ドラゴンボール「ブロリー」まとめ!戦闘力、映画って?

2017年7月6日更新

超人気アニメ『ドラゴンボール』。世界中で愛されるバトルアニメですが、視聴者の間で語り継がれる伝説的強さのキャラクターがいます。それがブロリーです。今回は伝説のサイヤ人ブロリーをご紹介いたします。

ドラゴンボール伝説の超サイヤ人ブロリーとは

ブロリーとはいったい何者?

ドラゴンボールでお馴染みの超サイヤ人。本来は《1000年に1人、サイヤ人の超戦士が現れる》という伝説上の存在でした。原作漫画ですと孫悟空やベジータ、孫悟飯がなる金髪の姿がそれとされていましたが、ブウ編になって悟空、ベジータ、悟飯にくわえ、悟天、トランクスも超サイヤ人になれるようになり、バーゲンセール状態になりました。

そこで登場したのがブロリーです。孫悟空ことカカロットに強大な憎悪を持つ彼こそが伝説の超サイヤ人だったのです。

ブロリー登場映画のあらすじ、時系列を整理

ブロリーの初登場作は『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』。セルゲームの少し前が舞台の今作でブロリーは冒頭から南の銀河で破壊の限りを尽くし、界王様も衝撃を受けていました。

新惑星ベジータに招かれたベジータが出会ったのは父バラガスに制御されていた物静かで大人しい長身、長髪の男性ブロリー。初めはベジータの命令のままに動いていたブロリーでしたが赤ん坊の頃に養育機が隣同士で泣き声に悩まされていた悟空と出会い、憎しみが爆発します。

バラガスの制御を超えて伝説の超サイヤ人になったブロリーは悟空、ベジータ、トランクス、悟飯、ピッコロを相手に一人で猛威を奮いました。

kikennafutari1

次にブロリーが登場したのは『危険なふたり!超戦士はねむれない』です。前回の戦いで死亡したと思われていたブロリーでしたが宇宙ポッドで脱出し、地球に不時着し冬眠していたことが明らかになります。

時系列としてはセルゲーム後、ブウとの戦いが始まる少し前で悟空が死んでいる時です。氷漬けから目覚めたブロリーは悟空の面影を強く残す悟天に襲いかかり、成長した悟飯が弟を守るために立ちはだかります。セルを倒した悟飯をも圧倒する相変わらずの強さを見せつけたブロリーとの戦いに、子供のトランクスと悟天も加わります。

ブロリーの戦闘力

ブロリーは一度見たら忘れられない強さ

出典: i.ytimg.com

産まれた時にはすでに戦闘力が一万を超えていたブロリーは恐るべきサイヤ人です。この戦闘力は地球に来襲した際のベジータ、ナッパには及びませんがサイヤ人の王、ベジータ王に匹敵する数字となっています。青年になったブロリーは通常時で最終形態フリーザなど相手にならない戦闘力14億を記録しています。

打倒セルを目指していた時の悟空達の攻撃を軽々とかわして超至近距離からかめはめ波を受けても平然と立っているほどの強さに加えて、ブロリーは瀕死から復活すれば戦闘力が大幅に上昇するサイヤ人の特性も持っています。

ブロリーの声優

300x

ブロリーの声優は少年、老人、二枚目、三枚目と何でもこなす超ベテランな島田敏。豹変前は物静かで豹変後は残忍で凶暴極まりないというブロリーのキャラクターをドラゴンボールにない怖さで演じています。他の出演作に『ちびまる子ちゃん』の友蔵役や『忍たま乱太郎』のヘムヘム役、『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』のネックス・ギルバートがあります。

ブロリーのトリビア

ブロリーとはあくまで別人のクローン、バイオブロリー

出典: ks.c.yimg.jp

ブロリーの映画出演作は二作、それに加えてクローン体であるバイオブロリーが『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』にて一作出演しており、ブロリーという名前を持つキャラクターが三作にも渡って大ボスを務めています。これはインフレが激しいドラゴンボールにおいて前例がないことでした。

こうなった理由として生みの親の小山高生が ブロリーのあまりの存在感にこれ以上の敵を生み出せなかったからとのこと。ブロリーは残酷で凶暴なサイヤ人の性質をこの上なく体現したキャラクターで、孫悟空の影ともいえる存在。キャラクターの着想も悟空と同じく西遊記の孫悟空から取っており、額に巻かれた制御装置はそのまま三蔵法師が孫悟空の額に付けた金の輪を元にしています。

原作者の鳥山明が監修した新映画『神と神』や『復活のF』にはブロリーは登場せず、あくまで別世界のキャラクターと明言されていますが、ビルスやウィスといったキャラクターが出てもなおドラゴンボール最強の呼び名が高いブロリー。関連ゲームは最強キャラクターとして参戦することが多く、今なお色褪せない凄みを持っているといえます。