2022年5月19日更新

『トップガン マーヴェリック』あらすじ・キャスト一覧 5月27日公開!【前作ネタバレ有】

『トップガン マーヴェリック』
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズが主演を務め、今なお語り継がれるスカイ・アクション映画『トップガン』。その続編『トップガン マーヴェリック』が2022年5月27日に公開されます。 前作は日本でも1987年度の洋画配給収入第1位を記録したり、衣装のミリタリージャケットが大流行したりと、凄まじい社会現象となりました。ど真ん中世代の人は、ケニー・ロギンスが歌う主題歌や数々の名曲と共に、懐かしく思い出すこともあるのでは? かつてのファンたちは熱望し続けた続編の製作が決定し、喜びに沸き立っているようです!

この記事では、約34年の時を経て蘇る伝説『トップガン マーヴェリック』のあらすじ、キャストなどの最新情報を紹介します。

伝説の続編『トップガン マーヴェリック』の公開日・あらすじ

『トップガン マーヴェリック』の日本公開日はいつ?

『トップガン マーヴェリック』が、いよいよ2022年5月27日に公開! 当初は2019年7月に公開される予定だった本作。しかしその後、2020年6月に延期に。さらに2019年末から続いてきた新型コロナウイルスの流行が収まらず、公開は2022年まで引き延ばされました。 コロナ禍の影響や、トム・クルーズのスケジュールとの兼ね合いで何度も公開が延期された結果、一時は「ストリーミング配信のみになるのでは?」とも心配されたことも。しかし無事に劇場での公開が決まり、ファンは歓喜しました。

『トップガン マーヴェリック』のあらすじ【前作ネタバレ注意】

『トップガン マーヴェリック』(2022年)
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ドローン技術が進化し、過去のものとなりつつある戦闘機同士の空中戦。時代の流れの裏で、1人の男がひっそりと表舞台を去りました。 海軍のトップアビエイターとして、30年以上も活躍したマーヴェリック。彼は輝かしい功績を打ち立てながら、昇進を選ぶことはありませんでした。しかしその腕を見込まれ、エリート・パイロットを養成する「トップガン」の教官として、後輩の指導に当たることに……! マ―ヴェリックは大切な人たちを失った過去から、空の厳しさや美しさだけでなく、守ることの難しさと戦いの過酷さを叩き込もうとします。その型破りな指導に反発する訓練生の中に、かつての相棒グースの息子の姿もありました。 天才と呼ばれたパイロットはなぜ、再び空へ飛び立つ決意をしたのでしょうか?

続編タイトル「マーヴェリック」の意味とは?

『トップガン』ヴァル・キルマー、トム・クルーズ
© PARAMOUNT/zetaimage

続編のタイトルは『トップガン マーヴェリック』。マーヴェリックとは『トップガン』でトム・クルーズが演じたピート・ミッシェルのコールサインです。 このマーヴェリックは焼印のない牛を意味し、それに由来して組織に属さない人間、異端者、一匹狼のことも指すことがあります。 一匹狼のパイロット、ピート・ミッシェルにぴったりのコールサインですね。 その他にもトム・カザンスキーのコールサイン、アイスマンは彼の冷静でクールなキャラクターを的確に表現していました。

『トップガン マーヴェリック』の主要キャスト・日本語吹き替え声優一覧

マーヴェリック役 トム・クルーズ【続投】
アイスマン役 ヴァル・キルマー【続投】
ルースター役 マイルズ・テラー
ペニー・ベンジャミン役 ジェニファー・コネリー
サイクロン役 ジョン・ハム
ハングマン役 グレン・パウエル
ボブ役 ルイス・プルマン
ウォーロック役 チャールズ・パーネル
ホンドー役 バシール・サラディン
フェニックス役 モニカ・バルバロ
ペイバック役 ジェイ・エリス
ファンボーイ役 ダニー・ラミレス
コヨーテ役 グレッグ・ターザン・デイビス
エド・ハリス

マーヴェリック役/トム・クルーズ【続投】

トム・クルーズ
Geisler-Fotop/Newscom/Zeta Image

アウトローでありながら優れた腕を持つパイロット、マーヴェリックことピート・ミッシェルを演じるのはもちろんトム・クルーズ! マーヴェリックを演じた当時トムは若干24歳でした。経験を積み、ハリウッド屈指のスターとなった彼が、成長したマーヴェリックの姿をどのように演じるのか注目です。

