2020年10月2日更新

『アンパンマン』ドキンちゃんの魅力を徹底解説!プロフィールやモデルを紹介

ドキンちゃん

いつもばいきんまんと行動を共にしているドキンちゃん。食べ物に目がなく子供っぽいところがありながら、小悪魔な魅力も持つドキンちゃんについて、紹介します。片思いの相手・しょくぱんまんとの気になる関係まで考察しました!

目次

ドキンちゃんのプロフィール

ドキンちゃんは『アンパンマン』に登場する人気キャラクターで、ばいきんまんの住むバイキン城に居候しています。 オレンジ色の身体で緑色の目、ばいきんまんと同じく矢印のようなしっぽの持ち主。このしっぽは相手をドキドキさせたり高熱を出させる力を持っていて、「胸がドキドキする」という名前の由来になっています。 相手のものをすぐに欲しがるわがままな性格で、普段はばいきんまんを尻に敷いて指図するドキンちゃん。しかしバレンタインデーにばいきんまんにチョコレートをあげるなど、慰めてあげる優しさも少なからずあるようです。 花や宝石などのきれいなものを好み、自身もきれい好きで部屋の掃除をしている様子がしばしば見られます。自分が世界で1番かわいいと思っているナルシストな性格です。

ドキンちゃんの声優を務めるのは鶴ひろみ

誰もが一度は聞いたことのあるドキンちゃんの声は、声優の鶴ひろみが務めていました。 1960年生まれの神奈川県出身で、『ドラゴンボール』のブルマや『きまぐれオレンジロード』の鮎川まどかなどのキャラクターを担当していて、気の強い女性の役を演じることが多かったようです。洋画『赤毛のアン』シリーズでアンの声を演じているのも鶴ひろみ。 本人自身もストレートな性格なようで、ドキンちゃんと通じるところがありそう。鶴ひろみと何度も共演ている声優の古谷徹は、彼女のことを「茶目っ気のある性格」と評しています。 なお、鶴ひろみは2017年に他界しています。

現在ドキンちゃんを演じる声優は冨永みーな

ドキンちゃんの初代声優・鶴ひろみが亡きあと、同役を継いだのはロールパンナ役も務める冨永みーなです。ドキンちゃんを引き継ぐにあたり、彼女はロールパンナ以外の持ち役をすべて他の声優に引き継ぎました。 子役やタレントとして活動した時期もありましたが、近年はナレーションを中心に活動。『開運!なんでも鑑定団』や『いきなり!黄金伝説』といった番組を担当しています。 アニメでは『るろうに剣心』の明神弥彦役など少年や少女役を多く演じてきました。『サザエさん』の3代目磯野カツオ役としても有名です。

カレーパンマンとの関係は?

原作となる絵本には、ドキンちゃんはしょくぱんまんに片思いをしていることで有名。また、カレーパンマンには両思いであるシュークリーム姫がいるという描写があります。しかし2012年の年末に、ドキンちゃんとカレーパンマンが結婚するという情報が流れ、ファンの間に衝撃が走りました。 2013年1月の特番では2人がいかにして結ばれたかのエピソードが放送され、同じ年の8月には子供が生まれるとのこと。ノーマークだった2人が電撃結婚するという噂に驚きの声が上がりました。 しかし、この情報は全くの嘘。虚構新聞というネット上の架空の新聞社が出したネタだということが後ほど判明しました。ドキンちゃんの片思いはこれからも続きそうです。

しょくぱんまんとは結ばれない!?

ドキンちゃんといえば、「しょくぱんまん様」に長年片思いをしている恋する乙女です。告白する勇気がないどころか、近づくのも簡単にはできないようで、彼の前に現れる際は変装をしていることも。そんな健気なドキンちゃんの恋を応援している視聴者も多いでしょう。 しかし、作者やなせたかしや公式見解によると、しょくぱんまんとドキンちゃんの恋が成就することはないとのこと。その理由は、「しょせんはパンと菌類」だから。たしかにドキンちゃんもかわいい見た目をしていますが、出身はバイキン星。ばいきんまんほど菌らしい描写はありませんが、菌なのです。 叶わない恋でも、恋する気持ちが止められないのはどの世界も同じなのでしょう。

ドキンちゃんの初期の姿が今と全然違う!

