2024年5月13日更新

漫画『ガンニバル』最終回までのネタバレあらすじ!あの人の正体と逃げるなの意味も徹底考察!

このページにはプロモーションが含まれています

限界集落の村でとある疑惑の真相を追いかける『ガンニバル』。ディズニープラスでドラマ化され、視聴した人の中には「続きが知りたい!」と気になっている人もいるのではないでしょうか? 本記事ではそんな『ガンニバル』のあらすじと「あの人」の正体や「逃げるな」の意味、各巻のネタバレも含めて徹底的に解説していきます。

漫画『ガンニバル』をお得に読めるサービス

おすすめ

renta
配信中 配信中 お得なポイント還元
登録無料

AD

『ガンニバル』のあらすじ【ネタバレ注意】

『ガンニバル』
© 2022 Disney

舞台は伝統ある小さな村、供花村。主人公の阿川大悟はそんな供花村に、妻の有希や娘のましろを連れ駐在員としてやって来ます。しかし駐在員として到着して間もなく、老婆の遺体を発見するのです。 その遺体に残された噛み跡から「この村には食人文化があるのでは?」と、大悟は勘ぐり始め、共に連れてきた家族を守るために、手始めに供花村で絶対的な力を持つ後藤家へ探りを入れていきます。 しかし真相へ迫ろうとする大悟に、様々な妨害や身の危機が訪れることになるのです。

1巻ネタバレ

前任の駐在員であった狩野治が失踪したことから、新任として主人公の阿川大悟が着任するところから物語は始まります。 最初は新任の大悟を村人たちは歓迎しますが、ある日、銀と呼ばれる老婆の遺体が発見されたことで、事態は急変。 その老婆の遺体は熊に捕食されていましたが、熊に捕食された跡の他に、人間による歯形も残っていたのです。 偶然にも事件前に大悟は食人文化について調べていたため、この村にはそれが根付いてるのでは?と勘繰りました。これに関して言及すると、村人たちは態度を急変させ激昂。 この村人たちの変わり様に一度は大悟も、歯形や食人文化について忘れようとします。しかし自身と家族に降りかかる異常な現象に、真相を追い求める決意をすることに。

AD

2巻ネタバレ

真相を探る中、後藤家ながら手を貸してくれた岩男によって、以前の駐在員である狩野が残した手がかりを見せてもらうことに。 そこには狂気に囚われながら、「この村の人間は人を喰っているという」と訴える狩野の姿があったのです。その映像から自身の考えに確信を持ち始めた大悟を、後藤家の面々が襲います。 その戦闘の最中、後藤家には「あの人」と呼ばれる中心人物がいることを突き止めますが、後ろから不意打ちを喰らい、大悟は意識を失ってしまいました。 大悟は意識を失ったものの軽傷ですみ、村人に助け出されます。

3巻ネタバレ

後藤家当主である恵介から「村人らが狩野を村八分にした」という情報を聴いた大吾は、村人は1人も信用してはいけないとより慎重になっていきます。 そんな中大悟は、かつて食人に遭いながらも生き延びた人物と接触。その男は名を京介といい、顔の半分と鼻が大きく抉られていました。 その傷を負う原因になったのが、供花村の祭り「奉納祭」だと告げられます。それは戸籍のない子供を食べるという恐ろしい祭りで、京介はその祭りの生き残りだったのです。 食人文化だけでなく、「村八分」や戸籍のない子を食べるという、恐ろしい事実が次々に明らかになっていきます。

AD

4巻ネタバレ

京介から聴いた戸籍のない子供を食す「奉納祭」の日が近づく中、大悟は自身の娘であるましろに対する心配が募ります。 そんなある日、ましろが一時的に行方知れずに……。その時はただ友人と遊んでいただけですが、その出来事をきっかけに大悟は、自身の家族の安全の確保を急がなければなりました。 妻と娘を伴い1度は村から脱出する大悟。しかしまだ後藤家に囚われているであろう子供達のために、家族を脱出させた後単身で村へと戻ります。