吹き替え声優:森川智之

本作でトム・クルーズ演じるマーヴェリックの吹替声優は、森川智之。クルーズの担当声優として数多くの作品で吹替をしてきた彼が、今回もその声を演じます。 前作『トップガン』を青春の思い出の作品だと語る森川。「マーヴェリックがどんな人生を歩んできたのか、私を含め世界中のファンの皆さんが興味を持たれていると思います。その時がいつか必ず来ると信じていたので、準備万端で収録に臨みました」と特別な思い入れを語りました。

ブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)役/マイルズ・テラー

マイルズ・テラー
©Peter West/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

マーヴェリックの元相棒グースの息子役には、マイルズ・テラーが起用されました。コールサインは「ルースター」で、父の仇と恨むマ―ヴェリックと衝突します。 デイミアン・チャゼル監督作『セッション』(2015年)で主演を務め、一躍人気俳優となったテラー。その後も活躍を続け、『アメリカン・ソルジャー』(日本未公開)などに出演しています。 本作のビジュアルが発表された際には、どこかグースに似ていると話題になりました!

吹き替え声優:宮野真守

マイルズ・テラー演じるルースターの吹替は、アニメ『DEATH NOTE』の夜神月役や「ファンタスティック・ビースト」でエディ・レッドメインが演じるニュート・スキャマンダー役の吹替など、多くの活躍で知られる宮野真守が担当します。 本作については、「因縁めいた想いのもと、対峙する2人。男たちの、熱い感情のぶつかり合いには、僕も演じていて、心が滾り、目頭が熱くなりました。」とその魅力を語っています。

アイスマン役/ヴァル・キルマー【続投】

ヴァル・キルマー
©Pietro Coccia-PHOTOlink/PHOTOlink: 1-800-674-8706/Newscom/Zeta Image

マーヴェリックのライバルであり、暴走しがちな彼に苦言を呈したトム・カザンスキー。アイスマンのコールサインで呼ばれる彼を、引き続きヴァル・キルマーが演じます。 キルマーは『トップガン』の後、『バットマン フォーエヴァー』(1995年)などで注目を集めるも、2015年から約2年、喉にできたがんで闘病しました。今回は約34年ぶりの続編が製作されると聞いて、出演を直談判したのだとか!

ペニー・ベンジャミン役/ジェニファー・コネリー

ジェニファー・コネリー『スパイダーマン:ホームカミング』
©️Euan Cherry/WENN/zetaimage

前作のチャーリーに代わり、「トップガン2」では新ヒロインが登場します。それはペニー・ベンジャミンという名前の、海軍基地の周辺でバーを営むシングルマザー。 演じるジェニファー・コネリーは、日本でも知名度の高いオスカー賞女優です。 2002年公開の『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、演技派女優の地位を確立していったジェニファー。『ブラッド・ダイヤモンド』(2007年)などの大作のほか、近年はドラマ「スノーピアサー」(2020年~)に出演しています。 私生活では1997年に未婚の母となり、長男を連れて2003年にポール・ベタニーと結婚。同年に次男を、さらに2011年に長女を出産し、2021年4月現在は3児の母です。

続編『トップガン・マーヴェリック』に新たに加わる超豪華キャスト

サイクロン役/ジョン・ハム

ジョン・ハム
©FayesVision/WENN.com

元教師という異色の経歴を持つジョン・ハムは、『ミニオンズ』(2015年)や『ベイビー・ドライバー』(2017年)などの話題作に多く出演しています。TVドラマへの出演も多く、2008年には『マッドメン』での演技が評価され、ゴールデングローブ賞の男優賞を獲得しました。 2020年に公開された「X-MEN」シリーズの新作『ニュー・ミュータンツ』へも出演しています。 役名は明かされていませんが、副提督役を務めているようです。

ベテラン俳優エド・ハリスも出演決定!

