2020年3月16日更新

『銀魂』近藤勲は本当はかっこいい!?真選組のゴリラ局長を解説

銀魂 近藤勲 サムネイル

ストーカー・ゴリラ・下ネタなどのいじられ要素が満載で、残念すぎる言動が目立つ真選組局長・近藤勲。しかし、隊士の信頼を一身に集めるその人柄は本物。さらば真選組篇では、本当にかっこいい一面を見せた偉大な局長についてご紹介します。

目次

『銀魂』近藤勲(こんどういさお)は信頼される真選組の局長!【ネタバレ注意】

曲者揃いな隊士たちの信頼を一身に集める真選組局長・近藤勲(こんどういさお)。沖田総悟からは、「人のいいところを見つけるのは得意だが、悪いところを見ようとしない」と言われるほどのお人好しです。自分を殺害しようとしたかつての仲間でさえも、「友」と呼び命がけで助けようとする慈悲深さを持っています。 一方で、仲間が道を踏み外そうな時は、殴ってでも厳しく諭す“漢”らしい一面も。 局長として剣の実力も兼ね備えており、相手の刀だけでなく鎧さえ切り裂くほどのパワーです。夜兎族の神楽とも対等に渡り合える持久力、走力を披露したこともありました。 かつては剣術道城の跡取りで、居場所を失っていた土方十四郎らを門下生として迎え入れていました。廃刀令で剣を奪われ、道場を失っても決して仲間を見捨てなかった近藤。真選組の結成以降、その人柄で隊士たちをまとめあげ、現在まで引っ張ってきた偉大な人物です。 ※本記事では『銀魂』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

ゴリラすぎて最早ゴリラ

身長180cmを超える長身と、顔がむさ苦しいためなのか、万事屋メンバーやお妙からは「ゴリラ」呼ばわりされています。最初こそ否定していましたが、本人も自覚はあったらしく、ゴリラを自称してネタにすることも増えていきました。 作中では、ゴリラに似た天人・猩猩族(しょうじょうぞく)の姫とお見合いさせられ、結婚寸前までいったことも。銀さんや桂が野良猫の呪いで猫になった時は、1人だけ野ゴリラにされてしまっていました。

ムラムラがいきすぎて悪ガキに!?幼少期は不良だったゴリラ

近藤は幼少期、「猿に育てられた」とウワサされるほどの悪ガキでした。盗みを繰り返していると村の人たちにウワサされていましたが、その実態は「世の中すべてにムラムラして、特に大根にはすごくムラムラして、全部引っこ抜いていただけ」というだけ……。 そんな中、近藤が通っていた寺子屋の先生だけは、彼に優しく接してくれていたのです。しかしある時悪党がその寺子屋をやっていた神社の土地を奪いにきて、先生はケガを負い土地の権利書も奪われてしまいます。 近藤は慕っていた先生にヒドイことをした奴らのことが許せず、悪党のアジトに奇襲をかけたのです!その時近藤は権利書を奪い返したが、仇討ちで猿神神社は燃やされてしまいます。 ケガが治った近藤は先生から「もう寺子屋にくるな」と言われ、それ以降先生と会うことはありませんでした。しかし先生の真意は、神社に燃やされたことを知って近藤が後悔しないように図らっていたのです。

勘違いが加速してストーカーに “愛の狩人”を自称するお妙さんの悩みの種

近藤とお妙の出会いは、彼女が働くスナック「すまいる」でした。「ケツ毛ボーボーだしモテるわけない」と嘆く近藤をお妙は営業トークで慰めいたのですが、その時に発言した「ケツ毛ごと愛します」という言葉で彼は一方的に運命を感じてしまいました。 その後、近藤は恋愛に対する持論を展開し、お妙の家だけでなく彼女が行く先々で結婚を迫り続けます。そして挙句の果てに、近藤の記憶は「ケツ毛ごと愛してくれた」に改ざんされ、それを聞いたお妙は「いや、言ってねェし!」とツッコんでいました。フラれた後も悪質なストーキングを繰り返しており、その度に実力行使で撃退されています。 しかし、近藤はあくまで“愛の狩人”を自称するつもりの様子。断じてストーカーではないと言い、「強いていうなら追跡者(ハンター)です。愛の」と語っていました。 ところが物語後半では、近藤が見回りに行った夏祭りにいたお妙とゴキブリのお面をかぶったまま一緒に迷子になった神楽を探すと行う名目でデートをする流れに! しかしデートの途中で銀時に会い、近藤はそれでもお妙にいいところを見せようと「1回6000円」の射的や「1回10万円」の型抜きにに挑戦し痛い目に遭わされてしまいます。なぜならすべてはもう近藤がお妙に近づかないように、銀時たちがグルになって仕組んだことだったのです。

コメディ回の近藤勲は大抵半裸か全裸!作中屈指の下ネタキャラ

下ネタが多い『銀魂』の中でも、服を着ていないシーンが特に多いのが近藤です。全裸で体中にハチミツを塗りまくり、お尻にネギを刺され、全裸バイクにされるなど。真選組は登場回数が多いため、断トツの下ネタキャラとして扱われています。 人気投票回では、失態を犯したキャラが次々と順位を下げる中、パンツ一丁になったにも関わらず順位が変動していません。しかも、「なぜなら視聴者が(裸を)見飽きているから」と自分で言ってしまう始末。下ネタキャラを自覚し、作中でのポジションを冷静に受け止めていました。 アニメ『銀魂’』の最終話「ごめんなさい」では、今まで以上に全てをさらけ出して謝罪する羽目になりました。一糸纏わぬ姿になり、大事な部分にはモザイクがかけられた状態。ドSコンビの命令で、次々と痴態を晒しながら謝罪を繰り返しています。

