沢村一樹出演のおすすめドラマ10選

2017年7月6日更新

イケメンなのに、下ネタを連発する俳優・沢村一樹。1996年の『続・星の金貨』で俳優デビュー後、様々なドラマに出演しています。性格の悪い悪役から、良い人役まで幅広い役柄を演じ分けます。そんな沢村一樹が出演しているドラマ10作品をご紹介!

沢村一樹のプロフィール

沢村一樹は、1967年7月10日生まれ鹿児島県出身の俳優です。2000年に、一般の女性と結婚し、3児の父親でもあります。高校卒業後、20歳で鹿児島から上京し、最初はモデルとして活動を始めました。仕事が軌道に乗るまで住む家もなく、公園で野宿していたそう。努力の甲斐あって、専属モデルの仕事をするようになり、やがて俳優デビューします。

主にテレビドラマで活躍しており、TBS系列で放送されていた2時間ドラマ『浅見光彦シリーズ』の主演を2000年から務めています。そんな、沢村一樹が出演しているドラマをご紹介します。

1.『続・星の金貨』/矢上俊明役

『続・星の金貨』は日本テレビで放送されていたドラマ『星の金貨』の続編で、1996年に放送されました。主人公の彩は前作に引き続き酒井法子が演じ、沢村一樹は産婦人科医の矢上俊明役を演じました。このドラマが、沢村一樹の俳優デビュー作となります。

矢上俊明役は、大沢たかおが演じる永井秀一の元妻を出産で死亡させてしまうという産婦人科医で、その後も酒井法子、大沢たかお、竹野内豊たちの人間関係をことごとく複雑にさせていく悪役医師役です。

2.『救命病棟24時』/落合雅人役

フジテレビドラマ『救命病棟24時』は、1999年から放送されている医療ヒューマンドラマです。沢村一樹は、第1シリーズから出演しており、内科医の落合雅人役を演じています。

このドラマの主人公は、救命救急センターで働く江口洋介演じる進藤一生と、松嶋菜々子演じる小島楓。病院で働く医師たちが、様々な経験を通し成長していく姿が第5シリーズまで描かれています。

救命救急センターが舞台ということで、緊張感あふれる早いテンポでドラマが進行していきます。

3.『週末婚』/大森豹役

『週末婚』は、TBSで1999年に放送されたドラマです。松下由樹と永作博美が、お互いに憎しみを抱いている姉妹役を演じ、ハラハラする女同士のバトルが描かれました。バトルの発端となる、姉妹の交際相手を阿部寛と沢村一樹が演じました。

沢村一樹演じる豹は当初、永作博美演じる妹の月子と交際していましたが事情により別れさせられます。その後、松下由樹演じる姉の陽子に利用され、月子のストーカー的存在になったり、月子と入籍するも離婚したりとドロドロの人間関係を呈します。

4.ショムニシリーズ/神谷真太郎役

1998年から放送開始した、大ヒットドラマ『ショムニ』シリーズ。都内の堅商社「満帆商事株式会社」を舞台とし、総務部庶務二課に所属する一癖ある女性社員たちを主人公にしたドラマです。

第2シリーズから、沢村一樹も出演していました。演じたのは、警備課の神谷真太郎役です。通常の業務では必要とされなくなった庶務二課のメンバーたちに、ピンチを救われたことがきっかけで、彼女たちの味方にまわりサポートする役柄でした。

5.『働きマン』/成田君男役

2007年に日本テレビで放送されたドラマ『働きマン』。週刊誌の編集部を舞台とし、主人公の女性編集者・松方弘子を演じたのは菅野美穂です。安野モヨコの漫画が原作で、働くかっこいいリアルな女性の姿を菅野美穂が演じたことで共感を呼びました。

沢村一樹は主人公の上司で編集部デスク・成田君男役を演じています。なんでも卒なく飄々と仕事をこなし、仕事もプライベートも自分のペースでうまく乗りこなしている成田君男を沢村一樹は嫌味なく演じていました。

6.浅見光彦シリーズ/浅見光彦役

幅広い人気を誇るサスペンス推理ドラマの浅見光彦シリーズ。1994年からTBS系で放送されているこのシリーズは、2時間ドラマ版と連続ドラマ版が存在します。

主人公・浅見光彦の初代を演じた辰巳琢郎に続き、沢村一樹は2000年から2代目を引き継ぎました(2013年からは3代目を速水もこみちに引き継いでいます)。出演本数は辰巳琢郎を抜いており、沢村一樹の代表作と言っても過言ではないでしょう。

7.『DOCTORS〜最強の名医〜』/相良浩介役

医者役を演じることも多かった沢村一樹ですが、ついに医療系ドラマでの主演を勝ち取ります。『DOCTORS〜最強の名医〜』は、テレビ朝日で2011年から放送され第3シリーズまで続いているドラマです。

沢村一樹が演じたのは、主人公の外科医・相良浩介。スーパードクターと呼ばれ、患者を救うためには仕事に打ち込んでいない医者や看護師など同僚にも手加減せず、病院を大きくすることを目標にしている医師役です。

この作品では、相良浩介の爽快な立ち回りだけでなく、同僚の医師・森山卓を演じる高嶋政伸の怪演ぶりも話題になりました。

8.『ブラック・プレジデント』/三田村幸雄役

『ブラック・プレジデント』は、フジテレビ系で2014年に放送されたドラマです。沢村一樹は主人公の三田村幸雄役に抜擢されました。

タイトルにプレジデントと付くように、沢村一樹が演じたのはアパレル会社の社長役。会社を経営しているものの、きちんと経営を学ぶために大学に社会人学生として入学し、学生たちや、会社の部下たちとトラブルを解決していくコメディドラマです。

共演は、大学の准教授役に黒木メイサ、会社の秘書役に国仲涼子などが配役されました。

9.『偽装の夫婦』/陽村超治役

2015年日本テレビで放送された『偽装の夫婦』では、天海祐希と疑惑の持たれる夫婦役を演じました。沢村一樹は、天海祐希の元恋人で現在はゲイの幼稚園園長代理という役柄です。ゲイということを隠すために、偽装結婚を要求します。

沢村一樹は、2016年の日本テレビドラマ『家売るオンナ』でブレイクした工藤阿須加演じる宅配業の青年に想いを寄せており、天海祐希も内田有紀演じるレズビアンの女性から想いを寄せられ、それぞれの恋の行方も話題になりました。

10.『レンタル救世主』/明辺悠五役

最新出演作は、2016年日本テレビで放送されている『レンタル救世主』。沢村一樹は、主人公の明辺悠五役を演じています。このドラマは、依頼主からのトラブルを電話で請負い様々な手法で解決していく、というストーリーです。

人の良い性格の明辺悠五は、同僚の借金を抱えて無職になってしまいます。ハローワークで募集されていた「レンタル救世主」の求人面接に向うと、大杉漣演じる社長に気に入られ社員として採用。事情を何も知らずハワイ旅行を楽しみにしている家族のために、明辺悠五は奮闘します。