2018年9月28日更新

「ハリー・ポッター」シリーズに登場するホグワーツの寮の名前・色・意味まとめ【あなたはどの寮?】

「ハリー・ポッター」シリーズで登場する「ホグワーツ魔法魔術学校」は、まだ未熟な魔法使い・魔女たちが魔法の技術や理論などを学ぶために7年間在籍する学校です。全寮制のため、生徒たちは4つの寮のいずれかに入り生活します。今回はそんなホグワーツの寮について徹底解説します!

「ホグワーツ魔法魔術学校」は全寮制!

J・K・ローリングが発表して以来、世界的な人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズは、映画シリーズも歴史的なヒットを記録し、誰もが知ってるファンタジー巨編となりました。 そんな「ハリー・ポッター」の世界で登場するのが、「ホグワーツ魔法魔術学校」(Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry)です。ホグワーツは11歳になると入学資格が与えられる七年制・全寮制の学校です。そのため、新入生は入学と同時に寮の組み分けが行われ、休暇などを除き基本的には寮で暮らすこととなります。 今回は、そんなホグワーツで組み分けられる4つの寮とその特徴、そしてホグワーツの仕組みなどについて解説します!

4つの寮の名前は創設した偉大な魔法使いたちの名前

ホグワーツ ハリーポッター

ホグワーツには4つの寮があります。すなわち、「グリフィンドール」、「ハッフルパフ」、「レイブンクロー」、そして「スリザリン」です。 これらの寮の名前は、ホグワーツ創設に関わった4人の魔法使い「ゴドリック・グリフィンドール」、「ヘルガ・ハッフルパフ」、「ロウェナ・レイブンクロー」、「サラザール・スリザリン」の名前にちなんだものとなっています。 彼らは993年頃にホグワーツを創設。当初は「好みの生徒を自身の寮に選び取る」という方法をとっていましたが、創立者本人たちがこの世を去った後の事態を考慮し、寮生を選ぶための『組分け帽子』を考案。現在では、組み分け帽子によって寮生が選ばれています。

組み分け帽子とは?

組分け帽子 ハリーポッター

4人の創立者によって知恵と魔法を吹き込んで作られた「組分け帽子」。 ホグワーツ新入生たちは入学式の場で、まずはこの帽子を被らされます。すると、組分け帽子はその生徒の資質や寮が重んじる徳目、また生徒の重んじる徳目は何かを分析し、最も適切な寮を決定。行き先となる寮の名前を大声で叫ぶのです。 とはいえ、「スリザリンはイヤ」と念じ続けたハリーのように、生徒本人の希望を取り入れる場合もありました。また、ロン・ウィーズリーのように被る前から反応を示す場合もあるようです。 いずれにせよ、7年間過ごす寮をすぐさま決定してしまう組み分けは、時としてその人の人生をも変えてしまう大きなイベントなのです。

ホグワーツの4つの寮をそれぞれ詳しく紹介!

ホグワーツに入学した者が必ず組み分けられる4つの寮。そんな寮のそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

勇敢さが特徴!ハリーや仲間たちがいる大人気の【グリフィンドール】

グリフィンドール ハリーポッター

創設者:ゴドリック・グリフィンドール シンボル:ライオン シンボルカラー:真紅と黄金 寮旗:真紅の地に金色の獅子

寮監:ミネルバ・マクゴナガル ゴースト:ほとんど首無しニック(ニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿) 所属している生徒:ハリー・ポッター、ロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャー、ネビル・ロングボトム、ラベンダー・ブラウン、パーバティ・パチルなど 主な出身者:アルバス・ダンブルドア、ミネルバ・マクゴナガル、ルビウス・ハグリッド、シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン、ピーター・ペティグリューなど