エド・ハリス
©ISO/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

『アポロ13』(1995年)や『トゥルーマン・ショー』(1988年)などをはじめ、数多くの名作映画に出演してきた大ベテラン、エド・ハリスも出演が決定しました。 主演よりも重厚な演技で物語を支える名脇役として高い評価を受けている彼ですが、本作でもその熟練の演技力を発揮してくれるでしょう。 役は公表されていないものの、前作でマイケル・アイアンサイドが演じたジェスターのような、頼もしい教官としての登場が期待されています。『スターリングラード』(2001年)など、様々な映画で厳格な軍人役を務めてきた経験が活かされるかもしれません。

ボブ役/ルイス・プルマン

1993年生まれの若き俳優ルイス・プルマンも訓練生の1人として出演予定。彼は『インデペンデンス・デイ』の大統領役などで知られるビル・プルマンの息子であり、2013年頃から俳優として活躍しています。 2015年のドラマ『ハイストン』では、想像上の友達と暮らしている主人公のハイストン役に抜擢されるなど、キャリアは短いものの期待の俳優と言えるでしょう。また日本では2018年7月に公開されたヒット作『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』などの映画にも出演しています。

フェニックス役/モニカ・バルバロ

モニカ・バルバロ
©Joseph Marzullo/WENN.com/Zeta Image

マーヴェリックが教える訓練生で、紅一点のフェニックスを演じるモニカ・バルバロ。彼女は『シカゴ・ジャスティス』(2017年)、Netflixドラマ『グッド・コップ』(2018年)などのドラマで知られています。 ちなみに一部では“トムが起用する女優はブレイクする”というジンクスが存在するとか! 早くも名優アーノルド・シュワルツェネッガーが出演するTVシリーズにて、彼の娘役に抜擢されたとの報道が出ていました。

フリッツ役/マニー・ジャシント

マニー・ジャシント
©Adriana M. Barraza/WENN.com/Zeta Image

フリッツを演じるのは、フィリピン生まれのカナダ人俳優マニー・ジャシント(ハシント)。2021年4月現在、詳しい役どころは発表されていません。 彼は「スーパーナチュラル」などへのゲスト出演を経て、シットコム「グッド・プレイス」(2016年~2020年)のメンドーサ役を演じ、一躍話題になりました。米Huluの新作ドラマ「Nine Perfect Strangers(原題)」にも起用され、今最も勢いのあるアジア系ハリウッド俳優です!

ウォーロック役/チャールズ・パーネル

ソロモン・“ウォーロック”・ベイツ海軍少将を演じるのはチャールズ・パーネルです。 『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)、「ザ・ラストシップ」(2014年~2018年)のラッセル・ジーター役で知られています。

他にもジェイ・エリスやダニー・ラミレス、レイモンド・リー、ライリアナ・レーなどが出演予定

ジェイ・エリス
©Brian To/WENN.com/Zeta Image

テラーら演じる訓練生は海軍の特別プログラムの卒業生で、計6人登場するようです。 そのうちの1人、ファンボーイ役でドラマ「The Gifted」シーズン1のダニ―・ラミレス、ペイバック役でジェイ・エリス(画像)の出演が決定。後者は映画『エスケープ・ルーム』(2020年)、ドラマ「インセキュア」(2016年~)などの作品で知られています。 同じく新人パイロット、ハングマン役を演じるのはグレン・パウエルです。彼はルーカス役のオーディションを受けており、落選後に別役オファーが来たのだとか! 他のキャストにはレイモンド・リー、ライリアナ(リリアーナ)・レーをはじめ、キャロル・ブラッドショウ役のジャン・ルイザ・ケリーらが名を連ねました。

新作で登場する機体・バイクに注目!

前作での主人公マーヴェリックの搭乗機はF14(通称:トムキャット)、愛車のバイクはカワサキのスポーツツアラーGPZ900Rでした。特にバイクは公開当時世界中で人気を博し、劇中と同じカラーリングに改造した人も多かったようです。 『トップガン マーヴェリック』でも、戦闘機やバイクは注目ポイントの1つ!

『トップガン マーヴェリック』(2022年)トム・クルーズ
© PARAMOUNT PICTURES / SCOTT GARFIELD/All Star Picture Library/Zeta Image

本作に登場する戦闘機は、アメリカ海軍が実際に使用しているF/A-18E/F(通称:スーパーホーネット)。これは前作に登場したF14の後続機として、現在も主力機として使われている機体です。 トム・クルーズは劇中でさまざまな航空機を操縦しており、リアリティの追求にこだわりました。しかしさすがに、現役で活躍しているスーパーホーネットを操縦することはアメリカ海軍から禁止されてしまったのだとか。 またマーヴェリックの新しい愛車は、やはりカワサキのスーパースポーツNinja H2に。日本では、正規で販売されているのはツアラーモデルのH2 SXおよびレース専用車のみ。市販モデルは逆輸入となっています。 マーヴェリックが乗っているのは「H2 CARBON」というモデルですが、もともとライムグリーンのフレームをグレーに、全体的にブラックで統一したカラーリングに変更されています。また、マフラーは「H2R」のものに付け替えられているなど、バイク好きも注目したいポイント満載です。

『トップガン マーヴェリック』の監督・脚本

トニー・スコットの跡を継ぐ監督は?

