蒼井優出演のおすすめ映画20選

2017年7月6日更新

ナチュラルな雰囲気と透明感で視聴者に愛されてきた女優・蒼井優。2001年の映画デビュー以降、今井俊二監督作品を始め、若者たちのリアルな姿と繊細な心情を描いた作品に数多く出演しています。今回は、その中から厳選したおすすめ映画20選をご紹介します。

12:戦犯裁判の被告となった日本軍中将の法廷での戦いを描いた実録ドラマ【2008年】

『明日への遺言』

Tanaka_Hirofumi 敗軍の将として責任を引き受けるというのは生半可ではないこと

徹頭徹尾自分の責任を引き受ける覚悟があったからこそ筋を通すことができた

しかしドクターフェザーストーンかっこよすぎる

こういう人の存在がアメリカの強さなんだよなあ

第二次世界大戦中、名古屋の市街地爆撃を行ったB29の搭乗員を略式裁判で処刑し、戦後その罪に問われた東海軍司令官・岡田資中将。自らの誇りをかけて挑んだ裁判と、それを見守る家族との絆の物語です。

13:ある日本人青年が忘れられた村・ホノアカでの滞在を綴った紀行エッセイ【2009年】

wnmmds ホノカア島のゆったりとした時間を感じられる映画。夕暮れ、海の映像が綺麗だった。ビーさんの作るロールキャベツが本当においしそう!!「歳をとったからって遅いことなんてないんだぜ」というセリフが印象的でした。
Izumi_Miku こういう映画 好きです。 CMで一瞬観た時からずっと(観たい)と思ってた映画。

 食パンかなんかのCMだった気がする。 映ったお部屋がなんともかわいくて。

まさか こんなに泣かされる映画だとは思わなかったなぁ。  でも期待通り ゆるくて、ほんわかしてて、あったかい映画でした。

 ビーの部屋もビー自身も可愛くて可愛くて。

永遠の少女ってこういう人なんだろなぁ。って想った。 あたしもこんなおばあちゃんになりたいなぁ。

 人間はみんなひとり。 だけど繋がりがある。

 あたしも天国に行っても風のようにみんなの周りを悪戯に吹き続けていたいなぁ。

写真家・ライターとして活躍する吉田玲雄の同名エッセイを映画化。ハワイ島にある村・ホノアカに映写技師見習いとやってきた青年が、人々との交流を通して心の傷を癒していくセンチメンタルな物語です。

14:切っても切れない家族の絆を描いた感動ドラマ【2010年】

Mako_Adaniya 何があっても、おとうとは弟。 迷惑かけられても、恥をかかされても見捨てないお姉さんの愛が溢れる作品でした。

おばあちゃんの意見もよく分かる。 のけ者にされてしまってるおばあちゃんも家族あるあるだと思う。

近所の人たちの雰囲気も素敵だし、吉永小百合さんの話し方は品があって美しい! 鶴瓶さんも蒼井優さんも良かった! #ネタバレ

31chan_t 鶴瓶さんの演技が凄い 他の役者さんたちも魅力ある人ばっかりで

そんな人たちがひとつの家族の物語を作ったら そりゃ良い作品になるわ! 泣けて笑えて、最後はほっこりした

蒼井優 いいなって思った映画

吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じ、話題になった作品。蒼井優演じる高野吟子の娘・高野小春の視点から、しっかり者の姉と問題ばかり起こす弟の再会と別れを切なくも温かく描きます。

15:日常にある「たまたま」をファンタジーチックに映し出す【2011年】

Mikoto_Yoshida

ほっこりする映画。ワンシーン全てがアートで見ていて刺激になる映画。蒼井優ちゃんの魅力が引き立つ映画。

とても好きな映画。

蒼井優と公私にわたって親交のある小松真弓監督作品。日常に散らばる「たまたまの出会い」から生まれた希望を、アイルランドの美しい風景をバックに描くハートフル・ストーリーです。

16:不殺の誓いを立てた伝説の剣客が思わぬ陰謀に巻き込まれていく【2012年】

taichimachima マンガを実写化した映画の中ではかなりおもしろかったです。明治が舞台の剣客浪漫譚ですので、ドラゴンボールなんかに比べると超常現象チックな描写をそこまで必要としなかったのもよかったですね。御庭番集好きの自分としては腑に落ちない部分もありましたが、佐藤健演じる剣心の普段とキレてるときの演技のギャップは素晴らしかったです。
julie_azure 2012年 劇場で 原作ファンだったからあまり期待してなかったけど、アクションが迫力あってよかった! 香川照之さんの下衆っぷりが素晴らしい!笑 佐藤健もちゃんと剣心だった(*´∇`*) 原作とは話が全然違うので、別物として楽しく見れました☆

