2021年3月19日更新

動物が登場するおすすめ漫画13選をジャンル別に紹介!犬猫だけじゃない?

動物漫画

人間のように暮らす動物の日常、動物と深く関わる人の生活。命の大切さや人と動物の関係について考えさせられる「動物漫画」を厳選して13作品紹介します!動物好きにはたまらない作品は子供から大人まで楽しめること間違いなしです。

動物好きにはたまらない!おすすめ動物漫画13選を紹介

あなたはどんな動物が好きですか?この記事では、動物好きの人にはたまらない、動物が沢山登場する「動物漫画」を厳選して13作品紹介します。 擬人化した動物が登場するものや、動物のほのぼのとした日常、さらには動物好きな人間が登場する漫画まで、動物漫画には様々なジャンルがあります。ぜひ最後まで読んで、お気に入りの作品を見つけてみてくださいね。

【しゃべる動物が活躍!人間みたいな動物漫画】

擬人化した動物や、人間と変わらない生活をしている動物が登場する漫画作品を5作品紹介します。

『アフリカのサラリーマン』

吹き出し アイコン

社畜ライオンたちが繰り広げるドタバタオフィスコメディ

2014年からpixivコミックにて連載中の動物漫画『アフリカのサラリーマン』。登場人物はライオンやオオハシ、トカゲなど、全員が動物です。そんな動物たちが送る過酷なサラリーマン人生が面白おかしく描かれたコメディ短編集となっています。 物語の中心人物であるライオンは、アフリカのある大手企業に勤めるサラリーマン。カメ社長から無理難題を押しつけられたり、容赦のない減給を受けたりと、世知辛い社会で生きる彼の姿には思わずクスッと笑ってしまうこと間違いなし! 2019年には豪華声優陣が各キャラクターを演じるアニメが放送され、個性の強すぎる登場人物たちの暴言や奇行溢れる内容で注目を集めました。

『BEASTARS』

吹き出し アイコン

ただの動物漫画じゃ無い!社会問題を的確に風刺している話題作

『BEASTERS』は2016~2020年に「週刊少年チャンピオン」で連載された全22巻の漫画作品。肉食獣と草食獣が共存する社会を舞台に、両者の確執や人間模様を描いた群像劇です。 肉食獣と草食獣が通うチェリートン学園にて、草食獣が殺される「食殺事件」が勃発。ハイイロオオカミの主人公レゴシは、被害者と同じ演劇部に所属していたことから犯行を疑われてしまいます。その疑いは早くも晴れたものの、学園や町では肉食獣と草食獣の対立が浮き彫りになっていました。 そんなある日、レゴシは園芸部のウサギのハルと出会い、恋に落ちます。これは狩猟本能なのか、それとも恋愛なのか……。レゴシは本能と感情の間で悩みながらも、ハルに対して真剣にアプローチをするように。 2021年1月からは第2期アニメが放送されている大人気動物漫画です。

『しろくまカフェ』

吹き出し アイコン

一回でいいから行ってみたい素敵空間

『しろくまカフェ』は2006~2013年に「月刊フラワーズ」にて連載された全5巻の作品。人間や動物たちが当たり前に会話し共存する世界で、カフェを経営するシロクマを中心に多様な動物たちが登場するコメディ漫画です。 カフェのマスターであるシロクマは物腰が柔らかで紳士的ながら、シュールなギャグを好んで披露するだじゃれ好きなキャラクター。常連客のパンダやペンギンが持ち込む問題に巻き込まれたり、動物好きの人間達と関わったりしながら、今日ものんびりとカフェの日常が過ぎていきます。 2012年に放送されたアニメでは、櫻井孝宏や福山潤、神谷浩史など、豪華声優陣を起用したことで更に注目を集めました。

『ヤスミーン』

吹き出し アイコン

過酷すぎる自然界のバトル!!白いチーターで状況が一転?

『ヤスミーン』は、最強の肉食獣ライオンと生涯奴隷のトムソンガゼルの攻防を中心に、野生の王国における様々な動物の戦いを描いた作品です。 野生の王国の王族であるライオン族は、かつてトムソンガゼル族を食い荒らした挙げ句にその味に飽き、「不味い」という理由だけで彼らを奴隷にしていました。食べられることはなくても命を弄ばれる生活の中、トムソンガゼルのブエナはライオンに刃向かうことを決意。 ブエナはハイエナのゾンに協力を仰ぎ、連行されてきたシマウマの子供を救おうとしたものの、ライオンに見つかってしまいます。しかし、殺される直前現われたのは、「白い悪魔」と呼ばれライオンすらも怯える伝説の白いチーターでした。 チーターの登場は王国にどのような影響を与えるのか――?様々な動物達の思惑が絡み合う弱肉強食の全3巻です。

『けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-』

吹き出し アイコン

お友達になろうよ!

『けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-』は、モバイルゲームを原作として2017年に放送されたアニメ作品をコミカライズした、全2巻の漫画作品。 世界中の動物が集められた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、動物を擬人化した可愛い女の子のキャラクター「フレンズ」達が様々な問題に右往左往するストーリーです。 主人公の菜々は、立派な飼育員になるために彼女たちが暮らすジャパリパークへやってきた新米職員。初仕事に意気込む彼女でしたが、ツンデレのキタキツネやおっちょこちょいのサーバルに振り回されてしまうこともしばしば。個性的なフレンズ達と新米飼育員の心温まるストーリーが見どころです。

【可愛くて癒される!ほのぼの動物漫画】

可愛い動物のキャラクターが登場するほのぼの系日常漫画を3作品紹介します。ギャグ要素はもちろん哲学的な要素もある作品もあるため、大人でも子供と一緒に楽しめる作品ばかりです。

『ハリネズミのハリー』

吹き出し アイコン

ハリーを抱きしめてあげたい……。

『ハリネズミのハリー』は、サイト「ツイ4」にて連載中の4コマ漫画作品。誰かに抱き締めて貰いたいハリネズミのハリーを中心に、一見恐そうなのに心は優しいオオカミのガル、パイロットになりたいペンギンのペタなど、可愛い動物たちが登場します。 主人公のハリーはフリーハグを求めているハリネズミ。しかし、抱き締めると棘が刺さってしまうため、誰もハリーにハグをしてくれません。唯一ハリーを抱き締めてくれた母親は、ハリーが母の怪我を心配していることを知って修行に出たきり帰ってきませんでした。 そんなハリーのちょっぴり切ない日常と、それぞれ悩みを抱えるキャラクター達が織りなす心温まるストーリーです。

『うさぎは正義』

吹き出し アイコン

うさぎがボスに就任!?

『うさぎは正義』はpixivコミックにて連載中のギャグ漫画。ひょんなことからオオカミ2頭を部下に従えることになったボスのウサギの物語です。 あるとき空腹で倒れかけていたオオカミたちは、森でウサギに出会います。早速ウサギを襲おうとした2頭でしたが、ウサギに後ろ足でキックされ、優しい言葉を掛けられるうちに心を許すように。さらにはウサギのもふもふに心を奪われ、オオカミたちは以降ウサギをボスとして認めます。 頭脳派の1頭はバナナ、血気盛んな方はコマツナと名付けられたオオカミたち。時に辛辣で毒舌なウサギのボスに振り回されつつも、オオカミはそんなウサギの事が大好きで仕方ありません。ヒエラルキーが逆転した異色のトリオが織りなすギャグ漫画です。

『ぼのぼの』

吹き出し アイコン

意外に哲学的!子供と一緒に読みたい名作

『ぼのぼの』は1986年から「まんがライフ」にて連載中の4コマギャグ漫画。絵本やアニメ、映画、ゲームなど、幅広いメディア展開を続けている大人気作品です。 物語の中心となるのは、ラッコの子供のぼのぼの。好奇心や想像力がおう盛な主人公の周りでは、森で一番の悪ガキのアライグマや、いじめられっ子のシマリスなど、個性豊かなサブキャラクター達がいつも賑やかに過ごしています。 本作品はぼのぼのが暮らす森を舞台に、様々な動物たちの心温まるほのぼのストーリーが展開されています。生き物について考えさせられる哲学的な要素や不条理ギャグも登場するため、子供から大人までが楽しめる作品となっています。

【命の大切さを感じる動物漫画】

家畜として人間に利用される動物や、動物を救おうと獣医師を目指す人間など、命の大切さを描いた漫画作品を3作紹介します。

『銀の匙 Silver Spoon』

吹き出し アイコン

逃げてもいい、命の大切さと勇気を教えてくれる物語

『銀の匙 Silver Spoon』は2011~2019年に「週刊少年サンデー」にて連載された全15巻の漫画作品。北海道の農業高校に通うことになった主人公が、学生や動物たちとの関わりを通して成長していくストーリーが見どころです。 主人公の八軒勇吾(はちけんゆうご)は高校受験に失敗し、それまで全く興味のなかった農業高校に進学することに。学校には養鶏場の跡継ぎである常磐(ときわ)や牧場の経営者を目指すタマコなど、将来のビジョンがある生徒達が集まっており、なんの目的もなく入学した八軒は入学早々に自信を失ってしまいます。 そんな中、八軒は一目惚れした御影(みかげ)アキに誘われて馬術部に入部。生き物と沢山触れあったり、個性的な同級生の中で自分の持ち味を発見したりと、それまで勉強漬けだった八軒は次第に人間的な成長を見せていきます。 2014年には第2期アニメ化まで果たした人気作品。原作者は『鋼の錬金術師』で知られる荒川弘です。

『動物のお医者さん』

吹き出し アイコン

ドラマ化もした有名作!

