優香が凄い9の事実!誰からも好かれる理由とは【映画『人生の約束』出演】

2017年7月6日更新

ホリプロ初のグラビアアイドルとして、「癒し系タレント」として、視聴者の人気のみならず、業界関係者の信頼も厚い優香。優香がここまでの人気を獲得した秘密に迫ります。

1:ホリプロスカウトで合格したのは優香だけだった

優香

出典: natalie.mu

池袋駅近くのピーダッシュパルコ前でスカウトされたことが優香のデビューのきっかけとなりました。

当時、他にも声をかけていたホリプロスタッフに「カラオケにスカウトした子たちを集めてカラオケするから遊びにおいで」と誘われ、履歴書を持参してカラオケボックスに行くと、そこにはビデオカメラ1台が置かれていたそう。そこで、「歌うか、演技してください」と言われた優香。竹内まりやのフォーエバーフレンドを熱唱。後日、再び集められたカラオケボックスにてLe Coupleの「ひだまりの詩」を歌ったそうです。

このスカウトの中で残ったのはなんと優香のみでした。

2:優香はホリプロ初のグラビアアイドルだった

優香

出典: laughy.jp

1990年代後半のグラビアといえば、イエローキャブ全盛期の時代でした。

そんな中、優香は、ホリプロ初のグラビアアイドルとして、デビューから各種雑誌の表紙などを席巻しました。

グラビアといえば、イエローキャブといった世間の風潮を一転、当時の優香はグラビアクイーンとして人気者に。

優香の成功によって、後のグラビアアイドルという存在が一般に浸透するきっかけとなったのです。

3:優香は元祖「癒し系タレント」!ジョージアのCMで癒し系ブームの先駆けを作っていた

1999年より優香は、コカ・コーラ社の缶コーヒーブランド「ジョージア」のCMに抜擢されます。

「ジョージア」のターゲット年齢層の心をしっかりと掴んだ優香の魅力が、主に男性をターゲットとした缶コーヒーというブランドに効果的に作用することになります。これ以後、「癒し系」という言葉がよく聞かれるようになりますが、そのきっかけとなったと言われているのが、この元気でポジティブな優香の魅力を最大限に発揮したCMでした。

4:大河ドラマ『新選組!』では一人二役を演じていた!

優香

三谷幸喜脚本で話題となった大河ドラマ『新選組!』。ここでも優香は、単なるグラドルという枠にとらわれないタレントとしての器の大きさをみせてくれました。なんと近藤勇の恋人である深雪太夫と、深雪太夫の妹役の二役を演じたのです。

『新選組!』は、2004年のNHK大河ドラマです。香取慎吾、藤原竜也など豪華な演者と、三谷幸喜脚本ということで、初回視聴率は26.3%を記録。また、DVD化された大河ドラマの中では最高の3万2千ボックス、8億円のヒットとなるなど、大河ドラマという枠を広げる契機になった作品とも言えます。

5:『ぐるぐるナインティナイン』で優香は女性レギュラー二人目だった!

ぐるない

出典: www.ntv.co.jp

その後、日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」に出演した優香。特に2006年より「グルメチキンレース・ゴチになります!」のパート7に参加し、独自の存在感を発揮します。2001年ごろパート2にも出演した経験と、金銭感覚のバランスの良さから、パート7を順調に勝ち進みますが、惜しくも最終戦にて最下位となってしまいます。

番組収録中も気取ることのない笑顔と、番組の進行を意識したコメントをするなど、多数の番組出演経験を活かした活躍をしていました。

6:『志村けんのバカ殿様』では志村けんからの熱い信頼を得ていた

バカ殿

出典: topicks.jp

優香といえば、セットで語られることも多いのが志村けん。

志村けんとの出会いは1999年に「Shimura-X天国」。それ以降、志村けんの絶大な信頼を得た優香は、2014年からの「志村座」にも出演しています。

志村けんの誕生会には必ず出席し、優香が主催者のようにパーティーは進行するなど、芸能関係者からは、「奥さんのようだ」との声も聞かれているようです。

7:『好きなタレントランキング』常連!ファン層が厚く広い

優香

出典: daymatome.com

そんな優香は、『好きなタレントランキング』の常連。その声も様々ですが、

「優香」を選んだ理由について質問したところ、「可愛いが、遊んだりせず一途そう」「性格が良さそうだし、明るい家庭が想像できる」「何だかんだで頭が良さそう」という回答があがり、知性や一途そうな性格が評価された。

と優香の人柄に対するコメントが多く、テレビを通して優香の人柄を評価する視聴者が非常に多いことが見て取れます。

8:『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』では運動神経の良さを披露した

Qさま

2004年からテレビ朝日系で放送中のクイズプレゼンバラエティー Qさま!!、ここでも優香は、新たな一面を見せてくれます。

青木さやかとボウリング対決や、バドミントン対決などで勝利を収めたり、体力測定、鬼ごっこなど、様々なスポーツ企画にも果敢にチャレンジして成果を収めるなど、持ち前の運動神経を遺憾なく発揮しています。

トーク、スポーツ、そしてグラビア出身という自分の身体的な魅力を存分に活かし、それも気取ることなく、等身大の姿であろうとする優香の芸能界でのスタイルがこれまでの人気の秘訣と言えそうです。

9:ファンのみならず、芸能界からとにかく信頼が厚い

人生の約束

出典: natalie.mu

大御所のタレントのみならず、現場スタッフ、取材するプレス関係者にとっても非常に信頼が厚い優香。それは、彼女自身の性格的な魅力があることをよく示しています。

また、映画『黒執事』では、実写化というイメージ先行の難しいジャンルにおいて、共演者から

水嶋ヒロと優香が23日、映画「黒執事」のレッドカーペットに出席した 水嶋は、実年齢を上回る39歳の美熟女の演じた優香を大絶賛 「今まで見たことのない優香さんが見られます」とべた褒めされ、優香は赤面

などと大絶賛を受けるなど、女優としての優香の位置づけはますます強固になりつつあるようです。

そして、優香がキャスティングされた、2016年1月9日公開の映画『人生の約束』は、主人公が生まれ育った富山で毎年10月に開催される「曳山まつり」への悔いを残して死んだ親友のために奔走する男・中原祐馬の姿を描いたヒューマンドラマ。

その中原祐馬の秘書の大場由希子役として優香は出演します。

また、人形浄瑠璃『曾根崎心中』で知られる近松門左衛門を題材にしたNHKの木曜時代劇『ちかえもん』にも、門左衛門がひいきにする年増遊女・お袖を演じます。このドラマは2016年1月14日スタートです。

加えて、同年1月17日スタートの本格ミステリードラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』には、主人公の犯罪学者である火村英生とその相棒で推理作家の有栖川有栖をよく思わない、捜査一課の刑事、小野希を演じます。

2016年も続々と出演作が公開される優香。これからも目が離せません!