映画『ジョジョの奇妙な冒険』実写キャスト・あらすじ【公開後の評価感想・ネタバレも!】

2017年12月26日更新

荒木飛呂彦による名作マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化映画が8月4日に公開されました。第4部『ダイヤモンドは砕けない』を三池崇史監督、山崎賢人主演で描く本作のキャストや見どころを徹底解説していきます。

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開!

主演キャストには山崎賢人が抜擢!意外にも億泰の演技が最高……?

荒木飛呂彦が“人間賛歌”を描き出したマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』。2017年現在も第8部が絶賛連載中です。 絶対実現しないであろうと言われていた実写映画化が、このたび東宝とワーナーブラザーズの共同制作・配給という形で決定しました。 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と発表されたタイトルは、何やらシリーズ化をも匂わせますね。この記事では気になるあらすじ・実写キャストなど、最新情報を紹介します。

映画「ジョジョ」の感想・評価が気になる人はこちらをチェック【ネタバレ注意】

超大作『ジョジョの奇妙な冒険』をザックリ説明!

荒木飛呂彦によって描かれる人間賛歌、『ジョジョの奇妙な冒険』の複雑なストーリーについてあえてザックリと説明すると、体に星のあざを持つジョースターの一族(ジョジョ)が、宿敵DIOやその意志を受け継ぐ後継者たちと、何世代にもわたって死闘を繰り広げていくというもの。 ホラーサスペンスといった趣で1986年に連載が始まったこの作品は、波紋やスタンドなどの概念を取り入れながら変化していき、およそ30年に渡って様々な世代に愛されています。また絵柄、セリフが独特で中毒性が強いのも特徴で、そのファッションやキャラクターの姿勢(ジョジョ立ち)などは度々話題になります。 現在は、連載の媒体を週刊少年ジャンプから青年誌であるウルトラジャンプに移しましたが、その魅力は健在。アニメやゲームなど様々なメディアミックスも行われてきました。 実写化は最後の関門だったのです。

登場キャラクターを家系図・相関図でわかりやすく解説!

実写映画化されるのは『ジョジョ』の第4部!キャストはどうなる?

日本(S市杜王町)に舞台に、ほのぼのとした日常の裏に潜むミステリーを独特な感性で描かれる第4部。仗助をはじめ空条承太郎、広瀬康一、岸辺露伴、吉良吉影など強烈な個性を持ったキャラクターが登場することでも人気な作品です。 外国の血も入ったキャラクターが多く登場する本作。実写化第1弾には、日本が舞台の4部が選ばれました。キャストは主演の山崎賢人をはじめとする、日本を代表する俳優陣がキャスティングされています。 実写キャストに関する情報は、記事中盤で詳しく説明しています。

第4部が実写化に選ばれた理由

撮影現場にてプロデューサーの平野隆が、4部を実写化に選んだ理由を明かしました。 日本を舞台に展開されるジョジョの第4部。日本人キャストを迎えて実写化するうえで“日本が舞台”という点が1番重要だったとのこと。 平野プロデューサーは他のシリーズを選び、キャラクターたちの名前をカタカナにすることも考えたんだとか。しかし原作の世界観を壊さないためにも、日本が舞台の4部の実写化に踏み切りました。 平野をはじめとする製作陣は、第4部がスリリングな展開で根強い人気もあるため面白い作品になると自信を漲らせています。

映画を観る前に知っておきたいキャラクターのスタンド解説

新しく公開された予告では、それぞれの登場人物のスタンドが実写で再現されています。CGを使いイメージ通りに再現されているのではないでしょうか? ciatrのこちらの記事では4部に登場するキャラクター紹介と、各キャラが使用するスタンドを詳しく解説しています。映画を観る前に読んでおきましょう!

ビジュアルが続々解禁!キャスティングには賛否両論?

ビジュアルが公開され賛否両論の声が渦巻いていますが、小松奈菜演じる山岸由花子は原作を忠実に再現しているとの声も挙がっています。 漫画実写化の配役に批評はつきもので、本作も例外ではありません。実写化が発表された際には、キャスティングに全く関係のない俳優の北村一輝がTwitterでトレンド入りするという珍事も。何やらファンの間では北村一輝が実写化に向いてるとの声が多かったようです。 それでは公開されたビジュアルとともに、作品を彩るキャストを見ていきましょう!

