2017年11月16日更新

『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2のあらすじ・キャスト情報、見所まとめ!

ジェシカジョーンズ

『ジェシカ・ジョーンズ』は有料動画配信サイトNetflixとアメコミヒーロー制作会社であるマーベルがコラボして製作されたドラマです。シーズン2の内容などの詳しい発表は未だありません。今回はシーズン2についての情報を集めたので紹介したいと思います。

『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2はどうなる?

有料動画配信サイトNetflixとマーベルが共同で製作している海外ドラマ、『ジェシカ・ジョーンズ』。2015年にシーズン1の放送が始まってからしばらく経ち、シーズン2はいまかいまかと騒がれています。 一体どのような内容となるのか、今までのあらすじはどうだったか、そして気になる配信日はいつか紹介していきます。

『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1のあらすじ

ジェシカ・ジョーンズはニューヨークでエイリアス探偵事務所を構える私立探偵。彼女は以前空を飛ぶ能力と超人的な怪力を持つスーパーヒーローとして活躍していました。しかし、ある事件がきっかけでヒーローを辞め、PTSDに苦しんでいました。 ある日、探偵所を訪ねてきた夫婦に失踪した娘を探して欲しいと依頼されます。その娘の居場所を捜査していくうちにヒーローを辞める原因となった死んだはず人物が事件に関係していることに気づきます。ジェシカ・ジョーンズは現実から逃げたい衝動を抑えながら向き合っていくのです。 そして、物語の鍵となるのがキルグレイブ(原作ではパープルマン)という人物。彼は過去にジェシカ・ジョーンズと交際しており、言葉を発しただけで人を洗脳することができる能力を持っています。ジェシカ・ジョーンズを必要に追い回すので、この人がきっかけで彼女はPTSDに苦む事となりました。 あくまでも彼女はヒーローなのでなるべくキルグレイブを殺さないように奮闘しましたが、ことごとく失敗。そこで彼女は彼を殺すことを決意し、シーズン1の最終話でキルグレイブを倒すことに成功しました。

シーズン2の内容【予測】

シーズン1の最終話ではジェシカ・ジョーンズがキルグレイブの能力に操られているフリをして、彼の首をへし折るという結末でした。前作のように死んだはずのキルブレイブが生きているのではないか、というのも物語の中心となる可能性が高いです。 あともう1つはジェシカ・ジョーンズが能力を持つきっかけとなった謎の組織IGHの真相に迫ることにとなることが考えられます。シーズン1ではこの組織の一員で、人の能力を覚醒させることのできる医者が登場しました。この組織との対立がメインテーマとなることは間違いないでしょう。

『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2のメインキャスト紹介

ジェシカ・ジョーンズ役:クリステン・リッター

Photo by @andrewwhitey for today’s SUNDAY NEW YORK TIMES! Feature on #bonfirethebook by @ditzkoff check it out! ????????

Krysten Ritterさん(@therealkrystenritter)がシェアした投稿 -

クリステン・リッターは2001年19歳の頃に『恋する遺伝子』でデビューしました。その後も順調にキャリアを重ね、2012年にはコメディドラマ『23号室の悪魔』で主演の天才詐欺師役を務めました。作中では心に闇を抱えつつ、強い女性を演じています。

ギルグレイヴ役:デイヴィッド・テナント

???? @entertainmentweekly #jessicajones

Krysten Ritterさん(@therealkrystenritter)がシェアした投稿 -

デイヴィッド・テナントはスコットランド出身の俳優で2005年に『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で悪役のバーティ・クラウチ・ジュニアを演じ、世界的に注目を集めました。子供の頃にイギリスのSFドラマ、『ドクター・フー』を見たことがきっかけで俳優を目指したことでも有名です。

トリッシュ・ウォーカー役:レイチェル・テイラー

前作ではトリッシュがある程度鍛えられ強くなっていました。シーズン2でもその強さは健在のようで、服装も元ネタになっているヘルキャットに近い格好をしています。レイチェル・テイラーは2011年から放送された海外ドラマ、『グレイズ・アナトミー』のシーズン7からルーシー役で出演しています。

ジェリ・ホガース役:キャリー=アン・モス

1999年の『マトリックス』にも出演していたキャリー=アン・モス、クールなトリニティ役とは違って、『ジェシカ・ジョーンズ』ではマーベル史上おそらく初の同性愛キャラを演じています。ちなみに彼女の役は原作では登場しないオリジナルのキャラクターです。

『ルーク・ケージ』にも出演、マイク・コルターにも注目

彼は2004年の『ミリオン・ダラー・ベイビー』で、クリントン・イーストウッドが演じるフランキーの弟子であるビック・ウィリーを演じ、注目を集めました。彼が演じるルークは、スーパーヒーローで強靭な皮膚を持っています。 Netflix×マーベルの第3弾『ルーク・ケージ』は2016年からNetflixにて配信されています。

シーズン2は全て女性監督、メリッサ・ローゼンバーグが演出

2015年から2016年にかけて女性がテレビドラマを演出した割合は全体におけるたったの17%でした。そんな数少ない女性監督が『ジェシカ・ジョーンズ』を製作しています。メリッサ・ローゼンバーグはエミー賞、全米脚本家組合賞をそれぞれ2回ずつ受賞しています。 彼女は2008年の『トワイライト』の全てのセリフの責任者でもあります。女性監督という発表には主演のクリステン・リッターも大興奮。作品に表れる女性観も注目すべきポイントです。

キルグレイブはどのように再登場する?

米エンターテインメント・ウィークリー誌ではシーズン2でもキルグレイブ役のデイヴィッド・テナントが出演することを発表しました。ここで一番気になるのはシーズン1の最終話で死んでしまったキルグレイブがどのように再登場してくるのかということです。 考えられる展開の1つとして、シーズン1でキルグレイブはジェシカ・ジョーンズに自分が死んだらどうなるかわからないぞと脅している場面がありました。これはもしかすると肉体は滅んだとしてもジェシカ・ジョーンズの心の中で生き続けるということを暗示しているのかもしれません。 さらに、前作と同じように「死んだはずのキルグレイブが実は生きている」というテーマが繰り返されるという展開も考えられます。いずれにせよ、キルグレイブがシーズン2でどのようにストーリーに関わってくるのか注目すべきところです。

『ザ・ディフェンダーズ』にジェシカ・ジョーンズが登場

『ザ・ディフェンダーズ』はNetflixで2017年8月から配信が始まった作品です。Netflixで配信されている『デアデビル』、『アイアン・フィスト』、『ジェシカ・ジョーンズ』、『ルーク・ケイジ』で登場するヒーローたちが登場しています。 ストーリーは彼らが手を組んで、強力な敵に立ち向かっていくというものとなっています。作中で登場するジェシカ・ジョーンズにも注目です。

ディズニーは独自のストリーミングを開始、マーベルも?

ディズニーは2017年8月8日、Netflixで配信されている動画を引き揚げ2019年から独自のストリーミングサービスを開始することを発表しました。今回発表された中ではマーベルやスターウォーズの作品の引き揚げについての報告はありませんでしたが、それぞれ独立する可能性は十分にあるでしょう。

『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2、気になる配信日は?

気になる配信日ですが、未だ発表されていません。8月から配信開始された『ザ・ディフェンダーズ』次第だったので、もうまもなく2018年頃に『ジェシカ・ジョーンズ』のシーズン2も配信されると予想されます。シーズン2についての最新情報に注目です。