グリフィンドール生の特徴

勇猛果敢な騎士道を重視するグリフィンドールでは、意志が強くて勇敢な生徒が多く集まる傾向にあり、アルバス・ダンブルドアやミネルバ・マクゴナガル、シリウス・ブラックなどの優れた魔法使いを多数輩出してきました。 もちろん、このシリーズの中心人物となるハリー・ポッター、ロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーもグリフィンドール生。特にロンの家族であるウィーズリー家は全員例外なくグリフィンドール出身であり、組み分け帽子もロンが被る前から反応していました。 ハリーもグリフィンドール生ですが、彼には後に出てくるスリザリンの資質もありました。しかし、スリザリンは闇の魔法使いが多く出ていると聞いていたハリーは「スリザリンはイヤ」と念じました。すると、それを理解した組み分け帽子が自分の意思を持つハリーを評価。かくしてハリーは晴れてグリフィンドール入りを果たしたのでした。

みんな優しい!「ファンタビ」主人公の出身寮【ハッフルパフ】

71FbM1iro8L._SL1300_

創設者:ヘルガ・ハッフルパフ シンボル:アナグマ シンボルカラー:カナリア・イエローと黒(映画版では灰色も加わる) 寮旗:カナリア・イエローの地に黒いアナグマ

寮監:ポモーナ・スプラウト ゴースト:太った修道士 所属している生徒:セドリック・ディゴリー、ジャスティン・フィンチ=フレッチリー、ハンナ・アボット、アーニー・マクミラン、スーザン・ボーンズなど 主な出身者:ニュート・スキャマンダー、ニンファドーラ・トンクス、ポモーナ・スプラウト、シルバヌス・ケトルバーンなど

ハッフルパフ生の特徴

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

誠実で心優しく、忍耐強い生徒を求める寮ですが、他の寮に入れなかった生徒を広く受け入れることでも知られ、そのために「劣等生の寮」というイメージがあります。これは創設者であるヘルガ・ハッフルパフが他の三人の創設者とは違い、血筋や能力による差別を一切しなかったことに由来するもの。 しかし優秀な生徒もおり、シリーズ4作目で繰り広げられる「三大魔法学校対抗試合」でホグワーツの代表選手として選ばれたセドリック・ディゴリーや闇祓いのニンファドーラ・トンクスなどはハッフルパフ生でした。 また、2016年に1作目が公開された「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフである「ファンタスティック・ビースト」シリーズの主人公であるニュート・スキャマンダーは、このハッフルパフ出身です。 そして、4つの寮のなかで最も闇の魔法使いの出身が少ないという名誉を持っています。

とにかく賢い人がたくさん!ルーナも所属する【レイブンクロー】

レイブンクロー ハリーポッター

創設者:ロウェナ・レイブンクロー シンボル:鷲(映画版では大カラス) シンボルカラー:青と銅(映画版では水色も加わる) 寮旗:青い地にブロンズの鷲(映画では大カラス)

寮監:フィリウス・フリットウィック ゴースト:灰色のレディ 所属している生徒:ルーナ・ラブグッド、チョウ・チャン、パドマ・パチル、ペネロピー・クリアウォーター、マーカス・ベルビィ、マイケル・コーナー、ロジャー・デイビースなど 主な出身者:クィリナス・クィレル、ギルデロイ・ロックハート、オリバンダー老人(ギャリック・オリバンダー)、フィリウス・フリットウィック、嘆きのマートル(マートル・エリザベス・ウォーレン)など

レイブンクロー生の特徴

知性を尊ぶレイブンクローでは学力が重視される傾向が高いことで知られ、組み分け帽子は成績優秀なハーマイオニー・グレンジャーを分ける際、グリフィンドールとレイブンクローのどちらに決めるかで迷っています。 知性を重視する傾向があるために生徒は多くの場合プライドが高くて他人を見下す傾向があり、同じ寮内であってもイジメもあるようです。また、その知性ゆえに気難しい者や自惚れる者など個性豊かで癖のある人物が多く出ています。 レイブンクローの寮内に入るときには他の寮のように合言葉ではなく謎解きを求められるのもこの寮の特徴です。答えがわかるまで寮に入ることはできませんが、逆を返せば謎さえ解ければ外部の者も入れてしまうということでもあります。