映画『ジョジョの奇妙な冒険』の主演キャストには山崎賢人!

東方仗助/山崎賢人

第4部の主人公・東方仗助に扮するのは、映画・ドラマともに引っ張りだこのイケメン俳優山崎賢人。これまで恋愛ジャンルに数多く出演してきた売れっ子という印象の彼が抜擢されました。 今回の仗助のような役は意外、と思われる人も多いでしょうが、その分未知数の期待も抱いてしまいます。2016年にオンラインで公開されたマンガ『キングダム』の10分間の短編映像では男らしい演技も披露していますよ。 筋肉質な仗助に近づけるための役作りをもう始めている、と会見で語っていた山崎賢人。どんな「グレーートッ!」な仗介像を作り上げてくれるのか楽しみですね。

3部の主人公でもあった空条承太郎には伊勢谷友介!

空条承太郎/伊勢谷友介

空条承太郎を演じるのは伊勢谷友介。東京芸大を卒業し、ニューヨーク大学で映像を学ぶなど、アカデミックな面を持つ俳優です。映像に関わる人間としてのこだわりを貫くタイプの人物で、出演作は厳選しているようですが、その分出た際にはこだわった演技を披露してくれます。 会見では原作への愛とともに実写化への強い責任感を滲ませました。承太郎は癖の強い難役だと思いますが、彼なら大丈夫かも。伊勢谷版「やれやれだぜ」、女性ファンは悶絶必至です。

ジョジョの魅力そのものでもある個性的なキャラクター

東方仗助

4部の主人公・東方仗助はジョセフ・ジョースターの隠し子であり、空条承太郎の叔父(ややこしい)にあたるジョースター家の血統を持つ少年です。3人家族。 カチカチに決まったリーゼントの髪型、そして長ランに仕立てた変形学生服に身を包みいかにもヤンキー風な出で立ちですが、杜王町で普通の学生生活を送る心優しい青年です。しかしリーゼントを馬鹿にされると異常なほどブチ切れてしまうという衝動的な一面も。 仗助の持つスタンド・クレイジー・ダイヤモンドは、触れたものや殴ったモノ、生物などを修復して元どおりにする能力を持ったスタンドで、特集能力以外の基本パワーなども突出して高いのが特長です。「ドララララァッ!」と怒号を発しながらパンチを繰り出します。

空条承太郎

第3部の主人公で、ジョジョサーガの登場人物の中でも最も人気があると言っても過言ではない空条承太郎。圧倒的なパワーを持つスタンド・スタープラチナを操り、ジョースター家の長年の宿敵DIOとの因縁の対決に終止符を打った男です。 第4部『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』では、海洋学者となって大人びた姿で登場。実写映画版でも仗助の良き理解者、そして最強の仲間として活躍するでしょう。

第4部のヴィラン・アンジェロのキャストには山田孝之

片桐安十郎(アンジェロ)/山田孝之

本作ファンにはアンジェロ岩でおなじみの片桐安十郎。IQ160の鬼畜殺人鬼かつ性犯罪者な彼は、一度死刑を執行されたものの“スタンドの矢”の影響で復活。スタンド使いとなって東方家に侵入するエピソードは第4部の見どころの一つです。 今回の実写化にあたって、吉良吉影の登場のアナウンスがないことから、彼が本作のメインのヴィランになるのかも?? 片桐安十郎役に抜擢されたのは、山田孝之です。三池崇史監督作品の常連俳優で『クローズ』シリーズや、2010年の『十三人の刺客』、2016年の『テラフォーマーズ』に出演済みで、監督にとっては信頼のおけるキャスティングなのでしょう。

今最も旬な俳優・小松奈々と神木隆之介も参戦!

