アニメ映画『デジモンアドベンチャー tri. 』シリーズのあらすじ・キャスト【ネタバレあり】

2017年7月6日更新

1999年に放送された『デジモンアドベンチャー』。その続編となる『デジモンアドベンチャーtri. 第一章「再開」』が2015年11月21日に公開されます。今回はその気になるあらすじ、登場人物、声優キャスト、公開日などをまとめて紹介します。

選ばれし子供達が映画『デジモンアドベンチャーtri.』で新たな冒険へ!

デジモンアドベンチャー tri

1999年から2000年にかけて放送された『デジモンアドベンチャー』は、子供達とデジモンの一夏の冒険を描き人気を博しました。仮想世界「デジタルワールド」と現実世界をリンクさせた物語は第二部『デジモンアドベンチャー02』に引き継がれ、その三作目となる『デジモンアドベンチャーtri. 第一章「再開」』が2015年11月21日に公開されます。

映画『デジモンアドベンチャーtri.』シリーズの公開スケジュールはこちらとなっております。

『デジモンアドベンチャーtri. 第1章「再開」』 2015年11月21日公開 『デジモンアドベンチャーtri. 第2章「決意」』 2016年3月12日公開 『デジモンアドベンチャーtri. 第3章「告白」』 2016年9月24日公開 『デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」』 2017年2月25日公開 『デジモンアドベンチャーtri. 第5章.第6章」』 公開日未定

1999年に放送された『デジモンアドベンチャー』

デジモンアドベンチャー

映画『デジモンアドベンチャーtri.第1章「再会」』のあらすじ

6年前、『デジモンアドベンチャー』で冒険をしていた、八神太一と“選ばれし子供たち”。いつの間にか閉じてしまったデジタルワールドへの門の原因はわからないまま、彼らは高校生に。そして、かつて子供だった彼らは関わる事もなく、普通で平凡な日々を過ごしていました。

そんなある日、突然お台場にクワガーモンが出現。パニックに陥る街を見て、太一はクワガーモンを退治するため、一人お台場に向かいます。しかし、“普通の少年”になってしまった太一には、何もできませんでした。そんな太一に向かってクワガーモンが攻撃をしかけてきます。諦めかけたその時、デバイスが光り、かつてのパートナー「アグモン」の懐かしい声が。さらに、バラバラになってしまっていたかつての仲間たちと再会したのです。

なんとかクワガーモンを退治した太一たちでしたが、月日と共に成長し、思春期を迎えてしまっている少年たちは、互いの意見でぶつかり、些細な事ですれ違ってしまいます。子供とも大人とも言えない微妙な年頃の彼らは、再び手を取り、共に闘う事ができるのでしょうか。

『デジモンアドベンチャーtri』は6章構成の劇場作品であり、11月21日に公開の第1章のテーマは「再会」です。大人になった八神太一とアグモンがどのような再会を果たすのか楽しみですね。

『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』の感想をネタバレ紹介!

taichimachima ようやくです。テレビでデジモンのアニメが始まった当時、小学校低学年の自分はそりゃもうドハマりしました。あれから16年。アニメと同じナレーション(レオモン)の声で映画が始まる。そしてワダコーのButter-Fly。そりゃもうテンション上がるでしょ! 声優陣は、選ばれし子供たちはキャスト一新。高校生になり、心身ともに大人に近づいた彼らが伝わります。デジモンたちの声は昔と同じですが、これがまたいい。彼らは何も変わってませんでした(笑) 他にも進化シーンは相変わらずのbrave heartだったり、お台場周辺の街並みが忠実に再現されていたりと、胸アツシーンはたくさんありますが、戦闘シーンはちょっとテンポ悪かったような。(主に太一のせい)間延び感は否めませんでした。オメガモンへの進化シーンが雑だったのもいただけない。そしてたまに垣間見えるホモホモしさ・・・こんなんいらんて。とまあ色々ありますが、世代ドンピシャな人は是非とも観てほしいです。とにかく懐かしい。6章構成なので先は長いですが、次が楽しみ。 それにしても、アグモンの第一声(「タイチィ~!」)は何よりテンション上がったなあ。
yuki12241 何を隠そうデジモン世代な自分は、アニメもカードゲームにもドハマりしていました。今思うとその頃から完全なオタク気質で、お小遣いを全てつぎ込み最強のデッキを作っていました。大人になってからも突発的にアニメが観たくなっては夜通しシリーズを観続けたり、そんなデジモン大好きな人間の感想です。

