新世紀エヴァンゲリオンの名言20選!心を揺さぶる深い言葉の数々

2017年7月6日更新

社会現象になるほどの影響力を持った大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。2015年の、第3新東京市を舞台に14歳の少年少女が、謎の敵「使徒」との戦いを描き、戦いの中で数々の名言を残しています。今回は厳選した名言をご紹介します。

1.【碇シンジ】僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです!

格納庫にて、ゲンドウに向かって放った一言。ここから運命に翻弄されることになるんですね。

2.【碇シンジ】笑えばいいと思うよ

3.【碇シンジ】逃げちゃダメだ

男の子には逃げてはいけない時があるのです。

4.【綾波レイ 】私には他になにもないもの

私はエヴァに乗るために生まれてきたようなものだものと答える綾波の言葉。孤独を背負うにはあまりにも少女の背中は頼りなく見えた瞬間でした。

5.【綾波レイ 】あなたは死なないわ…。私が守るもの

レイがシンジに言った言葉。これを聞いてシンジはハッとします。レイの自信は、自らを投げ打つようで少し切ないです。

6.【綾波レイ】あたし、にんにくラーメン、チャーシュー抜き

錠剤しか口にしなかった綾波レイが食事にこだわりを見せたシーン。ファンにも人気の高いセリフです。

7.【アスカ】あんたバカァ?

アスカといえばこのセリフですね。

8.【アスカ】誰かと話すって心地いいのね。知らなかった

これまで他人との交流がなかった彼女が他人と一緒に過ごすことの心地よく感じたときの言葉です。

9.【アスカ】傷つけられたプライドは、10倍にして返してやるのよ!

プライドが人一倍高いアスカならではの一言ですね。

10.【葛城ミサト】サービス、サービス♪

次回予告の定番のセリフです。

11.【葛城ミサト】奇跡を待つより捨て身の努力よ!

どんなことも待つよりも自ら進んで何か行動を起こさなければ結果を出せないという主張です。

12.【葛城ミサト】奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ

勝算のない戦いに対して「これでうまくいったら、まさに奇跡ね」と言ったアスカに言い返した一言です。実際に奇跡を起こした人間だからこそ重みが違います。