2020年11月6日更新

「ハリー・ポッター」に出演後、亡くなってしまった17人の俳優たちを紹介

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 スネイプ
© J.K.R.

2001年に第1作目「賢者の石」が公開され、2011年とうとう惜しまれながら終焉を迎えた「ハリー・ポッター」シリーズ!長い年月が経ち、このハリーポッターファミリーの中からもこの世を去った方たちがいます。今回はハリーポッターシリーズに出演後、亡くなってしまった俳優たちを紹介。

目次

惜しまれつつもこの世を去った、「ハリー・ポッター」出演俳優たち

『ハリー・ポッターと死の秘宝』ロン、ハリー、ハーマイオニー(ルパート・グリント、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン)
©︎ Warner Bros./Photofest/zetaimage

多くの熱狂的なファンを持つ、ファンタジー大作「ハリー・ポッター」シリーズ。 その歴史は2001年に公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』から、2011年公開の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』まで、10年という長い期間に渡るもの。 本記事ではシリーズに出演した俳優の中から惜しまれつつもこの世を去った、俳優を紹介します。読み終わった後には、本編を見るとき、少し切ない気分で見てしまうかも……。

1. ジョン・ハート/オリバンダー老人役

『ハリー・ポッターと賢者の石』ダニエル・ラドクリフ、ジョン・ハート
©︎ WARNER BROS./zetaimage

ハリーをはじめ、多くの魔法使いや魔女たちが杖を買い求めた「オリバンダーの店」の店主、ギャリック・オリバンダー。彼は世界最高の杖職人として評価されています。 そんなオリバンダー老人を演じたのは、イギリスの名優ジョン・ハートです。彼は1980年に『エレファント・マン』で英国アカデミー賞主演男優賞を受賞したほか、『裏切りのサーカス』などの映画、ドラマ、舞台で幅広く活躍。生涯で200を超える作品に出演しています。 彼は2015年に膵臓がんで闘病中であることを明かし、2017年1月25日にこの世を去りました。

2. アラン・リックマン/スネイプ先生役

ハリー・ポッターと炎のゴブレット スネイプ
© Warner Bros.

「ハリー・ポッター」シリーズ全作にスネイプ先生役で出演したアラン・リックマン。 シリーズ終了後も『モネ・ゲーム』や『大統領の執事の涙』、『暮れ逢い』などの作品に出演しました。『ヴェルサイユの宮廷庭師』では、出演のほか監督・脚本も務めています。 2016年1月14日、がんのため亡くなりました。

3. シーラ・アレン/「炎のゴブレット」魔法省の魔法使い役

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』魔法省の魔法使いを演じた・シーラ・アレン。アメリカ50年代に放映されていたウォルト・ディズニーの番組出演者としても有名でした。 2011年10月13日に亡くなっています。

4. エリザベス・スプリッグス/太った婦人役

エリザベス・スプリッグスは「ハリー・ポッター」シリーズ第1作目『ハリーポッターと賢者の石』で、合言葉をきくまでグリフィンドールの寮へ決して入れない絵画“太った婦人”役を演じています。 2008年7月2日、78歳で亡くなりました。

5. マージェリー・メイソン/「炎のゴブレット」ホグワーツ特急車内売り子のおばあさん役

マージェリー・メイソンは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』に出演。当時92歳でホグワーツ特急車内売り子のおばあさん役を演じました。彼女は81歳でスキューバーダイビングを習い、99歳まで週5回水泳に通っていたそうです。 そして2014年1月26日、100歳で大往生しました。

6. デイブ・レジェノ/狼人間フェンリール・グレイバック役

ヴォルデモートに仕える人狼、フェンリール・グレイバック演じたデイブ・レジェノは、本シリーズのほか『スナッチ』(2000年)や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(2007年)などに出演。ボクシング経験を持ち、総合格闘技団体「Cage Rage」の選手としても活躍しました。 2014年7月6日ごろ、アメリカ・カリフォルニア州デスバレー国立公園内でハイキング中に熱中症で死亡しているのが発見されました。享年50歳でした。

7. ジミー・ガードナー/「アズカバンの囚人」ナイトバスのドライバー役

ジミー・ガードナーは『ハリーポッターとアズカバンの囚人』でナイトバスのドライバーを演じました。その他にはジョニー・デップ主演の『ネバーランド』などにも出演しています。 2010年5月3日に、85歳で亡くなりました。