5巻ネタバレ

単身で村の闇へと向かおうとしていた大悟でしたが、とうとう警察と手を組むことになります。 警察と手を組んだことで、最初に発見した犠牲者だった、老婆の銀の遺体などから情報を得ることが可能になりました。 銀の司法解剖の結果、食人によって発症するクーラー病に罹っていたことが判明します。そしてそんな銀の様子を不可解に思ったことが、狩野が村八分にされるきっかけとなったのです。 今まで手元にありながらも、得ることが出来なかった情報が明らかになります。

6巻ネタバレ

警察と手を組み迎えた「奉納祭」当日。大悟は真っ先に後藤家へ潜り込み、子供達が囚われている牢獄を突き止めますが、そこで待ち受けていたのは後藤家の中心人物である「あの人」でした。 そんな大悟の元へ現れたのは、後藤家当主である恵介。絶対絶命かと思われた状況ですが、恵介は侵入者であるはずの大悟を逃します。 しかしそんな大悟を「あの人」がそうそう逃してくれるわけもなく、ついに戦闘を余儀なくされてしまい...。 後藤家当主でありながらも、複雑な心模様を抱いている恵介の本心が垣間見える本巻。後藤家も一枚岩でもないと、改めて感じさせられますね。

AD

7巻ネタバレ

当主という立場ゆえに自由に動けない京介は、自身の子供を宿していたすみれに子を堕ろすよう告げることを余儀なくされます。 その後2人でのやり取りを聞かれていた京介は、後藤家の面々から裏切り者として疑いの目を向けられることに。 そんな中本心では祭を終わらせ、子供達を解放したいと考えていた恵介は、大悟へ囚われた子供達の居場所を伝えます。 その後警察と大悟の手によって、見事子供達の救出に成功したのです。しかしその場に後藤家の面々が襲撃し、激しい戦闘が繰り広げられることに。 とうとう子供達にたどり着いたものの、そう簡単には逃してくれない後藤家。思わず「あぁ……!」と声を漏らしてしまう展開が待っています。

8巻ネタバレ

襲撃してきた後藤家と警察の激しい戦闘が勃発。しかし後藤家の人間を、後藤洋介が撃ち抜くことでその場が収まります。 ついに子供達と後藤家の面々を確保した大悟たちでしたが、後藤真から家族を人質とした脅迫が。 なんと安全を確保したはずの妻と娘の身柄が、後藤家の手に堕ちてしまっていたのです。 彼らは用意周到に、警察の中にも後藤家のメンバーを紛れ込ませていました。大切な家族を人質に取られた大悟は、後藤真との交渉に挑むことになるのですが……。 ついに決着か!と思った矢先に急展開。まさかの警察側にも後藤家出身者がいたという絶望展開に、思わず頭を抱えてしまうこと必至です。

AD

9巻ネタバレ

大悟と真の交渉中に突如現れた岩男の手によって、真は殺害され、岩男との戦闘が開始されます。 しかし大悟はどこか狂気に呑まれ戦いを楽しんでいるようにも見えるのですす。 そんな最中、「あの人」が現れ、大悟の娘であるましろを連れ去ってしまい、その場に居合わせながら阻止できなかった恵介は、とうとう後藤家をよくする為「あの人」を手にかけることを決意。 しかし「あの人」を躊躇なく撃ち抜いたのは大悟でした。娘のためでなく、ただ自身の欲求のため人を手にかける大悟の変化。 子供達を守るために戻った優しき大悟の心は、この狂気の中で徐々に蝕まれていっているのが分かります。

10巻ネタバレ

村の次期神主である神山宗近によって、村の過去と自身の身の上話を語られます。 最初に発見した犠牲者であった後藤銀は、かつて次期当主候補であった後藤金次によって虐げられていました。 そんな銀が思いついたのが、当時の来乃神社の跡取りだった正宗を懐柔することでした。 この2人によって何のしがらみもない村づくりが行われようとしましたが、一向に村人たちの意識は変化していきませんでした。 それどころか「男を狂わせる存在」として、銀は山奥に追放されてしまいます。その結果、銀は山奥で生き延びるために、村人の肉を食うようになってしまったのでした。

