アニメ『時をかける少女』の名言まとめ

2017年7月6日更新

2006年公開の細田守監督作品『時をかける少女』の名言を集めました。青春を詰め込んだ、多くの名言をキャラクター別にご紹介したいと思います。

紺野真琴の名言

【Amazon.co.jp限定】時をかける少女 10th Anniversary BOX 【期間限定生産版】(オリジナル特典「ポストカード3枚組」付) [Blu-ray]3

ひょんなことから時間を跳躍する「タイムリープ」能力を身に着けてしまう高校2年生の主人公紺野真琴。放課後には男友達とキャッチボールしたりするかなり活発な女の子で、「タイムリープ」を使い慣れてくると、妹に食べられたプリンを先回りして食べるなどのささやかな私利私欲に能力を使うお調子者です。

最低だあたし。 人が大事な話してるのに、それをなかったことにしちゃった… なんでちゃんと聞いてあげなかったのかな…

本当に大事なのは、その瞬間にある想いだということに気づいた真琴がいう台詞。

ずっと3人でいられる気がしてたんだよね、遅刻して功介に怒られて、球とれなくて千昭になめられて。

絶妙なバランスで保っていた関係。何気ない日常をずっと変わらず今のままでいたいと願う気持ちを感じます。

うん、すぐ行く、走っていく

千昭との別れ時の言葉。真琴らしい自分で道を切り開く強さが見える台詞。

間宮千昭の名言

【Amazon.co.jp限定】時をかける少女 10th Anniversary BOX 【期間限定生産版】(オリジナル特典「ポストカード3枚組」付) [Blu-ray]4

真琴の男友達。実はある絵を見るために未来からタイムリープしてきた少年。イケメンなので、女子ファンも多いです。数学の成績などは優秀だけど、簡単な漢字が読めなかったりします。

川が地面を流れているのを初めて見た。自転車に初めて乗った。空がこんなに広いことを初めて知った。何より…こんなに人がたくさんいるところを初めて見た。

自分がいた世界がと違う、素晴らしい世界があることを知った千昭の言葉。

帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になってた… お前らといるのがあまりに楽しくてさ…

楽しい時間というものはずるずると引きずってしまいます。名残惜しいものですよね。

未来で待ってる

「未来で待ってる」の意味についてはいろいろな考察がなされています。最後に千昭が真琴に残した名台詞。

津田功介の名言

【Amazon.co.jp限定】時をかける少女 10th Anniversary BOX 【期間限定生産版】(オリジナル特典「ポストカード3枚組」付) [Blu-ray]2

真琴の男友達。秀才で医者を目指しています。野球部に入っていましたが、高校2年生の夏に自主退部をしました。落ち着いた性格で、なぜ千昭や真琴と友達なのか不思議がられています。

俺が彼女作ったら、真琴が一人になっちゃうじゃん

さらっと言えてしまえるところが、男前ですね。

真琴、前見て走れ!

津田功介役を演じた声優・板倉光隆も好きな台詞としてあげている言葉。

芳山和子の名言

『時をかける少女』

真琴の叔母であり、原作のヒロイン。現在は美術館で絵画の修復の仕事を担当しています。性格はおとなしく、浮世離れした雰囲気があり真琴は「魔女おばさん」と呼んでいます。真琴の理解者でもあり、助言めいた発言もします。

でも真琴、あなたは、あたしみたいなタイプじゃないでしょ?待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えに行くのがあなたでしょ?

昔待つことしかできなかった自分とは違うと、背中を押してくれる台詞。

『時をかける少女』の名言集でした

時をかける少女 10th Anniversary BOX (期間限定生産版) [Blu-ray]

いかがでしたか? 青春の中を突っ走る少年少女たちの気持ちが表現されている『時をかける少女』の名言集でした。