8. エリック・サイクス/リドル家の庭師・フランク・ブライス役

エリック・サイクスは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でヴォルデモート卿に殺害されたリドル家の庭師フランク・ブライス役を演じました。彼はラジオ作家としてキャリアをスタートさせ、その後、テレビや映画の世界に入りコメディ俳優として一躍有名に。 2012年7月4日、89歳でこの世を去りました。

9. アルフレッド・バーク/「秘密の部屋」アーマンド・ディペット役

アルフレッド・バークは『ハリーポッターと秘密の部屋』でダンブルドアの前任の校長だったアーマンド・ディペットを演じた人物。この作品が彼の最後の映画作品となりました。 2011年2月16日に亡くなっています。

10. ロジャー・ロイド=パック/「炎のゴブレット」国際魔法協力部のバーティ・クラウチ役

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ロジャー・ロイド=パック(バーティ・クラウチ)
©︎ Warner Bros./Photofest/zetaimage

ロジャー・ロイド・パックは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で国際魔法協力部の役人バーティ・クラウチを演じた俳優です。他には『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』や『裏切りのサーカス』などにも出演しています。 2014年1月16日、ガンのため69歳で逝去しました。

11. ピーター・カートライト/エルファイアス・ドージ役 

ピーター・カートライトは『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』で、ダンブルドア校長の親友で不死鳥騎士団のメンバーでもあるエルファイアス・ドージ役を演じました。 2013年11月13日にこの世を去っています。

12. ティモシー・ベイトソン/屋敷しもべ妖精クリーチャーの声

ティモシー・ベイトソンは、屋敷しもべ妖精クリーチャーの声を演じていました。 『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の撮影が終わる前の2009年9月16日に亡くなったため、サイモン・マクバニーがこの役を引き継ぎました。

13. リチャード・グリフィス/ハリーのおじさんバーノン・ダーズリー役

『ハリー・ポッターと賢者の石』ダーズリー家
© WARNER BROS./zetaimage

リチャード・グリフィスはハリーポッターシリーズメインキャラクターではありませんが、大きな役割を担ったキャラクターを演じています。ハリーに嫌がらせを続けた、彼のおじさんバーノン・ダーズリーです。 2013年3月28日に、65歳で亡くなりました。

14. ロブ・ノックス/「謎のプリンス」マーカス・ベルビィ役

ロブ・ノックスは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でマーカス・ベルビィ役を演じました。 しかし出演シーンを撮り終えた数日後の2008年5月24日、酔っ払いから弟を守ろうとしたところ、その男に刺され18歳でこの世を去りました。

15. デヴィッド・ライオール/「死の秘宝 PART1」エルファイアス・ドージ役

デヴィッド・ライオールはピーター・カートライトが亡くなった後『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』でエルファイアス・ドージ役を引き継ぎました。 デヴィッド・ライオールは2014年のクリスマスの日に亡くなっています。

16. リック・メイヨール/ポルターガイストのピーブズ役

イギリスのコメディアン、リック・メイヨールが演じたのはハリーやハリーの仲間たちにいたずらをするポルターガイストのピーブズです。 2014年6月9日、メイヨールはランニングから帰宅後突然倒れ、この世を去りました。

17. リチャード・ハリス/ホグワーツ魔法学校校長アルバス・ダンブルドア(初代)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』マギー・スミス、ミリアム・マーゴリーズ、リチャード・ハリス
©︎ WARNER BROS./zetaimage

ハリーポッターシリーズのキャラクター中で最も影響力のある人物、アルバス・ダンブルドア校長を演じたリチャード・ハリス。第1作目『ハリーポッターと賢者の石』と第2作目『ハリーポッターと秘密の部屋』に出演しました。 2002年10月25日、72歳でホジキンリンパ腫のため逝去し、「秘密の部屋」が彼の遺作となっています。

「ハリー・ポッター」を見返せば、いつでも彼らに会える!

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 スネイプ
© Warner Bros.

以上、惜しまれつつもこの世を去った「ハリー・ポッター」シリーズ出演の俳優を紹介しました。 彼らの新作映画を観ることはできませんが、その姿はいつまでも色褪せず、映画の中にあります。またいつでも「ハリー・ポッター」の中で、彼らに会えるのです。