2020年11月12日更新

デスゲーム漫画おすすめ15選!命を賭けた戦いから目が離せない【2020年最新版】

デスゲーム漫画 サムネイル

登場人物達の命が賭けられたデスゲームでは、残虐な死から社会的な死まで、実に様々な困難が待ち受けています。この記事では、おすすめデスゲーム漫画15選を一挙紹介!死と隣り合わせの緊張感を体験してみませんか?

目次

おすすめデスゲーム漫画15選を紹介!命がけの心理戦にハラハラ【2020年最新版】

登場人物達の生死がゲームのように扱われる「デスゲーム」は、残酷ながらも危機感のある情景描写が人気を集めているジャンルです。過酷な状況に置かれた各キャラクターの心理戦や、生き残りをかけた鬼気迫る戦闘シーンなどが、デスゲームならではの魅力となっています。 主人公が巻き込まれる形でデスゲームに参加させられるものから、主人公が望んでゲームに参加するものまで、デスゲームの設定は多種多様。この記事ではおすすめデスゲーム漫画を厳選して15作紹介します。

1.『恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に』

『恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせが来る頃に』は、『ひぐらしがなく頃に』を手がけた作者・竜騎士07が原作を務めるデスゲーム漫画です。 主人公の小日向アスナロは、美少女達が自分を取り合うハーレムを妄想するのが好きなごく普通の男子高校生。そんな彼が偶然拾った瓶には、なんと悪魔ゼパプルが封印されていました。封印を解いてしまったアスナロに、悪魔はお礼として彼の妄想を現実にすることを約束します。 そして学園を舞台に始まったハーレムゲーム。しかし、その本質はヒロイン達のデスゲームでした。アスナロの彼女になることが出来なければ地獄に落ちてしまうと知ったヒロイン達は、嫌々ながらもアスナロの気を惹こうと奮闘します。

2.『出会って5秒でバトル』

『出会って5秒でバトル』は原作のウェブ漫画をリメイクした作品。主人公の白柳啓(しろやなぎあきら)は成績優秀でゲームが趣味の男子高校生です。 ある日、突然何者かに襲われた啓はその人物を撃退。しかし、その後現われたマジシャン風の女性に殺されてしまった彼は、目が覚めると謎の施設にいました。同じ境遇の人間が集められたその場所で、彼は再び現われたマジシャンに「能力」を使って戦うようにと説明を受けます。 啓は「相手があなたの能力だと思った能力」を与えられ、詭弁(きべん)を弄しながら敵と戦うことに。珍しい能力の内容や、能力の使い道が問われる頭脳ゲームが見どころです。

3.『監獄実験—プリズンラボ—』

『監獄実験 プリズンラボ』は原作の小説を漫画化した全10巻のデスゲーム漫画。 主人公の江山藍都(えやまあいと)は学校内で壮絶ないじめを受けていました。ある日、そんな彼の元に「誰でも好きな相手を1か月間監禁できる」というゲームの招待状が届きます。 藍都はいじめの主犯格だった桐島彩(きりしまあや)に復讐するべく、監獄実験を開始。「殺してはいけない」「名前を知られてはいけない」などの条件を課せられた藍都の復讐が始まります。 残酷な拷問シーンが多々含まれる本作ですが、感情が揺さぶられる藍都と彩の対話も見どころです。

4.『天空侵犯』

『天空侵犯』は兄妹の異常にも見える絆と、高層ビルを舞台にした戦闘が見どころの作品。女子高生の本城遊理(ほんじょうゆり)は、突然学校から高層ビルに飛ばされてしまい、そこにいた仮面の殺人者に追われ始めます。 兄・理火(りか)に対して強烈なブラザーコンプレックスを抱く遊理は、まず理火と連絡を取ることに。彼も高層ビル群にいることが分かった遊理は、兄との合流を目指して行動を起こします。 物知りな理火から射撃などの戦闘技術を学んでいた遊理は、その知識を活かして過酷な環境を生き延びようと奮闘。理火との過去が語れる回想シーンは、妹キャラフェチの人におすすめの内容です。

