2020年7月14日更新

【おそ松さん】イカれた五男・十四松がクセになる!彼女との馴れ初めも解説

十四松解説記事サムネイル

アニメ『おそ松さん』の十四松は、異常なほどに明るいとにかく元気な五男です。しかしその一方で深い闇を抱えているとの噂。この記事ではそんな十四松の性格や兄弟たちとのエピソードから、彼女との馴れ初めや関係まで徹底解説します。

目次

明るい狂人!十四松の性格を解説

松野十四松はTVアニメ『おそ松さん』に登場する一卵性六つ子の五男です。名前は鳥の十姉妹(じゅうしまつ)に由来しています。 誕生日は兄弟共通の5月24日で星座はふたご座、血液型も全員A型です。 「明るい狂人」と呼ばれるほど異常に明るく、そしてバカな十四松。彼はピュアなまま大人になってしまった結果、このような性格になってしまったそうです。 ピーピーうるさいところは子どもの頃から変わらず、「マッスルマッスル!ハッスルハッスル!」が口癖。 イメージカラーは黄色で、大きく開いた口と焦点の合ってない目が特徴です。この目は、驚いたときだけ大きな猫のような目で描かれることも。いつも短パンを履いていますが、実はこの短パンは海パンであることが判明しています。

実はめちゃくちゃ足が速い

1クール目のエンディングで十四松は「めちゃくちゃ足が速い」とされており、9話のラストでは動き出した新幹線と並走するシーンが見られました。 さらにスマホ用アプリゲーム「おそ松さんのへそくりウォーズ」ではこの「めちゃくちゃ足が速い」という設定が反映され、移動速度が1番速いキャラクターとなっています。

いまだにサンタさんを信じている!

十四松は大人になってもなおサンタさんの存在を信じています。子どものようなピュアな一面がここからうかがえますね。 11話の「十四松とサンタ」では、子どもの頃から毎年イブの夜にサンタさんが来るのをベランダで待ち続ける様子が描かれています。白い靴下をぶら下げてサンタを待つ弟のため、おそ松は「いつものようにプレゼント入れといてあげて」と一松に頼みました。 しかし実は十四松がサンタさんを待ち続けていたのは、「サンタさんを捕まえたい」という理由からだったのです。

作中でたびたび死ぬ十四松

実はアニメ『おそ松さん』に登場するキャラクターたちは、たびたび作中で死んでいます。 十四松も第1期の3話で宇宙に行った際、窒息死。さらに7話でもトド松の心無い暴言の数々の矢に射貫かれ、瀕死の大ダメージを受けています。

異様な明るさを兄弟たちも心配

十四松は子どもの頃はいたって普通の性格で、いつから異常に明るい性格になったのか兄弟の間でも疑問に思われていました。そこで第1期の17話「十四松まつり」では、長男のおそ松がついにこの禁断の話題について本格的に話し合おうと切り出します。 彼らはアルバムを引っ張り出して十四松の過去を振り返ることに。十四松が現在の性格になったのは、中学生から高校生になった段階かのように思われた時、六つ子は赤ちゃんの頃の写真を発見。 写真に映る母親と一緒に眠るその姿は…まさに現在の十四松だったのです。 闇深さに恐怖を感じた兄弟たちは、アルバムを封印して飲みに出かけていくのでした…。

十四松には彼女がいる?

十四松の彼女は、第1期の9話「恋する十四松」に登場します。彼女は長い茶髪を片側で三つ編みにしており、鼻周りにそばかすがある純朴な容姿。 大人しそうな雰囲気の女の子ですが、十四松のバカなギャグがツボにハマるようで、普通の人ならドン引きするようなネタも彼女は大爆笑。そして気の合う2人は、何度かデートを重ねました。 出会ってから1ヶ月を過ぎた頃、ついに十四松は彼女に告白。しかし「今夜の新幹線で田舎に帰るからもう会えない」という理由で、彼女に振られてしまいます。 号泣する十四松ですが、おそ松に背中を押された事で駅のホームへと見送りに行きました。別れ際にギャグを連発する十四松の姿を見て、ガラス越しの彼女は泣いてしまいます。

