2021年2月19日更新

漫画の名言・名シーンをランキングで紹介!王道の台詞からネタ系迷言まで【2021年版】

漫画 名言

漫画に登場する名言や格言を活用シーン別にランキングでまとめて紹介します!王道のセリフから、感動的な愛の言葉、泣ける名言まで。ネタとして有名な名言の元ネタも解説します。とっておきの名言との出会いが待っているはず!

目次

漫画の名言・格言を一挙紹介!活用シーン別にまとめ

漫画は「人生のバイブル」とも言えるほど、名言や格言の宝庫です。この記事では数ある漫画の中から、ciatr編集部が厳選した漫画の名言をランキング形式でまとめて紹介します! 使える場面にあわせて、いちおしの名言TOP5をピックアップ。原作での使われ方や、実際に活用する際のポイントなどもあわせて解説します。 名言や格言をうまく活用すれば、周りから一目置かれることもあるかも!?ぜひお気に入りの名言を見つけてみてください。

漫画の名言といえばこれ!【王道の名言・格言】

まずは漫画好きなら抑えておきたい王道の名言・格言を紹介します。最近話題の作品のセリフから、不朽の名作の有名なセリフまで。どれも知名度が高い名言なので、きっとどこかで一度は聞いたことがあるでしょう。

5位:「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」

■作品名:『鬼滅の刃』 ■認知度:★★★★☆ ■アツい度:★★★★☆ ■後世に残したい度:★★★★☆ 冨岡義勇(とみおかぎゆう)が竈門炭治郎(かまどたんじろう)に放った言葉です。妹の禰豆子(ねずこ)を殺さないでほしいと、炭治郎は土下座をして命乞いをしました。そんな彼の姿に、冨岡は無力だった頃の自分の姿を重ね、この言葉を伝えます。 厳しい言葉ながら、無情な現実を表すひと言。現代社会に生きる読者にとっても、ハッとさせられる名言です。

4位:「お前はもう 死んでいる」

■作品名:『北斗の拳』 ■認知度:★★★★★ ■アツい度:★★★☆☆ ■後世に残したい度:★★★★☆ ケンシロウが伝説の暗殺拳「北斗神拳」の奥義で敵を倒す際に口にするのがこの言葉。言われた相手は最初は何のことだか理解できませんが、直後に死に至ります。漫画では実はそう多く登場していませんが、アニメ版で頻出したことで、当時は流行語となりました。 往年の名作の名言とあって、後世まで長く残っているセリフのひとつ。その後多くの作品に影響を与えた点を考慮しての4位です。

3位:「計画通り」

■作品名:『DEATH NOTE』 ■認知度:★★★★☆ ■アツい度:★★★☆☆ ■後世に残したい度:★★★★★ 原作53話に登場したこのセリフは、主人公・夜神月(やがみらいと)が凡人には決してなし得ない計画を立て、それを無事に遂行完了した際に放ったもの。少年漫画の主人公とは思えない悪い顔で、1ページまるまる使って描かれたコマで、読者に衝撃を与えました。 シンプルなセリフ故に記憶に残りやすく、つい使ってみたくなる点を高く評価しています。

2位:「あきらめたらそこで試合終了ですよ……?」

■作品名:『SLAM DUNK』 ■認知度:★★★★☆ ■アツい度:★★★★★ ■後世に残したい度:★★★★★ 原作8巻・27巻に登場する、湘北バスケ部監督・安西先生による名言。先生のこの言葉で、諦めかけていた選手たちの心は再び闘志に溢れることになります。諦めない限り逆転の可能性は残されているのです。 日常生活で心が折れそうなとき、ふと思い出すと力をくれるセリフです。前を向く勇気をくれる言葉として、胸に刻んでおきたい名言のひとつ。

1位:「“海賊王”に!!!おれはなるっ!!!!」

■作品名:『ONE PIECE』 ■認知度:★★★★★ ■アツい度:★★★★★ ■後世に残したい度:★★★★★ 海賊王を目指す主人公・ルフィの決め台詞。作中でもよく登場する言葉で、ルフィの代名詞とも言えます。序盤では彼がこの言葉を口にする度、そんなのは無理だと周りに笑われていました。しかし死闘を繰り広げながら、ルフィは一歩ずつ夢の場所へと近づいています。 夢を持ち続けることや、夢を口にすることの大事さを教えてくれるセリフとして後世に受け継いでいきたい名言です。

