 そして2020年、待望のアニメ第3期「完」の放送予定です。当初は2020年4月スタートの予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受けて延期に。2020年6月時点では、7月から放送されることになっています。 多くの登場人物たちが織りなす青春群像劇「俺ガイル」。この記事では本作に登場するキャラクターと声優をまとめて紹介していきます。

■まずは主人公&3人のヒロインを紹介!

はじめに紹介するのは、主人公・比企ヶ谷八幡をはじめとするメインキャラクターです。本作に登場する3人のヒロインについても解説。

比企谷八幡(ひきがやはちまん)/声優:江口拓也

比企谷八幡(ひきがやはちまん)は、アニメ「俺ガイル」の主人公。孤独と自由を愛するぼっち愛好者で、超ネガティブ思考のひねくれ者です。頭の回転が速く、周りの状況をいち早く察知する観察力を持っています。 生徒指導の教師・平塚静によって、無理やり奉仕部に入部するはめに。すでに入部していた雪ノ下雪乃と出会い、依頼してきた由比ヶ浜結衣とも知り合います。考え方の違いで雪乃と衝突することが多いものの、奉仕部には居心地の良さを感じている様子です。 主人公である八幡の声を務めたのは、声優の江口拓也。代表作はアニメ『妖狐×僕SS』の渡狸卍里(わたぬきばんり)や『俺物語!!』の剛田猛男、「バキ」の花山薫などです。アニメのほかに「あんスタ」や『A3!』といったスマホゲームにも多数出演しています。

雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)/声優:早見沙織

雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)は、アニメ「俺ガイル」のメインヒロインです。黒髪ストレートの凛とした美少女で、何でもそつなくこなします。その一方で、コミュニケーション能力においては不器用な一面も。 彼女は人付き合いが苦手な自分を変えるために、奉仕部に入部しました。そこで八幡や結衣と出会い、少しずつ変わっていきます。特に八幡のことは、はじめは嫌っていたものの、次第に異性としても意識するように。 雪乃を演じたのは、声優の早見沙織です。彼女は10代の頃から活躍しており、アーティスト活動も積極的に行なっています。代表作はアニメ「俺妹」の新垣あやせや『魔法科高校の劣等生』の司波深雪、「デレマス」の高垣楓などです。

由比ヶ浜結衣(ゆいがはまゆい)/声優:東山(とうやま)奈央

由比ヶ浜結衣(ゆいがはまゆい)はもう1人のヒロインです。ギャル風の見た目通り明るい性格で、空気を読んで周りに合わせるのが得意。料理が壊滅的に苦手で、いくら練習しても一向に上達しません。 彼女は八幡のクラスメイトで、スクールカースト上位グループに属しています。奉仕部に依頼を持ち込んだことで雪乃たちと知り合い、その後入部しました。それ以来雪乃のことは親友として、八幡のことは異性としてそれぞれ大切に思っています。 そんな結衣を演じたのは、声優の東山奈央。雪乃役の早見とは同世代で、プライベートでも親交が深く、本作でも息ぴったりの演技を見せています。代表作はアニメ『きんいろモザイク』の九条カレンや『ゆるキャン△』の志摩リンなど。

一色(いっしき)いろは/声優:佐倉綾音

一色(いっしき)いろはは、アニメ「俺ガイル」における第3のヒロインです。メインキャラの中では唯一の1年生で、八幡たちの後輩にあたります。小悪魔系ゆるふわギャルというキャラを演じており、計算されたあざとさの持ち主。 彼女は1年生ながら生徒会長に推薦されてしまったため、選挙に落選するよう奉仕部に依頼します。しかし八幡の説得もあって、最終的には生徒会長を務めることとなりました。これをきっかけに、奉仕部に頻繁に出入りするようになっていきます。 いろはを演じたのは、声優の佐倉綾音。彼女はトップ若手声優の1人で、数多くの作品に登場しています。代表作はアニメ『ご注文はうさぎですか?』のココアや「ヒロアカ」の麗日(うららか)お茶子、『五等分の花嫁』の中野四葉などです。

■総武高校の先生や生徒たち

続いて紹介するのは、八幡たちが通う総武高校の先生や生徒たちです。メインキャラクターに負けず劣らずの個性を放っています。

平塚静(ひらつかしずか)/声優:柚木(ゆずき)涼香

平塚静(ひらつかしずか)は、総武高校の国語教師です。校内では生活指導を担っています。八幡たちのコミュニケーション能力の低さを心配して、自身が顧問を担当する奉仕部に入部させました。 かなりの美人ですが、ヘビースモーカーだったりおっさん臭い一面があったりで、男っ気は全くありません。しかし八幡が「10年早く生まれて出会っていたら惚れていたかも」と思うほど、魅力的な女性です。 平塚を担当したのは、声優の柚木涼香。出演作にはアニメ『カードキャプターさくら』秋月奈久留や『NARUTO -ナルト-』山中いの、『キルラキル』鬼龍院皐月などがあります。

