2018年6月20日更新

『ストレンジャー・シングス』女優のスピーチが話題に!MTVアワードで最優秀演技賞を受賞

JIM RUYMEN/UPI/Newscom/Zeta Image

『ストレンジャー・シングス』での演技が評価され、MTVアワードの最優秀演技賞を受賞した女優、ミリー・ボビー・ブラウンの受賞スピーチが話題となっています。

『ストレンジャー・シングス』女優がMTVアワードで見事、最優秀演技賞を受賞!

ミリー・ボビー・ブラウン
JIM RUYMEN/UPI/Newscom/Zeta Image

Netflixが誇る大人気オリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』でメインキャストの一人、イレブンを演じたミリー・ボビー・ブラウン。作品のヒットとともに女優として名を馳せた彼女が、アメリカの大手ケーブルテレビチャンネルMTVが主催する、MTVムービー&テレビアワードで最優秀演技賞を受賞しました! ミリー・ボビー・ブラウンは授賞式には出席できなかったものの、その場では事前に用意された受賞コメント映像が流され、その中で彼女が語ったメッセージが話題となっています。

「いじめなんて必要ない」弱冠14歳の女優が語る力強いメッセージが話題に

スピーチの中で、彼女は『ストレンジャー・シングス』の製作陣、そして共演したキャストたちなど、作品に携わった全て人への感謝を述べ、最後にこう付け加えています。 「私はこれまで、上手く何かを言えないくらいなら言うなと教えられてきたけれど、いじめなんてこの世にある必要がないし、私も許すつもりはありません。みんなもそうであるべきだと思います。もしもいじめを越えていくために応援が必要だったら、インスタグラムで連絡してくださいね」 先日もツイッターでひどい嫌がらせを受けたことでツイッターアカウントを削除したばかりの彼女ですが、笑顔で力強いコメントをしました。まだまだ若い彼女の発言に勇気づけられる人も少なくないでしょう。今後の活躍が楽しみですね。