『GTO』豪華すぎる歴代の若手キャストをまとめてみた【1998年から2014年版まで】

2017年7月27日更新

1998年にTVドラマシリーズとしては初めて放送され、昨年もリメイク版が放送されていた藤沢とおる氏による漫画が原作の国民的ドラマ『GTO』。今回はその豪華な歴代キャストについて、特に若手(だった)俳優にフォーカスを当ててご紹介します。

大ヒットし何度も再放送されたドラマ『GTO』

GTO

『GTO』は、藤沢とおるの同名の漫画を原作とした学園ドラマです。元暴走族の主人公・鬼塚英吉が、教師として私立高校の武蔵野聖林学苑に就任し、様々な問題を抱える2年4組の担任として破天荒なやり方で切り込んでいきます。

1998年放送の『GTO』メインキャストといえば!

鬼塚永吉を反町隆史が、ヒロイン教師の冬月あずさを松嶋菜々子が演じ、この作品がきっかけで2人が結婚したことも当時大きな話題となりました。鬼塚の親友で同じく元暴走族の警官・冴島役で藤木直人もレギュラー出演しています。

え!あの人も?初代『GTO』(1998)の超豪華キャスト

窪塚洋介

#yosuke_kubozuka ”Free paper 「ADVENTURE KING」is now on street”

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿 -

クラスの天才生徒で教師いじめの筆頭・菊池役を演じたのが当時勢いの絶頂にあった窪塚洋介でした。高校生らしからぬキャラクターに入り込んだ演技で、独特の雰囲気を醸し出していたことで記憶に残っている方も多いのではと思います。

小栗旬

典型的ないじめられっ子・吉川を演じたのは、当時15歳で身体もまったく大きくなく、今の姿とは似つかない小栗旬でした。ちなみに、このドラマに出演していたあたりの時期に身長が伸びてきたそうです。

玉木宏

中村愛美扮する「相沢雅の交際相手の友達役」として出演していたという玉木宏。かなりの脇役であったことからあまりその出演は知られていませんが、イケメンぶりは当時から健在でした。

隠れたスターキャストもいる『GTO(映画版)』(1999)

妻夫木聡

田中麗奈や藤原紀香など、当時人気絶頂だったキャストを起用した映画版「GTO」。そのキャストたちの陰に隠れて出演していたのが、ブレイク前の妻夫木聡です。映画には端役の高校生として出演しているのですが、しっかりと主演の反町隆史とも絡んでいます。

2012年にはキャストも一新し、待望のリメイク版ドラマが放送

GTO

14年ぶりに、リメイクされたドラマ『GTO』。2012年版は鬼塚英吉をEXILEのAKIRAが演じました。

本作は1998年版では未登場であった鬼塚の親友・弾間龍二が登場する等、より原作の設定に近いドラマとなっています。2014年には第2シリーズも放送されました。

今旬の俳優が活躍する華の『GTO』(2012)のキャスト

瀧本美織

発売しました?みんなありがとう?? #calendar#mioritakimoto#2017

Miori Takimotoさん(@mioritakimoto_official)がシェアした投稿 -

バンドのヴォーカルなど、マルチに活動する瀧本美織。自らが「微乳」であることにコンプレックスを抱える生真面目な新人美人教師・冬月あずさを好演したのが話題となりました。

山本裕典

鬼塚の後輩・冴島を演じた山本裕典。巡査でありながら、女の子をナンパしたり拳銃を軽いノリで使うなどの不良警官ぶりを存分に発揮しました。

城田優

鬼塚の友人「爆弾龍二」こと弾間龍二役に扮した城田優。普段は温厚ながら、怒ると手がつけられないキャラクターがはまり役でした。

川口春奈

学級委員を務めるほどの優等生でありながら、実は教員いじめの首謀者であったという美少女・相沢雅役の二面性を好演しました。

本田翼

「悪魔の天才児」の異名をとる神崎を演じた本田翼。ドライなキャラクターが独特の魅力を纏っていましたね。

西内まりや

転校生で、不登校などの暗い過去を持つ葛城美姫役を演じていた西内まりや。どこか寂しさのある美少女ぶりが印象に残っている方も多いはずです。

桐谷美玲

ヘアメイク @paku_chan の#chanメイク “ちゃんと”大人で“ちゃんと”かわいい?

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 -

鬼塚の元カノで、ガサツな保育士・藤崎を演じた桐谷美玲。彼女の新たな一面を垣間見ることのできる配役でしたね。

第2シリーズ『GTO』(2014)のキャストは?

比嘉愛未

最初は心を閉ざしていたものの、最終的には鬼塚の良き理解者となる国語教師・藤川を演じました。凛とした演技が印象的でした。

松岡茉優

クラスの優等生にもかかわらず、高校生ながら妊娠してしまう生徒・至条あゆなを演じたのは松岡茉優です。

「命」がテーマの難しい役柄をこのドラマでは演じ切りました。