2021年2月3日更新

防水タブレットおすすめ!お風呂でも故障知らずの最強商品を紹介【2020最新】

防水タブレット

「お風呂でもYouTubeや映画を楽しみたい!」という人はいませんか?本記事では防水タブレットを購入する上で重要な2つのポイントを確認しつつ、おすすめ防水タブレットを紹介していきます。より手軽な防水ケースも紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次

防水タブレットおすすめ商品を紹介【番外編で防水ケースも!】

「お風呂でもYouTubeや映画を楽しみたい!」という人はいませんか?

そんなときに便利なのが防水タブレット。キッチンやお風呂など水気の多い場所でも安心して使用することができます。

しかし防水タブレットの防水性能や機能はモデルによって様々。選ぶ時に注意したいポイントもあります。

本記事では購入する上での注目ポイントの解説や、おすすめの防水タブレットを紹介していきます。お手持ちのタブレットを防水仕様にできる便利な防水ケースも紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

防水タブレットを購入する時にみるポイント2つ

チェック 項目 フリー素材

以下では防水タブレット購入時にチェックしておきたい2つのポイントを紹介していきます。

特に防水規格のチェックは重要です。使用したい環境と防水性能が合っていないとタブレットの故障につながるため、しっかりと確認しておきましょう。

①防水の規格をチェック

防水タブレット

防水タブレットを選ぶ上で最も重要なのが防水性能を表す規格のチェック。防水に対応しているタブレットでも商品によって性能は様々で、使用に適した環境も異なります。

性能は主にIPXXという防水性能を表す規格で確認できます。IPの後の数字が防塵、最後につく数字が防水性能を表し、大きくなるほど性能が高くなります。

お風呂で使用するならIPX7以上のモデルがおすすめ。IPX7の性能があればシャワーの水しぶきはもちろん、万が一水没させてしまっても安心です。

アウトドアで使用したい場合は、防塵性能をチェックしておくのもおすすめです。IP5Xくらいのモデルを選べば、砂や埃の多い場所でも安全に使用することができます。

②対応OSをチェック

防水タブレット

次にチェックしておきたいのが対応するOSの種類。防水タブレットのOSには主にAndroidを搭載したモデルとWindowsを搭載したモデルがあります。

Androidはスマホ感覚で手軽に使用したいという場合におすすめです。アプリもスマホと同じくGoogle Playからダウンロードできるため、使用可能なアプリの数が多いという点もメリット。

windowsモデルの特徴はパソコンに近い使い方ができるという点です。windowsパソコンとの互換性が高いため、パソコンで編集したワードデータなどをスムーズに読み込んで編集することが可能です。普段使いから仕事まで幅広く使用したいという場合に選んでみましょう。

おすすめ防水タブレット

ここからはおすすめの防水タブレットを紹介していきます。2つのチェックポイントと照らし合わせながら、自分にあったモデルを探してみてくださいね。

【HUAWEI(ファーウェイ)「M3 lite 10 wp/Wi-Fi/Silver」】

防水タブレット

動画や音楽などコンテンツの視聴に特化したモデル。 ディスプレイは1920×1200の高解像度で視力保護機能も搭載。長時間使用しても疲れることなく快適にコンテンツを楽しめます。 スピーカーは4つ搭載されており、臨場感あふれるサラウンド再生に対応。奥行きのある立体的な音響で映画やドラマを盛り上げてくれます。 地デジチューナーも内蔵でテレビ番組の視聴も可能。6600mAhの大容量バッテリー搭載で最大9時間使用できる点も魅力です。肝心の防水防塵機能もIP67となっており、お風呂はもちろんアウトドアでの使用にもおすすめ。

【富士通(FUJITU)「WQ2/E2」】

防水タブレット

富士通(FUJITU)の「WQ2/E2」はwindowsOSを搭載したパワフルなスペックが魅力。 CPUはクアッドコア「Celeron N4120」を搭載。メモリも8GB搭載するため、ワードやエクセルなどのオフィス系ソフトもサクサク動作します。別売の軽量スリムキーボードと組み合わせることでノートPCとしても使用可能です。 作りも頑丈で、耐久性を示す米軍規定のMIL規格に準拠するテストをクリア。液晶ガラスを保護するフレームが配置されており、落下時に液晶が割れてしまうのを防いでくれます。 防水性能もIPX8対応と高性能。仕事とエンタメ、マルチに使用したい人におすすめのモデルです。

