2016年8月30日更新 6,575view

『ナルト』屈指のIQの持ち主・奈良シカマルの活躍を紹介!

週刊少年ジャンプで連載していた『NARUTO』の奈良シカマル。実はなんとIQ200の超天才!アスマの死後覚醒したシカマルのプロフィールや能力、猪鹿蝶トリオなど気になる情報をご紹介いたします。

奈良シカマルのプロフィール

奈良シカマル『NARUTO』

誕生日は9月22日のおとめ座で血液型はAB型。冷静ですが面倒くさがりという一面を持っており、趣味は昼寝。

親の代から信仰がある「猪鹿蝶トリオ」の山中いのと秋道チョウジの3人の中心的存在となり、3人の能力をうまく組み合わせた連係プレーが特徴です。

また、忍者アカデミーでは面倒くさがりのため、授業も試験も不真面目で居眠りばかりしていたため成績は悪かったようです。

すさまじいIQで活躍

奈良シカマル『NARUTO』

成績は悪かったものの、実は地力は高くIQ200と作中でも超天才の頭脳の持ち主。

中忍試験でテマリと戦った際に、体術でも忍術でも劣っていると理解しており、さらに切り札である影真似の術のことまで知られていました。時間をかけ日陰を作ることでテマリを陽動し影真似の術で縛り付けることに成功。

この試験は結果的に負けとなりますが、その頭脳を木の葉会議で評価され、唯一中忍試験に合格することになりました。

他にも、将棋の腕も圧倒的な強さを持ち、将棋を教えたアスマに1戦目から勝っています。

シカマルの能力は?

CRWhYr7VEAA8Fif

出典: shoutry.com

影を使う忍術や忍具を使用し、頭脳戦が得意であることから罠などを用いた戦術を得意としています。チャクラの量や体力は人並み程度であり、直接の戦闘は苦手だそうです。

状況を把握することが早く、相手の術の対策を短時間で行えることがシカマルの強み。いの・チョウジと組む「猪鹿蝶トリオ」では信頼関係もあり強敵を数々と倒しています。

影真似の術

奈良シカマル『NARUTO』

奈良一族の秘伝忍術で、相手に自分と同じ動きをさせます。

影首縛りの術

奈良シカマル『NARUTO』

出典: lineq.jp

相手の影を捕えて、動きを縛る忍術。相手とのチャクラ量に差があると術が解かれてしまいます。

恩師・アスマの死後覚醒したシカマルが熱い

猿飛アスマ『NARUTO』

暁の侵攻より、小隊が結成されシカマルは恩師である猿飛アスマと共に戦場に向かいます。換金所で暁を捕捉したものの、戦力の差により飛段と角都にアスマが殺されてしまいます。

形見であるチャクラ刀を受け継ぎ、元十班であるいの・チョウジと共に、アスマの仇を討とうとカカシを加えて再び飛段・角都と対峙し2人を仕留めます。そのあとはアスマの墓前にタバコを手向けに、アスマの忘れ形見である、紅との間の子の師となることを誓うシカマルでした。

山中いの

山中いの『NARUTO』

出典: prcm.jp

猪鹿蝶の「猪」。気風のいい姐御肌であり、花を愛で恋愛に生きる女の子。心転身の術や感知伝々を得意としており、情報戦で活躍するタイプ。

秋道チョウジ

hqdefault-4

猪鹿蝶の「蝶」。のんびりした性格で食べることが大好き。デブという言葉に過剰反応し、態度が豹変する。体を巨大化させる倍化の術を得意としており前戦タイプ。

シカマルの忍連合での活躍がすごい!

奈良シカマル『NARUTO』

シカマル秘伝では2年後の世界が彼の視点で描かれました。第四次忍界大戦終結後には忍連合の重役に抜擢され、毎日忙しい日々を送っているとのこと。「連合に木ノ葉のシカマルあり」と言われるほど優秀でありその能力も買われているようです。

ナルトが七代目火影に就任してからは、補佐役を担当。土影の将棋相手もこなしているそうです。

シカマルの奥さんは誰?

奈良シカマル『NARUTO』

テマリの奥さんは砂隠れのくノ一であるテマリです。中忍試験以降は一緒にいることも多く、最終回では結婚していました。

テマリは四代目風影の実の娘であり、我愛羅とカンクロウの姉にあたります。さばさばした性格で分析力があり、人を気遣える優しさを持ち合わせています。

シカダイというシカマルそっくりな息子がおり、子供の代でも「猪鹿蝶トリオ」は健在です。

シカマルの声優は誰?

森久保祥太郎

森久保祥太郎、1974年2月25日生まれ。東京都出身、B型。アニメでは少年や青年役が多く、尖ったような独特な声質が特徴的です。

劇団での活動もしており、歌唱力も高く歌手としても活動しています。

『NARUTO』で声優を務めた奈良シカマル以外にも、映画の吹き替えや『おはスタ』怪人ゾナー、『魔術士オーフェン』オーフェン、『薄桜鬼』沖田総司、『うたの☆プリンスさまっ♪』寿嶺二などいろいろな役をこなしています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ナルト特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