AD

11巻ネタバレ

そして明かされる「あの人」の正体。それはかつて山奥に追放された結果、親である銀によって人の肉を喰べさせられていた、銀の息子である白銀でした。 「奉納祭」は、銀が自身の息子である白銀に人肉を与えるため、手引きしたことから始まった儀式だったのです。 現代に戻り白銀と対峙する大悟と恵介。躊躇なく白銀へ銃口を向け放った大悟でしたが、白銀を大悟の娘であるましろが庇ったのです。 そんな大悟を後ろから恵介が撃ち抜きます。「あの人」の生い立ちや、突然の恵介の裏切りなど、情報が錯綜する本巻。 この一冊にたどり着くだけで、あらゆる人物への印象が変わることでしょう。

12巻ネタバレ

邪魔者もいなくなり、奉納祭を再開しようとする後藤家。ましろを食べようとしたその時、白銀はましろから「泣かないで」と声をかけられます。 その一言が白銀に人間の心を取り戻させました。白銀は今まで自分が食べていた存在が人間であったこと、自身の罪を自覚します。 そんな白銀は恵介の手によって頭を撃ち抜かれた後、何よりも忌むべき自身の腕を食いながら絶命しました。 後藤家の絶対的人物を失い、恵介は後藤家に降伏することを促します。これによって祭は終焉へ向かっていくと思われました。 しかし岩男だけは、大悟を許さず狂ったように襲いかかります。 こうして誰よりも後藤家と親友である恵介を想う岩男と、大悟の最終対決が始まるのです。

AD

13巻(最終回)ネタバレ

自分達を救ってくれた恵介に、ましろを連れて逃げるように促した大悟。生きることに悩んでいた恵介へ、彼を待つ人がいると声をかけ、生きる方向へと背中を押します。 そして恵介とましろを逃した後、大悟は単身で襲いくる岩男との最終対決に。 辛くも岩音の直接対決に勝利した大悟によって、子供達が救い出されます。こうしてようやく心優しい大悟のまま、愛する家族の元へ帰ることが出来たのです。 そして過去の事件をきっかけに、声を失ってしまったましろは、この今回の騒動の後声を取り戻したのでした。 こうしてハッピーエンドを迎えたように……見えましたが。 最後は供花村に住む高齢の女性が、人肉を食べようとしている場面が描かれこの物語は幕を閉じます。 そうこの村に根付いていたカニバリズムは、後藤家だけに残っていた呪いではなかったのです。

『ガンニバル B話』ネタバレ!本編で描かれなかった蛮行の真相とは?

本作の主人公は、後藤家で起きた乱射事件の犯人・河口尊です。彼は自分の子どもが後藤家に奪われても、両親とこの村で平和に暮らしていくために、自分の行動を正当化していました。 しかし1発の銃声を耳にしたことで、彼の中でなにかが崩れ始めることに。子どもを助けようとしない村人への疑念は膨らみ、さらに後藤家に差し出された自分の子どもは、実母が立候補して差し出していたことを知ります。 タガが外れた河口は両親と口論の末、「俺があんな家潰してやるよ」と両親を殺害の上、乱射事件を起こしたのです。彼は蛮行を悔いながらも、あの瞬間たしかに心が晴れたと感じていました。 彼の供述を聞いた大悟は改めて自分がすべてを終わらせると決意します。

AD

【解説】あの人の正体とは?

本作の重要人物である「あの人」の正体は、後藤銀の息子「白銀(しろがね)」です。父親については、神山正宗と後藤金次のどちらかであると考えられます。 「しろがね」という名前は、生まれた時期が辺り一面雪景色だったことと、白銀の世界に感じられる命のように力強く生きてほしいという願いが込められて名付けられました。 生まれた時から母親の銀によって「食人」を繰り返しています。当初は他に食べ物がなかったという事情もありますが……ショッキングな話ですね。後藤銀が後藤家の当主になった後も我が子に人間を捧げるために「奉納祭」は続くこととなりました。 「あの人」は後藤家の象徴として強い発言力を持っており、村人は彼を恐れ、敬っています。

【考察】最終回「逃げるな」の意味とは

1巻の1話で駐在所の柱に「逃ゲロ」と書かれているシーンがありますが、最終話では文字が書き加えられていて「逃ゲルナ」になっていました。誰が何のために書き加えたのか、最後まで明らかになっていません。ですが、2つの説が考えられます。 1つは、大悟自身が自分を鼓舞するために書き加えた説です。村の真相を暴こうとする大悟にさまざまな困難が襲いかかります。大悟はそんな困難に負けず立ち向かおうと、自分を奮い立たせるために書いたのかもしれません。 2つめは、村人が書き加えた説です。大悟は真相を明らかにする中で、村を引っかきまわしました。大悟は最終話で村から去りますが、村人は去るのを許すでしょうか。または、最終話で食人は後藤家だけではないと分かりました。大悟や大悟の家族を食べようとした村人が書いたのかもしれませんね。

