映画『ルパンVS複製人間(クローン)』のあらすじ・キャスト・豆知識【ルパン三世劇場版】

2017年7月6日更新

ルパンが死んだ!?衝撃的なニュースが世界を駆け巡ります。ルパンの前に現れた怪人マモー。1万年を生き続け世界を陰で操ってきたといいます。あまりの強さを前にルパン一味に内部分裂の危機が!最強の敵を相手にルパンはどのように挑むのでしょうか?

記念すべき劇場版第1作目『ルパンVS複製人間(クローン)』

モンキー・パンチ原作の映画『ルパンVS複製人間(クローン)』は劇場版ルパンシリーズの第1作目となります。放送当時低調だったテレビ第1シリーズが再放送を経て人気が上昇したことを受け、1977年テレビ第2シリーズ、1978年本作の制作が決定したのです。

自称“神”マモーとルパンの「賢者の石」をめぐるバトルを描いた本作。“007のアニメ版”という触れ込みでターゲットを大人に絞り制作されました。女性のヌードや性的表現をふんだんに盛込み、当時話題となったクローン技術をテーマに扱っているのです。

中世ヨーロッパの古城を舞台に幽閉されたお姫様が登場する第2作『カリオストロの城』とはまさに対照的といえるでしょう。SF作品全盛期という世相を反映し興行的には第1作に軍配が上がったのです。

映画『ルパンVS複製人間』のあらすじ

ルパン三世 ルパンVS複製人間 クローン from HDマスター [レンタル落ち]

ルパンの絞首刑が実行されました。遺伝子上本人であることが確認されましたが銭形は信じていません。その頃ルパンは不二子の頼みでピラミッドから「賢者の石」を盗み出していました。

ところが石を手にしたとたん何者かに狙われ始めます。巨大トレーラーに追われ飛行機から襲撃を受け、ついにはルパンが連れ去られてしまいました。敵はマモーという謎の男。マモーはクローン技術を駆使して1万年の間生き続けてきたといいます。

神を名乗り自ら選んだ者だけこの世に残し世界滅亡を目論むマモー。度重なるコピーによる劣化を危ぶみ不老不死を叶えるという「賢者の石」に望みをかけたのです。マモーはルパンに永遠の命を与えると言いますがあっさり断られてしまいます。

時を同じくして次元と五ェ門の2人も米国大統領補佐官スタッキーの手に落ちていました。スタッキーが知りたいのはマモーの所在。アメリカは遺伝子に関する機密情報を提供しなければ核ミサイルを発射すると強迫されていたのです。

スタッキーの拘束を脱した次元と五ェ門はカリブ海に浮かぶ島を目指していました。島の持ち主は世界一の大富豪ハワード・ロックウェル。マモーの世を忍ぶ仮の姿です。

次元たちを監視していたスタッキーもまたマモーの本拠地を確認していました。マモー、ルパン一味、アメリカ軍、そして銭形警部。敵味方相見える中マモーは次元の銃弾に倒れアメリカ軍の空爆を受けた島が壊滅しました。脱出に成功したルパンたちでしたが、死んだはずのマモーが目の前に現れ不二子を奪われてしまいます。

クローン技術があればいくらでも複製可能です。処刑されたルパンもマモーによって生成されたコピー人間だったのです。コピーを繰り返し劣化してもなお永遠の命を望むマモー、限りあるただ一つの命にこだわるルパン。2人の最終決戦が始まります。

映画『ルパンVS複製人間』主要キャラクター・声優キャスト

ルパン三世/cv.山田康雄

ルパン

ルパンの声を演じているのは1932年9月10日生まれの山田康雄。1953年劇団民藝に研修生として入団したのを機にキャリアをスタートさせました。

山田康雄といえば一般的に“ルパン三世の声優”、“クリント・イーストウッドの吹替え担当”と認知されていますが、本人は声優と呼ばれるのを嫌いあくまでも役者というスタンスを貫いていたのだとか。

声優業は役者の仕事のうちの一つのカテゴリーに過ぎないと捉えていたようです。と言いながら自分の名刺にイラストを刻むほどルパンに愛着を持っていたのですが。ルパンの声を演じて24年目の1995年、山田康雄は脳出血によりこの世を去りました。

次元大介/cv.小林清志

ルパン三世

次元の声を演じているのは1933年1月11日生まれの小林清志。役者になってしばらくは特技の英語力を生かし舞台に立ちながら翻訳も手掛けていました。

海外映画の翻訳・吹替えの仕事を受けるようになるとしだいに両立が難しくなり声優に軸足を置き活動するようになったのです。代表的な声優作品に『妖怪人間ベム』の主人公ベム役があります。   またナレーターとしてもドラマ、バラエティ番組、CMと幅広くい分野で活躍し、『SASUKE』(第17回から第27回まで)や全国高校野球(2014年まで)のナレーションを長く務めています。

石川五ェ門/cv.井上真樹夫

石川五ェ門 (ルパン三世 CREATOR×CREATOR GOEMON ISHIKAWA LUPIN 3rd 石川五ェ門 アニメ フィギュア グッズ プライズ バンプレスト)

