2020年10月20日更新

ポータブルDVDプレーヤーの選び方&おすすめ商品は?用途ごとに一挙紹介!

ポータブルDVDプレーヤーの選び方&おすすめ商品は?用途ごとに一挙紹介!_サムネイル

電源がない場所でDVDをみたい時、自宅・外・車内のどこでも重宝するのがポータブルDVDプレーヤー。防水機能付きのモデルを選べば、お風呂でもDVDを楽しめちゃいます!本記事ではおすすめのポータブルDVDプレーヤーを、選び方とともに解説していきます。

目次

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめは?安価なモデルから防水機能付きまでカテゴリ別に紹介!

液晶モニターとDVDプレーヤーが一体になっている「ポータブルDVDプレーヤー」があれば、電源がない場所でも好きな時にDVDが視聴できます。しかしDVDプレーヤは価格帯もメーカーも様々。どう選んで良いのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事ではまず「ポータブルDVDプレーヤーの選び方」を解説し、カテゴリー別におすすめの製品を紹介していきます。防水対応や地デジ視聴機能など様々なモデルがあるので、自分にあったポータブルDVDプレーヤーを見つけてくださいね。

ポータブルDVDプレーヤーとあわせて
イヤホン・ヘッドホンもチェック!

【ポータブルDVDプレーヤー選び方】ポイント8点

選び方のポイント8点
①画面サイズ
②「リージョンフリー」と「CPRM対応」かチェック
③連続再生時間
④ブルーレイ再生対応か
⑤地上デジタルチューナー
⑥防水性能をチェック
⑦車用なら「シガーソケット」「車載アダプター」をチェック
⑧出力端子

ポイント1:画面のサイズ

ポータブルDVDプレーヤーを選ぶ時には、まず画面のサイズをチェックしましょう。一般的には7インチから15インチほどのサイズが主流です。「持ち運びやすさ」にこだわりがなければ、メニューなどが操作しやすい「大きめの画面」がおすすめです。

反対に屋外に持ち出すことが多い人は、持ち運びやすさが重要。小さいサイズであればカバンの中に入れやすいですし、新幹線・バスなど座席の上で広げても邪魔になりません。よって自宅外での利用が多い場合は、持ち運びに適した10インチ以下がおすすめです。

ポイント2:「リージョンフリー」と「CPRM対応」かに注意

リージョンフリーとは、海外のDVDも再生可能であることを指します。一般的にDVDとプレーヤー本体には世界の地域別コードが記録されており、このコードがDVDとプレーヤー側で異なると視聴できません。しかしリージョンフリー対応のプレーヤーであれば、リージョンコード関係なしに視聴可能です。

またCRPMとは、著作権保護技術のことです。テレビ番組などではダビングができないよう「コピーを制限する信号」が含まれていることが多く、録画した番組をDVDプレーヤーでは視聴できません。しかし「CPRM対応」のDVDプレーヤーなら、テレビ番組を録画したDVDでもプレーヤーで視聴ができます。

ポイント3:連続再生時間

DVDプレーヤーの連続再生時間は、一般的に2〜5時間です。視聴する環境や視聴したいDVDの長さにあわせ、連続再生時間が十分か確認しましょう。特に「外での使用が多い人」や「映画をメインで視聴する人」は、連続再生時間が3時間以上のものを選びましょう。

また中には、電池で稼働するタイプもあります。充電を長時間行えない場所で利用する時などは、このようなタイプの購入も検討しましょう!

ポイント4:ブルーレイディスクに対応しているかチェック

ブルーレイディスクは、ブルーレイに対応したプレーヤーでしか視聴できません。最近ではブルーレイディスクしか発売されていないコンテンツもあるので、より多くの作品が見たい人は、ブルーレイ対応のプレーヤーを選ぶと良いでしょう。

なおブルーレイ対応のプレーヤーであれば、基本的に通常のDVDディスクも視聴可能です。ただし中にはブルーレイディスクしか再生できないモデルも!購入する時には、DVDとブルーレイの両方に対応しているか確認しておきましょう。

ポイント5:地上デジタルチューナー

ポータブルDVDプレーヤーの中には、地上波のテレビが視聴できる製品もあります。こうした製品はデジタルチューナーを搭載しているので、地上波のテレビを楽しみたい人はデジタルチューナー搭載のモデルを選びましょう。

