中村ゆりかがブレイク間近!『まれ』出演で知名度を上げた若手女優

2017年7月6日更新

透き通る透明感とアジア系ハーフのオリエンタルなルックスで、視聴者を虜にする中村ゆりか。英語と中国語を使いこなし、ドラマでは太極拳を披露するなど挑戦の場を広げる次世代注目女優です!『お義父さんと呼ばせて』では渡部篤郎演じる上司に憧れるOL役としても出演中の中村ゆりかの、プロフィールや過去の出演作での活躍に迫ります!

中村ゆりかのプロフィール

b3381bcd-1b1c-470c-8c95-b96104526260db1a6ft01e12fe4

出典: lineq.jp

中村ゆりかは神奈川県出身の1997年3月4日生まれ。スターダストプロモーションに所属しています。

日本人の父親と、台湾人の母親を持つハーフとして生まれ、中学1年の時に渋谷でスカウトされて芸能界入りを果たしたそうです。

2010年のビデオドラマ『ほんとうにあった怖い話』の17話「おまじない」での主演が一番最初の活動で、その後『幽かな彼女』『地獄先生ぬ〜べ〜』など人気ドラマへの出演を重ねていきます。

特技はフィギュアスケートに中国語。透明感のある美しさとエキゾチックな雰囲気を併せ持つ若手注目女優です!

NHK朝ドラ『まれ』の池畑美南役で注目を浴びる!

中村ゆりか

『まれ』は2015年上半期のNHK連続テレビ小説で、能登半島などを舞台に一度は夢を見ることを諦めた少女がパティシエを目指して成長していく物語。

ヒロイン津村希を演じた土屋太鳳をはじめ、清水富美加、柊子など新鋭女優の活躍でも話題となったこのドラマで、中村ゆりかも世間の注目を浴びることとなります!

中村の演じた池畑美南は、フランス菓子店のオーナーパティシエ・池畑大悟(小日向文世)と、中華料理店のオーナーで占い師の池畑輪子(りょう)夫妻の娘という設定。柳楽優弥が演じる血の繋がらない兄・池畑大輔に憧れ、ヒロイン希と大輔を取り合うという展開があったり、怒ると太極拳の技を繰り出したり…という活発なキャラクターでした。

豪華キャストに囲まれながらも、埋もれずに存在感をアピールした中村ゆりか。

この役柄について

私はこれまでお芝居してきて、どちらかというと暗い役が多かったけど、美南ちゃんはすごく活発で元気。演じながら気を付けているのは、都会の子ならではのキャピキャピ感です。横浜の登場人物の中では一番元気でいたほうがいいかなと思っています。 私自身も性格は暗くないと思いますが、何か月も美南ちゃんを演じていると、「あれ、私の性格ってどっちだったっけ」と分からなくなってきました(笑)
引用:www.nhk.or.jp

と語っています。

『家族狩り』でのインパクトのあるキャラクター

中村ゆりか

『まれ』以前に中村ゆりかが出演し、話題になった作品が2014年のTBS系ドラマ『家族狩り』です!

とある一家心中事件を関わる人々の葛藤などを通じて「家族とは何か」を問いかける、松雪泰子主演のサスペンスドラマ。

中村ゆりかが演じた芳沢亜衣は、エリートビジネスマンである父に認めてもらえずリストカットや援助交際を繰り返すという心に闇を抱えた女子高生という役柄でした。

第四話のラストでは、発狂して部屋に絵の具をぶちまけ顔にペイントを施し、家庭内暴力に走るという驚愕の展開!

狂気の美少女を演じた中村ゆりかの名前は一気に広まることにになりました!

『まれ』スピンオフドラマではメインで活躍

中村ゆりか 渡辺大和

ヒットを記録した朝ドラ『まれ』はその後、本編最終話以降の物語を描いた前編『僕と彼女のサマータイムブルース』と後編『一子の恋 洋一郎25年目の決断』というスピンオフドラマが放送されました。

ヒロイン希の友人たちのその後にスポットが当てられるこのスピンオフドラマの前編では、中村ゆりか演じる池畑美南と横浜編で活躍した二木高志(渡辺大知)を中心にストーリーが展開。

目指していた司法書士試験に落ち、憧れていた義理の兄・大輔の結婚が決まったことで落ち込んでいた美南と、スランプに陥った高志の2人の姿を描く物語です。

本編での美南の「すごいね。最っ低!」というお馴染みのセリフや、太極拳のシーンも再登場し、中村ゆりかが大活躍を果たしたスピンオフドラマとなりました。

注目の新人女優・中村ゆりか

中村ゆりか

中村ゆりかの所属するスターダストプロモーションは竹内結子、柴咲コウ、北川景子、沢尻エリカなど主役級女優を数多く抱え、「原石」を見つけ出す力は業界でトップクラスと言われる芸能事務所。

目鼻立ちがはっきりとしていて色白で透明感のある女優を指して、「スタダ顔」という言葉もあるほど、美人の象徴的なイメージがあるのです。

その特徴がそのままあてはまるような中村ゆりかが、今後次世代を担う人気女優になっていくのはもはや必然なのではないでしょうか!?