2020年11月24日更新

映画『スパイの妻』の公式動画を観るには?配信サービスを紹介【蒼井優×高橋一生】

スパイの妻
©2020 NHK, NEP, Incline, C&I

2020年6月にNHK BS8Kで放送されたテレビドラマの劇場版として同年10月16日に公開された映画『スパイの妻』。黒沢清が監督を、蒼井優が主演を務めた本作ですが、公式動画を無料で視聴する方法はあるのでしょうか。本記事では、本作の公式動画を無料で視聴できる配信サービスを紹介していきます。

目次

映画『スパイの妻』の動画を視聴できる配信サービスを紹介【Dailymotionより確実に】

NHK BS8Kで放送されたテレビドラマの劇場版として同年10月16日に公開された映画『スパイの妻』。黒沢清監督が手がけた本作は、格調高い雰囲気と緻密に構成されたサスペンスが大きな魅力となっています。 Dailymotionなどの動画共有サイト上に無断アップロードされている違法動画に手を出してしまいそうになるかもしれません。しかし違法動画の視聴には悪質な広告が表示されるなどのリスクが伴います。 本記事では、映画『スパイの妻』の公式動画を確実に視聴できる配信サービスを紹介していきます。

映画『スパイの妻』が視聴できる動画配信サービス一覧

VODサービス 視聴 見放題・
無料レンタル
有料レンタル
U-NEXT - - -
Hulu - - -
amazon
プライム
ビデオ
- - -
dTV - - -
FOD
プレミアム
- - -
TELASA - - -
TSUTAYA
TV
- - -
TVer - - -

※配信状況は11月24日時点のものです。

映画『スパイの妻』の動画は2020年11月現在、配信サービスで視聴することはできません。 動画配信サービスのU-NEXTでは新作映画を多数配信中です。そのため本作も今後U-NEXTで配信されるかもしれませんね!気になる人はチェックしてみてください。

NHKでドラマ放送後、映画化!それぞれの違いとは

映画『スパイの妻』は、2020年6月にNHK BS8Kで放送され、好評を得たテレビドラマの劇場版として同年10月16日に公開されました。 TVドラマ『スパイの妻』と映画『スパイの妻』の違いは、ずばり色調とスクリーンサイズにあります。TVドラマ『スパイの妻』を大画面での鑑賞に適した色調とスクリーンサイズに調整したうえで、より迫力のある映像が楽しめるように施されたのが映画『スパイの妻』です。 映画においては、内容は同じでも色調やスクリーンサイズが異なるだけで受ける印象は大きく異なるものでもあります。TVドラマと映画の両方を観て、それぞれから受ける印象の違いを比べてみるのも面白いでしょう。 初めて本作を観る人はもちろん、TVドラマを既に観たことがある人も新鮮な感覚で楽しめる作品に仕上がっています。

映画『スパイの妻』のあらすじ【ネタバレなし】

スパイの妻
©2020 NHK, NEP, Incline, C&I

時は1940年、神戸で貿易会社を営む福原優作(高橋一生)は、満州で重大な光景を目にします。正義感の強い優作はその光景から得た事実を世間に公表しようとしますが、その行動がきっかけでスパイとして疑いの目をかけられることになってしまいました。 優作の妻である福原聡子(蒼井優)は「スパイの妻」として世間からの冷たい目に晒されますが、それでも夫のことを信じて強く生きていこうとするのです。 しかしそんな二人の努力もむなしく、時代の変化は容赦なく二人の運命を変えていくのでした。

監督は黒沢清(くろさわきよし)!主演は蒼井優が務める

映画『スパイの妻』の監督は、『ダゲレオタイプの女』や『トウキョウソナタ』などの名作を手がけた黒沢清。数々のTVドラマや映画を手がけてきた彼が描き出す、恋愛とサスペンスが生み出す壮絶なドラマに注目です。 主演は『花とアリス』などの話題作に出演してきた人気女優の蒼井優。蒼井演じる福原聡子の夫・福原優作を演じるのは、『シン・ゴジラ』などの作品に出演してきた人気俳優の高橋一生です。二人は映画『ロマンスドール』でも共演を果たしていて、二人が再び表現する愛の物語に目が離せません。

ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞を受賞!

映画『スパイの妻』は恋愛とサスペンスの二つの軸が絡み合い、複雑なドラマを形成していくミステリアスな作品となっています。激動の時代を生きる夫婦に起こる様々な出来事は、きっと観る人々を興奮させることでしょう。 映像面では、1940年という時代背景を忠実に再現したセットのリアリティにも注目です。かつての日本が経験した凄まじい時代の雰囲気を感じ取ることができます。 そんな本作は、なんとヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞しました。ヴェネツィア国際映画祭はカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の一つであり、長い歴史を持つ映画界の権威といえます。 そんな映画祭にて、本作は監督賞に相当する「銀獅子賞」を受賞したのです。日本映画が銀獅子賞を受賞するのは2003年の北野武監督による『座頭市』以来であり、作品の完成度の高さが伺えます。

映画『スパイの妻』の動画配信を待とう!違法動画の視聴は注意

残念ながら、映画『スパイの妻』は2020年11月現在、動画配信サービスで視聴することができません。新作映画の動画配信は、多くの場合公開から半年から1年ほどで開始されます。 動画配信が待ちきれないからといって違法動画に手を出すのではなく、公式動画の配信を待つようにしましょう。少しでも映画の雰囲気を掴みたいという人は、YouTubeにアップロードされている公式の予告編動画を視聴するのも一つの手段ですね。