AD

『ガンニバル』の感想・評価

吹き出し アイコン

ドラマが気になるところで終わったので、我慢できず漫画を一気に購入!ページをめくる手が止まりませんでした。ホラーやミステリーが好きな人にはたまらないと思います。ただし、かなりグロいので苦手な人は気をつけてくださいね。

(20代女性)

吹き出し アイコン

序盤の謎が謎に包まれたハラハラ感。そして中盤謎が明かされ、終盤でキャラクターたちの印象が2転3転する面白さと、衝撃のラスト。私はホラーサスペンスは苦手ですが、作品のメリハリに思わずのめり込んでしまいました。衝撃のラストのせいで、暫く怯えながらトイレに行く生活になりそうです。

(30代男性)

『ガンニバル』の見どころ

『ガンニバル』
『ガンニバル』
  • ホラーやミステリー好きにおすすめ!
  • メリハリのある展開

『ガンニバル』の見どころは、ホラー要素とサスペンス要素にあります。駐在員としてやってきた主人公一家には明確な味方がいないため、誰も信用することができません。そのため、この先の展開がどうなるかわからない、非常にスリルのある物語が楽しめます。 主人公たちは村についてはよそ者なため何もわかりません。物語当初はさまざまな謎が存在しますが、本編が進むと徐々に解き明かされていく謎解きの面白さも見どころです。 また、実写ドラマ化したことからもわかるとおり、閉鎖された村社会を舞台としたドラマ要素も見応えがあります。「カニバリズム」というタブーをテーマとした作品だからこそ、人間の本質に迫る人間ドラマにも注目しましょう。

AD

『ガンニバル』主要登場人物紹介

阿川大悟

警察官である主人公。過去に娘のましろの目の前で容疑者を撃ち殺した事件から、供花村の駐在員として派遣させられます。 家族愛と正義感が強く、供花村の食人疑惑から後藤家の調査に乗り出します。

阿川有希

主人公、阿川大悟の妻。過去にストーカー被害を受けていたことがあり、事件の担当刑事だった大悟とはその時知り合いました。 娘のましろのことを大切に思っており、彼女に危害を加える存在には容赦しません。美人であり、供花村の男性陣にも人気です。

阿川ましろ

大悟の1人娘で、小学3年生の少女。目の前で知り合いの男性が父親に射殺されたことで、言葉を失い表情も乏しくなっています。 しかし供花村に移住してからは学校でうまくいっているようで、笑顔を見せるようになりました。

後藤銀

後藤家の前当主。作中で登場したときは既に死亡していました。彼女の死体に食べられたような跡があったことから物語は始まります。 元々は後藤家の人間ではなく、権力を持つ男に近づいて籠絡し、後藤家を乗っ取っていたのです。 生前は後藤家の絶対的な支配者として君臨し、自身の息子である「あの人」を象徴としていました。

後藤恵介

後藤家次期当主であり、後藤銀の死後に当主となった男性。一見怖い人のように見えますが本心では後藤家のことを思っており、惨劇を回避するため大悟に協力するようになります。

AD

後藤岩男

恵介の幼馴染であり、いつも一緒にいる存在。恵介に対して厚い信頼を置いており、彼を守るべき存在だと思っています。見た目は寡黙で2m近い大柄な男です。

あの人

一切が謎に包まれた人物で、本作のラスボスと予想されていたキャラクターです。 本名は「白銀(しろがね)」で、後藤銀の息子にあたる人物。赤ん坊の頃から人間を食べて育ったため、老人となった今でも人肉を主食としています。 身体能力は高く、作中では巨体ながらも素早い動きで大悟や警官隊を倒していました。

