2017年7月6日更新

映画『デューン 砂の惑星』【ドゥニ・ヴィルヌーヴが幻のSFをリメイク】

1984年に公開された伝説の映画『デューン 砂の惑星』のリメイクが決定しました。壮大なスケールで描かれた小説をデヴィッド・リンチが監督を務め映画化しました。リメイク版では、カナダ映画の巨匠ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとります。

伝説の映画『デューン 砂の惑星』をドゥニ・ヴィルニーヴでリメイク決定!

砂の惑星

1984年に公開されたSF映画『デューン 砂の惑星』が、ハリウッドでリメイクされることが決定しました。原作は、1965年から1985年までシリーズが続いた、超大作のSF大河小説『デューン/砂の惑星』。

実はこの1984年のオリジナル版の制作当時、超大作小説を映画化するにあたり、その映画業界内で“あるドラマ”をうんだ伝説の映画なのです。

リメイク版の登場人物、キャスト、あらすじの詳細は決まっていません。1984年のオリジナル版のあらすじとその当時のエピソードをおさらいします。

映画『デューン 砂の惑星』あらすじ

遥か未来、人々は宇宙に帝国を築き、各帝国を支配する帝王の元、生活をしていました。皇帝シャッダム4世は、従兄弟である公爵レト・アトレイデスに惑星アキラスを与えました。

惑星アラキスは“デューン”と呼ばれ、巨大な虫が惑星を支配し、砂で覆われている惑星。扱いにくい反面、不老不死の薬の原料になる薬草メランジが唯一採れる貴重な惑星でもありました。

巨額な富を生み出すメランジと通称“デューン”を手に入れたい皇帝たち、各帝国の覇権を巡って、新たな戦いが始まるのでした。

気になるキャストは?

ポウル・アトレイデス(ムアドディブ)/カイル・マクラクラン

ポウルは、惑星アラキス(通称デューン)の主、公爵レトの息子。デューンを欲しがる男爵の陰謀により父親レトが自害し、デューンの原住民の地、フレーメンに逃げ込みます。

父親の無念をはらし、デューンを取り戻すために、厳しい修行を積みます。砂漠に生息する巨大な砂虫を操り、フレーメンでモアディブという称号を与えられ指導者となり、人々を束ねます。

カイル・マクラクランは1959年2月22日、アメリカ・ワシントン州生まれ。舞台でキャリアを積み、1984年映画『デューン砂の惑星』の主人公・ポール・アトレイディスに大抜擢され、一気にスターダムに駆け上がります。

主人公FBI捜査官デイル・クーパーを演じた、連続ドラマ1990年『ツイン・ピーク』は世界中で大ヒットしました。

連続ドラマ1998年『セックス・アンド・ザ・シティー』では主人公の一人シャーロットの最初の夫トレイ・マクドゥガルを、2004年『デスパレートな妻たち』では主人公の一人ブリーの2番目の夫オーソンを演じました。

リメイク版のキャスト・登場人物の詳細は明らかになっていません。1984年のオリジナル版で主人公を務めたカイル・マクランの出演を熱望するファンの声が絶えないのです。

オリジナル版ってどこが伝説なの??

1984年のデヴィッド・リンチ版とは?

『デューン/砂の惑星

原作のSF小説『デューン砂の惑星』は宇宙帝国の争いを壮大なスケールで描かれています。1980年の映画『エレファント・マン』で、映画界に衝撃を与えたデヴィッド・リンチ監督によって映画化されました。

アメリカのロックバンドTOTOが劇中音楽を担当し、イギリスの歌手スティングはハルコネン男爵の甥フェイド・ラウサ役で出演し、多方面で話題になりました。

幻のアレハンドロ・ホドロフスキー版?!

ホドロフスキー

実はこの映画『デューン 砂の惑星』は、1975年に映画監督アレハンドロ・ホドロフスキーが映画化を企画構想を練っていたのですが、撮影を前に製作中止になってしまったのです。

ホドロフスキーの企画は多額の予算、上映時間が12時間になるというものでした。ですが、その時の彼の構想と、この前代未聞のトラブルは伝説として語り継がれているのです。

各映画祭、大絶賛。映画『ホドロフスキーのDUNE』

ホドロフスキーのdune

アレハンドロ・ホドロフスキーが『デューン 砂の惑星』の映画化構想と失敗を描いた映画『ホドロフスキーのDUNE』(2013年)が、カンヌ映画祭を始め各映画祭で大絶賛されました。

映画関係者だけでなく、映画を愛する人々や見た人全てが、ホドロフスキーが映画にかけていた情熱やその企画に感動しました。

この、映画『ホドロフスキーのDUNE』をきっかけに映画『デューン 砂の惑星』とリメイク版の『デューン 砂の惑星』の動向も注目されています。

リメイク版『デューン 砂の惑星』の監督は?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

左に写る男性がドゥニ・ヴィルヌーヴ、1967年10月3日、カナダ・ケベック州生まれ。1990年ラジオ・カナダの映画祭若者部門で優勝し、監督としてのキャリアをスタート。カナダ映画の映画祭であるジニー賞の監督賞を3度受賞しました。

2010年映画『灼熱の魂』でアカデミー賞外国語映画賞にノミネート。代表作に2013年ヒュー・ジャックマン主演『プリズナーズ』、2017年5月公開、エイミー・アダムス主演『メッセージ』があります。

2015年『ボーダーライン』ではエミリー・ブラントがメキシコの麻薬撲滅を試みるFBI捜査官を演じました。この映画でアカデミー賞3部門でノミネートされ、さらに活躍を期待されています。

SF映画『ブレードランナー』の続編のメガホンをとる!

1982年超大作SF映画『ブレイドランナー』の続編である、映画『ブレードランナー2049』が2017年10月に公開されます。この続編を手がけたのは、ドゥニ・ヴィルヌーヴなのです。

超大作のリメイクをすでに経験済み、これまでの実績が高い評価を得ているため、リメイク版『デューン 砂の惑星』の期待も高まっています。