川尻しのぶ、吉良吉影に恋する主婦とは【ジョジョ4部】

2017年8月23日更新

川尻しのぶは「ジョジョ4部」におけるラスボス吉良吉影に恋する主婦です。息子の川尻早人とともに杜王町連続殺人事件を解決するための後半のキーパーソンにもなっています。今回は、吉良と出会ってからどんどん印象が変わっていったしのぶの魅力をご紹介します。

川尻しのぶ、吉良吉影に恋する専業主婦

「ジョジョ4部」に登場する川尻しのぶは川尻浩作の妻で、息子には川尻早人がいます。夫・浩作とは短大時代に出会い、二人の間に早人ができたことで結婚しました。また、ペット禁止の借家でこっそりネコを飼うほどのネコ好きでもあります。 結婚後は浩作とうまくいかず、早人の母親としても責任を果たしていませんでしたが、皮肉にも浩作に成りすました吉良と出会ったことで徐々に変わっていきます。「ジョジョ4部」には物語が進むにつれて成長し、読者の想像を超えて活躍するキャラクターが多く、しのぶもそんな変化が楽しいキャラクターの一人と言えるかもしれません。

川尻浩作との関係性と灰色の日々

しのぶは、早人とともに「吉良吉影の新しい事情 その1」から本格的に登場していきます。その時からすでに、旦那である浩作は吉良が成りすましているために、過去の浩作としのぶの関係が読み取れる情報は限られていますが、しのぶの様子を見る限りではうまくいっていなかったようです。 エピソードの冒頭で、しのぶは心の中で浩作を“つまんない男”と呼び、短大時代の周りへの優越感で結婚したことへの後悔を語っています。初登場時のしのぶは、母親にも女にもなれずただ淡々と家事をこなす灰色の日々を過ごしていました。

吉良吉影との出会い、女として母親として目覚めた川尻しのぶ

そんなしのぶは吉良と出会ってから劇的に変化していきます。浩作として殺人衝動を抑えつけて生活していた吉良は、家賃を回収に来た大家のカバンからお金を盗み出したり、就寝前のしのぶの首を絞めかけて服を破ったりと、不審な行動を重ねます。 それを見たしのぶは夫らしくないと違和感を覚えながらも、“つまんない男”とは打って変わった危険な香りにときめきを感じてしまいます。それからは、吉良扮する浩作に積極的なアプローチを仕掛けるようになり、夫に恋する魅力的なしのぶが描かれています。 さらに浩作との関係が変化したことも影響して、早人の母親としても成長していきます。当初、早人のことを「何考えているかわからない」と言っていたしのぶが、「ところであんた……最近背のびた?」と語りかけるラストシーンは、「ジョジョ4部」の中でも屈指の泣けるシーンです。

アニメ版「ジョジョ」で川尻しのぶを演じた声優は?

アニメ版「ジョジョ4部」でしのぶを演じたのは嶋村侑です。今回の川尻しのぶ役では、次第に女として開花していくしのぶを色っぽく演じています。 他には『進撃の巨人』のアニ役、『ギルティクラウン』の校条祭役などが有名です。2015年には『GO!プリンセスプリキュア』の春野はるか役で、テレビアニメ初主役を務め、これからの活躍にも期待がかかります。