『動物のお医者さん』は、獣医師を目指す大学生の日常を描いた全12巻、基本的に一話完結型の漫画作品です。連載終了後も読者から圧倒的な支持を集める作品で、2003年にはテレビドラマ化も果たしました。 主人公の西根公輝(にしねまさき)、愛称ハムテルはH大学獣医学部に通う大学1年生。高校時代に訪れた大学校内で漆原(うるしはら)教授と出会った彼は、その際に教授から将来獣医師になるだろうと予言され、今では予言通りに獣医師を目指すようになりました。 その後ハムテルは、教授から半ば強引に預けられたシベリアンハスキーのチョビや、凶暴なニワトリのひよちゃんなど、沢山の動物と暮らすように。命の大切さや動物と人の関係などを考えさせられる作品です。

『シートン動物記』

吹き出し アイコン

図書館で読み漁った名作に漫画版があったなんて

大自然に生きる動物たちの生活を描いた『シートン動物記』。アメリカの博物学者シートンの実体験に基づく作品は、1935年に初めて日本語訳され、今では児童文学や書籍で多くの人に知られています。 漫画版『シートン動物記』では全55編に渡る原作から、「灰色熊の子供ワーブ」の生涯や「フェニボンクの山猫」、「ウォスカと赤頭の子狼」などの作品をピックアップ。様々な動物の生態や人間との関係が全2巻で取り上げられています。 人のいない土地で平和に暮らしていた灰色熊の子ワーブは、ある日人間の手によって母親熊を殺されてしまいます。その後も次々と家族が殺されていく中、ワーブはたったひとりで大自然の中に取り残されることに。 人間によってすみかを奪われ、家族を失う動物たち。そんな人と動物の関係について考えさせられる作品です。

【変わった動物が登場する動物漫画】

犬や猫ではない、珍しい動物が登場する漫画を2作品紹介します。爬虫類や海の生物に興味がある人は必見です。

『秘密のレプタイルズ』

吹き出し アイコン

爬虫類オタク必見!美人店員が教えてくれる豆知識が面白い!

『秘密のレプタイルズ』では、ペットとしては珍しい爬虫類が登場します。アプリ「マンガワン」にて連載中の本作は、2021年3月現在既に10巻が敢行されている人気動物漫画です。 主人公の海原入鹿(うなばらいるか)は、上司からの無理難題でストレスを抱えるサラリーマン。そんな彼がある日ペットショップに立ち寄ったことがきっかけで、その運命は大きな変化を迎えます。 犬や猫に癒やしを求めていたはずの入鹿でしたが、爬虫類オタクの美人店員・長良永(ながらなが)に進められるまま、初めてのペットとして「レオパードゲットー」を購入。それ以降、爬虫類の魅力に取り憑かれた入鹿の刺激的な爬虫類ライフが始まります。

『海獣の子供』

吹き出し アイコン

ジュゴンに育てられた子供たちの成長譚

『海獣の子供』は2006~2011年に「月刊IKKI」で連載され、2019年にはアニメ映画化を果たした全5巻の漫画作品。海の生物が多数登場する中、ジュゴンに育てられた少年2人の不思議な運命が描かれたファンタジー作品です。 主人公の女子中学生・琉花(るか)は、ある日所属していたハンドボール部で暴力沙汰を起こしてしまい、夏休みの間部活に参加できなくなってしまいます。自暴自棄になった彼女は、父親が働く水族館に足を運んだところ、不思議な少年・海(うみ)に出会うことに。 海には兄の空(そら)がおり、2人は2~3歳頃までジュゴンに育てられました。そんな彼らと交流するようになった琉花は、次第に海全体の未来に関わる重大な事件に巻き込まれていきます。

いろんな動物が登場する漫画でサファリパーク気分!

人間のように生活する動物が登場する漫画や、動物と深く関わる人間を主人公にした漫画など、動物漫画には様々な世界が広がっています。命の大切さや環境をテーマにした作品も多いため、子供はもちろん大人が読んでも楽しめること間違いなし!ぜひこの機会にお気に入りの動物漫画を見つけてみてくださいね。