2016年9月30日更新 4,674view

ファンなら行ってみたい!『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地13選

世界中で親しまれるハリー・ポッター。その撮影はグレートブリテン島の各所で行われました。海外記事で話題になったハリー・ポッターのロケ地を紹介します。あなたも魔法の箒にのって、ハリー・ポッターの世界を訪れてみませんか。

1.ホグワーツ特急

グレンフィナン高架橋

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』で、 ホグワーツへ向かうハリーたちが、空飛ぶフォードアングリア で降りたグレンフィナン高架橋は、スコットランドにあるウェスト・ハイランド線のフォート・ウィリアムとマレイグとの間にあります。

通年で運行していますが、映画さながらにホグワーツ特急のような蒸気機関車で橋を渡りたいなら、夏季(五月から十月)に走るウェストコーストレールウェイ社のジャコバイト号に乗ってみましょう。

2.イボタノキ通り 4番地

イボタノキ通り 4番地

イボタノキ通り4番地には、ハリーが育ったダドリー一家の家があります。もちろん見るのは無料ですが、くれぐれも家の中に入らないようにしてください。

3.ホグワーツまわりの景観

グレンコー渓谷

スコットランドには、ホグワーツまわりのドラマチックな風景が撮影されたグレンコー渓谷があります。

ここでは、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の三大魔法学校対抗試合の撮影で使われた、グレン・ネイビスのスプラッシュ滝を見ることができます。

また、ハイランド地方の美しい自然は最初の2作品でも登場します。クイディッチの試合はグレン・ネイビスを背景に撮影されました(『ブレイブハート』や『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』、『ハイランダー2 甦る戦士』等も撮影されています)。

4.ホグワーツの中庭

ダラム大聖堂

ホグワーツ魔法学校の景色は、イギリス中の途方に暮れるような数の場所を通して作り上げられました。

その中でも、もっとも美しいといえるのは、最も精巧なノルマン建築の一つである、ダラム大聖堂ではないでしょうか。雪に覆われたダラム大聖堂の回廊では、『ハリー・ポッターと賢者の石』でハリーがフクロウを飛ばすシーンや、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でロンがナメクジを吐き出すシーンなどが撮影されました。

そして、聖堂の会議場は、映画のなかでは教室として使われ、マクゴナガル先生が動物をゴブレットに変える呪文を教えていました。

5.ホグズミード駅

ゴースランド駅

ホグワーツの生徒たちが訪れたホグズミード駅には、ヨークシャーのゴースランド駅が使われています。1ポンド以下でプラットフォームにいくことができます。

6.ホグワーツの図書館と医務室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オックスフォード大学の有名なボドリアン図書館は3作品のなかで登場します。

中世建築のハンフリー図書館はホグワーツでも図書館として、また洗練されたゴシック建築のディヴニティスクールは医務室として使われました。

またここは、かつて、オスカー・ワイルド、CSルイス、JRRトーキンが学んだ場所でもあるのです。

7.飛行術の授業が行われたあの場所

アニック城

アニック城は、フーチ先生が飛行術の授業を行う場所として使用されました。ここでは箒を使った飛行訓練を体験できます。

また、ここには、700年の歴史をもつ美しい噴水をもつ荘厳な庭や、世界で最も大きなツリーハウスがあります。アニック城は『ロビン・フッド』や『エリザベス』の中でも使われました。

8.レドンホール・マーケット

レドンホール・マーケット

ロンドンのレドンホール・マーケットのブルズ・ヘッド・パッセージにある眼鏡屋は、魔法使いのパブ「漏れ鍋」の戸口に使われました。

レドンホールは素晴らしいビクトリア建築の一つで、華やかに装飾された屋根が見られます。

9.9と3/4番線

キングスクロス駅

ホグワーツ行きの特急はキングス・クロス駅の9と3/4番線のプラットフォームから出発します。もちろんこのプラットフォームは実在しないのですが、4番、5番のプラットフォームの間にあるアーチ状の壁では、映画で使われた場所を見ることができます。

どうやら魔法が足らないようなら、ぜひ駅の西側の9、10、11番プラットフォームの入り口にいってみてください。そこでは、魔法の世界へと消えていく手押し車をみられます。

また駅の外側にいくと、ネオゴシック建築のセントパンクラス駅があります。ここは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でウィズリー家の魔法のフォードアングリアが飛び立つシーンで使われました。

10.ハリーが蛇と喋ったあの場所

ロンドン動物園

ロンドン動物園の爬虫類館は、『ハリー・ポッターの賢者の石』でハリーがヘビと会話できることに気づいた場所です。

ヘビやほかの動物とお話しするのがお好きな方はぜひ行ってみてはどうでしょうか。

11.”嘆きのマートル”を探しに行いきませんか

グロスター大聖堂

あなたが臆病なら、グロスター大聖堂に行くときは気を付けた方がいいでしょう。

1300年もの礼拝所として使われてきたグロスター大聖堂。確かに”ほとんど首なしニック”や”嘆きのマートル”はいないかもしれませんが、実は納骨堂へと続く古い木の扉はグロスター修道院の僧たちによって呪われているといわれています。

ここは、最初の2作品にも登場しており、ハリーとロンがトロールから隠れるシーンも撮影されました。

12.スネイプ先生の魔法薬の授業の部屋

レイコック寺院

ウィルトシャー州にあるレイコック寺院では、ホグワーツの廊下やスネイプが授業を担当した魔法薬の授業が撮影されました。

13.フラー・デラクールとビル・ウィーズリーの”貝殻の家”

ゴールデンサンド

最終シリーズに登場する、フラー・デラクールとビル・ウィーズリーの貝殻の家は、ウェールズでも最高のサーフィンスポットであるゴールデン・サンドにて撮影されました。

撮影クルー達にとって馴染み深い場所で、この場所は『ロビン・フッド』で最後の戦いの背景にも使用されました。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ハリー・ポッター特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