またチューナーには、ワンセグ対応のものとフルセグ対応のものがあります。

フルセグは自宅と同じような建物の中で電波を受信するタイプで、高画質で地上波を楽しむことが可能。反面移動中の視聴には向かないので、建物の中でポータブルDVDプレーヤーを使う人におすすめです。

ワンセグは携帯電話の電波を利用するタイプで、移動中でも電波が途切れにくいのが特徴。ただし画質はフルセグよりも劣るので、移動中にポータブルDVDプレーヤーを見ることが多い人におすすめです。

ポイント6:防水性能

ポータブルDVDプレーヤーをお風呂で使用したい場合や、プールや浜辺などの水辺で楽しみたい場合は防水機能付きのモデルを選びましょう。防水性能は「IPX○」といった数値で示されており、○の中の数値が大きいほど防水性能に優れています。

キッチンなど、水滴がつく程度の環境なら「IPX5」で十分。また「IPX6」なら、水没にさえ注意すればお風呂でも利用できます。ただお風呂やアウトドアで利用する場合、水に沈めても耐えられる「IPX7」規格以上のものを選ぶと安心です。

ポイント7:車で使いたいなら、車載アダプターとシガーソケットをチェック

持ち運びできる「ポータブルDVDプレーヤー」を、車の中で利用したい人も多いですよね。この時に車載アダプターが付いているプレーヤーだと、前の座席の背もたれにプレーヤーを固定できるので便利です。

またシガーソケットが付いているものだと、車の中で充電可能。ドライブ中にバッテリーが切れる心配なく使えますね。

ポイント8:出力端子も確認を

ポータブルDVDプレーヤーの中には、外部への出力端子が内蔵されているものがあります。テレビなどへ映像を出力して、大画面で映像を楽しみたい人は外部への出力端子があるものがおすすめです。

ただ、外部の出力端子にも様々な種類があります。代表的なのが赤、白、黄色の3種に色分けされた「RCA端子」。また比較的新しい規格の「HDMI端子」に対応しているモデルもあります。持っているモニター・テレビの端子をあらかじめ確認しておきましょう!

モニターに出力したい!
という人は以下の記事もチェック!

【防水機能付きモデルのおすすめ】アウトドアやお風呂で利用したい人に

HONEY CAT「H-4-BW21」

「H-4-BW21」は防水性能を持ったポータブルDVDプレーヤーです。 IPX6の等級を持っているので、お風呂場やキッチンなどの水場でも安心して利用することが可能。最大で3時間連続使用ができる充電バッテリーを搭載しているので、持ち運びも便利です。 またブルーレイディスクに対応しているのも大きなポイント。高精細な映像を11.4インチの画面で楽しむことができます。

山善、キュリオム 「TPD-L90FW(W)」

山善の「TPD-L90FW(W)」もIPX6相当の防水性能を持ったポータブルDVDプレーヤーです。 このモデルの魅力は、地上波が視聴できること。ワンセグ・フルセグ両方に対応しているので、「建物の中では高画質なフルセグ、移動中には電波が途切れにくいワンセグ」と場所に合わせて最適な視聴が行えます。 また連続視聴2時間のバッテリーを搭載しているもの嬉しいポイント。画面サイズも9インチと、小柄で持ち運びにぴったりなモデルとなっています。

【車内使用におすすめ】シガーソケット対応の商品からピックアップ

QKK、ポータブルDVDプレーヤー「DP09M」

QKKの「DP09M」には車載アダプターが付いており、車座席への取り付けも簡単。またシガーソケット・ACアダプタ・バッテリー充電の3つの給電方式に対応しているのも嬉しいポイントです。長時間の利用でも、バッテリーを気にせずに使えますね。 連続視聴時間も5時間と安心。また9インチの小さめなタイプなので、持ち運びにも便利です。旅行などの外出時にぴったりですね!

