2020年7月27日更新

【半妖の夜叉姫】主人公・双子の姉とわの両親は誰?タイムスリップして現代へ

『半妖の夜叉姫』とわ 編集記事 サムネイル画像

2020年秋に放送予定の『半妖の夜叉姫(はんようのやしゃひめ)』は、大人気作品『犬夜叉』の正式なシリーズ続編です。その主人公の1人となる少女、とわ。彼女は殺生丸の娘という、とんでもない出自(しゅつじ)の持ち主でした。彼女の母親は誰なのか、これについてもあわせてみていきましょう。

目次

『半妖の夜叉姫(はんようのやしゃひめ)』とわは殺生丸の娘!『犬夜叉』続編で主人公に

2020年秋に放送が予定されているアニメ作品『半妖の夜叉姫(はんようのやしゃひめ)』。大人気作品『犬夜叉』の続編にあたる本作は、アニメオリジナル作品として制作されています。 とわは『半妖の夜叉姫』に登場する3人の主人公のうちの1人。現代日本に暮らす14歳の少女で、見た目はボーイッシュです。動きやすいということから普段から男っぽい服装で過ごしていて、武芸にも秀でています。 とわはもともと犬夜叉たちのいた時代に生まれた人間でした。しかし幼い頃に巻き込まれた火事から逃げる際に、時空トンネルをくぐりタイムスリップ。現代へとやってきた彼女は日暮家に引き取られ、日暮とわとして現代で生きることとなったのです。 そんなとわにはせつなという双子の妹がいます。彼女はもとの時代で妖怪退治をしながら、今なお生きていました。『半妖の夜叉姫』は彼女たちの出会いから全てが始まっていきます。

とわは殺生丸の娘?母親が気になる!

『半妖の夜叉姫(はんようのやしゃひめ)』は、『犬夜叉』から14年後の世界が舞台となっています。とわやせつなも含め、作中の主要な登場人物は『犬夜叉』と深い関係を持った者ばかり。そして彼女たちは殺生丸(せっしょうまる)の娘だったのです。 『半妖の夜叉姫』は「殺生丸には、娘がいる。」という衝撃的なキャッチフレーズを掲げています。その衝撃の度合いは、『犬夜叉』を知る人ならば分かることでしょう。無表情で冷徹な性格の彼が、子供をもうけることなど考えにくいのです。 しかし、とわたちは殺生丸の娘ということで公式で確かに設定されています。従って彼が誰かとの間に子供を授かったことだけは間違いありません。そしてここからは彼女たちの母親が誰なのかについて、考察していきます。

【考察】りん

とわの母親として最も有力視されているのがりんです。彼女は人間を見下す殺生丸が心を開いた、唯一無二の存在。彼が結ばれるとなれば、りん以外にはないでしょう。 また戦いの後を描いた特典ドラマCDでは、殺生丸がりんにプロポーズする部分も。殺生丸とりんは、『犬夜叉』屈指の人気カップリング。このCDは公式結末ではないですが、「殺りん」はそれだけ期待されていたのです。りん母親説は結ばれてほしい「殺りん」派には最高の結末といえます。

【考察】神楽

続いて、とわの母親として挙げられているのが神楽です。神楽は『犬夜叉』最大の敵、奈落が生み出した分身の1つ。自由気ままを好む彼女は、奈落から離れるために殺生丸に協力するように。そして彼が命を助けようとした数少ない人物でもあります。 神楽は殺生丸に好意を寄せていたものの、基本的にはあしらわれていました。それでも母親説が出てきたのは、彼女が殺生丸に情け?をかけてもらえたからでしょう。薄い可能性の1つとして推測されています。

【考察】邪見?殺生丸様?

ここで紹介するのは、ほぼ冗談で言われている参考程度の一説です。 1つが殺生丸に忠義を尽くす妖怪、邪見(じゃけん)の母親説。尊みあふれる「殺りん」の関係を壊したくないために、邪見が産んだという過ぎた妄想の説です。もう1つが殺生丸が単体生殖して産んだという説。この説も邪見説同様、「殺りん」の関係を重んじることから生まれた説となります。 どうやら「殺りん」派には「結ばれてほしい派」と「現状を尊んでいたい」派がいるようです。

『半妖の夜叉姫』主人公・とわの活躍に期待!【2020年秋放送予定】

アニメ『犬夜叉』は、今から20年前に放送が始まりました。そして2020年、ついに続編の放送を迎えます。舞台は犬夜叉や殺生丸が戦ったときから14年後。最新作『半妖の夜叉姫(はんようのやしゃひめ)』の主役は、彼らの子の世代にあたる少女たちです。 主人公の3人はみな、殺生丸や犬夜叉兄弟の子供たち。因縁の深い両者は子供たちの世代に代替わりしたことで、新しい関係へと変わりました。彼女たちがどんな冒険を繰り広げるのか今から楽しみです。 また、とわとせつなの母親は人間だとされています。つまり彼女たちは妖怪である殺生丸の血が半分入った“半妖”です。彼は弟をはじめとする半妖を見下してきました。そんな彼の子供が半妖という点には、とても感慨深いものがあります。 懐かしさを残しつつも全く新しいストーリーを見せてくれるであろう『半妖の夜叉姫』。3人の活躍に心躍ること間違いなしでしょう。