2021年7月13日更新

秋ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」で杉咲花が主演決定!“普通”を問いかけるラブコメに【あらすじ・キャスト】

恋です!記事サムネイル

杉咲花が日本テレビ系ドラマ初主演!2021年10月期の水曜ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」で、弱視の盲学校生を演じることが決まりました。この記事ではあらすじ・キャストなどの最新情報を紹介し、相手役となる「ヤンキー君」を予想していきます。

目次

秋ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」あらすじ・キャストを紹介

可愛くてドライな弱視女子高生×ピュアヤンキーのラブコメ

放送局 日本テレビ
時間帯 水曜よる10時〜
放送期間 2021年秋
メインキャスト 杉咲花
原作 『ヤンキー君と白杖ガール』
原作者・うおやま
主題歌 未定

2021年10月期の日本テレビ系水曜ドラマ『恋です! ヤンキー君と白杖ガール』に、杉咲花が主演することが決定しました。杉咲花が演じるのは、主人公の盲学校生・赤座ユキコ。本作が日本テレビ系ドラマ初主演となります。 原作はうおやまによる人気漫画『ヤンキー君と白杖ガール』。盲学校高等部に通うユキコが、街を牛耳る最強の不良・黒川森生と出会い、お互い“普通でない”環境の中で、不器用ながらも少しずつ理解し合っていく様子を描いています。 この記事では、本作のあらすじ・キャストなど最新情報の他、原作について紹介。「白杖ガール」ことユキコの恋の相手となる、「ヤンキー君」黒川森生のキャストも予想していきます。

ラブコメながら“見えにくい”人たちの“普通”をリアルに描く

赤座ユキコは色がぼんやり分かる程度の弱視で、盲学校高等部の3年生。光は感じることができ、外を歩く時はいつも「白杖」と呼ばれる視覚障害者用の白い杖を持っています。 ユキコを演じる杉咲花は、原作について「ふたりが少しずつお互いのことを知りながら、不器用に惹かれあっていく姿がコミカルに描かれるなかで、『普通ってなんだろう?』ということを問いかけている作品で、すごくリアリティを感じました」とコメント。 原作者によれば、本作は「「見えにくさ」を抱える人のことを知ってもらいたくてひとりで始めたマンガ」とのこと。「マイノリティ同士のラブコメだからこそ、生きづらいと感じている多くの方の心に寄り添えるドラマになる、と楽しみにしています!」と期待を寄せています。

原作はウェブ発の人気コミック『ヤンキー君と白杖ガール』

ヤンキー君と白杖ガール

原作の『ヤンキー君と白杖ガール』は、ニコニコ静画pixivマンガハックと3つのウェブサイトで公開されている4コマ漫画。ウェブ累計閲覧数も2000万PVを突破している人気作です。 はじめは「弱視」について知ってもらおうと個人で掲載していましたが、その人気が出版社の目に留まり、KADOKAWAからコミックスが刊行。2021年7月21日には6巻が発行されます。 ユキコと黒川の絶妙な距離感がコミカルに描かれつつも、「障害」についての気付きが盛り込まれたストーリーも話題に。作品を描くきっかけは原作者の父の視力障害だったといいます。 「障害」をテーマにしつつも軽めのラブコメテイストが好評で、強気で天然なユキコはもちろん、最強不良なのに純粋な黒川のキャラクターも人気です。

【キャスト予想】ヤンキーの黒川森生役はいったい誰が演じるのか?

ユキコの恋の相手となる黒川森生は18歳で、高校中退後も無職のまま子分と町をふらついていた不良。そんな黒川が点字ブロックの上を歩いているところを、ユキコの白杖に尻を刺されて2人は出会います。 左目の下に刀傷がある黒川は、職探しの面接でも一目で断られるほど“いかつい”風貌。とはいえピュアな心の持ち主で、顔はイケメンなのです! 杉咲花と年齢が近く、ラブコメに多く出演し、コミカルな演技もできるイケメン人気若手俳優の神尾楓珠や、佐野勇斗が相手役に抜擢される可能性があるかもしれませんね。

ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」あらすじ・キャスト情報を随時更新

2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でヒロインを熱演した杉咲花。「おちょやん」後初めてのドラマ主演となるのが本作です。 原作の雰囲気を活かし、「障害」をテーマに「普通」とはなにかを問いかけるラブコメとなるのでしょうか。相手役の「ヤンキー君」を誰が演じるのかも気になるところ!ciatrでは最新情報を随時更新していきます。