2017年7月6日更新

アニメ『アクセル・ワールド』メインキャラクター、声優キャスト一覧

2012年に放送され話題となったアニメ『アクセル・ワールド』。2016年7月より劇場版アニメの公開も予定されています。この記事では本作に登場する主要キャラクターとキャストの情報をまとめています、是非ごらんください!

映画化も決定したアニメ『アクセル・ワールド』

  『アクセル・ワールド』は2012年4月より放送が開始されました。原作は『ソードアート・オンライン』などで知られる川原礫によるライトノベルです。アニメ化の他にもゲーム化、ドラマCD化などもされており、2016年7月には劇場版アニメの公開も予定されています。

物語は2046年、ニューロリンカーという携帯端末によって生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった世界が舞台です。

有田春雪/梶裕貴

 

有田春雪は本作の主人公、私立梅郷中学校に通う中学生です。両親が離婚し母子家庭となっていますが、母親が仕事人間なためほとんど独りで生活をしています。

小学生の時点で既に体重が60キロを越え、身長も平均を下回るというルックス。それに加えて勉強、運動も苦手という事もあって典型的ないじめられっ子として扱われていました。

しかし、FPSゲームでは凄腕と言えるほどの実力を有しており、ヒロインの黒雪姫にその資質を見込まれたことから人生が変わっていきます。  

主人公・有田春雪を演じた梶裕貴は、東京都出身、1985年9月3日生まれ、ヴィムス所属の声優・歌手です。

2006年に『ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!』でデビューし、2007年には『Over Drive』で篠崎ミコト役を担当し初主演となりました。デビュー後も順調にキャリアを重ね、『進撃の巨人』の主人公、エレン・イェーガー役、『信長協奏曲』では明智光秀を役を担当するなど話題作でメインキャラを演じています。

声優アワードでは2009年に新人男優賞、2013、2014年には2年連続で主演男優賞を受賞、2012年にはsense of wonderで歌手デビューもしています。

黒雪姫/三澤紗千香

  本作のヒロインで梅郷中学校の生徒会副会長。黒雪姫(スノー・ブラック)の二つ名で呼ばれるほど、生徒たちの憧れの的となっています。

冷静沈着ではっきりとした性格を持ち合わせる反面、”隠れドジっ子”と称されるようなどこか抜けている面も垣間見えます。

 

ヒロインの黒雪姫を演じた三澤紗千香は、山梨県出身、1993年1月13日生まれ、スペースクラフト・エンタテインメント所属の声優・歌手です。

2009年2月に「KADOKAWA×UP-FRONT STYLE アイドル☆声優オーディション 2008」のグランプリを受賞し、アニメ『シャングリ・ラ』の蒲郡由里役でデビューしました。

2012年に『アクセル・ワールド』で黒雪姫役で初ヒロインを獲得すると同時に、同作品のエンディングテーマ「ユナイト」で歌手デビューも果たしました。2016年、第10回声優アワードで主演男優賞を受賞しています。

『悪魔のリドル』の生田目千足役や、『アルドノア・ゼロ』のライエ・アリアーシュ役など、メインキャラでの出演も増え、今後の活躍が期待される若手女性声優です。

倉嶋千百合/豊崎愛生

 

主人公ハルユキの幼なじみで、左頭部につけている猫の顔のヘアピンがトレードマークです。

優しい性格の持ち主で、いじめにあっているハルユキを心配しあれこれと世話を焼きます。

当初、ハルユキと黒雪姫が親しくするのを好ましく思っていなかった様子も伺えます。

 

倉嶋千百合を演じた豊崎愛生は、徳島県出身、1986年10月28日生まれ、ミュージックレイン所属の声優・歌手です。

2006年にアニメ『RED GARDEN』の女子生徒役でデビューし、2007年には『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』で主役の蜷川あむろ役を担当しました。

2009年からはソロ、声優ユニット”スフィア”としても音楽活動を開始しています。

2010年、声優アワードでは新人女優賞、歌唱賞をそれぞれ受賞。主人公の平沢唯を演じた『けいおん!』は大ヒットし社会現象にもなりました。

朝の情報番組でお天気キャスターをされるなど多方面での活躍も目立っています。

黛拓武/浅沼晋太郎

 

主人公ハルユキの幼なじみ。小中高一貫の名門校で学年1位を取るほどの秀才で、所属している剣道部では都大会で優勝するなど、少しハルユキとは対照的です。

幼なじみであるチユリと交際していますが、ハルユキとの関係などで悩み、自身に負い目を感じるようになってしまいます。

 

黛拓武を演じた浅沼晋太郎は、岩手県出身、1976年1月5日生まれ、ダンデライオン所属の声優です。

2006年に放送されたアニメ『ZEGAPAIN -ゼーガペイン-』の十凍京 / ソゴル・キョウ役でデビューし、『四畳半神話大系』では主人公、私役、『ダイヤのA』では倉持洋一役を担当するなど多数のメインキャラを演じています。

声優としてだけではなく脚本家、演出家、俳優、 ナレーター、コピーライター、デザイナーなど多岐に渡って活躍しています。

上月由仁子/日高里菜

 

小学五年生の孤児。名前で呼ばれるのを嫌い、自らを「ニコ」と呼ばれる事を好みます。

親戚を装ってハルユキの家に入り込み籠絡しようと試みるなど、強気な性格も覗かせます。

気性が激しく、口調も汚いですが、タクムに訓練をするなど面倒見の良い一面も持ち合わせています。

 

上月由仁子を演じた日高里菜は、千葉県出身、1994年6月15日生まれ、大沢事務所所属の声優です。

2008年にwebアニメ『ペンギン娘♥はぁと』の南極かえで役でデビューし、2009年には『こんにちは アン 〜Before Green Gables』のアン・シャーリー役で初主演を果たしました。

主演作獲得以降は、『とある魔術の禁書目録』の打ち止め〈ラストオーダー〉役や、『ロウきゅーぶ!』の香椎愛莉役を演じるなど、一気に知名度が増していきました。

2015年4月からは2時間の生放送ラジオ「A&G TRIBAL RADIO エジソン」のパーソナリティにも起用され、今後の活躍が益々期待されます。