ドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』が懐かしい。魅力まとめ

2017年7月6日更新

美人でかわいい主人公が登場する海外テレビドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』の魅力をまとめました。可愛らしいハンナ・モンタナが、なぜ悪影響を与えているドラマと評されたのでしょうか?また、人気の秘密にも迫ります!

アメリカの子供たちのアイドル的存在だった『ハンナ・モンタナ』

無題

2006年から2011年までアメリカのディズニーチャンネルで放送されていたミュージカルコメディ。最初は評判も良く、ハンナ・モンタナはアメリカの10代の子達のアイドルになります。2009年には映画『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』が公開された程です。

ただし、話が進むにつれ主人公がだんだん刺激の強い姿になっていき、若い子に悪い影響を与えていると酷評されるようになりました。酷評とは裏腹に最後のシーズンは視聴者が500万を越え、ディズニーチャンネルの歴史の中で一番高い視聴率だったそうです。

そんな『シークレット・アイドル/ハンナ・モンタナ』の魅力を今一度見直してみましょう。

『シークレット・アイドル/ハンナ・モンタナ』のあらすじ・基本ストーリー

マイリー・スチュワートは恋愛、友情、学業と普通の生活を送っているように見える元気いっぱいな女の子。ただ彼女には秘密があり、実は有名なポップスター"ハンナ・モンタナ"だったのです!

マイリーの秘密を知っている親友2人とマネージャーである父、喧嘩ばかりしてしまう兄に支えられてこの二重生活を失敗しながらも楽しく送っています。

アイドル!ハンナ・モンタナ

hannah-montana-season-1-wallpaer-1-hannah-montana-15459259-1024-768

世界的に有名で大人気のポップスター。まさか本当はただの女の子マイリー・スチュアートだとはファンの人たちは知りません。パパラッチから逃れるためコンサートが終わるとリムジンでさっさと帰り、ハンナの正体を暴こうと狙っている記者をいつもなんとかかわしています。

そんな苦労を知ってか知らなくてか、父ロビーは正体がばれそうな曲を作ってしまいます。「私はマイリー・スチュアートです」とおでこに入れ墨を彫った方がいいんじゃないかとマイリーが激怒したほどです。

そもそもここまでマイリーが正体を隠そうとする理由は、「もしも自分が有名人だと知ったら皆が今までのように接してくれなくなってしまうかもしれない」と恐れていたからです。そして何よりセレブの生活と同じくらい、普通の女の子の生活も楽しく、壊したくなかったのです。

主人公を演じるのは、お騒がせセレブなマイリー・サイラス

miley-cyrus

1992年11月23日生まれのアメリカの女優であり歌手。『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』の主役を演じ一躍有名になります。ブレイクする以前は2003年の映画『ビッグ・フィッシュ』に脇役として少し出演したことがあります。

2010年頃からセクシーで刺激的な画像アップしたり幻覚作用を及ぼす薬物を使用したこともあり、悪影響を与えるセレブとしても知られるようになります。2013年MTVビデオ・ミュージック・アウォーズの不適切なパフォーマンスがこの悪いイメージをさらに強くしてしまいました。

2008年と2014年にはアメリカ雑誌『タイム』のもっとも影響を与えた100人に選ばれています。1回目と2回目では影響の与え方が真逆なのが興味深いです。

マイリー・スチュワートの親友リリー・トラスコット

エミリー・オスメントが演じるリリーは小学5年生の頃からマイリーと親友。パイロット版で明かされているのですが、リリーが大ファンのハンナ・モンタナの楽屋に忍び込んだときにマイリーにプレゼントしたはずのブレスレットを発見します。このことがきっかけでリリーはマイリーの秘密を知ります。

ボーイッシュな性格でスポーツ万能、おっちょこちょいで音痴のリリーは、マイリーの秘密を知っているもう一人の親友オリバーと付き合うことになります。

そしてマイリーの秘密を守るためローラ・ルフトネーグルに扮してハンナ・モンタナの右腕と称し常に彼女の隣にいます。奇抜な変装が見ものです。

『ハンナ・モンタナ』にピッタリの主題歌

マシュー・ジェラードとロビー・ネビルが作詞作曲をし、マイリー・サイラスが歌っている『ザ・ベスト・オブ・ボス・ワールド(原題)』が主題歌になります。ポップロックな歌の内容はタイトルの通り(素晴らしい2つの世界)二重生活を送っているマイリー・スチュワートのことを歌った曲です。

アメリカのシングルレコードチャート、『ビルボード・ホット100』の92番目にランクインしました。テレビの主題歌でランクインしたのはこの曲と『リーヴ・イット・オール・トゥ・ミー(原題)』(『アイ・カーリー』の主題歌)だけです。

『ザ・ベスト・オブ・ボス・ワールド(原題)』によりサイラスは音楽業界でも有名になります。

『ハンナモンタナ』の完結編、フォーエバー

最後のシーズン(シーズン4)が通称『ハンナ・モンタナ・フォーエバー』と呼ばれています。2010年7月に始まり2011年1月にアメリカでの公開は終了しました。フォーエバーが始まるころ、ミッチェル・ムッソがテレビドラマ『KING兄弟』で主役を務めることに。そのためミッチェルが演じていたオリバー・オーケンがメインキャストから外れることになりました。

フォーエバーでは自分がハンナ・モンタナだということをマイリーが明かさざるを得なくなります。なぜなら、ボーイフレンドのジェシーがハンナとマイリー二人と付き合っていて、二股をかけていると勘違いされたからです。

さらにマイリーはハンナになることに忙しく、課外活動が不十分で大学に落ちてしまいます。それを知った親友のリリーはマイリーを待つために大学に入るのを一年保留にしようとします。親友が自分の秘密を守るため尽くしてくれているのに改めて気づいたマイリーは秘密を暴露することにします。

一緒にいることが友情なのか?『ハンナモンタナ』の最終回はどうなった?

映画を撮るためマイリーは一年間パリに行かなくてならなくなります。一緒に大学に行くことを楽しみにしていたリリーをがっかりさせることになります。マイリーはリリーにパリに一緒に行こうと誘います。

リリーは一緒に行くことを決め、飛行機に乗ろうとします。ただ、最後にやっぱり大学に一人で行くことを決め、飛行機を降ります。そして二人はしばらく別々の生活を送っていました。ある日誰かがリリーの寮のドアをノックします。新しいルームメートととして入ってきたのがマイリーでした!二人が抱き合ったところで終わります。

この感動的な最終回は視聴者600万人を超えました。