『トップガン』でメガホンを取った後も、『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)、『クリムゾン・タイド』(1995年)等数々のヒット作を生んだトニー・スコットが本作でも監督も務める予定でした。 しかし2012年、続編プロジェクトのミーティングを予定していた前日に、なんと監督が自ら命を絶つという悲劇が起こり、計画は白紙に。

『オブリビオン』ディラン・クラーク、トム・クルーズ、ジョセフ・コシンスキー
©Brian To/WENN.com/Zeta Image

(画像右、中央はトム・クルーズ) そんな中、注目を集めるのはトニー・スコットの後釜となる監督です。 後釜に選ばれたのは、ジョセフ・コシンスキー。コシンスキーは2013年公開のSF映画『オブリビオン』でトム・クルーズとタッグを組んでいました。

「ミッション:インポッシブル」シリーズの監督が脚本を担当!

クリストファー・マッカリー
©Toppress/WENN.com/Zeta Image

続編の脚本を担当したのは、トム・クルーズの信頼も厚いクリストファー・マッカリーです。 脚本家、映画プロデューサー、映画監督として活動しており、1996年に『ユージュアル・サスペクツ』で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞!彼は本作や「ミッション:インポッシブル」シリーズ(第5~6作目)をはじめ、トム・クルーズ主演作に何度も携わっています。 プロデューサーには「パイレーツ・ オブ・カリビアン」シリーズの敏腕プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが名を連ね、最強の布陣が完成しました。

ハロルドが続編でも音楽を担当!名曲が蘇る?

『トップガン』といえばその映画のタイトルととも思い出すのが「デンジャー・ゾーン~TOP GUN THEME」や「愛は吐息のように~TOP GUN LOVE THEME」といった映画を盛り上げた名曲の数々です。 そんな名曲を生み出したドイツ人音楽家ハロルド・フォルターメイヤーが続編の音楽も担当することが決定しています。

前作の名曲がアレンジされて蘇るのか?それとも新作のために新たな曲が書き下ろされるのか?どちらにしても期待が膨らみますね。

前作『トップガン』はどんな作品?

80年代の大ヒット映画『トップガン』のあらすじ【ネタバレ】

『トップガン』(1988年)
© PARAMOUNT/All Star Picture Library/Zeta Image

1986年全米公開の『トップガン』は、戦闘機パイロットを育成する養成所「トップガン」を舞台に、パイロット達が切磋琢磨しながら成長していく姿を描きました。 海軍の若きパイロット・マーヴェリック(トム・クルーズ)は、相棒のグース(アンソニー・エドワーズ)とともに、エリートパイロットを養成する「トップガン」に行くことになります。 バーで開かれた歓迎会で、マーヴェリックはカウンターに座っている女性チャーリー(ケリー・マクギリス)にアプローチします。その場では相手にされなかったマーヴェリックでしたが、翌日彼女が教官として「トップガン」に現れ、2人はお互いを意識するように。 訓練では世界最高のパイロットであるヴァイパーや、教官ジェスターからの厳しい指導がありました。

ある日訓練でライバルのアイスマン(ヴァル・キルマー)と敵機を追っていた際、ジェット気流に巻き込まれマーヴェリック機は操縦不能に。なんとか脱出してパラシュートで海に降りるも、相棒のグースはすでに息を引き取っていました。 相棒の死に自身を失ったマーヴェリックでしたが、周囲は彼の才能を認めていました。 「トップガン」卒業式当日。卒業生たちに出撃命令が出ます。マーヴェリックは援護機として待機していましたが、ハリウッドが戦闘不能になりアイスマンが敵5機に囲まれたことから出動することに。本番でジェット気流に飲まれグースの死がフラッシュバックする瞬間もありましたが、持ち前の才能で敵4機を撃墜させ無事に作戦は成功しました。

本作は青春映画と航空アクションの要素を見事に融合させ、世界中で大ヒットを記録。主演のトム・クルーズを一躍スターダムに押し上げました。

あの有名俳優達も出演していた!