一度でいいから言ってみたい【かっこいい名言・格言】

漫画の主人公のような波乱万丈な人生は歩めずとも、かっこいいセリフは一度は言ってみたいもの。セリフを覚えておけば、いざという時に言えるかもしれません。グッとくる言葉があれば心に刻んでおくのがおすすめです。

5位:「俺に勝てるのは俺だけだ」

■作品名:『黒子のバスケ』 ■認知度:★★★☆☆ ■イカしてる度:★★★☆☆ ■真似したい度:★★★☆☆ 「キセキの世代」のエース・青峰大輝(あおみねだいき)がモットーとする言葉です。自分以外には負ける気がしないという意味であり、彼の自信家な一面と、そう豪語できるだけの実力を感じさせます。 秀でた才能を持たない凡人にはなかなか言えないセリフですが、それ故に一度は言ってみたいもの。言える場面がなかなか無いという点で、今回は5位に留まりました。

4位:「強い言葉を使うなよ、弱く見えるぞ」

■作品名:『BLEACH』 ■認知度:★★★☆☆ ■イカしてる度:★★★☆☆ ■真似したい度:★★★★☆ 謎めいた存在感を放つ藍染惣右介(あいぜんそうすけ)が、仲間をやられ激昂する日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)に放った言葉。このとき日番谷は愛染に対し「殺す」と怒りを顕にしますが、このセリフと共に一瞬でやられてしまいます。 強い言葉で相手を従わせ、自分を強く見せようとする人もいますが、そんな場面で一度は言ってみたいセリフです。

3位:「負けたくないことに理由っている?」

■作品名:『ハイキュー!!』 ■認知度:★★★☆☆ ■イカしてる度:★★★☆☆ ■真似したい度:★★★★★ 9巻で登場したこのセリフは、主人公・日向翔陽(ひなたしょうよう)が言ったもの。新マネージャーの谷地(やち)は部員の練習量に驚き、どうしてそこまで頑張れるのかと不思議に思います。それに対し、日向はこの言葉を言いました。 やりたいことや負けたくないという気持ちに理由は不要だと気づかせてくれる名言です。

2位:「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」

■作品名:『鬼滅の刃』 ■認知度:★★★★☆ ■イカしてる度:★★★★☆ ■真似したい度:★★★★☆ 十二鬼月・累と炭治郎が死闘を繰り広げているところにやってきた冨岡義勇が放ったひと言。苦戦した炭治郎とは対照的に、このセリフの後、冨岡は累を瞬殺しました。 圧倒的な強さと自信があるから言える言葉なので、普段使いするにはやや難易度が高め。とはいえ、後輩の前で一度は使ってみたいセリフです。

1位:「我が生涯に一片の悔いなし!」

■作品名:『北斗の拳』 ■認知度:★★★★★ ■イカしてる度:★★★★★ ■真似したい度:★★★★☆ 主人公・ケンシロウの最大の敵として立ちふさがったラオウの最期の言葉。ケンシロウと拳法家として死闘を繰り広げた末、弟弟子の成長に満足気な笑みを浮かべ、ラオウは自ら秘孔を突き人生の幕を閉じました。 こんな言葉を最期に言えるような人生を送りたい、そう思わせてくれる名言。言う機会は滅多に無いかもしれませんが、生き様として心に宿しておきたい言葉です。

胸キュンが止まらない【恋愛の名言・格言】

「自分がもしこのシチュエーションになったら?」を想像しながら楽しむのも恋愛シーンの醍醐味のひとつです。爽やかな告白シーンから熱烈なプロポーズまで、恋愛の名言を選びました。実際言ったら、または言われたらを想像しながら楽しんでください。

5位:「いつか必ず お前を奪う」

■作品名:『七つの大罪』 ■認知度:★★★☆☆ ■胸キュン度:★★★☆☆ ■言われたい/言ってみたい度:★★★☆☆ 「七つの大罪」のひとり、「強欲の罪(フォックス・シン)」のバンが恋人エレインに伝えたプロポーズです。2人を引き裂いた悲劇や、その後の展開を考えるとキュンとしつつも切なさが溢れます。 盗賊ならではの“奪う”という表現がにくいですね。本作には2人以外にも複数のカップルが登場するので、随所で甘い名シーンが楽しめます。