性転換後の姿が意外と美女と!?それでも中身はいつもの近藤……。

性転換編(原作では男女逆転編)にて、意外にも元のゴリラ要素がなりを潜め、巨乳の金髪美女になった近藤。柔らかで華やかな雰囲気になり、お妙からは「宝塚美人」と称されました。 その美女ぶりは、トイレに戸惑う銀子(銀さん)に声をかけた際、元は男と知りつつも銀さんが興奮してしまうほど。ですが、トイレは建物の外でしたと平然と言ったうえ、こんな姿になってもケツ毛はボーボーと暴露します。容姿が変わっても、内に潜む近藤勲の存在は隠しきれなかったようでした。

さらば真選組篇で近藤勲は死亡する!?漢気を見せつけた名エピソード

将軍・徳川茂茂の殺害を防げなかった真選組は、新体制の幕府によって解体。責を問われた近藤、警察庁長官・松平片栗虎(まつだいらかたくりこ)は斬首を命じられてしまいます。本編の中では近藤の首と思わせるようなシーンも登場し、ファンの間では死亡したのか!?と話題になりました。 でしたが、実はそうなることを予期していた近藤は、隊士全員を国葬の警護に就かせ、銀さんを通して反乱しないよう諭します。運命を受け入れ投獄されますが、桂の機転や状況が変わったことで脱出を決意。奈落の襲撃に苦戦しつつも、見廻り組局長・佐々木異三郎の協力を得て、無事に真選組隊士と合流することができました。 その後、桂の提言で江戸を去ることになった真選組。さらには、敵方でありながら救ってくれた近藤の恩に報いるため、多くの元見廻り組隊士らが同行しました。近藤勲が、いかにかっこいい漢であるかを描く名エピソードです!

佐々木異三郎の策に乗っかり、顔に大きな傷を負う

真選組が解体された後、警察庁を率いることになった佐々木。真選組隊士、桂ら攘夷党の反乱を収集するため、見廻り組を率いて近藤が投獄されている黒縄島へとやって来ます。 しかし、佐々木の本当の目的に気付いた奈落が襲撃。その攻撃から助けた近藤は、佐々木が隠しきれてない本心、自身が命がけで守ろうとしているものを伝えます。その真っ直ぐな瞳に、佐々木は自分がかつてなり損ねた本当の侍を見ました。 奈落に包囲される2人でしたが、佐々木は自ら殺した体を装って近藤を庇い、単身で奈落と戦います。近藤は佐々木の策にのる形で太刀を受け、顔から胸にかけて重傷を負うことに。顔の傷は全てが終結した後も残っており、1人権力に抗い国を憂い続けた男の想いを、近藤が受け取った証と言えるのかもしれません。

ボケてばっかりでも、本当はアツくて良い局長!近藤勲の名言を紹介

「俺は一度としてお前達を家来だと思ったことはねェ。士道の名の下、俺達ゃ五分の同志だ。」

部下であっても、足りない部分を補ってくれる者は“先生”と呼んで敬う近藤。 真選組局長を名乗っていますが、隊士達に我が物顔で命令したり、決して偉ぶることはありません。役職に関係なく、共に士道を行く平等な仲間であるという近藤の想いが示された名言です。

「目の前で命狙われている奴がいたら、いい奴だろーが悪い奴だろーが手ェ差し伸べる。それが人間のあるべき姿ってもんだよ。」

宇宙海賊・春雨と繋がりを持ち、攘夷志士に襲撃される恐れがある幕府高官を護衛する真選組。 真っ黒な人物を守ることに不満を言う沖田に対して、危機に瀕していたら誰であっても救うべきだと断言します。お人好しと呼ばれる近藤の人柄が、よく現れている名言ですね。

「大将の冠は自分の上にあるんじゃねェ、皆の理想の上にあるもんだ。」

さらば真選組編で、仲間が命がけで救出に来たにも関わらず、1人で逃げずに敵方の見廻り組の負傷者すら抱えていました。「思いを無駄にするのか。」と剣を突きつける佐々木に対し、隊士たちが理想とする“局長・近藤勲”を守るためだと答えます。 近藤曰く、今ここで佐々木に斬られても死ぬし、皆を見捨てて逃げても死ぬのだそう。局長になったから局長なのではなく、隊士たちの想いを裏切らないから、近藤は局長と呼ばれているのでしょう。

アニメ版『銀魂』で近藤勲を演じる声優は千葉進歩(ちばすすむ)

そんな真選組局長・近藤勲を演じるのは声優の千葉進歩(ちばすすむ)。代表作は『ヒカルの碁』の藤原佐為役や『ヴァンパイア騎士』の一条拓麻役などがあり、主役から脇役まで幅広く活躍しています。 ちなみに性転換後の声は声優でありグラビアアイドルなどもこなしている、たかはし智秋が勤めています。

実写映画版『銀魂』で近藤勲を演じるのは中村勘九郎

実写映画版『銀魂』で近藤勲を演じるのはなんと、歌舞伎役者の中村勘九郎です。近年では『清須会議』の織田信忠、『真田十勇士』では猿飛佐助を演じるなど真面目な役柄のイメージがありますが、本作ではギャグ要素が強いキャラを演じるとのことで、ファンの期待も高まります。 なおキャスティングは主人公・坂田銀時を演じる小栗旬による推薦により決定したそう。