2021年2月22日更新

悪役令嬢漫画が今アツい!必読おすすめ作品12選【フラグ回避せよ】

悪役令嬢 漫画

どうなるか分からない展開にハラハラしてしまう「悪役令嬢漫画」が、現在話題となっています。本記事では転生モノとセットになっていることが多い「悪役令嬢漫画」のおすすめ作品を、個性的な作品から話題の作品までタイプ別で多数紹介します!

目次

悪役令嬢漫画とは?注目ジャンルのおすすめ作品をタイプ別で紹介!

最近人気に火がついている「悪役令嬢」というジャンルをご存知ですか? いわゆる「転生モノ」と呼ばれるジャンルの1つではあるのですが、女性主人公が物語のヒロインではなく悪役令嬢に転生しているところがポイント。先の読めない「王道では無い展開」が魅力的だとファンの間でも話題になっています。 本記事ではそんな「悪役令嬢」が登場する漫画を3つのタイプに分けて紹介するので、気になった人はチェックしてみて下さい!

最注目のテッパン悪役令嬢漫画【今すぐ読みたい!】

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』

吹き出し アイコン

主人公が悪役令嬢であるにも関わらず恋路を応援したくなる!

■作者名:山口悟(原作)、ひだかなみ(作画) ■巻数:既刊6巻(2021年2月現在) 本作は山口悟による同名小説をひだかなみによる作画でコミカライズしたもので、現在『コミックZERO-SUM』にて連載中です。「はめふら」の略称で「悪役令嬢」モノの人気に火を付けたと言っても過言ではない本作は、2020年にアニメ化もしています。 両親に甘やかされて育った公爵家の1人娘・カタリナは8歳のある日、転んで石に頭をぶつけた拍子に前世の記憶を思い出します。自分が転生前にハマっていた乙女ゲームの悪役令嬢になっていることに気づいた彼女は、破滅エンドを回避するために奔走することに……。

『公爵令嬢の嗜み』

吹き出し アイコン

悪役令嬢が前世の知識を生かして領地経営!?

■作者名:澪亜(原作)、双葉はづき(キャラクター原案)、梅宮スキ(作画) ■巻数:既刊7巻(2021年2月現在) 「小説家になろう」で連載されていた澪亜の小説が原作である本作は、2015年より『ヤングエースUP』にて連載中です。原作の小説の方は完結しているため、気になる人はそちらを読んでみるのも良いかもしれません。 公爵令嬢・アイリスは婚約者であるエドワード王子に床へ押さえつけられた際に、前世の記憶と共にここが乙女ゲームのエンディングシーンであることに気が付きます。退学は免れたものの父より領主代行となることを言いつけられたアイリスは、前世の知識を元に初めての領地経営を開始していくのでした。

『悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~』

吹き出し アイコン

最強の主人公・ユミエラが学園内で様々なことに巻き込まれ……?

■作者名:七夕さとり(原作)、Tea(キャラクター原案)、のこみ(作画) ■巻数:既刊1巻(2021年2月現在) Webサイト「小説家になろう」で話題となった七夕さとり原作の小説が、のこみのイラストと共にコミカライズされました。ゲーム脳の主人公に、ゲーマーなら共感できるポイントが多数あります。 主人公の転生先はRPG系乙女ゲームのヒロイン……ではなく「悪役令嬢ユミエラ」というキャラクターでした。彼女は本編ではパッとしないキャラクターですが、実はエンディング後に裏ボスとして再登場します。 彼女は転生前のゲーム脳が災いして、学園入学時にはまさかのレベル99。その強さから入学早々ヒロイン達に「魔王」ではないかと疑われることになってしまいます。

『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』

吹き出し アイコン

勝ち気な主人公がイケメンの魔王を攻略すべく奮闘します。

■作者名:永瀬さらさ(原作)、 紫真依(キャラクター原案)、柚アンコ(漫画) ■巻数:全3巻(完結) 永瀬さらさによる同名小説のコミカライズである本作は全3巻で完結しておりテンポも良いため、「悪役令嬢」モノを読んだことがない人でもサクサク読み進めることができますよ。 公爵令嬢のアイリーンは婚約相手から婚約破棄を言い渡されている最中に、突然前世の記憶を思い出します。彼女が今居る場所は、なんと主人公が以前プレイしていた乙女ゲームの世界。 悪役令嬢である自分の未来には破滅しか待っていないことに気付いたアイリーンは、ラスボスである魔王を自分の味方にすることを思いつきます。

恋する悪役令嬢漫画【転生しても愛されたい】

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』

吹き出し アイコン

主人公の悪役令嬢と隣国の王太子の甘々ラブストーリー!

