2017年7月6日更新

濱田岳出演おすすめドラマ10選

濱田岳

9歳で子役としてデビューし、早くから活躍を続けてきた俳優・濱田岳。近年ではauのCM『三太郎シリーズ』で演じた“金ちゃん”こと金太郎役が大好評を博し、一躍お茶の間の人気者となった濱田の過去の出演ドラマの中から、おすすめの作品をご紹介します。

目次

濱田岳のプロフィール

濱田岳は1988年6月28日生まれ、東京都出身の俳優です。血液型はA型。1998年にダウンタウン・浜田雅功主演のドラマ『ひとりぼっちの君に』で子役デビューを果たすと、その後も『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』など話題作に数多く出演し注目を集めます。

近年はauのCM『三太郎シリーズ』で“金ちゃん”こと金太郎役で出演し、そのコミカルなキャラクターで一躍お茶の間の人気者となりました。

私生活では2011年にモデルの小泉深雪と結婚、2012年に第1子となる女児が誕生しています。

『ひとりぼっちの君に』1998年

『ひとりぼっちの君に』は1998年に、TBS系列で放送された作品です。コンビニエンスストアの経営を誘われ大阪から上京した主人公・国松新太郎が、店を訪れる万引き常習犯の少年・日比野雄大とひょんなことから同居をはじめ、女性店員・本多里美も含めた3人のなかに血のつながりを越えた深い絆が生まれていく姿を描いた物語で、主人公・新太郎をダウンタウンの浜田雅功、女性店員・里美を永作博美が演じました。

濱田岳はこの作品で、両親に捨てられたために自立しようと万引きを繰り返す少年・日比野雄大を演じ、子役デビューを飾っています。

『平成夫婦茶碗』2000年ほか

『平成夫婦茶碗』は2000年に連続ドラマ版第1弾『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』、2002年に第2弾『続・平成夫婦茶碗』が放送されたほか、スピンオフ作品やスペシャルドラマが放送されるなど大ヒットを記録したシリーズです。ラーメン屋を営む父・満太郎と母・節、そして満太郎が借金をするたびに生まれた5人の子供たちが肩寄せ合って暮らす金本家の日常を描いたホームコメディで、主人公・満太郎を東山紀之、母・節を浅野温子が演じました。

この作品で濱田岳は、優等生の金本家長男・金本運を演じています。

『3年B組金八先生 第7シリーズ』2004-2005年

『3年B組金八先生 第7シリーズ』は1979年からTBS系列で放送されてきた、武田鉄矢主演の人気ドラマシリーズの第7弾として制作・放送された作品です。シリーズ全体を通してその時々の世相を反映させる形で教育現場におけるありとあらゆる問題を取り上げてきましたが、今作では中学生の薬物依存・発達障害・児童虐待・授業妨害・給食費の未納問題などにスポットを当て、主な生徒として辛い境遇から覚せい剤に手を染めてしまった少年・しゅう、軽度の発達障害を抱える転校生・弥生をめぐる物語を主軸にストーリーが展開されました。

濱田岳は3年B組のムードメーカー・狩野伸太郎役で出演し、裕福でありながら給食費を滞納する両親や、覚せい剤に手を染めたしゅうに心を痛める難しい役どころを熱演しています。

『プロポーズ大作戦』2007年

『プロポーズ大作戦』は2007年に、フジテレビ系列で放送された作品です。ずっと思いを寄せてきた幼馴染・吉田礼と恋人・多田の結婚式に出席することになり、今まで礼に気持ちを伝えずにいたことを悔やむ主人公・岩瀬健が、突如現れた“妖精”の導きによって過去へとタイムスリップし、今度こそ気持ちを伝えて礼とのハッピーエンドを迎えるべく奮闘する姿を描いた物語で、主人公・健を“山P”こと山下智久、ヒロイン・礼を長澤まさみが演じています。

