2020年4月14日更新

金髪が魅力的なおすすめアニメキャラ15選!【ブロンドヘアーの様々な輝き】

金髪が魅力的なおすすめアニメキャラ10選!【ブロンドヘアーの様々な輝き】 サムネイル

黒髪・茶髪・プラチナブロンドと髪色は様々あれど、金髪(ブロンド)は格別の美しさが魅力。その高貴な煌めきは見るものをとりこにしてしまいます。今回は、様々なアニメ作品に登場する金髪のキャラクターをまとめて紹介!

目次

金髪が魅力的なアニメキャラ15選!ブロンドヘアーの魅力に迫る

黒や茶色のほか、アニメでは赤や水色、ピンクなどカラフルになることもある髪色。それぞれ魅力がありますが、美しく輝く金髪には独特の雰囲気がありますね。神秘的で、高貴さを感じさせる金髪はキャラクターを強く印象づけ、大いに個性を引き立てます!今回は、美しい金髪が魅力的なキャラクターを様々なアニメからご紹介。 ファンタジー・ほのぼのとした日常もの・ラブコメなど、登場作品のジャンルが異なりますので気になった作品はぜひチェックしてみてくださいね。

1.アイズ・ヴァレンシュタイン/『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場するアイズ・ヴァレンシュタインは、冒険者の中でも「剣姫」と名高い実力者。 下界に降りた神が束ねる冒険者集団・ファミリアの1つ「ロキ・ファミリア」に所属しています。本作におけるレベルの最高峰はLv.7であり冒険者の過半数はLv.1、残りのうち半分はLv.2の第三級冒険者。 そんな中、ほんのひと握りのLv.5以上・第一級冒険者の1人が彼女です。風魔法と組み合わせた巧みな剣術、憎悪に応じて攻撃力を上げるスキル「復讐姫」により対モンスター戦で圧倒的な力を発揮します。凛とした雰囲気があるものの、酒を飲むと酔って暴れてしまう、世間知らずなど意外な一面も。

2.ヴァイオレット・エヴァーガーデン/『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン』の主人公、ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン。儚げな雰囲気を漂わせる美女ですが、元軍人という意外な経歴の持ち主です。 本作の舞台は、かつて4年に及ぶ大陸戦争があった世界。その戦場において、単独で一個分隊に匹敵するほどの力をふるっていたヴァイオレットは両腕を失ってしまいます。 自在に動く義手を付け、戦後の後見人・クラウディアが営むC.H郵便局で代筆を請け負う「自動手記人形」として働くことに……。孤児として育ち、戦場でただ戦う存在として生きてきたため、「人形」と呼ばれるほどに感情が無かったヴァイオレット。人々の想いの結晶である手紙に関わることで、様々な感情を知っていきます。

3.忍野忍(おしのしのぶ)/「<物語>シリーズ」

忍野忍は<物語>シリーズのキーパーソンで、第1作『化物語』から登場しています。瀕死の状態だったとき、次々と怪異に出くわすことになる主人公・阿良々木暦に遭遇。そこで彼の血を吸い、どうにか消滅を回避しますが、彼を吸血鬼にしてしまいます。初めは恨めし気に周囲を睨み、無口でしたが「かれんビー」以降はおしゃべりに。 作中では暦の相棒的存在として、怪異による事件解決に協力します。古風な話し方の金髪・金眼・色白の少女の姿でいることが多いですが、これは本来の姿ではありません。全盛期の姿は身長180cm以上・巨乳の美女で真の名はキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。 吸血鬼の弱点をも無効化するほどの再生能力、物質創造能力、その気になれば世界を10日で滅ぼすほどの力を有していました。

4.月野うさぎ/『美少女戦士セーラームーン』

「セーラームーン」シリーズの主人公・月野うさぎは、初めは勉強が苦手な普通の女子中学生でした。しかし、額に三日月印のある猫・ルナと出会い、特別なアイテムを与えられたことで生活は一変!愛と正義のセーラー服美少女戦士・セーラームーンとして地球に潜む妖魔と戦い、仲間の戦士と月のプリンセスを探すことになります。 そんな重要人物・月のプリンセスの正体こそうさぎ。各シリーズで鍵となる宝石・幻の銀水晶を身に宿していました。物語の主人公かつ幻の銀水晶をもつ戦士として、強大な敵に立ち向かっていきます。 しかし『セーラースターズ』の終盤では、強すぎる敵を相手にし、過酷な状況にさらされ続けて心が折れるという等身大の少女らしい姿を見せました。