葉山隼人(はやまはやと)/声優:近藤隆

葉山隼人(はやまはやと)は八幡のクラスメイト。彼はクラスにおけるカースト上位グループの中心人物です。文武両道で周りからの人望も厚く、八幡とは正反対の存在。 八幡のことをよく思っておらず、ときには真っ向から突っかかってきます。その一方で、今の人間関係が壊れることをひどく恐れており、やむなく八幡を頼ることも。雪乃とは親ぐるみの付き合いで、同じ小学校に通っていました。 葉山の声を務めたのは、声優の近藤隆。彼は1999年のデビュー以来、アニメやゲームを中心に活躍してきました。代表作はアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』の雲雀(ひばり)恭弥や『生徒会の一存』の杉崎鍵、『世界一初恋』の小野寺律など。

三浦優美子(みうらゆみこ)/声優:井上麻里奈

三浦優美子(みうらゆみこ)は、葉山と同じカースト上位グループに属するギャル。金髪縦ロールという派手なヘアスタイルが特徴で、自分のことを「あーし」と呼びます。プライドが高く、普段から横柄な態度をとっていますが、実は世話焼きで友達想いです。 葉山に好意を抱いているため、彼を昔から知る雪乃のことを毛嫌いしています。そのためなにかと突っかかりますが、最終的には彼女に泣かされてしまうのがオチ。奉仕部にお世話になってからは態度を改め、少し温厚になりました。 そんな優美子を演じたのは、声優の井上麻里奈。彼女はアニメ『天元突破グレンラガン』のヨーコ・リットナーや『僕は友達が少ない』の三日月夜空、『進撃の巨人』のアルミンなど、数々の作品に出演しています。

海老名姫菜(えびなひな)/声優:ささきのぞみ

海老名姫菜(えびなひな)も、カースト上位グループに属する1人です。赤フレームのメガネをかけた大人しそうな見た目ですが、中身は重度の腐女子。陽キャの集まりである葉山のグループに、なんとか浮かずに溶け込んでいます。 姫菜を演じたのは声優のささきのぞみ。アニメ『らき☆すた』のパトリシア・マーティンや「ジュエルペット」シリーズのサフィー、「とある」シリーズの御坂妹などで有名です。

川崎紗希(かわさきさき)/声優:小清水(こしみず)亜美

川崎紗希(かわさきさき)は八幡のクラスメイト。無愛想で人を寄せ付けず、口が悪いものの、意外にも裁縫を得意としています。優美子とは何かといがみ合っており、ガンを飛ばし合う関係です。 奉仕部に関わったきっかけは、朝になっても帰らない川崎のことを心配した弟が、奉仕部に調査を依頼したこと。実は彼女は、家のために朝までバイトをしていたのでした。しかし八幡の勧めで奨学金を得て、問題解決。それ以来、八幡にたびたび話しかけるようになります。 川崎を演じたのは、声優の小清水亜美です。劇団に所属した後に声優を目指すようになり、2003年に主演でのデビューを果たしています。代表作はアニメ「コードギアス」シリーズの紅月(こうづき)カレンや『狼と香辛料』のホロ、『キルラキル』の纏流子(まといりゅうこ)など。

戸塚彩加(とつかさいか)/声優:小松未可子

戸塚彩加(とつかさいか)は、八幡と同じクラスの男子生徒です。どう見ても美少女にしか見えない容姿ですが、本人は男らしい振る舞いに憧れています。テニス部に所属しており、奉仕部に部を強くしたいという依頼を持ち込みました。 戸塚は八幡に初めてできた友達で、彼を呼び捨てで呼ぶ唯一の人物です。呼ぶ際にはどうしても可愛くなってしまうため、八幡はいつも顔を赤らめてしまいます。友人として相談に乗ってくれる、八幡の良き理解者です。 戸塚の声を務めたのは、声優の小松未可子。彼女は大の「コナン」ファンで、自身もアニメ出演を果たしています。代表作は『モーレツ宇宙海賊』の加藤茉莉香や『ガンダムビルドファイターズ』のイオリ・セイ、『スター☆トゥインクルプリキュア』のキュアセレーネなど。

材木座義輝(ざいもくざよしてる)/声優:檜山修之(のぶゆき)