山岸由花子/小松菜奈

山岸由花子は劇中で最もかわいいとされているぶどうが丘高校に通う美人な女子高生で、かつ成績優秀で料理も出来るハイスペックでありながら、思い込みが激しく身勝手であり、暴走すると下品な口調に変貌してしまうヤンデレです。またスタンド能力は髪の毛を自由に操れるラブデラックスです。 由花子は実は広瀬の事を異常なまでに愛しており、ヤンデレでありながら片思いなので少しかわいい部分を持っています。 山岸由花子は小松菜奈が演じています。モデルとして活躍する中、最近では2015年公開の『バクマン。』のヒロイン役や2016年公開の『溺れるナイフ』で映画初主演を果たすなど今注目の若手女優の中の1人です。

広瀬康一/神木隆之介

広瀬康一はどこか頼りないどこにでもいる普通の少年。でしたが、仗介たちと関わっていくことで数々の窮地に立たされ人間的に成長していくキャラクターです。物語途中から目覚めたスタンド「エコーズ」の進化と共に、4部の中で最も変化した少年といえるでしょう。仗介や岸辺露伴との関係もなんともいい感じでした。 また第4部は、康一の体験を彼自身が語っていくという体裁で物語が進行していきます。いわばナビゲーター的な存在なんですね。

広瀬康一に扮するのは神木隆之介です。子役から現在まで、ずっと第一線で活躍し三池監督とは2005年の妖怪大戦争でタッグを組みました。

虹村兄弟の実写キャストを紹介!

虹村形兆/岡田将生

虹村形兆は億泰の実の兄、虹村兄弟として『ジョジョの奇妙な冒険』で弓矢によりスタンド使いを生み出す能力を持っています。元々家族思いの優しい面を持っていますが、父親を怪物に変身させられたことから愛は憎しみへと変貌します。 ジョジョに対抗しますが、最後にはレッド・ホット・チリ・ペッパーに襲撃された弟(億泰)をかばい死亡します。 虹村形兆は、ドラマ『ゆとりですがなにか』で第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞を受賞した岡田将生が演じます。

虹村億泰/新田真剣佑

虹村億泰は形兆の弟で、仗助とは元々は敵でしたが心変わりして今では親友になっています。また、人懐っこい憎めないバカでありながら語彙力はかなり高いです。また、スタンド能力は高く強力であるためゾッとするスタンドだと兄に言われています。が仗助とのタイマンではほぼ負けており戦闘成績も悪いです。そこが憎めない所でもあるのではないでしょうか。 虹村億泰を演じるのは新田真剣祐です。映画『ちはやふる』で主人公と幼馴染の綿谷新を演じ、一躍話題になりました。また、その後も『仰げば尊し』にも出演するなど注目の若手実力派俳優の中の1人です。

映画『ジョジョの奇妙な冒険』に出演するその他のキャスト

東方朋子/観月ありさ

東方仗助の母親役、東方朋子を『ナースのお仕事 ザ・ムービー』主演の観月ありさが演じています。主人公仗助の母親という重要な役どころですが、美人で元ヤンキーの設定は長身の観月ありさにピッタリではないでしょうか。

東方良平/國村隼

東方仗助の祖父役、東方良平を演じるのは映画『進撃の巨人』で憲兵団のクバル役でおなじみの國村隼が演じています。東方良平は元警官で普段はお茶目な性格、仗助が大好きなおじいちゃんでもありました。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』実写化の重責を担う監督は三池崇史

本作の監督を務めるのは、漫画原作の実写化を数多く手がけ、暴力表現にも鋭い感覚を見せる三池崇史。 今回の東宝・ワーナーからのオファーを受けた三池は、3日間眠れなかったと話し「逃げるわけにはいかない」と正直な心境を吐露しましたが、「これを作った後に何を作ればいいのかと思えるような作品を作りたい。」と強い意気込みも見せてくれました。 杜王町は、スペインのカタルーニャ地方シッチェスをロケ地として描かれるそう。今後シリーズ化すれば外国人の起用もあり得るとのことです。(ジョセフ・ジョースターやトニオ・トラサルディーのことでしょうか?)

アンジェロの全貌が徐々に明らかに!山田孝之「いろんな殺し方を考えた」

残虐な殺人鬼アンジェロを演じる山田孝之の場面写真が公開されました。鋭い目つきで一点を見つめる山田は、史上最低の凶悪犯という言葉にぴったりな雰囲気を醸し出しています。 制作発表会見で、山田孝之は「アンジェロは素の自分に近い」とまさかの冗談発言をし会場をどよめかせました。制作に入ってからは役作りとして、道行く人をどうやって殺そうかという視点で見ていたそうです。 すっかり史上最低の殺人鬼になりきった山田孝之の演技に注目が集まります。

【ネタバレ】アンジェロ岩になるために山田孝之が見せた俳優魂?