野心に満ちた人がいっぱい!マルフォイがいるのは【スリザリン】

スリザリン

創設者:サラザール・スリザリン シンボル:蛇 シンボルカラー:緑と銀 寮旗:緑の地に銀の蛇

『ハリーポッター』スネイプ

寮監:セブルス・スネイプ ゴースト:血みどろ男爵 所属している生徒:ドラコ・マルフォイ、ビンセント・クラッブ、グレゴリー・ゴイル、マーカス・フリント、パンジー・パーキンソン、双子のカロー姉妹など 主な出身者:ヴォルデモート(トム・リドル)、セブルス・スネイプ、ホラス・スラグホーン、ルシウス・マルフォイ、ベラトリックス・レストレンジ、ドローレス・アンブリッジなど

スリザリン生の特徴

野心に満ちながらも狡猾だったという創設者・サラザール・スリザリンは「蛇語、機知に富む才知、断固たる決意、やや規則を無視する傾向」を生徒に求めていたとされています。そのためか、スリザリンにはずる賢い生徒が多いとされ、悪評が目立ちます。 また、マグル(非魔法族)を差別する純血主義の傾向が強いこともあり、残念ながらヴォルデモートやルシウス・マルフォイ、ベラトリックス・レストレンジなど多数の闇の魔法使いを送り出していることも見過ごせない特徴といえます。 それ故に、他の3つの寮と完全に決裂していますが、その分、他寮と比べて寮の中での結束が硬いことでも知られます。

各寮のクィディッチの実力は?

クィディッチとは、箒に乗って行われる魔法界の球技です。魔法界では最もポピュラーなスポーツであり、ホグワーツ学内で行われる年に一回の大会は一大イベントとなっています。 映画内で取り上げられているのは、グリフィンドール対スリザリンの試合のみですが、毎年4寮は総当たりのリーグ戦を行っています。 ハリーポッターが入学早々シーカーに任命されて以来、グリフィンドールは負けなしです。スポーツマンシップ溢れるチームであることも特徴です。 グリフィンドールの最大のライバルといえば、やはりスリザリン。グリフィンドールとは対称的に、卑劣な反則プレーの数々で相手チームを苦しめます。 クィディッチについてもっと詳しく知りたい人は下の記事からチェックしてみてください!

ポッターモアで実際に組み分けができる

ハリーポッタのウェブサイト「ポッターモア」では実際に組み分けが体験できます。無料の会員登録が必要ですが、自分の寮が気になる人は試してみてもいいかも!

マルフォイ役トム・フェルトンは......

View this post on Instagram

Oh bollocks! x

Tom Feltonさん(@t22felton)がシェアした投稿 -

マルフォイ役で知られるトム・フェルトンもこのポッターモアの組み分けを試したそう。当然スリザリンと思いきや、なんと結果はまさかのグリフィンドール。 インスタに「あぁ、台無し!」というコメント付きで投稿も。 TVGrooveによると、トムは自身のツイッターで「今日はなんて日だ。ついにやってしまった。Pottermoreに参加して、組み分けされたんだ……グリフィンドールへ。ハートは粉々だ」とその傷心ぶりを明かしました。

「ホグワーツ」4つの魅力的な寮【あなたの推しはどれ?】

「ハリー・ポッター」シリーズでは、グリフィンドールとスリザリンにフォーカスされることが多く、他2寮のことがあまり知られていませんでしたが、実は魅力がいっぱい! 「ハリー・ポッター」の新シリーズである、「ファンタスティック・ビースト」最新作公開の2018年11月23日に向けて、もう一度おさらいしてみてもいいかもしれません。 「ホグワーツ魔法魔術学校」についてもっと詳しく知りたい人は下の記事からぜひ!