そもそも、リブート作品の映画的な評価は正確にする事は出来ないと思います。肯定的な意味でも、否定的な意味でも前作に必然的に囚われてしまうから。だからこそ、ファンのツボをしっかりと突いてくれる事がこの手の作品のマストだと思います。『ジュラシック・ワールド』や『007 スペクター』であっても、時空を超えてあの時の作品が戻ってきた!というメタ構造がしっかりと機能していれば、映画の出来栄え云々を超えて人は感動するのではないでしょうか。そういう点で本作を観ると、序章とは言え少しそれが足りなすぎる気がしました。

和田光司のButter-Flyやそれぞれのデジモンの進化シーンなど、懐かしいと感じる所は確かにありました。デジモンたちが近代社会で動き回っているというアンバランスさ等良い所もありますが、全体としての過去作オマージュが表面的すぎると思います(あるフラッシュバックの1シーンには鳥肌が立ちましたが)。監督の問題なのか、シリーズ物の宿命なのか…。「再会」と題するにも関わらずその再会に感動がほとんど生まれていないのが気になります。逆を言えば、その再出発だけでも上手く描けてくれれば、戦闘シーンや画のチープさなんてどうでも良くなっていたのに!

主人公らが面影を残しながらも成長し、かつての無邪気なヒーローが現実的・普遍的な悩みを抱えている所は良かったのです。「昔よりいろんなことが見えて、分からなくなる」と台詞にもあるように、かつての自分の視点とは違ったものが見えます。デジヴァイスに浮き出るロシア語が気になったり、お台場の風景が身近に感じたり。そうして大人になることの切なさを感じたし、ただ純粋に前を向いて突っ走ることの難しさを知りました。

本作はまだ再び始まったばかりで、散りばめられた謎を回収することも無くまさに序章と言う感じの映画。キャラクターの個性はまだまだ活かせていないので、次作以降に期待します。

ch1120 差し支えない程度のネタバレ含みます。

とりあえず驚いたのが週末混みそうだから避けて平日の変な時間帯に新宿で観てきたのですが、それなのに満席といっていいほどの混み具合。さすがデジモン、恐るべし。 入場者特典や、パンフレットは売り切れ。 改めて年月経っても愛されてるなぁと感じました。私もですが一人で来てる方が多く感じました。

違和感をあげれば声とかキャラデザとかキリがないんですけど、ちょっと嫌だったのが技名とか叫ばず攻撃してたところでしたかね。 結構淡々と戦闘シーンが行われてたイメージです。もう少し、迫力あるほうが楽しめたかな。 進化もホイホイされてって、尺の関係とかあるのでしょうが、もう少し最初くらい丁寧に描いて欲しかったなぁ。 でもやはりButterflyやbrave heartではグッとくるものがありましたね。 しかしI wishをEDでもってこられると、うーん、ミミの声前田愛さんでいけたな〜!て悶々します。 言い出したらキリないんですけど…(笑)

デジモン世代として、観て良かったとは思います。途中感極まってウルッと、なんて場面も自分にはありました。 このまま残りの章も見届けたいです。

whentheycry 小学校に上がるか上がらないかという時に観ていたデジモンは21になった今でもまだ心のどこかにいます。 そんなデジモンが再スタートと言うんだから見に行くしかない!

選ばれし子供達も高校生になったということで大人向けのストーリーにイラストも変わってました。 それでもデジモン達の声は変わらないこと、一番最初に出てくるのがクワガーモンなとこ、新デジモンをばんばか出さないところは好感を持てました。が、いかんせん愛が足りなかった( ; ; )

今年『ジュラシック・ワールド』という前シリーズへの愛が詰まりに詰まりまくってた素晴らしい映画があったからこそ、残念に思えました。 ただ、音楽を同じの使っとけばいいんじゃないよー( ; ; )1番最悪なのは進化シーンをだいぶ変えてしまった所、、、

それでもデジモンが好きなので全6章映画館で観るつもりですけどね。。。

あと気になったのは、みんな技名を叫ばないところ!なんで?しかも記憶違いじゃなければ「チクチクバンバン〜」だけは言ってたww

『デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」』のあらすじ

お台場の街が復興し始めた頃、新たに加わった望月芽心とメイクーモンの歓迎会をするため、近所の温泉テーマパークへ行く事になった“選ばれし子供たち”。しかし、そこには大学受験を目前とする丈の姿はありません。丈は、“選ばれし子供”という責任感と、大学受験に失敗できないというプレッシャーに挟まれ、葛藤していました。そんな中、再びお台場にデジモンが現れます。

「デジモン」という存在に悪い印象がつけられる中、ミミとパルモンは「良いデジモンもいる事を証明する」ため、仲間の制止を振り切り、お台場へ向かいます。そんなミミも、ある悩みを持っていました。

理由は違えど、互いに大きな悩みを持つ丈とミミ。そんな2人の前に、ある人物が現れる―――…

『デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」』の感想をネタバレ紹介!