『トップガン』トム・クルーズ
© PARAMOUNT/zetaimage

『トップガン』の大ヒットによって一気にトップスターの仲間入りを果たした主演のトム・クルーズ。 その他にもヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスなど、そうそうたる面々が本作出演後に大ブレークを果たしました。

『トップガン』旋風を巻き起こす!

映画公開後、パイロット達のミリタリージャケットや、トム・クルーズが劇中で着用していたワッペン付きフライトジャケットが大流行。 また主人公マ―ヴェリックの愛車バイク、カワサキ・GPZ900Rが一躍人気車種になるなど、日本でも『トップガン』旋風を巻き起こしました。

前作『トップガン』で活躍したキャストたちの現在

本作では主演のトム・クルーズ、ヴァル・キルマー以外のキャストは一新されるようです。ほとんどのキャストが高齢になっているので、仕方がないのかもしれませんね。 前作で活躍した名優達はその後どうなっているのか、彼らの現在を追ってみました。

恋人役だったケリー・マクギリスはアルコールや薬物依存に悩まされていた

チャーリー シャーロット・ブラックウッド ケリー・マクギリス トップガン
© Paramount Pictures/Photofest/Zeta Image

優秀な航空物理学博士で、民間人の教官としてトップガンに協力したチャーリー。マーヴェリックの恋人を演じたケリー・マクギリスは、出演しないことが確定しました。 出演作こそ多くないものの、前作の後も『告発の行方』(1989年)などコンスタントに女優業を続けながら、後進の育成にも力を入れるケリー。私生活はまさに波乱万丈で、一時期はアルコールや薬物依存に悩まされたり、2度の離婚と結婚を繰り返したりしました。 彼女は続編への出演について問われ、オファーがなかったことを明かしています。

相棒・グース役のアンソニー・エドワーズも出演はなし?妻のメグ・ライアンも

アンソニー・エドワーズ
©Joseph Marzullo/WENN.com/Zeta Image

グースはサンダウンの前任RIOを務め、マーヴェリックと固い絆で結ばれました。不慮の事故で亡くなっていることから、続編には登場しないようです。 元相棒を演じたアンソニー・エドワーズは、ドラマ「ER緊急救命室」シリーズでグリーン役を演じ、ゴールデングローブ賞の主演男優賞を受賞。その後も、映画『ゾディアック』(2007年)やドラマ「サバイバー: 宿命の大統領」(2016年~2019年)などに出演しています。

メグ・ライアン
©︎Art Trainor-PHOTOlink.net./Art Trainor-PHOTOlink.net/Newscom/Zeta Image

妻キャロル・ブラッドショウは登場しますが、先述の通りジャン・ルイザ・ケリーが演じます。 メグ・ライアンは『トップガン』で注目を浴びた後、トム・ハンクスと共演した『めぐり逢えたら』(1993年)、『ニューヨークの恋人』(2002年)などに出演。2015年に映画監督デビューも果たし、映画業界で輝かしい活躍を見せています。

“理想の上司”ヴァイパー役のトム・スケリットは?

トム・スケリット
©WENN.com/Zeta Image

優秀なパイロットであり、トップガンでは教官のトップだったヴァイパー。元同僚の息子であるマーヴェリックに、厳しくも優しく接する姿が印象的でした。 理想の上司を演じたトム・スケリットも、残念ながら続編への出演はありません。トムは前作に出演したのち、ドラマ「ピケット・フェンス」(1992年~1996年)でエミー賞を獲得。近年は映画『ラッキー』(2018年)に出演するなど、90歳を目前にしていまだ現役です!

続編『トップガン マーヴェリック』もさらなる伝説に?!

トップガン マーヴェリック
©︎PARAMOUNT/zetaimage

続編『トップガン マーヴェリック』は公開延期が続きましたが、2022年5月27日についに日本公開。 前作の全米公開日(5月13日)は、ファンが交流を深めるメモリアルデー「トップガンデー」となっており、日本でも2020年に「トップガンの日」に認定!そんな中で公開となる続編も、新たなキャストや前作からの繋がりなど、気になる情報が次々と発表されています。 トム・クルーズが極限までリアルを追求したという、迫力の飛行シーンにも期待しましょう!