2021年1月19日更新

【2021年】おすすめノイズキャンセリングヘッドホン比較!勉強や飛行機移動にも

最強はどれだ!?おすすめノイズキャンセリングヘッドホン比較【勉強や飛行機移動にも】_サムネイル

外部音を気にせずに音楽を楽しめるノイズキャンセリングヘッドホン。近年は有名メーカーの大型ヘッドホンからAir Podsなどの人気シリーズまで、「ノイズキャンセリング機能」搭載の製品が多く販売中です。本記事では、オススメ製品&選び方を一挙紹介します。

目次

ノイズキャンセリングヘッドホンとは?飛行機・勉強中と使い所は様々

SONY(ソニー)、WH-1000XM4、飛行機

ノイズキャンセリングヘッドホンとは、ヘッドホン着用時に外部からの音を打ち消し、環境音に邪魔されずに音楽を楽しむことができる「ノイズキャンセリング機能」を搭載したヘッドホンです。電車・飛行機のうるさいエンジン音やカフェ・人混みの騒音など、うるさい環境でも快適に音楽を聞くことができます。

またこの「ノイズキャンセリング機能」は、音楽鑑賞時だけではなく、単純に外部の音をカットして作業に集中したいという場合にも役に立つ機能です。「騒がしい場所でも、集中して試験・受験勉強をしたい人」にもイチオシの製品です。

【ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方】5ポイント

ポイント1:バッテリー継続時間

バッテリー継続時間、ノイズキャンセリングイヤホン

バッテリー継続時間は、外出時に持ち運ぶことの多いノイズキャンセリングヘッドホンだからこそ、商品選択において大切な要素になります。特に飛行機など長時間の移動用に購入を検討している人は、より長い継続時間を持つ製品を選ぶと安心です。

またバッテリーについては、継続時間のみならず充電に必要な時間も確認してみるとなおよしです。中には10分程度の充電で2時間以上使用できる機種もあるので、継続時間と共に充電時間も意識してみてください。

ポイント2:音質をチェック

SONY、音質

音楽鑑賞となると、やはり重要な要素となるのが音質。近年話題の「ハイレゾ」や「apt X」といった高解像度の音源に対応可能かどうか、またサウンドのバランスや音場の広さも意識して購入しましょう。

サウンドの傾向としては、ポップスやロック、EDMを好む人は重低音重視のものを、クラシックを好む人は伸びやかな高音を持つものを選ぶと良いでしょう。また音場の広さに関しては、密閉型よりも開放型のヘッドホンの方が広い傾向にあります。

ポイント3:サイズや装着感、デザインをチェック

サイズ、デザイン、SONY、ヘッドホン

長時間の装着も考えられるヘッドホンは、サイズ・装着感・デザインも要チェックしましょう。ほとんどのヘッドホンは、ヘッドバンドの下でサイズ調整可能です。しかし装着感を重視したい人・頭の小さな人・大きな人は購入前にサイズ感を確認しておく方が良いでしょう。

またヘッドホン使用時の疲れは、イヤーパッドによって大きく左右されます。程よい締め付け感を持つものやフワフワで大きなものなど、自分に合ったパッドを持つ製品を選択しましょう。

また自分好みのデザインを持つ1品を購入すると、使用時の気分も上がります。最近はスタイリッシュかつ色展開が豊富な製品も多いです。デザイン性重視で購入するのも、長く愛用するひとつのコツと言えるかもしれませんね。

ポイント4:有名メーカーから選ぶのもアリ

既に特定の愛用メーカーのない人、音質や機能についての強いこだわりがない人は、ソニー(SONY)・シュア(Shure)・ビーツ(Beats)といった有名メーカーの製品を選んでおくと安心です。口コミも多く、またカスタマーサポートも日本語対応。初期設定など不明点があれば、ネット検索ですぐ情報を探せるのも嬉しいポイントです。

Beats(ビーツ)

BEATS、ヘッドホン

ビーツは高いファッション性と高音圧を誇り、若者や有名人の間で知名度の高いヘッドホンメーカーです。近年流行しているEDMやダンスミュージックなど、重低音・高音圧が求められるジャンルに最適なアイテムが多め。2014年にはアップル社の傘下になり、各アップルストアやソフトバンクでも販売されていることから目にする機会も多いメーカーでしょう。

SONY(ソニー)

SONY、ヘッドホン

ソニーは世界的にも有名な日本の老舗オーディオメーカー。品質の高さを誇り、初心者からプロユースなものまで幅広いラインナップを展開していることも特徴です。音本来の特徴を阻害したり要らない調整を施したりすることのない素直な音質は、世界中で評価され続けているソニーの大きな強みです。

Shure(シュア)