5.セイバー(アルトリア・ペンドラゴン)/「Fate」シリーズ

「Fate」シリーズに登場する英霊・セイバーの1人。何でも願いを叶えるという聖杯をめぐる戦い・聖杯戦争を描く「Fate」シリーズでは、7種類のクラスの英霊とそのマスターが戦います。7つのクラスの中でも、最優といわれるのが剣士(セイバー)です。『Fate/Zero』「Fate/Staynight」シリーズで登場するセイバーは、甲冑付きの青いドレスと金髪が特徴的な少女剣士。 彼女の真の名はアルトリア・ペンドラゴンで、本作においては「アーサー王伝説」に名高いアーサー王です。騎士道精神を重んじる凛々しい人物で、戦う際には1対1かつ正々堂々と挑むことを好みます。その反面、姑息な手段を嫌うため『Fate/Zero』では「手段を問わず勝つ」方針のマスターと終始相性が悪い様子でしたね。

6.ヤミ(金色の闇)/『To Loveる』

「ToLoveる」シリーズに登場する、身の丈ほどもある金色の髪が特徴的なヤミ。彼女の本来の名は「金色の闇(こんじきのやみ)」で、宇宙1と謳われる暗殺者です。彼女は、本作の主人公・結城リトの抹殺命令を受けて地球に降り立つことに。しかし、依頼主から与えられる情報がデタラメだったため、契約を破棄しました。 かといって暗殺をやめるわけではなく「一度受けた仕事は必ずこなす」というポリシーのもと、地球に留まり命を狙い続けています。たった1人で生きるため、変身能力を生かして過酷な命令をもこなしてきた彼女。 地球での生活では、経験のないエッチなハプニングに巻き込まれてタジタジに!?『ToLoveる ダークネス』ではメインヒロインとなり、彼女の生い立ちや恋心も描かれます。

7.巴マミ/『魔法少女まどか☆マギカ』

魔法少女達と、人を襲う怪物・魔女の戦いを描いた「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズ。不思議な動物・キュウべぇに叶えられた願いにちなんだ魔法の力を得て、人知れず魔女と戦う存在が本作の「魔法少女」です。 それぞれが特別な結界の中に住む魔女は、人間を結界内に迷いこませて糧とします。鹿目まどか、美樹さやかの2人が魔女の結界に入ってしまった際、助けたのが巴マミでした。 カールした金髪が特徴で、大人びた優しい先輩として2人に接していましたね。戦う際には何丁もの銃を使いながらリボンで敵を拘束する、道を作るなど多彩な魔法を使いこなしており余裕すら感じさせました。しかし、大人びた態度の裏には1人で暮らし、戦ううちに抱えた孤独感があり……。

8.ダクネス/『この素晴らしい世界に祝福を』

『この素晴らしい世界に祝福を!』で主人公・カズマのパーティの1人として登場するダクネス。1つに束ねた金髪に蒼眼がマッチした美人で、ナイトの上級職で防御特化の「クルセイダー」が職業です。敵の攻撃を受け止め、味方を守るたくましい存在と言いたいところですが……本性はドM。 物理攻撃が大好きで、モンスターの攻撃に悦ぶほか「殴られたとき鎧無しのほうが気持ちいい」という発言もありました。 元から魔法・物理・状態異常の耐性が高く、魔王軍の幹部の攻撃すら凌いでしまう防御力を誇ります。ドMという変態要素はあるものの、他者を守るという強い気持ちがあるからこその盾役と言えるでしょう。そして、ダクネスと名乗る彼女の意外な生い立ちとは……?

9.宮園かをり/『四月は君の嘘』

神童と称えられる才能を持ちながら、母の死をきっかけに表舞台から去った主人公の変化を描く『四月は君の嘘』。 ピアノから遠ざかり「世界がモノクロに見える」ほど、充実しない毎日を送っていた主人公・有馬公生を変える存在が宮園かをりです。主人公と出会うダブルデートの集合場所となった公園で、ピアニカを演奏するという一風変わった登場をしました。 ふんわりとした金髪と豊かな感情が特徴的で、彼女と接するうちに公生は忘れていた感情を思い出していきます。ヴァイオリニストでもあり、コンクールの伴奏を彼に頼んだことで音楽人生を変える大きなきっかけを作りました。公生の幼馴染・椿と亮太を巻き込んで彼女がついた優しい「嘘」とは……?

10.ターニャ・デグレチャフ/『幼女戦記』

『幼女戦記』の主人公であるターニャ・デグレチャフは、幼くして大隊長を務める軍人です。癖のある短い金髪に、蒼眼で色白な幼女ですが元は30歳のサラリーマン! エリートサラリーマンとしてリストラ役を務め、相手を顧みずに仕事に打ち込んでいたところ……恨みを買い、ある日殺されてしまいます。死んだ彼の魂は創造主に出会いますが、歪んだ人間性と信仰心の低さを直すべく前世と真逆の世界へ! 「非科学的な世界で、女に生まれ、戦争を知り、追いつめられるがよい!!!」と記憶を保ったまま転生させられた後の姿がターニャなのです。孤児院で育ち、自分の適性から進路を考え若干8歳で士官学校へ進学します。 9歳で航空魔導士官として過酷な前線へ。内心では安全な暮らしを渇望し、後方勤務のエリートを目指して部下を生かすよう努め、戦果を挙げていきます。