4位:「俺とつきあって下さい!ずっと 大事にするから」

■作品名:『君に届け』 ■認知度:★★★☆☆ ■胸キュン度:★★★★☆ ■言われたい/言ってみたい度:★★★★☆ 10巻で登場する風早翔太(かざはやしょうた)が黒沼爽子(くろぬまさわこ)に告白するシーンのセリフです。それまでじっくりと距離が近づいていった2人が、晴れて恋人になる瞬間。文化祭の打ち上げというシチュエーションも加わり、青春度は満点です。 風早らしい飾らない真っ直ぐな言葉が胸に刺さります。実際の告白の参考にしやすい点もプラスに評価しました。

3位:「好きだからだよ おめぇのことが好きだからだよ この地球上の誰よりも……」

■作品名:『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』 ■認知度:★★★★☆ ■胸キュン度:★★★★★ ■言われたい/言ってみたい度:★★★☆☆ 記憶喪失になっていた蘭は、コナンにどうして自分を守ってくれるのかと問いかけます。それに対し、コナン=工藤新一が伝えたのがこのセリフです。蘭が記憶喪失だったからこそ言えた、新一の本音でしょう。 蘭と新一の関係にもどかしさを感じていたファンにとっては、最高の胸キュンシーンです。日常ではやや伝えにくいキザさがあるので、今回は3位としています。

2位:「俺の人生半分やるから お前の人生半分くれ!」

■作品名:『鋼の錬金術師』 ■認知度:★★★★☆ ■胸キュン度:★★★★☆ ■言われたい/言ってみたい度:★★★★★ 最終回で主人公エドワードが幼馴染のウィンリィに言ったプロポーズの言葉です。本作における錬金術は「等価交換の法則」が絶対で、そんな世界に生きてきた錬金術師のエドらしいプロポーズとなっています。 プロポーズに対し彼女も快諾しており、最終回を飾る名シーンのひとつ。胸キュン度&実用度、共に高い名言です。

1位:「好きだ 気がおかしくなるほど惚れてる 俺が欲しいのはおまえだけだ」

■作品名:『花より男子』 ■認知度:★★★★★ ■胸キュン度:★★★★★ ■言われたい/言ってみたい度:★★★★★ 14巻で登場する道明寺司(とうみょうじつかさ)の牧野つくしへの愛の言葉です。直前に彼女は誰も好きではないと言っているのですが、それに怯むことなく道明寺はストレートにこのセリフを言います。 強気な態度の中に滲み出る、彼の本気の想いと覚悟は胸キュン必至。一度はこんな風に想われてみたいと思わせてくれる道明寺のかっこよさを評価しての1位です。

漫画こそ人生!【努力の名言・格言】

なにかを達成するためには、努力をすることが大切です。そう分かっていても、時に心が折れてしまうことも。そんなとき心を鼓舞し、再び頑張る勇気を与えてくれる名言を紹介します。

5位:「1位と最下位との差なんて大したことねーんだよ ゴールすることとしないことの差に比べりゃ」

■作品名:『宇宙兄弟』 ■認知度:★★★☆☆ ■共感度:★★★★☆ ■LINEの一言にしたい度:★★☆☆☆ 夢を叶えた弟に劣等感を抱いていた南波六太(なんばむった)が、再び宇宙飛行士になるという夢に向かっている最中のセリフです。候補生のサバイバル訓練最終日、目の前にはリタイアという選択肢もありましたが、彼は心の中でこの言葉を唱えました。 心が折れそうなときに思い出すと、もう一度目指すべきゴールを思い出させてくれるでしょう。

4位:「未来なんて、ちょっとしたはずみで、どんどん変わるから。」

■作品名:『ドラえもん』 ■認知度:★★★★☆ ■共感度:★★☆☆☆ ■LINEの一言にしたい度:★★★★★ のび太が未来を確認すると、結婚相手がしずかちゃんからジャイアンの妹に変わっていました。未来が変わったことに愕然とするのび太に、ドラえもんが放ったのがこのセリフです。 未来が変わったことを確認する術がないため、共感度はやや低めとしました。自分の気持ち次第で未来が変わるということを教えてくれる深い言葉です。

3位:「他人にやらされてた練習を努力とは言わねえだろ。」

■作品名:『MAJOR』 ■認知度:★★★☆☆ ■共感度:★★★★☆ ■LINEの一言にしたい度:★★★☆☆ 努力しても周りの選手には敵わないと弱音を吐く寺門に、主人公・茂野吾郎(しげのごろう)が掛けた言葉です。寺門は努力していたつもりでいましたが、吾郎のやってきた“本当の努力”に触れることになります。 努力とは一体何なのか、その本質に迫る名言です。やれと言われたからやるのか、自分のためにやるのか。スポーツだけでなく勉強や仕事においても覚えておきたい言葉ですね。