SHURE、ヘッドホン

シュアのヘッドホンは、音源を忠実に再現していることが最大限の特徴。ポップスやロックのみならずオーケストラなど、原音をそのまま楽しみたい人におすすめできる製品ばかりです。シュアがヘッドホン業界に足を踏み入れたのは2009年とまだまだ新しいですが、その音質の良さで高い信頼を築き上げているメーカーです。

ポイント5:その他の機能は、必要に応じて

ノイズキャンセリングヘッドホンは、その核となるノイズキャンセリング機能以外にも、反対に周囲の音を収音する「アンビエントモード」搭載のモデルやマイク搭載でハンズフリー通話対応のもの、アプリとの連携で好みの音質に変更できるものなど、それぞれの製品が多様な特徴を持っています。

ノイズキャンセリング機能以外の搭載機能にも目を向けてみることで、より満足度の高い買い物ができること間違いなしです。その他の機能にも注目して、より自分好みの製品を定めてみましょう。

【イチオシ製品】ノイズキャンセリングのおすすめヘッドホン10選

SONY(ソニー):「WH-1000XM4」

SONY、ソニー、WH-1000XM4

・最大30時間の連続再生時間 ・10分の充電で5時間再生可能なロングバッテリー ・業界最高クラスのノイズキャンセリング機能

ソニー独自開発の業界最高クラスノイズキャンセリング機能「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」搭載のモデルです。従来と比較し中高域の騒音に対してのノイズキャンセルにフォーカスした本作は、街中から飛行機内まであらゆるシーンのノイズをカットしてくれます。 「飛行機用イヤホンアダプタ」も付属されているので、「飛行機で音楽を楽しみたい」「飛行機のエンタメ(映画)を自分のヘッドホンで楽しみたい」という人にもおすすめです。 さらにAI技術を組み込んだDSEE Extremeを搭載。CDや各種ストリーミングの圧縮音源もハイレゾ級の高音質で楽しめます。

SONY(ソニー):「WH-1000XM3」

SONY、WH-1000XM3

・最大30時間の連続音声再生時間 ・約3時間でフル充電 ・質量約255グラム、超軽量のマイク搭載型ヘッドホン

前述のSONY(ソニー)「WH-1000XM4」と同様、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」搭載モデルです。またヘッドフォンを外さず瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」にも対応。緊急のアナウンスやとっさの会話をする際に便利な機種です。 ハウジング部にはタッチセンサーコントロールパネルを搭載。スマートフォンの音楽再生機能や電話などを、スマートフォンを取り出さずに操作できます。 「WH-1000XM4」より1つ旧モデルのため、音質・ノイキャン精度は少し劣ります。しかしながら旧製品ということもあり1万円程度お安く販売されているので、コスパ重視で購入したい人におすすめのモデルです。

Beats(ビーツ):「Solo Pro Wireless」

Beats、ビーツ、ノイキャンヘッドホン

・スタイリッシュなデザインが特徴。学生へのプレゼントにも最適! ・外部音を取り込むTransparency機能 ・バッテリー最長22時間(ノイズキャンセリングとTransparencyをオフにすれば最長40時間) ・10分の充電で3時間再生可能

「ノイズキャンセリング機能」だけでなく、と外部音を取り込む「Transparency機能」を搭載。折りたたんでコンパクトにできるため、快適に持ち運ぶことができます。また人間工学に基づいたデザインにより、長時間の使用時でも快適な着け心地を実現。 ビーツ社独特のハイファッションなデザイン性も魅力的で、一般的なブラックやホワイトのみならず、グレー・レッド・ブルーといったカラーリングを展開。「静かに集中して勉強したい」「ファッションにもこだわりたい」という学生・受験生へのプレゼントにも最適な商品です。

Sennheiser(ゼンハイザー):「508235」

ゼンハイザー、ノイズキャンセリングヘッドホン

・世界中の音楽愛好家に評価され続ける最高品質のMOMENTUMシリーズ ・折りたたむことでオートON/OFF。再び耳に装着すると音楽がそこからスタート。 ・専用アプリSmart Control Appでスマートにコントロール

2012年の発売以来、世界中で高評価を受け続けているMOMENTUMシリーズの第3世代です。評判の理由は、とにかく圧倒的な高音質。録音された原音をそのまま忠実に再現し、それぞれの音域のバランスが取れた美しいハーモニーを実現。本作でしか味わうことのできない貴重な音楽体験を提供してくれます。 ノイズキャンセリングは外音を最も遮断する「最大モード」、移動時に効果的な「風切り音低減モード」、ノイズキャンセリング独特の圧迫感を抑えた「圧迫感低減モード」の3モードを搭載。シーンに合わせて適切にノイズキャンセリングを使い分けることができます。