それぞれ、違った悩みを持つ“選ばれし子供たち”。第2章「決意」では、大学受験とデジモン討伐に挟まれる丈と、思った事をすぐ行動に移す所為で「自己中」だと言われてしまうミミを中心にストーリーが進んでいきます。第1章「再会」ではあまり描かれなかった個人の葛藤や悩みなどを描いているので、「この映画の言いたい(伝えたい)事が分かった」という感想が多いようです。

gerrrrrrard ゴマモン最高。本当何回見ても泣く。ゴマモンの健気さと丈の信頼。それに応えるゴマモンの進化。進化の時のゴマモンの声気持ちこもりすぎて最高だよ。その後のミミとパルモンも泣ける。今日泣きすぎて目の周りめっちゃ痛い。そんな映画。
Sohei__Miyajima いやー世代によるけど個人的にクソ面白かった

『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』のあらすじ

突然暴走し、姿を消してしまったメイクーモン。太一たちは「感染デジモンの仕業なのでは?」と思い、その原因や兆候などを探ろうと試行錯誤します。しかし、何も思いつかず、光子郎はパートナーである芽心に心当たりはないのか、問い詰めてしまいます。芽心もまた、突然の出来事に整理がつかず、うなだれたままでした。

とりあえずの対策で、感染防止のため光子郎のオフィスに隔離する事になったデジモンたちでしたが、パタモンに異変が。それと同時に、デジタルワールドの重要な秘密を知ります。一方、再び姿を見せたメイクーモンは、敵となって太一たちの前に現れました。

一時でも仲間だったメイクーモンとの戦い、デジタルワールドの秘密…苦悩した中で、“選ばれし子供たち”が決めた決意とは―――?

『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』の感想をネタバレ紹介!

第3章「告白」では、突然訪れたパートナーデジモンとの別れを描いていて、前2作に比べて少し重く、全体的に暗い内容になっています。また、デジタルワールドの隠された秘密を知る事が出来る、『tri.』の中でも重要な章となっています。また、暗い内容が続く中でも最後には希望を感じる事ができるので、第4章への期待が高まる作品のようです。

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』のあらすじ

芽心のパートナーだったメイクーモンの暴走。そして、デジタルワールドの時間を感染のなかった時まで戻して、それまでの記憶を消してしまうリブート。2つ問題を抱えながら、“選ばれし子供たち”はデジタルワールドへ向かいます。

再会したパートナーたちは、記憶をすべてなくしてしまっていましたが、消されてしまった時間を築き、再び手を取り合おうとする太一たちとデジモンたち。しかし、ピヨモンだけは空への不信感で警戒したままで、今までどおりに接する事が出来ない空は、ただ立ちつくすだけでした。

そんな中、突然メイクーモンが現れます。しかし、目には涙を浮かべ、かつてのパートナーだった芽心を探していたのです。その姿を見た太一たちは、メイクーモンにはまだ希望が残っている事を知り、メイクーモンを救う決意をします。

“選ばれし子供たち”はメイクーモンを救う事が出来るのか。パートナーデジモンたちの記憶を戻す事が出来るのか。衝突しながらも強い絆で結ばれた“選ばれし子供たち”の最後の旅の行方は―――。

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』の感想をネタバレ紹介!

『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』のポスタービジュアルが公開

『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』のポスタービジュアルが公開されました!しかしまだあらすじや予告などは公開されていません。最終章である6章に向けて物語が加速すること間違いなしな本作、情報が解禁され次第お伝えします。

映画『デジモンアドベンチャー tri. 』シリーズの登場人物

八神太一

『デジモンアドベンチャーtri.第1章「再会」』の主人公。勉強は苦手ですが、明朗快活で仲間達を引っ張っていく中心的存在。

CVには『アルドノア・ゼロ』『東京喰種トーキョーグール』でブレイクした花江夏樹が起用されています。

八神太一のパートナーは二足歩行爬虫類型のアグモン。のびのびとして屈託がなく、さらには食いしん坊というお茶目なデジモンです。しかし、太一のためなら身を呈することもいとわない熱血的な面も持ち合わせています。アグモンの声優は『デジモンアドベンチャー』のときと同様の坂本千夏。

石田ヤマト

八神太一と同年で、クールな外見を保つ一方、仲間の危機にはすぐさま駆けつけるという情に厚い一面を持っています。 弟の武石タケルに対しては特に過保護な姿を見せます。

『ちはやふる』『黒子のバスケ』などで活躍した細谷佳正が声を演じます。

石田ヤマトのパートナーであるガブモンはアグモンと同じ爬虫類型のデジモンです。周りのデジモンにつっぱることが多いですが、実際はとてつもない恥ずかしがり屋です。『鋼の錬金術師』エンヴィー役でおなじみの山口眞弓が引き続きCVを担当します。

