2018年11月30日更新

新作『トイ・ストーリー4』あらすじ他最新情報!キアヌ・リーブスがまさかの参戦

© Walt Disney Pictures

完璧なエンディングを迎えた『トイ・ストーリー3』の続編『トイ・ストーリー4』の製作が決定!この記事では2019年7月12日に全国公開を控えた本作の最新情報をまとめています。

『トイ・ストーリー4』最新情報を紹介

すべての子ども、もしくは昔は子どもだった大人たちを夢の世界に誘う「トイ・ストーリー」シリーズ。1996年に1作目、1999年に2作目が公開されいずれも大ヒットを記録しました。 そして、10年ぶりに公開された続編『トイ・ストーリー3』でこれ以上ない完璧なエンディングを迎え、ファン達は「トイ・ストーリー」シリーズの終幕を確信したものです。 そんな中、ピクサーが第4作目の製作を発表しました。新作となる『トイ・ストーリー4』のストーリーは一体どうなるのでしょうか?さらにおなじみのウッディ、バズなどのキャラクターは登場するのでしょうか?それらの最新情報をお伝えします。

『トイ・ストーリー4』の気になるあらすじは?

『トイ・ストーリー4』はウッディの恋に注目したラブストーリーがメインの物語になるようです。 気になるお相手は、1作目と2作目に登場した陶器人形のボー・ピープ。 ウッディと相思相愛の仲にあるキャラクターですが、『トイ・ストーリー3』にてガレッジ・セールで売られたことが明かされ、回想でしか登場しませんでした。 本作は、ウッディとバズがボー・ピープを取り戻すために冒険に出るという展開だとか。とてもエモーショナルなラブストーリーになるようです。

ウッディのロマンスのお相手 ボー・ピープ

『トイ・ストーリー4』で注目キャラクターとなりそうなのが、羊飼いの少女をモチーフにしたという人形「ボー・ピープ」。 恋人関係と断定はできないものの、これまでもウッディとは相思相愛で仲のいい様子がうかがえました。 実はボー・ピープは、ウッディやバズのように「トイ・ストーリー」シリーズのオリジナルではなく、実際に存在する人形。ウッディたちの持ち主であるアンディの部屋の電気スタンドに付属していたようです。 おとなしそうな見た目とは裏腹に、ウッディに対して余裕のある積極的な態度を見せています。 1作目、2作目と出演が続き、3作目はわずかなカメオ出演のみとなっていましたが、4作目ではメインキャラクターとしてカムバックします!

新作の重要キャラ・フォーキーって?

(画像一番右がフォーキー) 2018年11月、『トイ・ストーリー4』のキーマンとなる新キャラクター、“フォーキー”の姿がティーザーでお披露目されました。 ウッディやバズ、ジェシーをはじめミスター&ミセス・ポテトヘッド、ハム、レックスなどおなじみのキャラクターたちが楽しそうに手をつないでいる中、困惑したような表情のフォーキーが。 「僕はおもちゃじゃない!」と逃げ出してしまったフォーキーですが、その詳細は明らかにされていません。 新作で重要な役回りを担うことはわかっていますので、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

脚本家の交代劇が話題に

続編制作のためにわざわざ招かれた人物とは!?

Never forget when Martin Scorsese played the role of my Inner Critic. #tbt #goldenglobes

Rashida Jonesさん(@rashidajones)がシェアした投稿 -

『トイ・ストーリー4』の脚本を執筆するにあたって、女優のラシダ・ジョーンズと俳優のウィル・マコーマックが招かれたことが明かされています。 ラシダ・ジョーンズは、女優として『ステイ・フレンズ』などの多くのラブストーリーに出演する傍ら、ウィル・マコーマックと共に『セレステ&ジェシー』の脚本を書いていたという実績もあるためです。

しかし、ラシダ・ジョーンズらが降板!『マイティ・ソー バトルロイヤル』の脚本家が新たに参加

ラブストーリーの名手として注目を集めていたラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックですが、彼らは降板してしまいました。 一部メディアは、ピクサーの共同設立者であり『トイ・ストーリー4』の製作にも携わる予定だったジョン・ラセターがラシダに言い寄ったためだと報じましたが、ラシダ自らこれを否定し、「哲学面での相違」が原因と声明を発表しました。

