2018年12月13日更新

新海誠新作『天気の子』が2019年7月公開!映画の着想は『君の名は。』ヒットを受けて

2016年『君の名は。』で日本を席巻した、新海誠の最新作『天気の子』が2019年7月19日に公開決定!主人公の声優には、新人俳優2人が大抜擢されました。前作に続き映画史に残る大ヒットとなるのでしょうか?

『君の名は。』から3年!新海誠の新作『天気の子』が2019年7月に公開

新海誠の新作『天気の子』が、2019年7月19日に公開されます。本作では、家出をした少年と天候を変えることのできる不思議な力を持った少女が出会い、運命に翻弄されていきながら成長する様子が描かれます。 2016年8月、アニメ映画『君の名は。』が公開され国内の興行収入は250.3億円を記録しました。日本の映画史を塗り替える歴史的大ヒットから3年。ファンからは早くも期待の声が上がっています。 この記事では新作映画『天気の子』の気になる最新情報を紹介します!

映画『天気の子』のあらすじ

田舎に住む高校1年生の森嶋帆高は、着の身着のままで家出をし東京にやってきます。知り合いもおらずツテもない帆高は、怪しげな編集プロダクションでライターをしながら細々と生活することに。 ある雨が降り続いた日、帆高は天野陽菜という少女と出会います。アルバイトをしながら弟と2人で暮らしているという陽菜は、祈るだけで天気を変えられる不思議な力を持っていました。

声優には新人俳優・女優が大抜擢

主人公・森嶋帆高/醍醐虎汰朗

主人公・森嶋帆高の声優を担当するのは、エーライツに所属する18歳の醍醐虎汰朗(だいごこたろう)。 2017年の舞台『弱虫ペダル』で主人公・小野田坂道を演じた経験はあるものの、芸歴は浅く声優は初挑戦という今注目の新人俳優です。 新海監督の前作『君の名は。』を、3度も映画館に観に行ったという醍醐。大好きな監督の最新作の声優を務めることについて「不安もありましたが、ワクワクする気持ちが大きい」と、新人俳優らしい瑞々しいコメントを寄せました。

ヒロイン・天野陽菜/森七菜

映画のキーパーソンとなる、天気を変える不思議な力を持ったヒロイン・天野陽菜を演じるのは17歳の森七菜(もりなな)です。 2016年、大分でスカウトされたことをきっかけに女優デビューした彼女。デビュー半年で数々のオーディションを勝ち抜いたことが紹介されるなど、新進気鋭な若手女優として注目を集めていました。 すでに2019年に公開される岩井俊二監督作『Last Letter』で、松たか子や福山雅治、広瀬すずらと共演することが決まっています。『天気の子』の声優抜擢は、彼女の2019年の活躍をさらに後押しすることとなりそうです。

新人声優を支える、実力派スタッフが集結

原作・脚本・監督を務める新海誠を始め、スタッフには新人声優を支える実力派スタッフが集結しました。 キャラクターデザインには『君の名は。』の他にアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀が、総作画監督はスタジオジブリで活躍してきた田村篤が担当します。 さらには『言の葉の庭』『君の名は。』で新海監督とタッグを組んだ滝口比呂志が、美術監督として参戦。『君の名は。』ヒットの立役者ともいわれる名プロデューサー・川村元気も製作に携わります。

気になる主題歌・楽曲担当は?

映画のヒットと同時に、主題歌を含めた楽曲にも注目が集まった『君の名は。』。前作ではRADWIMPSが全面的に協力していましたが、2018年12月現在、新作『天気の子』に関する音楽情報は解禁できないとのこと。 情報解禁をもったいぶるということは、ファンにとって嬉しいビッグニュースが控えているかもしれません。解禁を待ちましょう!

新海監督、新作の着想は『君の名は。』のプロモーション活動で

3年ぶりの新作となる『天気の子』。映画の着想は、『君の名は。』プロモーション時の経験から得たと言います。 2016年8月に公開された前作は、夏を通してプロモーションが行われました。新海監督は、大きな積乱雲が目に入ったと言い「積乱雲の上にある平原でゆっくりできたらいいな」と感じたそう。これがきっかけで、「次回作は空の話にしようと思った」と語っています。 さらに、道行く人々が『君の名は。』について話している姿を見て、次の映画は「誰もが自分のことと考えられるようなテーマにしたい」という思いがあったことも明かしました。 私たちが毎日気にする「天気」はこの条件にぴったりだったため、ここから構想が膨らんでいったそうです。

新海誠の最新作『天気の子』は2019年7月19日公開

新海誠監督の新作『天気の子』は2019年7月19日に公開されます。2019年の夏を、間違いなく盛り上げてくれそうです!首を長くして公開を待ちましょう。