材木座義輝(ざいもくざよしてる)は八幡の同級生です。高校2年生のはずですが、メガネにコート姿はどう見ても中年サラリーマン。一人称で「我」を使い、自らを足利義輝にちなんで「剣豪将軍」と称するなど、中二病全開です。 彼は自作ライトノベルを読んでもらうために奉仕部を訪問。結果は酷評だったものの、評価してもらえたことに満足していました。それ以降八幡に一方的に近寄ってきますが、彼のことを理解している面もあり、無下には扱われていません。 材木座を演じたのは、ベテラン声優の檜山修之。代表作はアニメ『勇者王ガオガイガー』の獅子王凱で、熱い主人公役に定評があります。ほかにもアニメ『幽☆遊☆白書』の飛影や『頭文字D』の中里毅、『げんしけん』の班目晴信などでも有名です。

戸部翔(とべかける)/声優:堀井茶渡(ほりいちゃど)

戸部翔(とべかける)は、葉山と同じ上位カーストグループのチャラ男です。明るい色の髪をヘアバンドで後ろに留めています。根はいい人であるものの、無神経なことを言ってしまい、ウザがられることも。姫菜に思いを寄せており、彼女への告白の件で八幡と関わりを持つようになります。 戸部の声を務めたのは、声優の堀井茶渡。本作のほかに出演した作品は、アニメ『あひるの空』の鍋島竜平など。

大岡/声優:白石稔(みのる)

大岡も上位カーストグループの1人。野球部に所属しており、小柄で猿っぽい顔立ちが特徴です。気の良さと礼儀正しさを持つ一方、顔色ばかりうかがう風見鶏とも言われています。 大岡を演じたのは、声優の白石稔。アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の谷口をはじめ、『らき☆すた』の白石みのるなど、名脇役として活躍しています。

大和/声優:川原慶久(よしひさ)

大和も八幡のクラスメイトで、上位カーストグループに属する1人。ラグビー部に所属しており、大柄な体格の持ち主です。冷静で慎重な性格の反面、反応が鈍く優柔不断と評されています。 大和を演じたのは、声優の川原慶久。本作のほかにアニメ『NANA』の高木泰士(ヤス)や「バキ」の愚地(おろち)克巳などを演じています。

城廻(しろめぐり)めぐり/声優:浅倉杏美(あずみ)

城廻(しろめぐり)めぐりは、いろはの前に生徒会長を務めた人物。雪乃の姉である陽乃のことを慕っています。抜群に優秀という訳ではないものの、独特の雰囲気で生徒会を引っ張っていました。八幡には一目置いていましたが、トラブル続きの文化祭では一転して酷評しています。 城廻の声を務めたのは、声優の浅倉杏美です。代表作はアニメ『THE IDOLM@STER』の萩原雪歩や『ハイスクールD×D』のアーシアなど。

本牧牧人(ほんもくまきと)/声優:工藤雅久(がく)

本牧牧人(ほんもくまきと)は、生徒会役員の1人。いろはが生徒会長となり発足した新生徒会で、副会長を務める人物です。いろはと違って生徒会へのモチベーションが高いため、彼女のことをよく思っていませんでした。彼女を会長に仕立て上げた八幡からは、「一色いろは被害者の会」の1人とされています。 本牧の声を務めたのは、声優の工藤雅久。年齢は非公表とされており、まだデビューして10年経たない若手です。

藤沢沙和子(ふじさわさわこ)/声優:櫻川めぐ

藤沢沙和子(ふじさわさわこ)は生徒会役員の1人で、書記を務めています。メガネに三つ編みの、真面目で気弱そうな女子生徒です。クリスマスイベントまでは、いろはとほとんど話すことはありませんでした。しかしその後は仲を深め、いろはも彼女を「うちの書記ちゃん」と呼ぶようになります。 藤沢役を演じたのは、声優の櫻川めぐ。代表作は、アニメ『ラブライブ!』の綺羅(きら)ツバサや『ワガママハイスペック』の桜木・R・アーシェなどです。

■海浜総合高校の生徒たち

続いて紹介するのは、進学校の海浜総合高校に通う生徒たちです。総武高校とは近い距離にあり、合同イベントを開催するなど、たびたび関係を持っています。

折本かおり/声優:戸松遥

折本かおりは、八幡の中学時代の同級生。八幡の告白を振って翌日言いふらすなど、彼を小馬鹿にしていました。しかし再会してからは態度を改め、お互いに比較的良好な関係となった様子。意味も分からないまま、何でも「それある!」と相づちを打つクセがあります。 折本を演じているのは、声優の戸松遥。本作のほかに、アニメ「To Loveる」シリーズのララや「ソードアート・オンライン」シリーズのアスナ、『妖怪ウォッチ』のケータなどで活躍しています。

