『スラムダンク』小さくても輝いている宮城リョータを徹底解剖!

2017年7月6日更新

ツーブロックのパーマヘアとピアスが印象的な宮城リョータは、個性派ぞろいの湘北高校バスケ部の中でも、とりわけ個性的なプレーが光るメンバーです。小柄だけれど輝いている名プレーヤー、宮城リョータの魅力をご紹介します。

宮城リョータのプロフィール

湘北高等学校2年1組の宮城リョータは、身長168cmという小柄な体格を活かし、小学生の頃からバスケではポイントガードというポジションを受け持っています。短気でお調子者、ムキになりやすいのに案外メンタルが弱い、という主人公桜木花道と非常によく似た性格の持ち主です。

『スラムダンク』のメインキャラクターにはそれぞれモデルとなったバスケットボール選手がいることで有名ですが、この宮城リョータのモデルとなったのは、ケビン・ジョンソンです。スピードと跳躍力が特徴的なケビン・ジョンソンのプレイは、宮城のプレイスタイルに通じるものがありますね。

神奈川屈指のポイントガード

湘北高校に進学する前からずっとバスケをやっていた宮城リョータは地元神奈川でも有名なポイントガードでした。その腕前は神奈川の強豪校である陵南高校の田岡監督に五本の指に入る、と言われるほど。湘北高校入学時に自分でも神奈川のナンバーワンガードになる、と豪語していただけのことはありますね。

湘北の中でも負けず劣らない不良

個性豊かなメンバーが揃う湘北高校のバスケ部ですが、その中でも目立っている問題児軍団。

宮城リョータはその問題児軍団の一員であり、入学当初からそのビッグマウスと生意気な態度で目立っていた生徒でした。同じく問題児軍団の一人である三井と入学当初はひと悶着あり、前歯を折り入院させるなどの暴挙に出ています。

桜木花道との共通点

まさに「単純バカ」といったわかりやすい性格が憎めない主人公桜木花道と、宮城リョータには共通点がいっぱいあります。

まず、その性格がとても良く似ています。常に傍若無人でビッグマウス、そして生意気な態度、短気でお調子者、そして案外ナイーブでメンタルが弱いところまで二人は、本当に似た者同士です。女運が悪いところも共通しており、高校入学当初から二人共数十人の女生徒に振られ続けています。

そんな花道とリョータは最初反発を覚え、しばらくは喧嘩ばかりの日々が続きますが、境遇と正確に似通ったところがあることに気づき、すっかり意気投合、以後は大親友となります。

彩子に惚れ続ける純粋さ

宮城リョータは、高校入学当初からたくさんの女生徒に振られ続けていますが、心の中にあるのは一人の女性だけです。宮城は、湘北高校バスケ部のマネージャーである彩子のことだけを一筋に想い続け、彼女から相手にされない悲しさを埋めるために他の女の子に声をかけていたのです。

対山王戦でのリョータが熱い

インターハイで2年間無敗の3連覇を成し遂げた秋田県の強豪校、山王工業高校との試合で宮城リョータは大活躍します。前日には過去試合のビデオを見て自信喪失していたリョータでしたが、試合の中で自信を取り戻し、冷静に状況を判断していきます。他のチームメイトたちのことも励ましつつ、自身の体格を最大限に生かした名プレーを見せます。

山王高校の沢北と深津のチームを素早いドリブルですり抜け、得点へと繋げます。この時リョータが放った「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ」は、心に残るセリフの多いスラムダンクの中でも特に輝いてる名セリフです。

宮城リョータの声優は誰?

小柄な体格からは想像もつかないパワフルでスピーディーなプレイが魅力的な宮城リョータを演じた声優は、塩屋翼(しおや よく)です。子役として8歳の時から活動しており、声優としては1972年の『海のトリトン』のトリトン役でデビューします。

現在まで多数の有名作品に出演してきたベテラン声優である塩屋翼の最近の代表作は、2012年の『ジョジョの奇妙な冒険』でのウィル・A・ツェペリ役や、2015年の『ヤング ブラック・ジャック』の田鷲警部役などです。