Sennheiser(ゼンハイザー):「PXC 550 Wireless」

ゼンハイザー、ノイキャンヘッドホン

・有線使用も可能な1.4mのオーディオケーブルも付属 ・最大20時間再生可能 ・ゼンハイザーのプレミアムサウンドのほか、各種サウンドモードに切り替え可能

ゼンハイザー独自の高級で高音質なサウンドの他に、音楽ジャンルに合わせたサウンドモードを複数搭載したモデルです。サウンドは専用アプリ「CapTure」の使用で音質や機能を細かく設定できます。 クッション性抜群の柔らかい革押さえをしたヘッドバンドは、長距離旅行のリスニングにも負荷のない快適な装着感を実現。十分な厚さと弾力性を持ったイヤーパッドは程良い圧力で、聴き疲れすることなくいつまでもゼンハイザーのサウンドを楽しめます。

SHURE(シュア):「AONIC 50」

SHURE、シュア、AONIC 50

・外部音を効果的に除去する「アジャスタブル・ノイズ・キャンセレーション」 ・最大20時間の連続再生 ・日常シーンで使いやすい外音取り込みモード搭載

臨場感あふれるリスニング体験を実現した、スタジオクオリティーのプレミアム・ワイヤレス・サウンドを楽しめるモデルです。 収納時はイヤーカップが90度回転しコンパクトに収納可能。使用時は電話への応答・音量の調節・再生の一時停止をワンタッチで素早く操作できます。

Bose(ボーズ):「NC HDPHS 700 TMB」

BOSE、ボーズ、ノイキャンヘッドホン

・11段階の圧倒的なノイズキャンセリング機能 ・ボーズ独特の重低音と現代的なデザイン ・他に類を見ない4つのマイクを搭載

ボーズの圧倒的なノイズキャンセリング機能とハイパワーなサウンドにより、想像を超える音楽体験を味わえるモデルです。操作性も抜群で、ヘッドホンを着用しながら音声アシスタント(AmazonのAlexa搭載)に簡単にアクセス。単なるヘッドホンとしての機能を遥かに超え、スマートフォンを最大限に活用できます。 ノイズキャンセリング機能のほかに、瞬時に周囲の音を聞きたい場合に役立つ「会話モード」も搭載。ボタンを押すだけで音楽を一時停止し、マイクシステムが周囲の音を取り込みます。

AKG:「AKGY600NCBT-E」

AKG、ノイキャンヘッドホン

・最大約25時間の再生時間 ・10分の急速充電で約4時間使用可能 ・ワイヤレス非対応機種でも使用できる有線ケーブル付属

音楽だけに集中できるハイブリッド方式「ノイズキャンセリング機能」と、外部の音をしっかりと収音する「アンビエント機能」をどちらも搭載。音楽再生中にヘッドフォンを外すと自動で一時停止し、再び装着すると自動で再生を開始する、操作性抜群な製品です。 折りたたみ式で持ち運びも簡単。2台同時ペアリング機能も持ち、片方のスマートフォンで音楽を聴いている最中に、もう片方のスマートフォンの電話着信を受けることができるなど多機能なモデルです。

B&W Bowers & Wilkins :「PX7」

B&W、PX7、ノイキャンヘッドホン

・3種類の環境適応型ノイズキャンセリングモード ・最大30時間の連続再生 ・15分の急速USB-C充電で5時間のオーディオ再生

環境に合わせて自動でノイズ消去の調整をしてくれる「適応型ノイズキャンセリング」を3種類搭載したモデルです。ノイズキャンセリングのコントロールは専用アプリから自在に行えます。最先端のBluetooth技術・aptXアダクティブにも対応可能。 ドライバーはBowers & Wikinsのフラッグシップスピーカー800D3シリーズの最新型43mmドライバーを搭載。鳴りの良い高音質が楽しめる、Bowers & Wikinsの最上位ヘッドホンです。

Apple(アップル):「AirPods Max」

・最大20時間再生 ・5分間の充電時間で約1.5時間の再生時間 ・アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードも搭載 Appleが設計したダイナミックドライバからパワフルな音を出力する、大人気シリーズ「AirPods」のヘッドホンモデルです。ダイナミックヘッドトラッキングを持った空間オーディオは、ライブ会場さながらの広い音場感を実現しています。 さらにマイクを9つも搭載。アクティブノイズキャンセリングにも外部集音にもそれらが効果的に働きます。Smart Caseに収納すると超低電力状態に切り替わり、バッテリー充電が長持ちにも。