DBPOWER、ポータブルDVDプレーヤー「MK101」

DBPOWERの「MK101」は、10.5インチのコンパクトなポータブルDVDプレーヤーです。車載用のホルダーとシガーソケットが付いているので、車に乗っている時でも充電を気にすること無く使用できますね。 またリモコン付きなのも嬉しいポイント。小さい子どもでも、車内座席に座ったままプレーヤーを操作できます。 連続再生時間も5時間と長く、重量は895g。非常に軽量なので持ち運びが非常に便利なのも魅力的な点です。

WONNIE、DVDプレーヤー「JP-TBMNT-9.5」

「JP-TBMNT-9.5」の最大の特徴は2台セットであるということ。1台は助手席に置いたり、もしくは後部座席に2台置くなど、使い方の幅が広がります。 もちろん2つのプレーヤーで同じDVDを同時再生できるので、DVDを2台買う必要もありません。シガーソケットが付いており車の中で給電が行える点も魅力的ですね。

【人気商品から選ぶ】迷ったらコレ!バランスの取れた性能が魅力

ここまでは「防水機能」や「車内での利用」など、カテゴリー別におすすめ商品を紹介してきました。しかし「これといって必要な機能はない」「バランスの取れた性能のモデルが欲しい」といった人もいるでしょう。 そんな人のためにここからは、Amazonや楽天といった大手ECサイトで「人気の製品」をピックアップして紹介します!迷った人は、是非参考にしてみてくださいね。

アグレクション「SU-14PB」

大手通販サイトで非常に人気なのが、アグレクションの「SU-14PB」です。人気の理由はコストパフォーマンスの高さと、バランスの取れた性能。2万円弱のモデルながら、14インチの比較的大きな画面が付いています。 またブルーレイディスクにも対応しているので、大画面で高精細な映像を楽しめます。連続再生時間も3時間あるので、充電をしなくても映画を1本丸々視聴することができます。

APEMAN「PV1050」

APEMANの「PV1050」が人気の理由は、コストパフォーマンスが非常に高い点にあります。10.5インチのコンパクトな画面でありながら「1024×720」と解像度の高い液晶パネルを採用しており、持ち運びのしやすさと画面の綺麗さを両立しています。 また製品の軽さも非常に特徴的な点で、重量は950gとかなり軽量。外出時に重さが負担になることもありませんね。シガーソケットが付いているので、車の中で充電も可能です。連続再生時間が5時間を超えていることも嬉しいポイントですね。 Amazonだと約7,000円で購入可能。豊富な機能がありながら、リーズナブルな価格に抑えた、非常にコストパフォーマンスの高いモデルです。

【5,000円以下の商品】コスパ重視で選びたい人向け

DBPOWER「MP0725」

DBPOWERの「MP0725」は、高い機能性を持ちながら非常にリーズナブル。実売で5,000円を切る価格は、ポータブルDVDプレーヤーでも最安クラスです。ポータブルDVDプレーヤーのエントリーモデルとしても優秀ですね。 また付属のRCAケーブルでテレビに接続することも可能。サイズはコンパクトな7.5インチで、連続再生時間も5時間以上。シガーソケットにも対応しているので、持ち運びや車内利用にも便利なモデルです。

BIGASUO「GTC-B7.5A」

「GTC-B7.5A」も、非常にリーズナブルなポータブルDVDプレーヤーです。この製品の特徴は乾電池を利用して電源の供給が行えること。電源のない場所でも、乾電池さえあればDVDの視聴が行なえます。 また乾電池を使用した場合で、最大5時間の再生が行えるのも大きなポイント。乾電池の交換を行わずに長時間映像を視聴することができます。 さらにこの製品には36ヶ月の長期保証が付いている点も見逃せません。非常にリーズナブルな価格ながら安心して使用することができる、コストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめは?選び方を理解して、自分にぴったりなモデルを購入しよう

ポータブルDVDプレーヤーを使えば、電源がないところでもDVDを楽しめます。 しかしポータブルDVDプレーヤーとひとくちに言っても、様々なタイプが発売されていますよね。防水性能に長けていて台所で使用できるタイプや、地上波が視聴できるもの、車での使用ができるものなど機能も盛り沢山です。 使いたいシーンや機能などを踏まえて、自分にぴったりなポータブルDVDプレーヤーを購入しましょう!

テレビにもこだわりたい人は
以下の記事をチェック!