2022年8月5日更新

アニメ「ジョジョシリーズ」を観る順番を解説!視聴できるサービスや各作品の魅力は?

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SO製作委員会

2012年に放送を開始し、遂に第6部「ストーンオーシャン」が2022年に放送されたアニメ「ジョジョシリーズ」。原作ファンの評価も高い本作ですが、シーズンが増えればどの順番で観れば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。 そこで本記事ではアニメ「ジョジョシリーズ」の観る順番を、各シーズンの魅力と共に解説します!

「ジョジョシリーズ」を視聴するおすすめの順番は?

時系列/放送年順 今すぐ 観る
1 『ジョジョの奇妙な冒険』
2012年〜全26話
U-NEXT
2 『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』
2014年〜全48話
U-NEXT
3 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
2016年〜全39話
U-NEXT
4 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
2018年〜全39話
U-NEXT
5 『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』
2022年〜-
U-NEXT

結論から言うと、アニメ「ジョジョシリーズ」はそのまま放送年順に視聴するのがおすすめです。 「ジョジョシリーズ」はシリーズ内で何十年もの時が進み、世代を跨いだキャラクターが多く登場しますが、原作の時系列はアニメの放送年順と一致しています。そのため放送年順に視聴すると、キャラクターの関係性や相関図がわかりやすくなるのです。 しかし「ジョジョ」はシリーズで独立したストーリーを展開しているため、特別観たい話がある場合は途中から観ても問題はないでしょう!

「ジョジョシリーズ」の全あらすじと魅力を紹介!

1部&2部『ジョジョの奇妙な冒険』

ジョジョの奇妙な冒険
(C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会

『ジョジョの奇妙な冒険』は第1部と第2部が、「編」で分かれています。

ファントムブラッド編(第1部)

ある日事故にあった貴族の紳士は、盗人の男を恩人と勘違いしてしまいます。ときが経ち19世紀のイギリス。貴族の息子であるジョナサン・ジョースターの家に、恩を売った盗人の息子であるディオ・ブランドーがやって来ます。 居候となったディオは表向きは好青年ですが、実際の性格は歪んでいました。財産目当てのディオはジョナサンに嫌がらせを続け、遂に石仮面に手をだします。こうして長年続く2人の戦いが幕を開けたのでした。

吹き出し アイコン

「ジョジョ」と言えばスタンドですが、第1部はスタンドが登場しないのが大きな特徴です。すべての始まりとなる2人の因縁は必見です。

戦闘潮流編(第2部)

ディオとジョナサンの凄まじい戦いから49年。吸血鬼騒動も落ち着き、世界は平和になっていました。 そんな中、ジョナサンの仲間で石油王となったスピードワゴンが、石仮面を発見してしまいます。ジョナサンと同じく仲間であるストレイツォに、「波紋」での仮面破壊を依頼した彼。しかしストレイツォは欲望に負けスピードワゴンを殺害、石仮面を被ってしまったのです。 そして彼はエレナとジョナサンの血を継ぐジョセフ・ジョースターの、殺害を企てるのでした。

吹き出し アイコン

第2部は敵・味方関係なく、魅力的なキャラの宝庫。「波紋」での戦いも大きなポイントです!

3部『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』

1987年の日本。高校生の空条承太郎(くうじょうじょうたろう)は、自分にしか見えない悪霊の存在に悩んでいました。しかし祖父であるジョセフにより、承太郎はその悪霊が「スタンド」であると知ります。 数年前に復活したDIOの影響でスタンドが出現した彼ですが、母はスタンドの負荷に耐えられませんでした。そして承太郎は母を助けるため、自身のスタンド「スタープラチナ」を使用しDIOを倒す決意を固めるのです。

吹き出し アイコン

遂に「スタンド」の存在が初登場し、「やれやれだぜ」でお馴染みの承太郎が主人公となる第3部。能力バトルが好きな人であれば、避けては通れないでしょう!

4部『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』

ジョジョの奇妙な冒険
(C) 荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会

ジョセフ・ジョースターの遺産相続の話になり、彼の隠し子の存在が明らかになります。隠し子を探し杜王町にやって来た空条承太郎は、スタンドを使い不良に攻撃する1人の少年と出会いました。その少年、東方仗助(ひがしかたじょうすけ)こそ、ジョセフの隠し子だったのです。 承太郎は杜王町にDIOが使うスタンド能力を発現させる「矢」の存在を感知します。そして彼は町に留まり、仗助も町を守るため戦います。

吹き出し アイコン

第4部はさらにバラエティに富んだスタンドが出現し奥が深くなっていくので、第3部観賞後に観るのが特におすすめです。また存在感抜群の強敵、吉良吉影(きらよしかげ)にも注目してください!

5部『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』

承太郎の依頼でイタリアにやって来た広瀬康一は、ある人物に荷物を奪われてしまいます。その人物こそ彼が探し求めていた、DIOの子であるジョルノ・ジョバーナでした。 ジョルノはギャングによって腐りきった街を救うため、自身がギャングスターになると決意します。DIOはジョナサンの首から下を奪っていました。そのためジョルノにはジョナサンの高貴な血も流れており、2人のカリスマの特徴を持った主人公が誕生します。

吹き出し アイコン

悪にして正義であるジョルノ・ジョバーナのキャラは唯一無二です!

6部『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』

ジョジョの奇妙な冒険SO
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SO製作委員会

承太郎の娘である空条徐倫(くうじょうじょりーん)は、恋人と弁護士に騙され重警備刑務所に連れて行かれてしまいます。それがDIOの元部下の仕業だとわかった承太郎は、娘を刑務所から連れ出しました。しかし何者かのスタンド「ホワイトスネイク」により、承太郎の記憶とスタンドが「DISC」として奪われてしまったのです。 そして徐倫は父のDISCを取り返すため、刑務所に留まり戦うと決めるのでした。

吹き出し アイコン

個性的なキャラ達はもちろん、本作の1番の魅力は主人公である徐倫です。どれだけ困難な状況でも前を向く彼女の姿をみていると、勇気がでてきます!

「ジョジョ」シリーズを観る順番は放送年順がおすすめ!

特徴的な言い回しや個性的なキャラで人気を博した「ジョジョシリーズ」は、少年向けのバトルアニメが好きな人であれば間違いなくおすすめできる作品です。 迷っている人は、ぜひ放送年順に本作を楽しんでみてください!