アニメ内でも時代とともに少しずつ絵柄の変化が見られますが、ドキンちゃんの絵本初登場となった『アンパンマンとりんごちゃん』では、容姿がいまとは異なっています。 同作に登場するドキンちゃんはチャームポイントのまつげもなく、ばいきんまん同様の大きな鼻がついているのです。 また、すでに絶版となっている『アンパンマンとドキン』という絵本では、ドキンちゃんは八頭身に。魔女を思わせるすこし大人な顔つきに、アンパンマンワールドでは珍しいスラリと長い手足で、尻尾もなくなっています。 この作品では「ドキン」と呼び捨てにされており、容赦なく槍でバタコさんたちを刺す描写も。ドキンちゃんのイメージとは大きく異なる姿となっています。

ばいきんまんをこき使う!悪女なドキンちゃん

ばいきんまんの元に転がり込んで居候をしているドキンちゃんですが、いまでは彼女がばいきんまんを尻に敷いています。彼女のわがままが発端となり、ばいきんまんが悪事を働くことも少なくありません。 彼女の女王様気質は、彼女に一目惚れしているホラーマンに対しても発揮されています。彼を鬱陶しがりながらも、ちゃっかりと家事は彼に押し付け、うまくあごで使っているのです。 これだけだと鞭ばかり見えますが、ドキンちゃんはバレンタインデーのお菓子をあげるなど飴を与えることも忘れません。身近な人をうまく手玉に取る様子は、とても小悪魔的です。

ドキンちゃんの変装レパートリー

ばいきんまんと同じく変装をするのが得意で、ぐるぐるメガネをよくかけて変装しています。2人で一緒に変装し、ほかのキャラクターたちをだますことが多いようです。またドキンちゃんは食べ物に目がないため、食べ物をもらうために変装している姿がよく見られます。

ドキ子

ドキ子は最も変装する頻度が高いキャラクターです。ばいきんまんが変装しているバイ吉やバイ太郎とコンビで変装することが多く、片思いをしているしょくぱんまんにプレゼントを渡すときにもこの変装をしています。

おくら子ちゃん

おくらちゃんの妹と嘘をついて登場したキャラクターで、目尻の泣きぼくろがハートマークになっています。変装したドキンちゃんはかつぶしまんに蕎麦を作らせました。

ニセバタコさん

バタコさんになりきっているドキンちゃんの姿がかわいいと評判の変装。ばいきんまんもジャムおじさんに扮して、一緒に食べ物を狙うエピソードがあります。 他にもうどんくんのうどんを食べる為に変装したうどん姫や、しょくぱんまんに接近するために変装したニセサラダ姫など、レパートリーはなんと数十種類も。次はどんな姿を見せてくれるのか楽しみですね!

コキンちゃんとは姉妹?

コキンちゃんはドキンちゃんとよく似た見た目のキャラクターで、青色の身体をしています。 わがままな性格は似ていますが、食べ物の為に人を困らせたりしないのでアンパンマンや町の住人とは仲が良い人物です。うそ泣きが得意で、コキンちゃんの涙にかかると涙がとまらなくなるという能力を持っています。 実際は「妹分」ということで2人は本当の姉妹という訳ではなく、親分と家来のような関係性であるようです。しかしコキンちゃんはドキンちゃんのことをお姉ちゃんと呼ぶので、仲が良いのかもしれません。 しょくぱんまんを取り合ったりするシーンもよくあります。コキンちゃんだけしょくぱんまんのことを、ちゃっかり呼び捨てで呼んでいるのが面白いですね。

ドキンちゃんの歌がかわいい

『私はドキンちゃん』と『ドキン・ドキン・ドキンちゃん』のテーマ曲ががかわいいとネットで話題をよんでいます。 かわいらしさと小悪魔な大人っぽさがぎゅっと詰まった曲。意外にも歌詞が好評のようで、ストレートに女の子の気持ちを表しているところが好きだというファンの声も多くあります。

ドキンちゃんのモデルはスカーレット・オハラ

スカーレット・オハラ
出典 : amzn.to

ヴィヴィアン・リーが演じる『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラが、ドキンちゃんのキャラクターを形づくるモデルとなりました。 マーガレット・ミッチェル原作の小説が元となったこの映画は、南北戦争という風が吹いて白人の貴族文化社会が終わりを告げるという時代背景をテーマにした作品です。主人公のスカーレット・オハラはアイルランド系の父とアメリカ南部のフランス系名家の母を持っていて、時代の波に揉まれつつも前を向いて生きる様が描かれています。 スカーレット・オハラの気の強い性格は、ドキンちゃんにしっかりと受け継がれているようです。

ドキンちゃんはキュートでわがままな女王様!可愛い悪役をみてみよう

丸くてオレンジの可愛いフォルムと、キュートな声で今なお人気が高いドキンちゃん。誰もが一度はドキンちゃんのグッズを手にしたことがあるのではないでしょうか? 今回はそんな可愛い悪役、ドキンちゃんについて紹介しました。是非この機会にもう一度『それいけ!アンパンマン』をみてみてはいかがでしょう?