濱田岳はこの作品で、健の高校時代からの親友・ツルこと鶴見尚を演じ、タイムスリップした健のアドバイスから榮倉奈々演じる高嶺の花・エリに告白、2008年に放送されたスペシャル版では見事結婚を果たすという重要な役どころを演じました。

『太陽と海の教室』2008年

『太陽と海の教室』は2008年に、フジテレビ系列で放送された作品です。神奈川・湘南の進学校を舞台に、新任教師として赴任した型破りな1人の教師が生徒たちが抱える様々な問題に真正面から向き合う姿を描いた物語で、主人公の新任教師・櫻井朔太郎を織田裕二が演じました。

この作品で濱田岳は、朔太郎が担任する3年1組のムードメーカー・田幡八朗を演じています。

『ピースボート-Piece Vote-』2011年

『ピースボート-Piece Vote-』は2011年に日本テレビ系列で放送された作品で、“脇谷優”という1人の男性の謎の死をめぐり、優の弟・脇谷秀をはじめとする7人の男女が優の死にまつわる“犯罪者”として捕らえられるところから始まる物語です。7人が優の仕掛けた危険なサバイバルゲームに挑んでいく中でやがて自らの罪に気づき、その罪を告白して悔い改める姿が描かれました。

濱田岳は主人公で優の実の弟・秀を演じ、連続ドラマ初主演を飾っています。

『HERO 第2シリーズ』2014年

『HERO 第2シリーズ』は2001年に放送され大ヒットした作品のリメイク版として、2014年にフジテレビ系列で放送された作品です。主人公の検事・久利生公平を演じたSMAP・木村拓哉ほか一部の続投組を除く主要キャストを一新し、旧メンバーと新メンバーとの間に微妙な繋がりを持たせて再登場させるなど、趣向を凝らした演出が話題となって再び大ヒットを博しました。

濱田岳はこの作品で、東京地検城西支部に勤務する東大出身のエリート検事・宇野大介を演じています。

『アオイホノオ』2014年

『アオイホノオ』は島本和彦原作の同名漫画を、テレビ東京系列で2014年にドラマ化した作品です。時は1980年代初頭、今を時めく漫画家・アニメーター・映像作家らがまだ無名だった頃の大阪を舞台に、自信過剰な漫画家志望の主人公・焔モユルを中心に巻き起こる日々の物語をコメディタッチで描いた作品で、主人公・モユルを柳楽優弥が演じました。

庵野秀明を安田顕が演じるなど、実在の人物が多数登場する本作で、濱田岳は岡田斗司夫を演じています。

『疫病神シリーズ』2015年ほか

『疫病神シリーズ』は黒川博行の小説をドラマ化した作品で、2015年に第1弾『破門』・2016年に第2弾『螻蛄』が制作され、BSスカパー!で放送されました。裏社会に片足を突っ込みながらもギリギリのところで堅気を守る建設コンサルタント・二宮が、ヤクザ・二蝶会のメンバーである桑原が持ちかけてくる危険な仕事に翻弄される姿を描く物語で、主人公・桑原保彦を北村一輝が演じています。

この作品で濱田岳は、桑原に振り回されるもう1人の主人公・二宮啓之を演じました。

『トットてれび』2016年

『トットてれび』は2016年に、NHK総合テレビで放送されました。テレビ放送の開始と共に一躍脚光を浴び、以来ずっと第1線で活躍を続けてきた黒柳徹子の自伝的エッセイをドラマ化した作品で、主人公・トットちゃんこと黒柳徹子を満島ひかりが演じているほか、彼女と親交のあった著名人たち(渥美清・坂本九・森繁久彌・向田邦子など)が実名で登場するなど、大きな話題となっています。

濱田岳はこの作品でトットちゃんとほぼ時を同じくしてNHKに入局し、以来長い付き合いとなるディレクター・伊集院を演じました。

いかがでしたか?子役としてデビューした頃からは想像もつかないほどに素敵な大人の俳優となった濱田岳のさらなる活躍が、今からとても楽しみですね!