『マレフィセント2』の制作が始動!アンジェリーナ・ジョリー女優復帰作となる模様【最新情報】

2017年9月12日更新

ディズニー・ヴィランズ(悪役)に焦点を当て、アンジェリーナ・ジョリーが演じたことで大ヒットとなった『マレフィセント』。なんと早くも続編の製作が計画されています。女優を休業していたアンジェリーナ・ジョリーが今作で復帰するという事もあり、注目したい一作!

おかえりアンジー!映画『マレフィセント2』でアンジェリーナ・ジョリー女優復帰!

2014年のディズニー実写映画『マレフィセント』で、公開当時39歳にて自身の女優キャリア史上最大のヒット作となったアンジェリーナ・ジョリー(以下アンジー)。 アンジーは過去の経歴から、ヒットしたからと言って必ずしも続編制作に前向きになる人物ではないと言われていますが、この度、映画『マレフィセント2』のマレフィセント役にアンジーが続投することが正式に決まりました! 2014年にアンジーが女優業を引退すると宣言してから、女優としての出演作は、2015年に自身が監督・脚本を務めた映画『白い帽子の女』のみだったアンジー。 その間、監督業をしていて「演技がしたくなった。」ことと「育児や家庭のことが落ち着いた。」ことが女優本格復帰への足がかりとなったようです。 映画『マレフィセント2』の公開時期は未定で、アンジーのスケジュールと実写制作ラッシュのディズニーの状況を見て決めることになりそうです。その他のキャスト陣や新たなストーリーなどは未発表なので、続報を楽しみに待ちましょう。

映画『007 スペクター』などの脚本家ジェス・バターワースが担当!

映画『マレフィセント2』の脚本は、当初、前作の脚本を手掛けたリンダ・ウールヴァートンが執筆していました。しかし、ディズニーは2017年8月の段階で、映画『007 スペクター』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などの脚本家ジェス・バターワースにリライトを依頼。 バターワースがそれを承諾したことで、脚本家がウールヴァ―トンからバターワースにバトンタッチすることが決まりました。バターワースはディズニー実写映画『クルエラ(原題)/Cruella』の脚本も担当することが決まっています。 これまでのバターワースの作風は、スタイリッシュでアウトローな男臭さを感じさせる作品が多かったので、ディズニー映画のファンタジックな世界観をどう描くか?ディズニーに新しい風を吹かしてくれるのでは?と期待が高まります。 ちなみに前作に引き続き、制作のジョー・ロスも続投予定で、前作で製作総指揮を務めたアンジーが総指揮を担うかは未定です。しかし、頑張り屋のアンジーのことですから、前作同様、製作総指揮も含め、完璧にこなしてしまうのでは?と予想されます。

『マレフィセント』続編、監督は誰になる?

☕️???? #Maleficent

Maleficentさん(@disneymaleficent)がシェアした投稿 -

第一作の『マレフィセント』で監督を務めたロバート・ストロンバーグは降板となりますが、製作のジョー・ロスは続投するようです。新しい監督についてはまだ未定とのこと。

ディズニー映画は実写化ブーム!?

#Maleficent

Maleficentさん(@disneymaleficent)がシェアした投稿 -

この続編についてはアンジーのスケジュールだけでなく、ディズニー側の兼ね合いもあるようです。というのも最近ディズニーはアニメの実写化に力を入れており、2017年に公開された『美女と野獣』そして製作中とされている『ダンボ』に『くまのプーさん』、『ジャングル・クルーズ』などがあります。 『ダンボ』は『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』等で知られているティム・バートンが監督する事が決定されており、『くまのプーさん』は『Christopher Robin(原題)』としてユアン・マクレガー主演作となります。『ジャングル・クルーズ』は、あのロック様ことドゥエイン・ジョンソンが主演を務めます。 他にも、『マレフィセント』のような「ディズニーヴィラン」を主役に迎えた実写作として、『101匹ワンちゃん』のクルエラ・デ・ヴィルの映画『Cruella(原題)』の製作も予定されています。クルエラを演じるのは、あのエマ・ストーン!こちらも今後の動きが気になりますね。

『マレフィセント2』公開日は?

現在、ディズニーはタイトル未定ではあるものの公開日のみ開示している状態です。今の所公表されているのは、2018年4月6日におとぎ話系の作品実写化作品が、実写版映画が2018年8月3日・2018年12月25日に、更におとぎ話系の作品実写化作品2019年12月20日に公開されるようです。 『マレフィセント2』がこのうちのどれかに当てはまるのか、未だに不明ではありますが続報を期待しましょう。