2018年9月10日更新

ドラマ「絶対零度」過去シリーズのあらすじ・キャストを解説!

大人気ドラマシリーズ、「絶対零度」の続編が2018年に夏ドラマでカムバック!気になる最新ドラマのあらすじと、これまでの2シリーズを振り返って、おさらいしておきましょう。

人気のテレビシリーズ「絶対零度」を徹底解説!

フジテレビのドラマシリーズの中でも人気を集めた「絶対零度」シリーズ。 2018年夏クールで最新シリーズの放送が決定しました。そこで今回は、新シリーズが始まる前に、これまでに放送されてきたシリーズ全てを復習します。 これまでに全部で2シーズン放送され、どちらも上戸彩主演のドラマでした。しかし2018年7月から放送スタートの新シリーズは、沢村一樹主演で新しい視点で描かれたストーリーになっています。前シリーズから引き継がれた部分と、新しい部分とが混在した作品です。

「絶対零度」各シリーズのあらすじをおさらい!【ネタバレ含む】

ドラマシリーズは今までにシーズン1『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』、シーズン2『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』と、その間の物語をスペシャルドラマで描いた『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Special』の三作品が公開されています。 まずはそれぞれのあらすじを、おさらいしていきます。

シーズン1『絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜』

シーズン1が放送されたのは火曜21:00の枠で、2010年4月13日~6月22日に放送。全11話で完結しました。 警視庁捜査一課に新たに設けられた、「未解決事件特命捜査対策室第4係」に配属された新人刑事の桜木泉が、個性の強い捜査員たちと事件を解決しながら成長していく物語。舞台となる対策室は、通称「コールドケース」と言われる、時効寸前の未解決事件を調査するために設立された部署でした。 刑事になってわずか三か月の泉は、人一倍正義感が強く、遺族への思い入れも強い彼女は、その熱意としつこさから、他の捜査員たちから鬱陶しがられながらも、事件を解決していきます。

『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Special』【2011年7月8日放送】

金曜21:00から放送された金曜プレステージの特別企画として、シーズン2に向けて作成されたスペシャルドラマです。シーズン1からシーズン2に繋がる重要な物語になっていて、ファンの間でも衝撃のラストが話題になりました。 桜木泉が八王子南署強行犯捜査係に異動してから、半年後。八王子の産婦人科医院の院長と男が一人、火事で死亡する事件が発生し、泉と4係のメンバーは捜査本部である八王子南署で再会を果たします。 しかし、そこでも捜査メンバーに入れてもらえない泉は、単独で捜査に参加します。次第に手がかりを掴み、4係のメンバーと共に、事件の黒幕を追いつめますが、すんでのところで塚本が撃たれ、泉の目の前で殉職してしまうのです。

シーズン2『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』

シーズン2は、2011年7月12日~9月21日までの火曜21:00枠で放送されました。シーズン1同様、こちらも全11話となっています。 スペシャルドラマの事件から一か月後、警視庁の人事異動による再編で、泉は「特殊犯罪捜査対策室」に配属されました。捜査一課に新しく設けられたこの部署は、情報を聞き出すために潜入捜査を行う部署でした。慣れない現場に戸惑う泉と、新しいメンバーとの成長や苦悩を描いた物語です。 スペシャルドラマのラストで逃亡したままになっていた黒幕の畑山昭子についても、シーズン2では取り上げられています。

そして、最新作「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の気になるあらすじは?

新月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のあらすじを一足お先にご紹介します。 ある事件を機に、総務部資料課の室長に配属された井沢。つかみどころのない飄々とした人柄ですが、実は元公安の超エリート刑事でした。そんな井沢率いる資料課は警察内でも極秘の任務を担っていて、それが「未然犯罪捜査システム」通称ミハンシステムを使った捜査だったのです。 ミハンシステムとは、“事件を未然に防ぐ”ために、日本中の監視カメラや個人情報などのデータを基に、AIが怪しい人物を特定し、名前だけを捜査員に教えてくれるといったシステム。それが正義であると信じて、ミハンチームの奮闘が始まります。

ここで、シリーズ出演キャストをおさらい!