ジャパンプレミア開催! #ジョジョ映画

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』公式さん(@jojomovie_jp)がシェアした投稿 -

映画公開直前の7月26日、本作のジャパンプレミアが開催されました。監督を務めた三池をはじめ、豪華出演者が揃って登壇。映画製作の裏側を語ってくれました。 原作ではアンジェロは最終的に岩にりますが実写映画でもそのシーンは描かれるそうで、“岩になるための役作り”をしたとジョークを飛ばす山田。「撮影に入る4か月前から小石を食べ始め、徐々に石のサイズを大きくしていき最終的に岩と同化できた」と満足げに語っていました。 主演の山崎賢人も「人間に戻れてよかった」と、山田のジョークに乗っかり会場は笑いに包まれました。

「ジョジョ」ロケ地スペインで岡田将生が流血して気を失う?!

#ジョジョ映画 #虹村形兆 #岡田将生

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』公式さん(@jojomovie_jp)がシェアした投稿 -

ジャパンプレミアでは岡田将生のハプニング秘話も暴露されました。 スペイン・バルセロナでのロケ期間中、ホテルのお風呂場で足を滑らせた岡田将生が頭を打ち、1時間ほど気を失っていたというのです。このことを三池監督に暴露された岡田はタジタジ。 目が覚めたら湯舟が真っ赤だったんだとか。大事に至らなくて本当に良かったですね。 そんな岡田演じる虹村形兆を心から慕う弟・億泰を演じた新田真剣祐は、役柄と同じように岡田のことを尊敬していたそう。カメラが止まっているときも「兄貴」と呼び、億泰としても真剣祐としても岡田のことを“愛していた”と、熱視線を向けていました。 そんな新田からの愛情に、再びタジタジになった岡田将生でした。

海外では好評価?スタンディングオベーションが起こる!

ヌーシャテル国際映画祭でのワールドプレミアは大盛況‼️ #ジョジョ映画 #山﨑賢人 #三池崇史 #nifff17

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』公式さん(@jojomovie_jp)がシェアした投稿 -

スイスで6月30日から開催されたヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にと、カナダで開催された第21回ファンタジア国際映画祭に正式出品した本作。 日本公開は8月4日ですので、一足先に封が切られることになり、監督の三池崇史と主演の山崎賢人はそれぞれの現地に赴きました。 海外映画祭への参加を1つの目標にしていたという山崎ですが、作品上映後「トレビアン!」の歓声とともにスタンディングオベーションが巻き起こったことに感動。監督も海外での評価は励みになると心境を語りました。

映画『ジョジョの奇妙な冒険』公開に向けてキックオフイベントを開催

6月19日、映画公開にむけてキックオフイベントが開催されました。イベントには、山崎賢人が本作で披露しているリーゼントにちなんで発足した「ジョジョリーゼント部」所属の女子中高生300人が集結。 黄色い歓声の中、地毛でつくったリーゼント姿で登場した山崎は、スペインで行われたロケについて語りました。日本に似た雰囲気を持ったスペインはジョジョの世界を表すのに最適な舞台だったと言います。 また撮影の合間には共演者の新田真剣佑や神木隆之介らとともに行動していたようで、FCバルセロナの試合を観戦。サッカー欲をくすぐられた山崎は、サッカーボールを購入し神木とビーチで遊んだというお茶目なエピソードも披露しました。

ジョジョ実写映画はシリーズ化予定?続編に意欲的!

原作となる『ジョジョの奇妙な冒険』は空前の大ヒットとなった長編漫画、実写化は困難と言われていた作品だけに三池崇史監督も意気込んでいます。 元々擬音や効果音を多用する漫画でありどう表現するか見どころですが、今回実写化されるのは『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部、この映画のプロデューサーはまず第4部を完結させるために第1章のほか数本が必要と示唆しています。 三池監督も次回作を含め、ほかのシリーズの映画化にも取り組みたいと意思を表示。登場人物が日本人でないことなどがネックですが、いつかは他のシリーズも実写化することが夢だと話しました。

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開日は8月4日!

本作は2017年8月4日全国公開予定です。スタンドやキャラクターの背景など、見どころ満載の実写映画に期待です! (*山崎賢人は正しくは山﨑賢人ですが、機種依存文字のため表記を変えています。)