エンドクレジットのワンオクがかっこよすぎて映画終わった後も興奮しっぱなしでしたw

「週刊少年ジャンプ」に連載された和月伸宏の同名コミックを、佐藤健主演で実写映画化。幕末の動乱期に”人斬り抜刀斎”と恐れられた剣客・緋村剣心が、明治の世で大切な人を守るため、新たな戦いに身を投じていく様子を大迫力アクションで描きます。

17:気弱なヴァンパイアの青年と自殺サイトに集う少女たちの異色ラブストーリー【2012年】

EllyMimy 待ってました。 岩井俊二監督の久々の作品。

ある高校教師がネットで見つけた 自殺志願者を殺し、 その血を飲むというとんでもなくダークな話ですが、 相変わらずの岩井俊二ワールドを堪能させていただきました。 若干グロテスクな場面もあるので、 それ系が苦手な方はご注意を。

thee_greco 怪奇的な吸血鬼ホラーではなく、自殺志願の女の子を地を抜くという形で幇助していく殺人鬼の話。淡々と静かに蒼白く進む中でのクライマックスへの繋ぎは秀逸だと思いました。美しく悲しい、でも見たあとは不思議と心がすっとする映画です。

岩井俊二監督が、プロデュース・脚本・撮影・編集・音楽をすべて担当した作品。ロケはカナダで行われ、主演のアデレイド・クレメンスほか、蒼井優以外の主要キャストは全て外国人がキャスティングされました。

蒼井は、自殺願望のある留学生・ミナ役で出演。ヴァンパイアの高校教師と、孤独な少女たちの魂の触れ合いを繊細に綴っています。

18:現代の家族の在り方を問いかける感動ドラマ【2013年】

Naura_Tanaka お父さんの「それか」が心地よく 優しい映画でした。

26歳っていう今の歳で 産まれる幸せも 亡くなる悲しみも 感じるようになってきて そんな今だからじんときました。

きっと観る歳によって 感じ方が違うのだろうと思います。 また何度も時を変えて 観たい映画です。

yuuma こういう映画が観たい気分だった。なんとここでも蒼井優が古き良き時代の出来る女性でした。

小津安二郎監督の不朽の名作『東京家族』をもとに、巨匠・山田洋次監督が制作。瀬戸内海の小島から出てきた老夫婦と大都会東京に住む子供たちを通して、家族の絆やその在り方を見つめ直すきっかけとなる作品です。

蒼井優は、老夫婦の次男の恋人・間宮紀子役で出演しています。

19:標高3000メートル級の立山連峰を舞台に描かれるヒューマンドラマ【2014年】

wakamewatts 長嶺亨は都内の超高層ビルにある外資系トレーダー会社に勤めていた。実家は立山連峰の麓の民宿と立山連邦の山小屋・薫小屋を経営していた。亨は毎日大金を動かし、中堅社員として会社から期待されている存在だった。ある日突然、亨に父が死んだと連絡が入る。仕事を片付けて急いで実家に戻る。父は、山小屋で遭難者を助けようと犠牲になって命を落としたという。亨は、久々に立山に登り山小屋に行く。自然とともに命をかけた毎日の暮らしと、都会の雑踏で他人の大金を動かす仕事と天秤にかけ、ついには 山小屋経営を選んでしまう。そんな亨の奮闘記なのだ。大自然を背景にした映像の綺麗な映画だった。 (#14-077) 
qurulin1209 よかったー 山登りたくなる ラストのシーンニヤニヤが止まらなかった 蒼井優ってこんなにかわいいんだな 知らなかった

父の急逝をきっかけに、山小屋経営を継ぐことになった元金融マンの青年・長嶺亨(松山ケンイチ)。慣れない山での生活に奮闘する中で出会う人々との交流、父や家族との関係をもう一度見つめ直していく姿が描かれます。

20:映画『花とアリス』の前日談となる劇場アニメ【2015年】

chiho アニメになっても、10年経っても、花とアリスだった。 花とアリスの世界観のまま、懐かしくて心地良くて嬉しかった。 続けて2回みちゃった。 大好き。
EllyMimy 岩井俊二監督作『花とアリス』の前日譚をアニメ化した映画です。 花とアリスが大好きだったので、すごく観たかった作品。 あの世代特有の、なんとも言えない甘酸っぱさや、トキメキを再び感じる事が出来ました。 アニメなので前作とは雰囲気は少し違うけど、世界観はやはり花とアリスだなぁ、と感じました。

2004年に公開された映画『花とアリス』に登場する荒井花と有栖川徹子。今作では、2人の少女が出会った中学生時代が明らかになります。鈴木杏と蒼井優は、そのままのキャストで声優を務めました。