2020年10月16日更新

『半妖の夜叉姫』主要キャラ・声優キャストを一挙紹介!『犬夜叉』からの続投も多数

半妖の夜叉姫
Ⓒ高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

2020年秋期アニメの注目作、『半妖の夜叉姫』の登場キャラクターと声優を紹介します。令和版『犬夜叉』ともいえる本作には、懐かしいキャラたちも多数出演。本記事では、『犬夜叉』の登場人物との関係性にも触れながらキャラと声優キャスト紹介していきます。

目次

『半妖の夜叉姫』主要キャラクターの声優を紹介!『犬夜叉』でお馴染みのあの声も

半妖の夜叉姫
Ⓒ高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

『半妖の夜叉姫』は、2020年10月より放送中の『犬夜叉』の正式続編となるアニメ作品。今回は、その『半妖の夜叉姫』の登場人物と声優について紹介していきます。 『犬夜叉』は、戦国時代にタイムスリップした日暮かごめと、半妖の犬夜叉による冒険活劇。2人は多くの仲間たちとともに、「四魂の玉」を集める旅に出ます。そして、それぞれが己の過去や宿命と向き合いながらも玉を集め、宿敵「奈落」を討ち倒す物語です。 『半妖の夜叉姫』は、そんな『犬夜叉』の後の時代を描いた物語。前作の面影を残しつつも、全く新しい登場人物たちの活躍に乞うご期待です。声優陣は、『犬夜叉』を見て育った若い世代を中心に、当時の『犬夜叉』の声優も出ています。それでは、懐かしくも新しい本作を彩るキャラクターについて、詳しくみていきましょう。

日暮とわ/松本沙羅

日暮とわは、本作に登場する主人公の1人です。14歳の女子中学生ですが、不良とのケンカが絶えず、恰好も男装がメイン。特技は武道で、妖刀「菊十文字」を持っています。 元々は戦国時代に生まれた殺生丸の双子の娘の1人で、せつなは双子の妹。幼い頃に山火事で村を追われた際に、現代にタイムスリップしてきました。そこで今の父親である日暮草太と出会い、家族として暮らしています。

松本沙羅

日暮とわの声を演じるのは、声優の松本沙羅です。ケンユウオフィス預かりの若手声優で、デビューは2013年から。洋画吹替を多くこなしていますが、アニメ作品への出演も多くなっています。 今回の日暮とわ役こそが、まさに彼女の代表作といえるでしょう。その他、「BORUTO」の雀乃なみだ役や『この音とまれ!』の来栖妃呂(ひろ)役なども担当しています。これからの活躍に期待の若手声優です。

せつな/小松未可子

せつなは、日暮とわの双子の妹で、本作の3人の主人公の1人。妖怪退治屋として活動しており、性格は冷静沈着で無表情です。右眼には、金色の虹色真珠が封じられています。 幼い頃の火事で姉とはぐれてしまって以来、戦国の世に1人で生きていました。14歳のとき、令和の世にタイムスリップしてしまい、そこでとわと再会を果たします。しかし彼女には幼い頃の記憶がなく、とわを姉だと認識できませんでした。

小松未可子

せつな役を務めているのは、声優の小松未可子です。アニメ作品出演多数の人気声優であるほか、アーティストとしても活動しています。2020年5月に結婚しており、配偶者は同じく声優の前野智昭。 「スタプリ」のキュアセレーネや『ガンダムビルドファイターズ』のイオリ・セイなどの声で有名です。現在放送中の2020年秋期アニメには、5作品以上出演しています。

もろは/田所あずさ

もろはは、本作の3人の主人公の最後の1人。「化け殺しのもろは」で知られる賞金稼ぎで、退治した妖怪を売り払って生活していました。妖刀「俱利伽羅(くりから)丸」を振るい、口紅を引くと「国崩しの紅夜叉」となります。 もろはの両親は犬夜叉と日暮かごめですが、彼女は両親の顔を知りません。また、とわたち双子とは、父方のいとこ同士。犬夜叉の娘であるため、「四半妖」とも呼ばれます。

