2017春ドラマ『母になる』あらすじ・キャスト【主演 沢尻エリカ】

2017年5月13日更新 2449view

2017年4月水曜日、10時スタート!ドラマ『母になる』。「母」というもののあり方に悩む女性、3人の物語です。9年の空白の時間、「母」たちはどうやって向き合うのか。原作がない、ドキドキのストーリーに注目。

ドラマ『母になる』2017年4月水曜日、10時スタート!

2017年4月、水曜10時放送のドラマ『母になる』が先日発表されました。主演には沢尻エリカが抜擢されています。

脚本・水橋文美江は2007年に放送された『ホタルノヒカリ』でも脚本を務めており、本作はのちに映画化もされました。

本作は、原作がなく展開がドキドキ。現代社会に向けて考えさせられる「家族の絆」や「母親」のあり方に注目したいですね。

ドラマ『母になる』あらすじ

「母」というもののあり方に悩む女性、3人の物語です。そもそも「母になる」とは何なのか。誘拐事件に直面する家族が送る、『母になる』までの物語とはどんなものでしょうか。

3歳で誘拐されてしまった息子が9年という長い年月を経て13歳になり再会します。9年の空白の時間に「母」はどうやって向き合うのか。「誘拐」という非日常にさらされた家族の絆に注目です。

『母になる』キャスト

主演 沢尻エリカ/柏崎 結衣

沢尻エリカ

主人公・柏崎結衣は、19歳で北海道から上京。誘拐事件後、夫と別れ1人でひっそりと暮らしています。

沢尻エリカが演じる、柏崎結衣役については、

私が演じる結衣は、素朴でピュアな女性です
引用:ntv.co.jp

と彼女自身がコメントを残しています。今まで沢尻エリカが演じてきた『ヘルタースケルター』や『新宿スワン』といったドラマや映画の役柄とはかなりイメージにギャップがありそうです。

以下、沢尻エリカのコメントです。

母親役を演じるのは本当に難しいと思ったし、まだ実生活でも経験していないので、不安がありました。でも、プロデューサーから「一から子育てをしていく役柄だから、そこはぶつかってもらえれば大丈夫」と言っていただいたので、そういう気持ちで思い切ってぶつかって演じていきたいです。
引用:ntv.co.jp

小池栄子/門倉麻子

小池栄子

小池栄子が演じる門倉麻子は、結衣のもとに戻ってきた息子が母と慕う女性。9年間の白紙を埋める重要な人物です。 実の子ではない息子を育てた彼女は、実に複雑な感情が入り混じる役柄を演じることになります。

小池栄子は『人間失格』『八日目の蝉』といった数多くの映画に出演。時代劇でも有名な『大奥』でも重要人物として出演しています。様々な役柄に応じる彼女の迫真の演技に期待です!

以下、小池栄子のコメントです。

かなりチャレンジングな企画であり脚本なので、自分も携われてうれしいです。今回の役柄は、私にとって今までやったことがない役で、絶対演じる価値のある役だと感じましたし、この役を演じる自分の姿を自分でも見てみたいと思いました。
引用:ntv.co.jp

また本作の「母になる」というテーマについて、真摯に向き合い様々な思いを巡らせているようです。

「母になる」ことについて私自身としては、一人でも生みたいと考えていて、その気持ちが高まっている時期でもあり、母親になる覚悟はできています。このドラマを通じて「母になる」ことについて、改めて考えることがありそうです。 絶対に面白くなるという確信があるので、視聴者の皆さんにも信じて付いてきていただきたいです。
引用:ntv.co.jp

板谷由夏/西原莉沙子

板谷由夏演じる、西原莉沙子は柏崎結衣の息子が誘拐される前から繋がりのあるママ友。誘拐事件後も結衣を励まします。

子供を育てることに関して疑問を感じている女性
引用:mdpr.jp

と役に対し板谷由夏は、コメントを寄せています。女性の社会進出が進む現代だからこそ「母としてのあり方」とは何なのでしょうか。莉沙子はそんなあり方について、役を通じ紐解いてくれるのかもしれません。

板谷由夏は脚本をされている水橋文美江が送る『ホタルノヒカリ』でも出演。二度目の共演となっています。また近日、2017年3月18日に【前編】・4月22日【後編】の2部作が決まっている『三月のライオン』に出演。春の板谷由夏演じるたくさんの作品にご注目ください。

以下、板谷由夏のコメントです。

母親になっていく女性、母親であることを取り上げられてしまう女性、母親を続けているけど今のままでいいのかと考える女性…それぞれの立場の3人を通じて、いろんな母親像が描かれる物語になると思います。
引用:ntv.co.jp

沢尻エリカの元夫役に藤木直人が抜擢!

沢尻エリカ演じる結衣の元夫・柏崎陽一役を藤木直人が演じることが決定しました。陽一は大学の准教授として人工知能の研究をしていましたが、息子の誘拐事件の後は引きこもりとなってしまっています。

藤木直人は『ナースのお仕事』『ホタルノヒカリ』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』などのドラマに出演している俳優です。近年は『おしゃれイズム』の司会を務めるなど活躍の幅を伸ばしています。また、藤木直人は主演の沢尻エリカと12年ぶりの共演とのことです。

以下藤木直人のコメントです。

また、現代社会でこれだけ家族の在り方が多様化する中で、この「母になる…とは?」というテーマを描いていくのはとても面白いし、女性の方は特に興味を持っていただけると思います。
引用:ntv.co.jp

ドラマ『母になる』の追加キャストが発表!

柏崎里恵/風吹ジュン

風吹ジュン

藤木演じる陽一の母・里恵は風吹ジュンが演じます。風吹ジュンは1975年に女優デビューし、『八重の桜』『あさが来た』など様々なドラマに出演しています。近年では優しい母親の役を演じることが多い風吹が本作ではどのような演技を見せるのでしょうか。

西原太治/浅野和之

浅野和之演じる西原は、東欧大学理工学部の教授で陽一の人工知能研究における上司です。板谷由夏演じる莉沙子の夫でもあります。

浅野和之は1987年に夢の遊眠社に入団し、舞台俳優としてのキャリアをスタートさせました。温和な出で立ちと確かな演技力で様々な作品に出演しており、近年における名バイプレイヤーの1人であると言えるでしょう。また、三谷幸喜作品の常連であり、映画『12人の優しい日本人』ではその演技力が高く評価され複数の賞を受賞しました。

緒野琴音/高橋メアリージュン

柏崎オートの事務員・琴音を演じるのは高橋メアリージュンです。

高橋メアリージュンは日本人の父とスペイン系フィリピン人の母を持つハーフ女優です。「CanCam」などの有名雑誌でモデルとして活躍していましたが、2012年頃から女優としての活動を開始しています。『闇金ウシジマくん』シリーズなどに出演し話題となりました。

西原繭/藤澤遥

浅野和之と板谷由夏が演じる西原夫妻の娘・繭を演じるのは藤澤遥です。ドラマ『トットてれび』で黒柳徹子の幼少期を演じて話題となった子役です。ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』などに出演しています。

田中今偉/望月歩

望月歩演じる田中今偉は、沢尻エリカと藤木直人演じる柏崎夫婦の息子がいた児童養護施設の先輩です。2014年に映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューを果たしました。その後も『秘密 THE TOP SECRET』や『疾風ロンド』といった映画に出演を続けています。

またNetflixで配信されている『テラスハウス』ではスタジオゲストとしてレギュラー出演していました。