武之内空

武之内空は周りの男の子に負けないくらい活発で明るい女の子。『デジモンアドベンチャー』ではグループをまとめるお姉さん役として慕われていました。

CVは『電波教師』『ラブライブ!』などで声優を務める三森すずこ。

彼女のパートナーは翼のように発達した腕をもつひな鳥型デジモン・ピヨモンです。パートナーである武之内空が大好きで甘えてばかりですが、たまに怒られるとシュンとしてしまう素直な性格。声優は『デジモンアドベンチャー』に引き続き重松花鳥が起用されています。

泉光子郎

デジモンアドベンチャーtri.泉

八神太一の一学年下で、パソコンとインターネットが趣味のIT少年。かの冒険ではパソコンと知略が大いに役立ちましたが、一つのことに集中すると周りが見えなくなるという性格が仲間達を困らせたこともありました。

CVは『キルミーベイベー』などで知られる田村睦心。

彼のパートナー・テントモンはプチサンダーを必殺技にもつ昆虫型デジモンです。社交的でデジモン情報に詳しく、解説役を買って出ることもしばしばですが、その情報にはいいかげんなものも多く含まれているようです。なぜか関西弁で話します。声優は『金色のガッシュベル!!』『化物語』などで主要キャラクターを務めた櫻井孝宏です。

武石タケル

石田ヤマトの実の弟で、両親の離婚後は母親のもとで暮らしていました。兄のヤマトに強いあこがれをもち、心から慕っています。

CVの榎木淳弥はほかに『カードファイト!! ヴァンガードG』などにも出演しています。

タケルのパートナーであるパタモンは、大きな耳が特徴の哺乳類型デジモンです。教えられたことはきっちり守る素直な性格ですが、素直が過ぎて泣き虫な面もあります。大きな耳で空を飛ぶことができます。ほかのデジモン同様、CVには引き続き松本美和が起用されています。

太刀川ミミ

光子朗と同年で、明るく天真爛漫なお嬢様タイプの女の子です。喜怒哀楽を隠さないためわがままに見えますが、その無邪気さのために誰からも好かれているようです。

声の出演は2006年公開の映画『カーズ』でデビューした吉田仁美。

パートナーはパルモンは頭部の大きな花が特徴の植物型デジモン。マイペースで感情を隠さず、甘えたがりなところもパートナーのミミに似ています。パルモンのCVは独特の声が特徴の山田きのこが務めます。

城戸丈

メンバー最年長で、いつも自分がしっかりしなければという義務感を持っています。堅実で優等生ではありますが、優柔不断なところが玉に瑕。

声優はテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』にも出演した池田純矢が起用されています。

城戸丈のパートナーはふかふかの毛に覆われた海獣型デジモンのゴマモンです。やんちゃで自由奔放な性格です。そのため生真面目な丈の言うことを聞かずに遊び回ることが多いですが、なんだかんだで丈の良いパートナーとなっています。声優の竹内順子は『メダロット』のメタビーや『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルトなども演じています。

八神ヒカリ

八神太一の3歳下の妹。『デジモンアドベンチャー』では8人目の選ばれし子供として、太一たちより遅れてデジタルワールドへと旅立ちました。優しく兄想いですが、いざというときは強敵にも屈しない強い心をもっています。

14歳になったヒカリを演じるのは、『まじっく快斗1412』『DD北斗の拳』でそれぞれヒロイン役を担ったM・A・O。

ヒカリのパートナーは猫のような姿の哺乳類型デジモン・テイルモン。仲間に対して命令口調で話すなど、気が強い面のある大人びたデジモンです。1997年放送のテレビアニメ『夢のクレヨン王国』で主演を務めた徳光由禾がCVを担当します。

映画『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズの主題歌は?

デジモンと言えばこの曲!『Butter-Fly』の映画バージョン

Butter-Fly~tri.Version~

『デジモン』シリーズの初代オープニングテーマに起用された『Butter-Fly』。『デジモン』好きなら誰もが知っているこの曲が、映画『tri.』シリーズの主題歌に抜擢されています。

元々は1999年4月23日に発売された歌手・和田光司のメジャーデビュー曲で、この映画のためにリメイクをしています。しかし、リメイク前とは変わらない雰囲気と盛り上がりで、『デジモン』の世界を旅するドキドキとわくわくを全身に感じさせてくれる楽曲となっています。『デジモン』ファンだけではなく、アニメ界でも神曲ともいえる曲です。