『ガンニバル』の見どころ

『ガンニバル』
© 2022 Disney

『ガンニバル』の見どころは、ホラー要素とサスペンス要素にあります。駐在員としてやってきた主人公一家には明確な味方がいないため、誰も信用することができません。そのため、この先の展開がどうなるかわからない、非常にスリルのある物語が楽しめます。 主人公たちは村についてはよそ者なため何もわかりません。物語当初はさまざまな謎が存在しますが、本編が進むと徐々に解き明かされていく謎解きの面白さも見どころです。 また、実写ドラマ化したことからもわかるとおり、閉鎖された村社会を舞台としたドラマ要素も見応えがあります。「カニバリズム」というタブーをテーマとした作品だからこそ、人間の本質に迫る人間ドラマにも注目しましょう。

ディズニープラスにてドラマ化!シーズン2はどうなる?

ディズニープラスで実写ドラマ化した本作。シーズン1では監禁されている子どもを助けるために、大悟が後藤家に侵入したところ、あの人に殴られるところで終わります。漫画の6巻に当たるところまで放送されましたが、続きが気になる終わり方をしましたね。 続編放送が待たれていた本作は、正式にシーズン2の制作が決定しています。このシーズン2で完結まで描くことや、柳楽優弥をはじめとしたメインキャスト・メインスタッフが続投することも発表されました。 放送開始時期などの詳細はまだ出ていませんが、発表されたコメントなどを見るにオリジナル要素を盛り込みつつよりスケールアップした作品になることが予想されます。

ドラマ『ガンニバル』キャスト情報

『ガンニバル』 柳楽優弥
© 2022 Disney
阿川大悟役 柳楽優弥
後藤恵介役 笠松将
後藤銀役 倍賞美津子
阿川有希役 吉岡里帆
阿川ましろ役 志水心音

主人公の阿川大悟は『誰も知らない』で史上最年少のカンヌ国際映画祭・男優賞を受賞し話題を浴びた柳楽優弥がキャスティングされています。柳楽優弥は漫画原作では『映画 銀魂』の土方十四郎役を演じました。 後藤家時期当主の後藤恵介役は実力派俳優の笠松将が務めます。笠松将は『花と雨』『リング・ワンダリング』などで主演を演じました。 そして恵介の祖母・銀は大ベテラン女優である倍賞美津子が演じます。倍賞美津子は今村昌平監督や黒澤明監督の作品に数多く出演している、芸歴50年以上の人物です。

漫画『ガンニバル』を今すぐ無料で読む方法の調査結果!

配信しているサービス

おすすめ

renta
配信中 配信中 お得なポイント還元
登録無料
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 最大50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額330円〜
配信中 配信中 600円OFF
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額550円〜
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 40%OFF
登録無料
配信中 配信中 50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信していないサービス

※配信状況は5月13日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

調査の結果、漫画『ガンニバル』を今すぐ全巻無料で読む方法はありませんでした。

2024年5月現在、漫画『ガンニバル』はRentaで配信中です。Rentaでは、『ガンニバル』をお得に読むことができます。

『ガンニバル』を違法サイトで読むのは絶対にやめよう!

違法NG

海賊版サイトで『ガンニバル』のzip・rar・pdf・rawなどのファイルが違法アップロードされていたとしても、絶対に利用するのはやめましょう。

海賊版の漫画サイトは利用しただけで犯罪になる可能性があります。軽い気持ちで漫画を閲覧したとしても、最悪のケースだと刑事罰を科されることもあるのです。元々違法アップロードの規制対象は、音楽と映像のみでした。しかし、2021年1月の法改正により漫画、雑誌など全ての著作物に適用されるようになったのです。

さらに海賊版サイトにはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報が不正に抜き取られるなど、犯罪に巻き込まれるリスクさえはらんでいます。安全に漫画を読むためにも、公式なサービスの利用を心がけましょう。

令和3年1月1日から、インターネット上に違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツのダウンロードを行う行為が幅広く違法となります。刑事罰の対象となる場合もあります。

『ガンニバル』あらすじをネタバレ解説しました

ここまで『ガンニバル』のあらすじと、全巻ネタバレ解説しました。 漫画は完結していますが、ドラマはまだシーズン2が配信される可能性があります。ドラマは漫画通りに終わるのか、それとも違う結末を迎えるのか。漫画とドラマの違いを見比べるのも面白いかもしれませんね。今からシーズン2の配信が楽しみです。