■作者名:ぷにちゃん(原作)、成瀬あきの(キャラクター原案)、ほしな(作画) ■巻数:既刊7巻(2021年2月現在) 本作の特徴は、主人公の悪役令嬢・ティアラローズがタイトルの通り隣国の王太子・アクアスティードに見初められてしまうところです。ひたすらに主人公を溺愛するアクアスティードの言動にキュンキュンしてしまいますよ。 自国の王太子の婚約者であるティアラローズは突然、自分が好きな乙女ゲームの世界に居ることに気が付きます。その姿はヒロインではなくなんと悪役令嬢で、なんと王太子に「婚約破棄」と「国外追放」を告げられる卒業パーティ前日。 そのままゲームのシナリオ通りに進んでいくはずが、ティアラローズはパーティ当日に隣国の王太子に求婚され……。

『悪役令嬢な婚約者の観察記録』

吹き出し アイコン

悪役令嬢を自称する主人公が、王太子に嫌われるために奔走!

■作者名:しき(原作)、蓮見ナツメ(作画) ■巻数:既刊4巻(2021年2月現在) 本作の原作である同名小説は、「アルファポリス第9回ファンタジー小説大賞」で特別賞を受賞。乙女ゲームの悪役令嬢であることを自覚している主人公が婚約破棄されるために走り回るという内容は、今までにないストーリーで面白いです。 侯爵令嬢のバーティアと婚約した王太子・セシルはある日彼女に奇妙なことを言われてしまいます。その内容は、彼女が「悪役令嬢」であるということ。バーティアは悪役となってセシルに婚約破棄されるために様々な手を使って悪事を働きますが、虚しくも毎回空回りしてしまいます。

『悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!』

吹き出し アイコン

悪役令嬢が乙女ゲームのモブキャラに恋をする!?

■作者名: 杏亭リコ(原作)、封宝(キャラクター原案)、なびこ(作画) ■巻数:既刊3巻(2021年2月現在) 原作小説は「小説家になろう」ににて連載中ですが漫画と小説の描写はところどころで異なるため、読み比べてみるのも面白いかもしれません。 やり込んでいたゲーム、「ラブ☆マジカル」の悪役令嬢に転生したイザベラは、前世で想い続けていた攻略対象外のいわゆるモブキャラ・ウルシュに想いを伝えます。 彼女は最悪の結末である処刑ルートを回避するため、ウルシュとの恋や貴族としての暮らしに奮闘。果たして彼女は、ゲーム通りの結末を回避することが出来るのでしょうか?

クセ強め悪役令嬢漫画【一筋縄ではいかない!】

『アルバート家の令嬢は没落をご所望です』

吹き出し アイコン

悪役として没落街道を突き進みたい主人公が健気で面白い!

■作者名:さき(原作)、双葉はづき(キャラクター原案)、彩月つかさ(作画) ■巻数:既刊3巻(2021年2月現在) 自ら没落する道を突き進む主人公が特徴的な本作ですが、主人公がひたむきに悪役を演じながらも空回りする様子がなんとも可愛らしいです。 自分が乙女ゲームの悪役令嬢であることに気付いた公爵令嬢のメアリ・アルバートは、従者・アディと共に没落の道を突き進もうとします。 あらゆる手を使ってヒロイン・アリシアに嫌がらせをするメアリですが、何故かその全てが裏目に出てしまいアリシアの好感度が上がっていくのでした。没落したいメアリの運命やいかに。

『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』

吹き出し アイコン

ゲーム実況を通して異世界と現実世界が結ばれる!