2人の馴れ初め

十四松が初めて彼女と出会った時、なんと彼女は荒波が打ち寄せる断崖絶壁から投身自殺を図っていました。たまたま近くの砂浜に来ていた十四松は、いつも通り素振りを始めます。彼女は十四松が帰るのを待ちますが、突然十四松は高波に飲まれてしまいました。 彼女は溺れた十四松の元に駆けつけ、彼を救助します。直前まで自殺を考えていたはずの彼女ですが、心臓マッサージを施された十四松が鼻や耳から水をピューピュー噴射する様子を見て、思わず大爆笑。 過程だけ見ると十四松が救助されていますが、真の意味で命を救われたのは彼女のほうでした。十四松のエネルギッシュすぎる奇行は、抱えている悩み事も吹っ飛ばしてくれるパワーがあるようです。

彼女について考察!実はAV女優?メンヘラ?

名前すら明かされなかった十四松の彼女ですが、作中では何度か意味深なシーンが挿入されています。 幸せそうな十四松に嫉妬していたおそ松は、レンタルビデオショップのAVコーナーであるものを発見しました。帰宅したおそ松は十四松に何かを伝えようとしますが、結局何も言わずに憎まれ口を叩き、十四松の恋を応援します。 このおそ松の言動から、十四松の彼女はAV女優であった可能性が高いと予想されます。おそ松は彼女がAV女優だと知らない十四松を応援している、または彼女の過去を知った上で好意を抱く十四松を応援しているのでは、という憶測が広がりました。 さらに彼女はリストカットをしていたとも推測されています。自殺を図っていた際に、左腕に包帯を巻いていたからです。さらに別れ際には、十四松から貰った黄色いリストバンドを左手首に巻いていました。 彼女について「AV出演のストレスが原因でリストカットし、ついには投身自殺を図ったのでは」と考察する視聴者も少なくありません。

F6では甘いマスクで天然王子に

F6とはアニメ『おそ松さん』に登場するイケメンバージョンの六つ子。『花より男子』のF4が元ネタです。 十四松はその甘いマスクで「一万人斬りの王子様」「スイートプリンス」の異名を持つ、天然王子キャラクターとなりました。しかし中身はやはり十四松で、壁ドンを求められた際には何故かパチンコ台に台パンしたり、トト子をおんぶしてイルミネーションに登ったりと奇行に走ります。 また16話の「松野松楠」では、男の敵キャラの額にキスして骨抜きに。「一万人斬りの王子様」の名の通り、男女問わず魅了しました。

じょし松ではコギャル姿を披露

アニメ『おそ松さん』に登場する六つ子の女子バージョン・じょし松。ただしおそ松たち兄弟が女子になったというわけではなく、彼らの女友達という設定です。 十四松はじょし松バージョンで、ひと昔前のコギャル姿を披露。ガングロにカラコン、金髪に赤いリボンととにかく派手で、アクセサリーを身に付け白いニットワンピースを着ています。つけまつ毛の数がとても多く、ビューラーでまつ毛を整えるシーンが多く見られました。 泣き真似をして他の女子たちの気を引こうとするなど、かまってちゃんな一面も。

十四松を演じたのは声優・小野大輔

十四松の声を演じたのは声優の小野大輔(写真右)です。彼は1978年5月4日生まれで、2020年6月現在はフリーで活動しています。 愛称は「小野D」で、声優業界には「だいすけ」という名前の人が多いためこのニックネームで呼ばれるようになったそう。 代表作はアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の古泉一樹役や『黒執事』のセバスチャン・ミカエリス役、『斉木楠雄のΨ難』の燃堂力役などです。本来はクールなキャラクターを演じる事が多いので、十四松のようなキャラクターは珍しいかもしれません。