5.『ダーウィンズゲーム』

『ダーウィンズゲーム』は2020年にアニメ化もされた人気デスゲーム漫画。平凡な男子高校生・カナメが友達の紹介で「ダーウィンズゲーム」という謎のアプリに招待されたことで、彼は超能力者同士のデスゲームに巻き込まれることに。 ゲームの参加者は異能(シギル)が与えられることや、ゲームはクリアするまでやめられないことを知った彼は、他の超能力者を集めてゲームクリアを目指すようになります。 「物体をコピーして取り寄せて強化する」というチート級の能力を得ていたカナメですが、理不尽なゲーム条件を前に大切な人を失ってしまうことも。果たして彼はゲームをクリアすることが出来るのでしょうか?

6.『生贄投票』

『生贄投票』は学園を舞台にした人気デスゲーム漫画。ある日、女子高生の今治美奈都(いまばりみなと)のスマホに「生贄投票」というアプリが突然表示されます。そこにはクラスメイトの名前が並んでおり、投票数が1番多かった生徒には“社会的な死”がもたらされると書いてありました。 半信半疑だった生徒達ですが、選ばれた生徒の性行為や犯罪行為の動画が実際に拡散されたことで疑心暗鬼状態に。投票を利用して復讐を果たす生徒もいれば、アプリ制作者を逆探知しようとする生徒も現われ、様々な思惑を持った生徒同士の心理戦が始まります。

7.『今際の国のアリス』

『今際の国のアリス』は2013年にアニメ化、2020年には実写ドラマ化も予定されている完結済みのデスゲーム漫画です。 ある日、友人と共に花火を見ていた有栖良平(ありすりょうへい)は、突然「今際の国」という異世界に来ていました。電光掲示板に表示された「げぇむ」をクリアしないと死んでしまうことを知った有栖達は、生き延びるために「げぇむ」への参加を余儀なくされてしまいます。 物語の序盤で親しくなった友人達が自分のために死んでしまい、新しく出会ったウサギという女の子と行動するようになった有栖。死んでしまった友人のためにも、有栖は「今際の国」の謎を解明するべく行動を始めます。

8.『サツリクルート』

『サツリクルート』は、『ヒト喰イ』を手がけたMITAが原作を務めるサバイバル就活漫画。全7巻の中で、一度でも就活に失敗したら即死んでしまう青年の奮闘を描いています。 日本を治める4大財閥のうち1財閥の御曹司・蓼丸(たでまる)カズヤは自身の目的のために権力を利用しようとしていましたが、権力争いの末に財閥から放逐されてしまいます。 そんな状況で彼が出会ったのは悪魔のアガリでした。悪魔のような力を貰う代わりに、就職活動で1度も失敗してはいけないという契約を悪魔と結んだカズヤ。悪魔を利用しようとする人間と、人間を利用しようとする悪魔の思惑が交差したストーリーです。

9.『奴隷区』

『奴隷区』は、ケータイ小説『僕と23人の奴隷』を漫画化した作品。2018年にはアニメ化もされた人気デスゲーム作品です。各エピソードで視点が変わり、それぞれの主従関係が描かれています。 上の歯に装着する「SCM」という器具は、装着している者同士で勝負を行うと、勝者が敗者の主人になれるという装置。「性的暴行を働いた犯人に復讐したい」「ホストを自分のものにしたい」「力試しをしたい」などの様々な思惑を持ったキャラクター達が、SCMを使って相手を奴隷にしていきます。 エピソードごとに変化する主従関係や、裏ルールを広めた黒幕の存在などが『奴隷区』の見どころとなっています。

10.『NOT LIVES -ノットライヴス-』

『NOT LIVES -ノットライヴス-』はゲームの世界を舞台にした全10巻のデスゲーム漫画。 ゲームを自作するほどゲーム好きの主人公・三神(みかみ)シゲルは、偶然拾ったディスクに触れたことで見知らぬ少女のアバター内に転送されてしまいます。 強制的に「NOT ALIVE」というゲームに参加させられてしまったシゲル。しかも、そのゲームは参加者同士の戦闘が行われ、敗者には現実でも死がもたらされるという危険なものでした。 過酷な条件の中で、シゲルのゲーマーとしての知識や分析力が試される戦闘シーンが『NOT LIVES -ノットライヴス-』の見どころです。