11.桐崎千刺/『ニセコイ』

『ニセコイ』における2大メインヒロインの1人で、赤いリボンを結んだロングの金髪が特徴です。運動神経抜群、視力10.0なうえ勉強もできる万能タイプ。アメリカに住んでいましたが、家の都合により主人公・一条楽と3年間ニセ恋人を演じることに!楽と同じ高校に転入し、クラスメイトになります。 「男の子と約束を交わした思い出」が共通点の小野寺小咲は内気で素直な一方、千棘は強気なツンデレ。彼女に対して過保護な人物・クロードのせいで友人作りに慣れておらず、人当たりは良いのになかなか友人を作れずにいました。 恋人を演じることとなった楽とは食事の好み、性格など全くそりが合わず、喧嘩を繰り返し「もやし」呼び。しかし、友人作りなど様々な出来事を通して彼の優しさに触れ、呼び方を改め恋心を抱いていきます。

12.羽瀬川小鳩(はせがわこばと)/『僕は友達が少ない』

主人公・羽瀬川小鷹の妹で、聖クロニカ学園中等部の2年生です。亡きイギリス人の母・アイリに似て色白、金髪蒼眼の美少女。しかして、その正体は吸血鬼の真祖「レイシス・ヴィ・フェリシティ・煌」……と思っている中二病キャラです。 キャラ作りのために変身シーンのように着替えたり、芝居がかった話し方をしますが、焦った時には素の熊本弁が出ます。 本来はお兄ちゃんっ子で、大好きな兄を隣人部に取られまいと自ら乗り込んで入部しました。部員の星奈には可愛がられすぎて困り、星奈から助けてくれる夜空を慕い、兄を「お兄ちゃん」と呼ぶマリアには敵意を向けます。変わった言動をしつつも周囲からの人気は高いものの、距離を置いてしまう人見知りな一面も。

13.ウィンリィ・ロックベル/『鋼の錬金術師』

長い金髪を1つに束ね、汚れも気にせず機械技師としての腕を振るうのがウィンリィ。喜怒哀楽がはっきりしており、周囲の人間を気遣う優しい人物です。 『鋼の錬金術師』の主人公・エドの機械鎧(オートメイル)を作った機械鎧技師で、整備も担当しています。機械鎧への愛が深いあまり、壊されたときにはスパナやレンチでエドを殴ることもありましたね。 一方、泣き虫な面もあり、兄弟を想う時など随所で涙する場面があります。エルリック兄弟の幼馴染かつ心の支えであり、2人に近しい人物という事で狙われることも……。 また、作中で多くのキャラクターの過去に暗い影を落とす戦乱「イシュヴァールの内乱」で、彼女も医者だった両親を亡くしています。

14.椎名ましろ/『さくら荘のペットな彼女』

水明芸術大学附属高等学校、略してスイコ―に通う主人公・神田空太は高校1年生の夏、ペット禁止の寮で猫を飼っていることがバレてしまいます。 猫を捨てるか、スイコ―の問題児が集まるアパート「さくら荘」に移るかの選択を迫られ……後者を選んだのでした。椎名ましろは、さくら荘202号室に住む美術科の高校2年生。腰付近まで伸びたストレートの金髪キャラで、イギリスから来た編入生です。 世界的に有名な画家として活躍できるほどの天才的な才能があるものの、生活能力は皆無。1人では着替えもできないうえ、感情表現も乏しいため空太にお世話をされることになります。空太を含むさくら荘の住人達と関わるなかで、彼女の感情が変わっていく様子につい魅かれるはず。

15.ベアトリス/『Re:ゼロから始める異世界生活』

ピンクのリボンで結った縦ロールの金髪、蝶の形をした虹色の虹彩と豪奢な赤いドレスが特徴的な可愛らしい少女です。 ロズワールの屋敷にある隠し部屋「禁書庫」を管理する人工精霊で、自分の事を「ベティ―」と呼び「~なのよ」「~かしら」と女性的な口調で話します。二人称は「あなた」で、誰でも呼び捨てで呼び、高圧的に接しますが本来はお人好し。 口では文句を言いながらも、ついついお節介を焼いてしまう性格です。可愛いものが好きで、寂しがり屋な一面もあります。実は、「ある人を待つ」という約束により数百年も1人で禁書庫に留まっていました。 寂しさと待ち人が現れない失望で、スバル達と出会った時には自暴自棄に……。エミリアの精霊・パックを「にーちゃ」と呼ぶことには、彼女の生い立ちが関係しています。

キャラごとに異なる黄金の煌めき!アニメで金髪の魅力に触れてみよう

今回は、金髪が魅力的なキャラクターを15人ご紹介しました。アニメによってキャラクターの性格はもちろん、髪の長さや癖の有無も異なりましたね。 現実ではなかなかお目に罹れない髪色・瞳の色でも違和感なく見られるのはアニメの特権と言えます。作品によって様々なカラーリングのキャラクターが登場しますので、色に注目して見るのもまた一興!