【1万5千円以下!】お得なノイズキャンセリングヘッドホン3選

Anker(アンカー):「Soundcore Life Q20」

Anker、アンカー、ノイキャンヘッドホン

・Amazonマケプレアワードで2年連続の3冠受賞 ・最大40時間再生、アクティブノイズキャンセリング未使用時には驚異の60時間再生を実現 ・ハイレゾ対応と独自のBassUpテクノロジーで充実した音楽体験を

Amazonマケプレアワードで2年連続3冠受賞を果たした、コストパフォーマンス抜群かつ信頼性の高いヘッドホンです。低価格帯ながら、ヘッドホンのマイクが周囲の騒音を検知しそれに合わせてノイズを消去するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。 音質面もハイレゾ対応の他、独自技術のBassUpテクノロジーを搭載。リアルタイムに音源を分析し、即時に低音を増幅させてくれます。高音質・高音圧の大迫力なサウンドを楽しみたい人におすすめできる製品です。

TaoTronics:「SoundLiberty 85」

TaoTronics、ノイキャンヘッドホン

・31時間の連続再生と急速充電 ・低周波サウンドを最大95%低減するアクティブノイズキャンセリング ・超軽量220gで長時間の使用にもおすすめ

人間工学に基づいたノンストレスな着用感と、高精度チップにより実現された高音質、そして約7000円の手ごろな価格で話題になったヘッドホンです。同価格帯の中では抜きん出ている音像のきめ細かさと、クリアでバランスの取れたサウンドが魅力的。 アクティブノイズキャンセリング機能も確かなもので、周波数帯域30-700Hzのノイズを20dBまで低減させ、ハイエンドクラスのヘッドフォンと同等の性能を実現しています。有線接続にも対応、重さも223.5gと、扱いやすさにも長けている1品です。

Mu6

Mu6、ヘッドホン、ノイキャン

・クラウドファンディングで実現された最先端かつ期待の1品 ・フィードバックマイクによる圧倒的なノイズキャンセリング機能 ・Qualcomm Apt-X LLコーデックやCSR Bluetooth5.0を搭載した極上の音楽体験

内側に残ったノイズを集音してノイズを低減させる「フィードバックマイク」と、3つのアクティブノイズキャンセリングモードが圧倒的な消音能力を生み出す最先端の製品です。 左のイヤーカップには赤外線近接センサーを内蔵。ヘッドホンのつけ外しに合わせて自動で音楽を再生/停止してくれます。Bluetoothも最新の5.0に対応。10m離れても安定した通信環境を実現可能な、超低遅延なヘッドホンです。

用途は様々!飛行機・勉強用など幅広い使い道

ここまでおすすめ商品を紹介してきましたが、「やっぱり購入を迷ってしまう……」という人もいますよね。そこで最後にここからは、「ノイキャンヘッドホン」が活躍する場面を紹介していきます。 「こんな場面で使いたい!」と思ったら、ぜひ購入してみましょう!一方で「やっぱり使わなそうかも……」なんて人は、お安めのイヤホン・ヘッドホンで済ませてしまうのも手です。

飛行機や電車での移動にも

SONY、ソニー、ノイキャンヘッドホン、飛行機

ノイズキャンセリングヘッドホンは、騒音の目立つ飛行機や電車での移動時にも快適に音楽を聴くことができます。日常の移動や出張・旅行時にも大活躍すること間違いなしの製品です。 ハイエンドな製品にはさらに飛行機用のアダプターがついていることも。より快適に音楽に集中できます。

騒音に負けず、勉強に集中したい場合にも

BOSE、ヘッドホン、ノイキャン、勉強、読書

ノイズキャンセリング機能は音楽を楽しみたい時だけでなく、周りの騒音を消して作業や勉強に集中したい時にも役立ちます。環境音を打ち消し周囲を気にすることなく作業に没頭できるため、作業用途にノイズキャンセリングヘッドホンを購入する人も多いでしょう。 その場合は音質よりもノイズキャンセリングの強さや、環境に合わせた複数のノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンに着目して商品選びをしてみるのがおすすめです。

こんな場面では使えないかも……

一方で「小さい子どもの世話をしながら音楽を聞きたい人」に、ノイキャンヘッドホンはおすすめできません。子どもが転んでしまった、泣いている、なんて時にその声が聞こえないのは危険ですよね。 そんな場合は「自宅用にスピーカー」を用意するか、周囲の音が聞こえやすい「ネックスピーカー」がおすすめです。

勉強・飛行機の雑音もなんのその!ノイキャンヘッドホンで、快適な音楽ライフを

本記事では、騒音の中でも音楽に集中できる「ノイズキャンセリングヘッドホン」について、その選び方とおすすめの商品を紹介しました。 本記事を参考に自分に合った1台を購入して、周囲の騒音を気にせずに極上の音楽体験をしてみてくださいね!