11.『少年Y』

『少年Y』は、2012年から少年チャンピオンにて連載されていた全8巻のデスゲーム漫画です。 アリの身体の脆さについて、幼少期から神に疑問を抱いていた栗原ユズルが主人公。人付き合いが苦手で自意識過剰な彼は、憂鬱な気分で転校初日を迎えます。 しかし、転校生として初めて足を踏み入れた教室では、なんと教師や生徒が全員死亡した状態で転がっていました。驚く彼の目の前に突然現われた少女は自分が神であると語り、彼に見知らぬクラスメイトの命を取捨選択するようにと命じます。

12.『カラダ探し』

『カラダ探し』はケータイ小説を原作とした漫画化作品。2017年にはアニメ化もされた人気デスゲーム漫画です。 舞台となった県立逢魔高校には、「赤い人」に遭遇すると身体をバラバラにされてしまい、他の生徒に自分の身体を探すように頼むことになるという学校の怪談がありました。 身体のパーツを見つけるように頼まれた生徒は、「赤い人」に見つからずに全てのパーツを見つけるまで同じ1日をループしなければなりません。 登場人物達が身体のパーツを探しながら、学校の怪談にまつわる謎を究明していく過程が見どころです。

13.『ドクムシ』

『ドクムシ』はケータイ小説『コドク〜蠱毒〜』を原作とした漫画化作品。2016年には実写映画化もされた人気デスゲーム漫画です。 ある日、廃校舎で目覚めた大学生のスギウラレイジ。その場にいた見知らぬ男女7人と共に廃校を探索すると、脱出不可能であることや食糧が一切無いことが発覚します。 監視カメラの存在や7日間の制限時間を表示した掲示板などから、この状況がデスゲームだと判断したレイジ達。各キャラクター達がそれぞれの思いを胸に、危機的状況の中でどのような変化を見せるのか――。幼い少女からゲームの主催者側まで、様々な人間の思惑が絡み合うストーリーです。

14.『ヒロインは絶望しました。』

『ヒロインは絶望しました。』は2019年からマガジンポケットにて連載中のデスゲーム漫画。『ドレ☆スタ』というゲームの世界に飛ばされた主人公の女子高生が、死ぬ度に現実とゲームを行き来する絶望感溢れる作品です。 ある日突然ゲームの世界に飛ばされ、巨大な熊に惨殺されてしまった渋谷明(しぶやめい)。ゲームの世界に行く度に何度も殺されていた彼女ですが、ゲームオタクの秋葉歪(あきばひずむ)に操作して貰うことで巨大な熊を倒すことに成功します。 しかし戦闘に貢献している報酬として、明は歪の理不尽な命令に服従することに。残虐なシーンや明の悲痛な姿、そして歪のクズっぷりが多々描かれています。

15.『タマロワ ~100%金目当て 資産35億のイケメンを巡る訳アリ女達の玉の輿バトルロワイヤル~』

『タマロワ ~100%金目当て 資産35億のイケメンを巡る訳アリ女達の玉の輿バトルロワイヤル~』は、その名の通り、生死を賭けた婚活バトルが舞台。 資産35億円のイケメンの心を射止めるべく、訳あり美女達があの手この手でイケメンを誘惑する物語です。借金持ちかつ27歳処女の後藤優奈も参加者の1人。借金まみれの人生を逆転するため、彼女もイケメンからの無理難題に立ち向かいます。 エロ要素も満載の本作品ですが、実はミステリーパートも見どころの1つ。理不尽な命令を聞かざるを得ない女性達の反応にも注目です。

騙し騙されのサバイバル!緊張感にゾクゾクするデスゲーム漫画を読もう

デスゲームを扱う漫画は、死と隣り合わせになった人間の心理描写や変化が見どころ。残虐なシーンやエロ展開などが描かれる作品も多いですが、デスゲームの理不尽さに疑問を覚えて謎解きが始まるミステリー要素も魅力の1つです。 非現実的な興奮を味わえること間違いなし!デスゲーム漫画を読んで、緊張感溢れるサバイバルストーリーを体験してみましょう。