2位:「今の時代を作れるのは、今を生きてる人間だけだよ…………!!!」

■作品名:『ONE PIECE』 ■認知度:★★★★☆ ■共感度:★★★★☆ ■LINEの一言にしたい度:★★★★★ 海賊王ロジャーの右腕であった男「冥王」レイリーが、大海賊時代はロジャーが作ったというウソップに対して語った言葉です。時代の開拓者はロジャーであったとしても、その時代を作ることができるのは今を生きる人々だと言います。 令和についても同じことが言えるでしょう。令和を生きる人々が、この時代を作っていくのです。スケールが大きい格言なので、共感度は低めと評価して2位としました。

1位:「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

■作品名:『はじめの一歩』 ■認知度:★★★★★ ■共感度:★★★★★ ■LINEの一言にしたい度:★★★★★ 主人公・一歩をボクシングの世界に誘った先輩ボクサー・鷹村守(たかむらまもる)が、世界タイトルマッチの控室で会長の鴨川源二(かもがわげんじ)に言われたセリフです。優秀なボクサーを多数育て上げた指導者の言葉とあって説得力があります。 努力が報われないことがあったとしても、まず努力しなければ何も始まりません。心を奮い立たてくれる名言として、今回は1位に選びました。

涙腺崩壊!【感動する名言・格言】

セリフを思い出すだけでうっかり涙が溢れてしまいそうになる、琴線に触れる感動系名言を紹介します。いずれもその人物の生き様のかっこよさに魅せられる名言ばかりです。

5位:「美しく最後を飾りつける暇があるなら 最後まで美しく生きようじゃねーか。」

■作品名:『銀魂』 ■認知度:★★★☆☆ ■泣ける度:★★☆☆☆ ■読み返したい度:★★★★☆ 主人公・坂田銀時(さかたぎんとき)が「白夜叉」の異名で知られた頃の回想シーンで登場するセリフです。窮地に陥り自決しようとする仲間に、銀さんはこう言葉を掛け、戦場を駆けていったと言います。 普段はぐーたらで死んだ魚の眼をしていると言われる銀さんのかっこいいエピソードのひとつ。このセリフは6話で登場するので、過去の因縁や真実が明らかになってから再度読み直すと、より感動するシーンです。

4位:「胸を張って生きろ」

■作品名:『鬼滅の刃』 ■認知度:★★★★★ ■泣ける度:★★★★★ ■読み返したい度:☆☆☆☆☆ 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)が、死の間際、炭治郎ら若き鬼殺隊士たちに語った言葉のひとつが「胸を張って生きろ」です。彼は残りわずかの余力を振り絞り、隊士としての心得を“言葉のバトン”にして次の世代に繋げました。 号泣必至のシーンですが、読み返すには再び煉獄の死に向き合う必要があります。その点を加味し、今回は4位としました。

3位:「逆だよ。ゴン、オレなんだ。ゴン、オレお前にあえて、本当によかった。」

■作品名:『HUNTER×HUNTER』 ■認知度:★★★★☆ ■泣ける度:★★★☆☆ ■読み返したい度:★★★★☆ 「グリードアイランド編」にて、ゴンはキルアに会えてよかったと笑顔で伝えます。それに対し、キルアが心の中で言ったのが、このセリフです。 生まれてから暗殺と戦闘の英才教育を受けてきたキルアが、初めて願ったことは「ゴンと友達になること」でした。そんなキルアの生い立ちや想いを考えると、彼の本音が語られたこのセリフはとても切ないものです。 最終的にこの言葉がどんな意味を持つことになるのか、原作完結が待たれます。

2位:「許せ サスケ…………これで最後だ」

■作品名:『NARUTO -ナルト-』 ■認知度:★★★★☆ ■泣ける度:★★★★★ ■読み返したい度:★★★☆☆ サスケとその兄・イタチが対峙した際、イタチが愛する弟に掛けた最期の言葉です。後にサスケは兄の悲しい生き様と、サスケを守りたかったという本心を知ることになります。 直前の平和だった頃の回想シーンと、最期の兄としての優しいイタチの表情に、涙腺が崩壊してしまうシーンです。イタチの半生があまりに過酷なため、読み返すには勇気がいります。