【LG(エルジー)「Qua tab PX au」】

ミ防水タブレット

軽量コンパクトで気軽に使える防水タブレットを探しているなら「Qua tab PX au」がおすすめ。 コンパクトな8インチサイズ・重量も310グラムと軽量になっているため、持ち運びはもちろん手に持って電子書籍を読むことにも向いています。 ブルーライトをカットするリーダーモードも搭載で、長時間使用しても目が疲れにくい点も嬉しいところ。解像度も1920x1200の高解像度となっており、動画配信サービスなどもきれいな映像で楽しめます。 IP65/67防水対応でお風呂での使用も可能です。

【LG(エルジー)「LGT32SWA」】

ミ防水タブレット

お風呂でテレビを視聴したいという人におすすめなのが「GT32SWA」。 ワンセグ・フルセグに対応し、テレビ番組を高画質で視聴できます。画面サイズは10インチと大きめ。バッテリーも7000mAhと大容量なので、長時間映画やドラマを楽しみたい場合にもぴったりです。 防水防塵機能はIP65/67となっており、キッチン等からお風呂まで使用可能です。充電中は置き時計になる「Info Clock」という機能も搭載。部屋に置いて、カレンダーやニュースを表示させておくこともできます。

【NEC「TS508/FAM」】

防水タブレット

「TS508/FAM」は8インチのコンパクトサイズながら、ハイクオリティな映像と音質を楽しめるのが魅力です。 ディスプレイは1920×1200の高画質液晶を採用。サウンドも上下の奥行きを表現してくれるDolby Atmosに対応で、迫力のある音響でコンテンツを楽しむことができます。 CPUは高性能な「APQ8053」を搭載。メモリも3GBと余裕があるため、ネットサーフィンはもちろん重めのゲームも快適にプレイできます。 ただ防水性能がIPX2と防滴仕様になっており、他製品よりは低め。キッチンなど多少の水しぶきがかかるような場所であれば使用可能となっています。

【SONY(ソニー)「Xperia Z4 Tablet」】

ミ防水タブレット

「Xperia Z4 Tablet」は高解像度の大画面と389グラムの軽量ボディを両立した高機能モデル。 ディスプレイにはソニー独自開発の「トリルミナス(R)ディスプレイ for mobile」を採用。2560×1600の高解像度で色彩豊かな映像を映し出します。 IPX5/8の防水性能に加えIP6Xの防塵にも対応。水滴が付いても誤タッチが起きづらい設計となっているため、お風呂での使用も快適です。端子部はキャップレス防水となっており、キャップのつけ忘れでタブレットを壊してしまう心配もありません。 別売りのワイヤレスキーボード「BKB50」と組み合わせれば、ノートPCのように使うことも可能です。

【番外編】防水ケースで対応も可能

防水タブレット

「タブレットは持っているけど防水に対応していない……」という場合は防水ケースを使ってみましょう。防水ケースがあればわざわざ買い換えなくても、手持ちのタブレットを手軽に防水仕様にできます。 防水ケースはソフトタイプとハードタイプが売られていますが、オススメなのはソフトタイプ。100円ショップなどでも販売されていて、簡単にタブレットを出し入れできます。中には便利なスタンドやストラップが付属している商品もあるためチェックしてみましょう。 ただ購入前には必ずタブレットとケースのサイズが合うか確認しておく必要があります。タブレットのスペック表の寸法と照らし合わせて、余裕のあるものを選ぶと安心ですよ。

故障を気にせず安心して使える防水タブレットはとっても便利【お風呂やキッチンなどの水場での使用におすすめ】

快適、女性、青空、フリー素材

水回りでも使える便利な防水タブレットを紹介しました。気になる商品はみつかりましたか? 使用するスタイルに応じて、防水性能や対応OSのほかサイズ感などもしっかりと確認しておきましょう。特にお風呂で使用したい場合は、防水性能が基準を満たしていないとタブレットが壊れてしまうため注意が必要です。 防水タブレットは毎日のバスタイムやクッキングタイム、アウトドアをより楽しくしてくれます。防水タブレットをとりいれて、いつでもどこでも映画やアニメ、ゲームを楽しみましょう。

お風呂にテレビ!気になる人はこちらの記事もチェック