降板したラシダたちの代わりに本作の脚本に参加することになったのが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の脚本にノンクレジットで参加していたステファニー・フォルサムです。 大作映画の参加は初めてとなるステファニー・フォルサムですが、彼女が手掛けたオリジナル脚本『1969: A Space Odyssey of How Kubrick Learned to Stop Worrying and Land on the Moon 』は、映画スタジオが選ぶ映画化前の優秀脚本リスト「ブラックリスト」に選出されており、実力は折り紙付き。 『マイティ・ソー バトルロイヤル』も評価が高かっただけに、本作にも期待が集まります。

気になる監督は『インサイド・ヘッド』のジョシュ・クーリーが担当

当初はジョン・ラセター&ジョシュ・クーリーの共同監督だった

Reach for the dusk sky! ????

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿 -

本作の監督を務めるのは『インサイド・ヘッド』の脚本家、ジョシュ・クーリーです。 さらに当初は、1作目、2作目の監督であり、前作『トイ・ストーリー3』の製作総指揮を務めたジョン・ラセターが共同監督として参加する予定でした。 しかし、ラセターは職場の女性に対し「体をつかんだり、キスをしたり」といった「不適切な行為」を働いたとして、6ヶ月間の休職を取ることに。さらに2018年6月、ディズニーはラセターは同年の年末をもって退社する予定と発表しました。 そういった経緯で、本作の監督はジョシュ・クーリーが一人で担当することになったのです。

『トイ・ストーリー4』の悪役は誰に?

Storytelling is stellar. | ????: @theacademy

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿 -

「トイ・ストーリー」シリーズでは、ウッディたちの冒険を邪魔するヴィランたちも毎回個性的なキャラクターですよね! 1作目の悪ガキ・シドも印象的でしたが、2作目に登場したおもちゃ店の店長アルや、ウッディと同じシリーズのおもちゃで、博物館行きを望むおじいさん人形のプロスペクターもストーリーを盛り上げてくれました。 特に前作『トイ・ストーリー3』の長老テディベア・ロッツォはしぶとく、悪者ながらもとても強烈で印象に残るキャラクターでした。 今作のヴィランについては2018年11月現在、まだ明らかになっていません。新たなキャラクターの登場が楽しみですね!

おなじみの声優陣に加え まさかのキアヌ・リーブス参戦!

キアヌ・リーブス
©Marechal Aurore/ABACA/Newscom/Zeta Image

新作『トイ・ストーリー4』でも、いままでのシリーズ同様にウッディ役にトム・ハンクス、バズ・ライトイヤー役にティム・アレンなど、おなじみの声優陣が続投することが発表されています。 そして、なんと本作にはキアヌ・リーブスが声優として参加していることがわかりました! これは、バズ役のアレンが人気トーク番組に出演した際にうっかり発言したことから判明。アレンは『トイ・ストーリー4』について、おなじみのキャラクターはもちろん、新たに登場するおもちゃたちも魅力的だと発言し「特にキアヌ・リーブスが声を演じるキャラクターは」と口をすべらせてしまったのです。 リーブスの演じるキャラクターについて詳細は不明ですが、豪快でエッジの効いたキャラクターであり、かなり大きいおもちゃのようです。 いったいどんなキャラクターで、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

『トイ・ストーリー4 』の公開日は2019年7月12日!

脚本家の交代や共同監督の降板などさまざまな紆余曲折があり、正式な公開日がなかなか決まらなかった『トイ・ストーリー4 』ですが、ついに全米公開日が2019年6月21日に決定し、日本では2019年7月12日に公開予定となっています。 フォーキー以外にも新キャラクターが登場することがわかっており、こちらもどんな個性的なキャラクターたちなのか気になるところです。 『トイ・ストーリー4』はラブストーリーということで、これまでとは一味違う作品になるのでしょうか。 いずれにしても、ウッディやバズをはじめとする、あのおもちゃたちにまた会えるのは楽しみですね!