1位:「今日までこんなどうしよもねェおれを、鬼の血を引くこのおれを……!!愛してくれて…………ありがとう!!!」

■作品名:『ONE PIECE』 ■認知度:★★★★★ ■泣ける度:★★★★★ ■読み返したい度:★★★★☆ ルフィを庇って致命傷を負ったエースが、最期の力を振り絞って遺した言葉です。海賊王の息子という世界から疎まれる血を持つ自分のことを、温かく受け入れてくれた仲間やルフィへの感謝の気持ちを述べて、彼は息を引き取りました。 泣ける名言ですが、こちらもやはり覚悟がないと読み返せないシーンのひとつです。

あのネタ台詞、元ネタは?【ネタ・迷言】

強烈なインパクトを放つセリフは、ときにネタとして話題になります。ここでは特に有名な5つのセリフを紹介します。活用方法や元ネタもしっかり抑えておきましょう。

5位:「お前は私に指図した 死に値する」

■作品名:『鬼滅の刃』 ■認知度:★★★★★ ■ネタ度:★★★☆☆ ■使える度:★☆☆☆☆ 52話で鬼の首領・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が、十二鬼月の下弦の弐・轆轤(ろくろ)に対して冷たく言い放った言葉です。轆轤は柱と戦うために血を分けて欲しいと懇願しただけですが、鬼舞辻はそれを指図と解釈し、彼を殺してしまいました。 十二鬼月のブラック企業体質を世に知らしめた有名なシーンですが、使えそうな場面が限られているため5位としています。

4位:「バーロー」

■作品名:『名探偵コナン』 ■認知度:★★★★★ ■ネタ度:★★★☆☆ ■使える度:★★★☆☆ コナンや工藤新一がよく使う口癖のひとつが「バーロー」です。本来は「馬鹿野郎」の意味。文字を見ただけで、コナンの声優である高山みなみの声で再生されるという人も多いかもしれません。 愚痴を言いたいときや現状を嘆くときにも使えますが、もともとは「馬鹿野郎」という意味なのでTPOを考えて活用したいセリフです。

3位:「一体いつからーー錯覚していた?」

■作品名:『BLEACH』 ■認知度:★★★★★ ■ネタ度:★★★☆☆ ■使える度:★★★★☆ 正式には「一体いつから――鏡花水月を遣っていないと錯覚していた?」となります。藍染惣右介が45巻で言ったセリフで、追い詰められたかのように見えた藍染が、実際は周りを術中にはめていた際の言葉です。 技名の部分を省略したり、状況に合った言葉を入れたりすることが出来るため、使い勝手は抜群。勘違いを指摘する際や定説に異議を唱える際などに使えます。

2位:「クリリンのことかーっ!!!」

■作品名:『ドラゴンボール』 ■認知度:★★★★★ ■ネタ度:★★★★★ ■使える度:★★☆☆☆ ナメック星でフリーザとの対戦中に孫悟空が言ったセリフです。クリリンの死を目の当たりにした悟空は、彼の敵討ちのために戦っていました。優勢だったフリーザは、さらにクリリンの死を侮辱して悟空を挑発し、このセリフと共に悟空の怒りが頂点に達します。 実生活ではなかなか使うシーンがありませんが、ネット上でネタとして使われることも多いので覚えておきたいセリフです。

1位:「だが断る」

■作品名:『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』 ■認知度:★★★★★ ■ネタ度:★★★☆☆ ■使える度:★★★★★ 囚われの身となった岸辺露伴(きしべろはん)が言ったセリフで、「ジョジョ」シリーズの中でも、高い知名度を誇るものです。彼は敵の要求を飲む素振りを見せたうえで、「だが断る」と自身の信念を貫き通します。 そのシビれる「NO」の突きつけ方は、かっこいいうえに使い勝手も抜群なため1位に。一度受け入れる姿勢を見せてから使うと、より本格的です。

漫画の世界に名言との出会いが待っている!漫画は名言の宝庫

活用シーン別の漫画の名言を紹介しました。心を揺らす名言には出会えましたか? 感動や驚きを与えてくれる漫画は、人の感情を動かす名言がたくさん詰まっています。中には物事を考えさせられる哲学的なものも。 ただ読むだけでなく、自分にとっての名言を探しながら作品を楽しんでみるのもおすすめです。