田所あずさ

もろはの声は、声優の田所あずさが演じています。2012年のデビュー以来活躍を続けており、アーティスト活動も精力的。2020年10月放送開始のアニメでは、本作含む2作品で主役を務めています。 「アイカツ!」シリーズの霧矢あおいを筆頭に、多くの作品で活躍してきました。なお、本人は『犬夜叉』を見て声優を目指しており、今回もろはを演じることに感動していました。

琥珀/木村良平

琥珀(こはく)は、妖怪退治屋の頭目を務める青年。珊瑚(さんご)の弟で、『犬夜叉』にも登場していました。そばかすが特徴的でしたが、『半妖の夜叉姫』では成長と共になくなっています。 犬夜叉側にも殺生丸側にも付いたことがあり、両方の接点を持っていました。現在は殺生丸の娘であるせつなを預かり、育てています。また、同じく妖怪退治屋の翡翠(ひすい)は、彼の甥っ子です。

木村良平

『半妖の夜叉姫』で成長した琥珀を演じるのは、声優の木村良平です。子役として劇団ひまわりに所属して以来、幼い頃から活動していました。 数多くある主演の中でも、特に代表的なのは「黒バス」の黄瀬涼太でしょう。他にも「刀剣乱舞」シリーズの和泉守兼定役など、数々の人気作で声優を努めている人気声優です。今回の琥珀役は、『犬夜叉』で幼少期を演じた矢島晶子からのバトンタッチとなります。

翡翠/浦尾岳大

翡翠は、妖怪退治屋として活動する少年。弥勒(みろく)と珊瑚の息子で、琥珀は叔父です。3人姉弟の末っ子で、上に双子の姉の金烏(きんう)と玉兎(ぎょくと)がいます。 琥珀が束ねる妖怪退治屋の一員で、せつなと行動を共にすることがほとんど。左手に数珠を持ち、武器は飛来骨を使うなど、両親の特徴が色濃く表れています。もろはとは面識がなく、初めて出会った際は彼女に襲いかかりました。

浦尾岳大

翡翠の声を担当するのは、声優の浦尾岳大(たけひろ)です。2015年ごろから活動を始めた若手で、所属事務所は尾木プロ THE NEXT。 まだ大きな役の経験がほとんどありませんが、今回の翡翠役でついに主役級の役を得ました。これを機に今後活躍の場を広げていくかもしれない、注目株の1人でしょう。なお、ゲームでは「アイマスsideM」の兜大吾役で知られています。

竹千代/ファイルーズあい

竹千代は、本作に登場する妖怪の1人。妖怪の賞金首や死体を扱う「屍(しかばね)屋」という店で働いています。たぬきと人間を足して2で割ったような見た目をしていますが、手足は人間そのものです。退治した妖怪の死体を持ってくるもろはとは折り合いが悪い様子。 妖怪だけあり、巨大な姿になることが可能です。その際は、笠を亀の甲羅のようにして、その上に他者を乗せることもできます。

ファイルーズあい

竹千代の声は、声優のファイルーズあいが務めています。エジプト人と日本人のハーフで、エジプトに住んでいたこともある帰国子女です。1度は声優の道を断念しましたが、働きながら再度声優を目指し、現事務所に準所属しています。 2019年の『ダンベル何キロ持てる?』の紗倉ひびき役で一気に知名度を上げました。以来、「推し武道」のえりぴよ役など、少しずつ活躍を広げています。

弥勒/保村真

弥勒は、『半妖の夜叉姫』及び『犬夜叉』に登場する法師。珊瑚を妻に持ち、金烏・玉兎と翡翠の父親であり、琥珀は義理の弟です。かつての犬夜叉一行の1人で、今もなお、犬夜叉と共に妖怪退治を続けています。 昔は錫杖(しゃくじょう)と法力、そして右手の風穴を使って戦っていました。しかし奈落を倒したことで風穴の呪いが解けたため、今は風穴を持っていません。

保村真

弥勒の声は、声優の保村(やすむら)真が担当しています。シグマ・セブン所属の中堅声優で2000年の活動開始以来、アニメ・ゲーム方面で精力的に活動中です。 主な役どころは、『スカルマン』の御子神隼人や、『こねこのチー』のお父さんなど。主役よりもサブキャラの出演が多いという、いぶし銀の名脇役です。なお、今回の弥勒役は、『犬夜叉』時代に声を務めた故・辻谷耕史から引き継いだものとなります。

『犬夜叉』の声優一覧はこちら!