■作者名:恵ノ島すず(原作)、えいひ(キャラクター原案)、逆木ルミヲ(作画) ■巻数:既刊2巻(2021年2月現在) 悪役令嬢漫画としては珍しく「転生モノ」ではない本作は、ゲーム実況をする高校生たちによって悪役令嬢のバッドエンドが回避されていくという新しいストーリーとなっています。 王太子のジークの元に、ある日突然2人の神の声が届きます。そのお告げは、「婚約者であるリーゼロッテがツンデレのために、このままだと破滅を迎えてしまう」という衝撃的なもの。実は意地悪だと思っていたリーゼロッテの言動は照れ隠しだったのです。 神の正体は、ゲーム実況をする2人の高校生。その2人からの「神託」を頼りに、ジークはリーゼロッテのバッドエンドを回避していきます。

『転生先が少女漫画の白豚令嬢だった』

吹き出し アイコン

性格最悪の白豚令嬢が、ダイエットと自分磨きを頑張ります。

■作者名:桜あげは(原作)、ひだかなみ(キャラクター原案)、條(作画) ■巻数:既刊1巻(2021年2月現在) 「悪役令嬢漫画」に登場する悪役令嬢は、基本的には悪役でありながらも美女であることが多いです。しかし本作の主人公はなんと最初太っていて体臭がキツいという設定で、異色の作品となっています。 婚約破棄されたショックが原因で、自分が少女漫画の中の「悪役令嬢の取り巻き」に転生していることに気がついたブリトニー。 「白豚令嬢」のままではいつか破滅エンドを免れないことに気付いた彼女は、不摂生な生活と自分への甘さが祟り80kgまでに増えた体重を減量すること決意。そのダイエットが、様々な出来事を巻き起こしていきます。

『転生悪女の黒歴史』

吹き出し アイコン

主人公が自身の「黒歴史」である自作小説の中の悪女に転生してしまい……。

■作者名:冬夏アキハル ■巻数:既刊5巻(2021年2月現在) 『LaLa』に連載中の本作の内容は転生モノでありながら、その他の作品とは一線を画しています。主人公の転生先がよくある乙女ゲームや少女漫画の悪役令嬢ではなく、自分で書いたありえないぐらい痛い小説=黒歴史であるところが特徴です。 社会人としてまっとうに働く佐藤コノハには「黒歴史」があります。コノハが中学時代に全力を賭けて書いたその小説をある日母親に見つけられそうになったことに焦り、トラックに巻き込まれて命を落としてしまいます。 目を醒ましたら、そこはまさかの自分の書いた「黒歴史」の世界。しかも自分はヒロインの妹である最強の悪女・イアナに転生していて……。

『悪役令嬢の追放後! 教会改革ごはんで悠々シスター暮らし』

吹き出し アイコン

悪役令嬢の「追放後」の暮らしを描いた物語。

■作者名:柚原テイル(原作)、吉村旋(作画) ■巻数:既刊4巻(2021年2月現在) 本作は、現在Web小説発のコミカライズ作品を多数扱う『FLOScomic』にて連載中。悪役令嬢漫画に多い破滅フラグを捻じ曲げるストーリー展開ではなく、追放後の悠々自適な生活が描かれている点がポイントです。 過労によって命を落としたイベントプランナー・沢谷友加は、前世の記憶を保持したまま乙女ゲームの悪役令嬢・エリザベスに転生。運命に抗おうとするもあっさりと追放されてしまった彼女はその現実を受け止め、隣国の教会で見習いシスターとしての生活をスタートさせるのでした。

いつものヒロインと一味違う!悪役令嬢が主役の漫画を楽しもう

悪役令嬢が主役の漫画の多くが、王道のストーリー展開ではないところが魅力の1つです。また、悪役令嬢漫画を読むことでヒロインではない視点からストーリーを見ることができるところも面白いですよね。 本記事で紹介した作品の中から、是非お気に入りの「悪役令嬢漫画」を見つけてみて下さい。