2017年7月6日更新

リズ・アーメッドとはどんな人物?【「ローグ・ワン」や『ヴェノム』出演】

©Admedia, Inc/Birdie Thompson/AdMedia/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

リズ・アーメッドの魅力的な瞳は一度見たら忘れられません。今回は、『ナイトクローラー』や『スター・ウォーズ』スピンオフなど話題作への出演が止まらないリズ・アーメッドの活躍をご紹介いたします。

リズ・アーメッドのプロフィール

リズ・アーメッドは、2006年頃から活躍している、イギリス生まれの俳優兼ラッパーです。彼の祖先のルーツはパキスタンにあります。リズ・アーメッドの両親はイスラム教徒で、1970年代にパキスタンからイギリスに移り住みました。彼はそんな両親の元、1982年12月1日にイギリス・ウェンブリーにて生を受けました。

リズ・アーメッドの出演映画

リズ・アーメッドはイギリス人監督マイケル・ウィンターボトムの作品『グアンタナモ、僕達が見た真実』(2006年)で俳優デビューを飾りました。様々なドラマやテレビ出演を経て、2008年には映画『Shify』にて主演を務め、この映画での彼の演技は高い評価を受け、英国インディペンデンス映画賞にノミネートされ、ジュネーブ国際映画・テレビ祭では俳優賞を受賞しました。

その後も着々とキャリアを積んで行ったリズ・アーメッド。『Rage』(2009年)、『センチュリオン』(2010年)、『ミッシング・ポイント』(2013年)など多くの作品に出演します。

代表作となった『ナイトクローラー』

彼の本領が発揮された作品の一つに、ジェイク・ギレンホール主演の『ナイトクローラー』があります。

『ナイトクローラー』はスクープを撮るために、ジェイク・ギレンホールが夜の街を車で猛スピードで疾走する物語。スクープを撮るためならなんでもするフリーカメラマン、ルイス・ブルームをジェイク・ギレンホールが怪演しています。

リズ・アーメッドは、主要キャラクターで金のためにルイス・ブルームのアシスタントになったリックを演じました。リック役の好演により、彼はゴッサム・インディペンデント映画賞を始め、他3つの映画賞にノミネートされました。

共演したジェイク・ギレンホールを絶賛!

『ナイトクローラ』で共演したジェイク・ギレンホールの役者魂をリズ・アーメッドが大絶賛しました!

ジェイクはダン・ギルロイ監督に自ら減量を提案し、わずか2ヶ月で12kgの減量を成功させました。しかし、それだけではなく、パパラッチ同様の昼夜逆転生活で不健康な容姿を作り上げ、不気味な姿を手に入れたといいます。その姿は現場をざわつかせる程のものだったらしく、怖かったとも伝えられています。

当初は、減量性の必要性が分からなかったものの、完璧に役に挑む姿勢を天才的だと絶賛しました。

ラッパーとしてのリズ・アーメッド

俳優として活躍する傍ら、リズ・アーメッドは2006年からラッパーとして活動しています。初の音楽作品である『Post 9/11 Blues』は、その歌詞に“政治的に取り扱いが難しい”とされている内容を含んでいるため、イギリスで放送される事はありませんでした。

彼はその後もラッパーとしての活動を続け、ミュージック・フェスティバルやラジオ出演を順調にこなしていきます。2015年2月の情報によると、リズ・アーメッドは彼の最新アルバムとなる『HalfLife』を録り終ったとの事。ファンは今か今か、と発売を待ち望んでいます!

イギリス人から人種差別を受ていた...?

最初に説明した通り、パキスタンからイギリスに移り住んだ家系に生まれたアーメッドですが、同じイギリス人の男性から心もとない差別を受けていたことを明かしています。

その差別を受けたのは2014年のことで、ワールド・カップのイングランド対ウルグアイ戦を見るためにブラジルの地を訪れたアーメッドですが、ハーフタイム中に近くに座っていた同じイングランドサポーターから心もとない発言を受けたようです。その時のことをTwitterに述べていて、差別を受けた後は応援チャントや国家などを歌うことはできなかったといいます。このようなことが起きるのは悲しいことですね。

2016年はリズ・アーメッドの年になる!?

映画、テレビ、音楽と大忙しのリズ・アーメッド!2016年は彼にとってこれまでにない忙しさになるんではないでしょうか。

『シティ・オブ・タイニー・ライツ(原題)』

パトリック・ニートによって書かれた小説『シティ・オブ・タイニー・ライツ』が、2016年に映画化される事が決定しました。リズ・アーメッドはこの作品で、トミー・アクタル役を演じます。

舞台はロンドンの中心街。私立探偵のトミー・アクタルはある殺人と関わった事により、その捜査にのめり込んでいきます。撮影はすでに始まっていますが、公開日ははだ発表されていません。

『ブラックバード(原題)』

『ブラックバード』も2016年公開予定のリズ・アーメッド出演作品のひとつです。主演を務めるのは『ドラゴンタトゥーの女』のルーニー・マーラと『アニマル・キングダム』のベン・メンデルソーン

この映画は15年前に禁断の関係を持った男女二人が、思いがけず再会するところから始まります。まだ、多くの情報が公開されていない作品なので、リズ・アーメッドの役どころの詳細は明らかになっていません。

『スター・ウォーズアンソロジー ローグ・ワン』にリズ・アーメッドの出演が決定!

そしてリズ・アーメッドは、『スター・ウォーズ』ファン期待のスピンオフ作品、『スター・ウォーズアンソロジー ローグ・ワン』の撮影にも参加しています。

この作品は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間に起こった物語を描きます。リズ・アーメッドは『博士と彼女のセオリー』に出演したフェリシティ・ジョーンズと共に、帝国軍と戦う反乱軍の兵士を演じます。