これまでの「絶対零度」シリーズに出演しているキャストについて、作中の役柄、キャラクターを交えてご紹介していきます。

桜木泉(さくらぎいずみ)/上戸彩

上戸彩は、1985年生まれの女優で、ドラマ『3年B組金八先生』で性同一性障害を抱える難しい役に抜擢されました。このドラマが放送された2001年当時は16歳で、若手女優の中でもとても人気でした。フジテレビ系ドラマは2008年の『セレブと貧乏太郎』以来の主演作品となりました。 そんな上戸彩が演じる桜木泉は、事件を解決する熱意と正義感が強く、自宅に帰らず対策室で寝泊まりするほど仕事熱心な新米刑事。 遺族に対する思い入れも強く、事件解決への思いも人一倍。事件の内容を細かくメモに残し、加害者や被害者と同じ行動をして、なぜこうしたのか、という捜査を勝手に始めてしまいます。 スペシャル、シーズン2を経て成長しており、シーズン3では一流の捜査官になるも、失踪しているキーパーソンとして出演しています。

塚本圭吾(つかもとけいご)/宮迫博之

「雨上がり決死隊」のボケ担当として知られるお笑い芸人の宮迫博之は、1970年生まれで、第1シーズンの放送当時は40歳でした。高い演技力が評価され、ドラマや映画にも出演しています。同じフジテレビドラマでは『救命病棟24時』にレギュラー出演していました。 本作で演じる塚本は幼い頃、母親をひき逃げの被害で亡くしており、その事件を解決するために刑事になります。しかしその事故は時効を迎え、犯人逮捕は叶わずに終わってしまいます。それ故に未解決事件に対する憎しみ、思い入れが強い刑事です。 武道を得意とする熱血漢な一面があり、プロファイリングなどの頭脳派で捜査するメンバーとの衝突もありますが、自身の経験などから遺族や被害者への心遣いなどを見せることもあります。 スペシャルドラマのラストで黒幕であった畑山に射殺され、殉職してしまいますが、シーズン2以降も回想シーンにて出演しています。塚本の殉職は、ファンの間でも衝撃だったようです。

瀧河信次郎(たきがわしんじろう)/桐谷健太

シーズン2放送当時30歳だった桐谷健太は、映画『彼らが本気で編むときは、』や、2016年のフジテレビドラマ『カインとアベル』で存在感が際立つ人気俳優です。 シーズン2から登場する瀧川は、特殊犯罪捜査班捜査員。「歩くトカゲ」と揶揄されるような、独特なキャラクターで、潜入捜査に慣れない泉の教育係を任されます。自由で観察能力に疎い、泉にペースを乱されながらも、泉を庇ってケガを負う、仲間思いな一面もあります。 感情が読めないと言われるくらい冷静な性格で、得意の記憶力や観察力を活かし、追跡捜査などで活躍します。しかし、正常眼圧緑内障を患ってしまい、最終回の事件を最後に刑事を引退してしまいます。

新シリーズの主演!井沢範人(いざわのりと)/沢村一樹

シーズン3の主人公で、元公安のエリート刑事井沢。ある事件をきっかけに総務部資料課の室長に任命されます。ひょうひょうとしていてつかみどころのない人物として紹介されています。犯罪者に対して強い憎しみを抱いており、その過去がドラマの展開と共に明らかにされていくようです。 この資料課というのは、警察内でトラブルメーカーとして厄介者扱いされた、いわば「警視庁の吹き溜まり」の部署でした。 しかし、この資料課には裏の顔が……。 シリーズ3作目にして、主演に沢村一樹が抜擢されました。浅見光彦シリーズで主演を務め、大河ドラマなどにも出演している実力派俳優です。

『絶対零度』新シリーズは月9でスタート!

これまでは火曜21:00の枠でしたが、2018年7月9日からの新シリーズは月曜21:00の枠でスタート。 ドラマのゴールデン枠とも言える月9でスタートします。しかも初回は30分拡大という嬉しいニュースも入ってきています。2018年7月9日、21:00から、乞うご期待!!