五ェ門の声を演じているのは1938年11月30日生まれの井上真樹夫。十代からドラマの仕事を始め、その後、吹替えやアニメの声優を務めるようになりました。

声優業と並行して「伊能絵巻(いのうえまき)」名義で作詞・作詩活動行っていましたが、近年は作詩に軸を置くために声優業をセーブしています。

最近担当したキャラクターにゲームソフト『SDガンダム』のスレッガー・ロウや『キングダムハーツバースバイスリープ』のマスター・エラクゥスがあります。

峰不二子/cv.増山江威子

S.H.フィギュアーツ ルパン三世 峰不二子 約135mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

不二子の声を演じているのは1936年4月22日生まれの増山江威子。1971年から放送された『天才バカボン』において29年間バカボンのママ役を担当し代表作の一つとなりました。

4シリーズ全てに出演したのはメインキャラクターでは増山ただ1人。原作者の赤塚不二夫が増山の続投を強く要望していたのだとか。2000年に入ってから演じたキャラクターには『Pa-Pa-Paザ★ムービー パーマン タコDEポンアシHAポン!』のパー子役があります。

他にも海外作品の吹替えやナレーション、アニメのテーマソングの歌手を担当したりあらゆるジャンルで活躍しています。

銭形警部/cv.納谷悟朗

銭形警部ルパン三世 CREATOR×CREATOR  INSPECTOR ZENIGATA 通常カラー単品

銭形の声を演じているのは1929年11月17日生まれの納谷悟朗。舞台役者としてキャリアをスタートさせたのち西部劇を中心に海外作品の吹替えを数多く担当しています。

本作の銭形やキャプテンハーロックの声優として有名。最近ではゲームソフト「激闘プロ野球水島新司オールスターズvsプロ野球」の岩田鉄五郎や「第二次スーパーロボット大戦Z」のズール皇帝の声を演じています。

2013年3月5日慢性呼吸不全のため83歳で逝去。日曜洋画劇場のため2012年5月に収録した『インセプション』の吹替えが最後の仕事となりました。

『ルパンVS複製人間』ゲストキャラクター

マモー/cv.西村晃

STYLISH COLLECTION ルパン三世(劇場版1作目)&マモー

マモーを演じているのは1923年1月25日生まれの西村晃。日大専門部芸術科(現在の日藝)在学中より舞台に立ち始めましたが1943年第二次世界大戦の兵役にとられ、復員後に演劇活動を本格化させました。

1954年仲間とともに立ち上げた劇団青俳で新劇俳優として活躍しながら、映画やテレビにおいては悪役や主人公の敵役を数多く演じています。1983年二代目水戸黄門に抜擢され降板するまでの約10年間、お茶の間の人気者として確たる地位を築きました。

俳優のほかにアニメの声優、海外作品の吹替えやナレーションも担当しています。1997年 4月15日、心不全のため74歳で亡くなりました。

スタッキー/cv.大平透

スタッキーの声を演じているのは1929年9月24日生まれの大平透。明治大学政経学部在学中の1952年オーデイションに合格し、「ラジオルーテルアワー」の専属アナウンサーとしてデビューしました。

1955年には『まんが・スーパーマン』において日本のテレビ史上初となる吹替えを行い、翌1956年に務めた実写版『スーパーマン』の主人公の吹替えで一躍スターとなりました。

代表作に『ハクション大魔王』、『笑うせぇるすまん』の主人公役や『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーの吹替えがあります。2016年4月12日肺炎のため死去。

次元とルパンの間で交わされる名言

次元「行くなあ!ルパン!」 ルパン「おれは、夢を盗まれちまったからな。取り返しにいかにゃ。」 次元「ゆめってのは女のことか」 ルパン「実際クラシックだよ、お前ってやつは」

ルパン三世

1人殺してもまた別の個体が現れる…。圧倒的な力を見せつけられマモーと再び対峙することに恐れを抱く次元。銃口を向け威嚇射撃をしてでも止めようとしますが、“夢”を取り戻さなければならないルパンは単独で乗り込む覚悟です。

それほどまでに取り返したい夢とは?次元が言うように女、つまり不二子なのでしょうか。マモーは不二子を連れ去る時に不穏な言葉を残していました。絞首刑で死んだのがコピーなのか、今いるルパンがコピーなのか。

マモーの言葉にルパンはハッとさせられます。オリジナルだと信じて疑わない自分は本当にそうだと言い切れるのか?マモーの言うように自分がコピーなのではないのか。一瞬といえども存在を疑ってしまいます。この世にただ1人代わりの利かない存在であることを確信するためルパンはマモーを倒しに向かうのです。

五ェ門の名セリフ「また、つまらぬ物を斬ってしまった」は本作から生まれた?

ルパン三世

今ではどの作品でも当たり前に聴くことができるあのセリフ、実は始めて使ったのは本作なんです。五ェ門の武器“斬鉄剣”は何でも斬れる刀として有名。『カリオストロの城』では火が燃え広がろうとした服を斬り落とし下着一枚になったルパンを回収するという名人芸を見せています。

通常は刀で斬れないような物を斬って笑いを誘うこのセリフ。本作ではヘリコプターを斬り落とします。初めて登場する五ェ門の名セリフ、お見逃しなく!