仲町千佳(なかまちちか)/声優:藤田咲

仲町千佳(写真右・なかまちちか)は、折本かおりの友人。八幡と折本が再会した際に一緒にいた友人で、以前から葉山のことが気になっていました。八幡を馬鹿にする折本に葉山が怒りを見せた際には、葉山のことを気にしつつ、彼女と共にその場を立ち去りました。 仲町の声を担当したのは、声優の藤田咲。彼女は初音ミクの声を務めたことでも有名です。そのほかの代表作は、アニメ『進撃の巨人』のユミルや「艦これ」の赤城など。

玉縄(たまなわ)/声優:日野聡(さとし)

玉縄(たまなわ)は、折本と仲町が通う海浜総合高校の生徒会長です。カタカナ言葉を多用する「意識高い系」ですが、マネジメント能力は高くありません。クリスマスイベントでは企画を混乱させ、いろはたち総武高校側に事務を押し付ける始末。 玉縄役を務めたのは、アメリカ生まれの声優・日野聡。アニメ『銀魂』の神威や『ハイキュー!!』の澤村大地など、数多くの人気作品に出演しています。

■そのほか登場するキャラクターたち

最後に、奉仕部を取り巻くキャラクターやメインキャラたちの家族を紹介。脇役として作品にいい味を出しています。

鶴見留美(つるみるみ)/声優:諸星すみれ

鶴見留美(つるみるみ)は、総武高校近くの小学校に通う6年生。控えめな性格のため、中心グループになじめずにいます。八幡たちは平塚によって外に連れ出されたキャンプ場で、彼女に出会いました。その後、クリスマスイベントで手伝いに駆り出された際に、八幡たちと再会を果たします。 留美を演じたのは、声優の諸星すみれ。アニメ「アイカツ」シリーズの星宮いちごや如月ツバサ、『約束のネバーランド』のエマなどが代表作です。

比企谷小町(ひきがやこまち)/声優:悠木碧(ゆうきあおい)

比企谷小町(ひきがやこまち)は、八幡の妹です。中学3年生で高校受験を控えており、志望校は兄と同じ総武高校。頭はそれほど良くありませんが、要領がよく、高いコミュ力の持ち主です。 何かと兄を利用しようとしていますが、実はお兄ちゃんが大好きなブラコン気質。八幡とは非常に仲が良く、ひねくれた彼の数少ない理解者の1人です。兄の彼女探しに積極的で、雪乃と結衣どちらかとの恋が進展しないかと期待しています。 小町の声を務めたのは、声優の悠木碧。雪乃役の早見沙織や結衣役の東山奈央とは同世代ですが、彼女たちより早くから声優として活動してきました。代表作はアニメ「まどマギ」の鹿目まどかや『ワンパンマン』の戦慄のタツマキ、「ヒロアカ」の蛙吹梅雨など。

雪ノ下陽乃(はるの)/声優:中原麻衣

雪ノ下陽乃(はるの)は、雪乃の姉です。八幡たちの高校の卒業生で、国立の理工系大学に通う女子大生。雪乃と同じく優秀で容姿端麗ですが、彼女とは違って友人も多く、社交性を備えています。 ただし陽乃の社交性は、あくまで外ヅラだけ。心の奥底には腹黒いものがうごめいているようです。特に妹の雪乃とは、互いに複雑な感情を抱えている様子。何かにつけて雪乃をあおったり、葉山をけしかけたりしてちょっかいを出しています。 陽乃役を務めたのは、声優の中原麻衣。彼女は数多くの作品でヒロイン役を演じており、演技の幅が広い実力派です。代表作はアニメ『ひぐらしのなく頃に』の竜宮レナや『CLANNAD』の古河渚、『FAILY TAIL』のジュビアなど。

雪ノ下家の母/声優:井上喜久子

陽乃と雪乃姉妹の母親は、美人姉妹の母親らしく、端正で落ち着いた人物です。しかし性格は陽乃以上に強烈で、自分の意に沿わない者については容赦しません。雪乃も母親に逆らったせいで、住んでいたマンションを解約されてしまいました。 そんな雪ノ下家の母の声を務めたのは、声優の井上喜久子。アニメ『らんま1/2』の天道かすみや『ああっ女神さまっ』のベルダンディーなど、お姉さん役で有名です。

由比ヶ浜家の母/声優:大原さやか

結衣の母親は、娘と同じくやや童顔で、おっとりした柔らかい印象。親子の仲は良いようで、八幡と雪乃については、結衣からよく話を聞いていました。そのため八幡を「ヒッキーくん」、雪乃を「ゆきのんちゃん」と呼んでいます。 由比ヶ浜の母を演じたのは、声優の大原さやか。代表作はアニメ「ARIA」シリーズのアリシアや「XXXHOLIC(ホリック)」の壱原侑子、『FAILY TAIL』のエルザなどです。