ドラマ『ディフェンダーズ』あらすじ・キャスト【Netflixマーベル】

2017年7月21日更新 9978view

マーベルコミックのヒーロー及びヒロインによって結成されたチーム、“ディフェンダーズ”。そんな彼らの物語が、Netfiixによってテレビドラマ化されます。気になるあらすじやキャストの情報など最新情報をご紹介します。

マーベルとNetflixがお送りする期待大のドラマ『ディフェンダーズ』

デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィストといったマーベルコミックのヒーロー及びヒロインが大集結するドラマシリーズ『ディフェンダーズ』。マーベルコミックで人気のヒーローチームがNetflixでドラマ化されるとあって話題になっています。 この記事では、2017年8月18日から配信される本作の情報をまとめてご紹介します。

『ディフェンダーズ』の気になるあらすじは?

ディフェンダーズ、とはマーベルコミックに登場するヒーロー、ヒロインによって結成されたチームです。ディフェンダーズを作ったのは、同じくマーベルコミックのヒーローで、2016年に俳優ベネディクト・カンバーバッチ主演で単独映画の公開が決まっているドクター・ストレンジです。

詳細なあらすじはまだ明らかになっていませんが、チームが拠点としているニューヨーク・シティを舞台とした展開になることは間違いないでしょう。

同じくニューヨーク・シティを拠点としているマーベルヒーローといえば、ファルコンがいます。ファルコンはアベンジャーズのメンバーですが、本作に登場する可能性も捨てきれません。

ドラマ『ディフェンダーズ』の魅力的なキャスト達

デアデビル/チャーリー・コックス

ニューヨークの犯罪地域ヘルズキッチン出身で、盲目のヒーローであるデアデビルを演じるのは、俳優チャーリー・コックスです。

コックスはイギリス出身です。2007年に映画『スターダスト』でデビューして以来、映画や舞台などで経験を積んできました。彼の名前が知れるきっかけとなった作品は、2010年からアメリカで放送されているHBO制作の禁酒法時代のアメリカを舞台にしたドラマシリーズ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』でした。

デアデビルはすでに2015年に単独主演のテレビドラマが配信されていますが、コックスの演技は高く評価されており、アメリカの視覚障碍者団体から表彰も受けています。

ジェシカ・ジョーンズ/クリステン・リッター

事故によって超人的能力を手に入れてしまったスーパー・ヒロイン、ジェシカジョーンズを演じるのは、アメリカ出身の女優クリステン・リッターです。

リッターは15歳のころからモデル活動をしていました。日本も含む世界各国でモデルの仕事をしていましたが、しだいに彼女の興味は演技へと移っていきます。その後2001年に映画『恋する遺伝子』で女優デビュー。以来、テレビドラマや映画などで女優活動を続けつつ、バンドを組んで音楽活動も行っています。

ルーク・ケイジ/マイク・コルター

マーベルを代表する黒人ヒーロー、ルーク・ケイジを演じるのはマイク・コルターです。

コルターはアメリカのコロンビアに生まれ、大学で演劇を学びます。コルターの出世作は、2004年公開の『ミリオンダラー・ベイビー』です。貧しい家庭に育った女性が、ボクサーとして成功する過程を描いたこの作品で、コルターはビッグ・ウィリーというボクサー役で出演し、俳優として注目をあびました。

ダニー・ランド(アイアン・フィスト)/フィン・ジョーンズ

裕福な家に生まれつつも両親を失い孤児となり、修行を積んで鋼より固い拳をもつカンフーマスターのヒーロー、ダニー・ランドことアイロンフィストを演じるのは、俳優のフィン・ジョーンズです。

ジョーンズはイギリス出身です。ロンドンの演劇学校で学んだのち、テレビドラマへの出演を重ね、2011年にHBO製作の人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』にロラス・タイレル役と出演して注目を浴びました。

マーベルヒーロー単独ドラマとクロスオーバー

Netflixは、ディフェンダーズに所属する四人のヒーロー及びヒロインの単独のテレビドラマシリーズも制作しています。本作は、そんな単独シリーズとクロスオーバーしたストーリー展開になります。 既にシーズン2まで配信されている『デアデビル』の製作指揮は、ダグラス・ペトリーとマルコ・ラミレスが担当していますが、『ディフェンダーズ』も同じ二人が製作指揮を取ることが発表されています。

『ディフェンダーズ』の放送日はいつ?

ドラマ『ディフェンダーズ』は2017年8月18日Netflixより配信が開始されます。